海外

2022.01.08

海外渡航情報|入国制限に関する一覧(陰性証明・ワクチン接種・隔離等)【欧州・ヨーロッパ】

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在各国で入国時の検疫の強化(健康申告書等の提出、隔離措置)や入国、ビザ発給の制限を行っています。各国の対応は予告無しに入国制限が実施・変更される場合がありますので、都度渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか最新情報を必ずご確認ください。

*下記必ずご確認下さい!*
査証の要否・出入国の可否・検疫の詳細等・下記内容のご質問等は弊社ではお答えできませんので、各国大使館・領事館、または保健機関関連省庁等にお問い合わせ下さい

外務省海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置

IATA(国際航空運送協会)|新型コロナウイルス旅行規制マップ(COVID-19 Travel Regulations Map)

 下記は外務省、各政府機関ウェブサイト等を基に作成しており、各国の対応は予告無く変更になる場合がございます。
 全ての情報を網羅しているものではありません。最新情報、情報の詳細は必ず各自でご確認下さい。
 航空機搭乗時に搭乗拒否、または渡航国の出入国管理局の審査で入国拒否された場合も、当社は一切その責任を負いません。
 最終的に入国を認めるかどうかの判断は、入国時の入国審査官によって決定されます。
 各国政府の規制は予告無く変更されており、各地空港係官・航空会社への通告も公表されている規制と異なる場合があります。
 航空便を利用する際、マスク等の着用を各国政府や航空会社により義務付けられていることがありますのでご注意ください。
 手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問い合わせ下さい。

 欧州・ヨーロッパ|各国の入国制限に関する一覧

各国の入国条件や検疫体制は予告無く状況が更新される場合がございます。
パスポート発給国・渡航先各国の大使館、または領事館・保健機関関連情報などをご自身で必ず事前にご確認ください。


各国の入国制限・検疫・渡航情報に関する一覧(リンクページ)
 アジア  南米  オセアニア  アフリカ  北中米カリブ  中東
西部ヨーロッパ Western Europe
アイスランド アイルランド
アンドラ イタリア
英国 オランダ
オーストリア ギリシャ
サンマリノ スイス
スウェーデン スペイン
デンマーク ドイツ
ノルウェー バチカン市国
フィンランド フランス
ベルギー ポルトガル
マルタ モナコ
リヒテンシュタイン ルクセンブルク
東部ヨーロッパ Eastern Europe
アルバニア ウクライナ
エストニア クロアチア
コソボ スロバキア
スロベニア セルビア
チェコ ハンガリー
ブルガリア ベラルーシ
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ポーランド
北マケドニア モルドバ
モンテネグロ ラトビア
リトアニア ルーマニア
ロシア  
その他 The Others
アルメニア アゼルバイジャン
ウズベキスタン カザフスタン
キプロス キルギス
ジョージア タジキスタン
トルクメニスタン  

西部ヨーロッパ Western Europa


アイスランド
Iceland
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
原則不可 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在アイスランド日本国大使館 Embassy of Japan in Iceland
 在日大使館 駐日アイスランド共和国大使館
外務省危険情報 アイスランド|危険・スポット・広域情報 MAP

在アイスランド日本国大使館|アイスランドにおける新型コロナウイルス感染情報

下記に該当する場合のみ入国可能
- アイスランド、EEA/EFTA加盟国、アンドラ、モナコ、サンマリノ、バチカン市国国籍者 及び その親族
- 上記国での有効な居住許可を有する外国人 及び その親族
- 2021年1月1日より前にアイスランドに居住する権利を有する英国市民 及び その親族
- アイスランド市民 または アイスランドに合法的に居住している人と長期親密な関係(カップル)にある外国人
リスト記載国のいずれかに居住し、その国から出発する外国人(2022年1月1日現在:日本は含まれません)
- 必要不可欠な渡航(医療・ヘルスケア従事者、国際機関職員、学生、その他人道的配慮を要する目的)


全渡航者に対して、渡航前に 指定サイト(Pre-Registration for Visiting Iceland)にて事前登録が必要

出発72時間前以内に受検したPCR検査の陰性証明書

※ 氏名、生年月日、検査日・証明書の発行日、検査が行われた場所の住所、証明書の発行元機関名及び電話番号、検査の種類(PCR検査 または 抗体検査)が記載されていること
※ 証明書は英語、アイスランド語、デンマーク語、ノルウェー後 または スウェーデン語のいずれかで記載されていること

到着時空港にてPCR検査を実施 及び 入国から5日後に各地診療所で2回目のPCR検査を受検すること
なお、2回目の検査までは自己隔離を行う必要があり、2回目の検査で陰性になった場合は隔離終了可能

下記いずれかを所持する場合、入国から5日後の再検査 及び 2回目の検査までの自己隔離を免除
- 新型コロナウイルスワクチン接種証明書(Certificates of vaccination against COVID-19)
- 新型コロナウイルス感染症からの回復証明書(Confirmation of previous COVID-19 infection)

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ ワクチン完全接種から少なくとも14日間経過していること
※ 適用要件・書式等は アイスランド保健省ホームページ(The Directorate of Health)をご参照下さい


アイルランド
Ireland
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在アイルランド日本国大使館 Embassy of Japan in Ireland
 在日大使館 駐日アイルランド共和国大使館
外務省危険情報 アイルランド|危険・スポット・広域情報 MAP

有効なワクチン接種証明書 または 回復証明書を所持しない場合、到着72時間前以内に受検したRT-PCR検査の陰性証明書が必要

※ 陰性証明書不要となる特例は アイルランド政府ホームページ(Government of Ireland)をご参照下さい

特になし

下記いずれかを所持する場合、入国前のPCR検査による陰性証明書が不要
ワクチン接種証明書
新型コロナウイルス感染症回復証明書

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ 欧州医薬品庁(EMA)が認可したワクチンの最終接種後、規定する推奨日数を経過した者をワクチン接種完了者とみなす
※ ワクチン接種証明書は以下の内容が書面 または 電子的形式によって、英語かアイルランド語で記録・証明されていること
 ・証明書に記された者が、ワクチン接種を完了していることの確認
 ・記された者がワクチン接種した日付
 ・ワクチン接種プログラムを実施し、ワクチン接種を行った もしくは 接種を受けさせた機関の名称 または ワクチン接種証明書の証拠を発行する権限を与えられている機関の名称


アンドラ
Andorra
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在アンドラ日本国大使館 Ambassade du Japon en Andorre
 在日大使館
外務省危険情報 アンドラ|危険・スポット・広域情報 MAP

12歳以上の入国者・帰国者は、以下のいずれかの書類を携行し、官憲の求めに応じて提示する必要がある
ワクチン接種証明書(2回目接種後14日以上経過 または 6ヶ月以上前に感染し、回復後に1回目接種後14日以上経過)
- 回復証明書(6ヶ月以内の感染)
- 入国72時間以内前のPCR検査 または TMA検査の陰性証明書

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ EU加盟国、アイスランド、リヒテンシュタイン、モナコ、ノルウェー、英国、サンマリノ、スイス、バチカン市国のいずれかに10日以上連続して滞在後に入国する場合は上記証明書の提出は免除
(ただし、上記記載国への入国日を記載した宣誓書 及び 航空券、ホテルの予約等滞在を証明する書類を提示すること)

宿泊施設に3日以上滞在する場合は、各種証明書の写しを提出すること
(書類提示ができない場合は14日間の隔離を実施。ただし、10日目に受検する検査結果が陰性の場合は隔離終了)

特になし


イタリア
Italy
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在イタリア日本国大使館 Ambasciata del Giappone in Italia
在ミラノ日本国総領事館 Consolato Generale del Giappone a Milano
 在日大使館 駐日イタリア大使館
外務省危険情報 イタリア|危険・スポット・広域情報 MAP

在イタリア日本国大使館|イタリアにおける新型コロナウイルス感染関連情報

各国・地域を感染状況に応じてリスト分類(リストA~E)しており、現在日本は リストD に分類される
入国前14日以内に「リストE」適用国・地域に滞在 または 乗換をした場合は、一定の理由 または 条件に該当する場合のみ入国が認められる

日本からイタリアへ入国する場合、デジタル または 紙のフォーマットにて以下を提示すること
全て提示した場合は入国後の5日間の自己隔離は免除
- ワクチン接種証明書 または 治癒証明書
- 入国72時間前以内に実施したPCR検査 または 入国24時間前以内に実施した抗原検査の陰性証明書
- 旅客追跡フォーム(EU Digital Passenger)の登録

※ 乗り継ぎ便での入国の場合は、経由地に応じて必要条件が異なる場合あり
※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です

※ 6歳未満の子供はPCR検査 及び 抗原検査が免除
※ 親に同行する未成年者は、同行する親が上記の条件を満たし、自己隔離が免除となる場合には自己隔離不要

出発国により検疫措置が異なる

特になし


英国
United Kingdom
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在英国日本国大使館 Embassy of Japan in the UK
在エディンバラ日本国総領事館 Consulate General of Japan in Edinburgh
 在日大使館 駐日英国大使館
外務省危険情報 英国|危険・スポット・広域情報 MAP

在英国日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

・入国後に実施する新型コロナウイルス検査(旅行検査パッケージ:Travel Testing Package)の事前予約を行う
・到着前48時間以内に 乗客追跡フォーム(Passenger Locator Form)に登録が必要

日本から英国へ入国する場合、出発2日前以内に受検したPCR検査の陰性証明書が必要

※ 12歳未満の子供 及び 一部の免除対象者を除く

一部の免除対象者を除き10日間の自己隔離 及び 原則入国2日目+8日目の検査を実施

英国のワクチン接種制度による接種完了者 及び 英国政府が承認するワクチン接種証明書を発行する国・地域でワクチン接種を完了した者が、日本から入国する場合は 出国前PCR検査、入国後の自己隔離 及び 入国8日目の検査 が不要
(乗客追跡フォーム 及び 入国後2日目の検査受検は必要)

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ、ヤンセン、シノバック、シノファーム 及び コバクシンのいずれかのワクチン接種完了後14日以上経過していること
※ 入国後2日目の検査結果が陽性の場合、10日間の自己隔離が必要
 (ただし、6日目 及び 7日目に簡易迅速検査を受検し、2回とも結果が陰性の場合は自己隔離を7日間に短縮可能)


オランダ
Netherlands
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在オランダ日本国大使館 Embassy of Japan in the Netherlands
 在日大使館 駐日オランダ王国大使館
外務省危険情報 オランダ|危険・スポット・広域情報 MAP

在オランダ日本国大使館

日本からオランダに渡航する場合、入国制限の例外に該当する場合(滞在許可を持つ方や特定の職業の方等)及び ワクチン接種証明書所持者 を除き入国不可
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)


変異株が懸念される地域に指定された国からの外国人のオランダへの渡航を禁止

出発48時間前以内に実施したPCR検査 または 出発24時間前以内に実施した抗原検査の陰性証明書が必要

非常にハイリスクな地域 または 変異株が懸念される地域からオランダに渡航する場合は10日間の自己隔離+入国後の検査を実施
(日本を含むハイリスク地域からオランダに入国する場合は、自己隔離 及び 検査は不要)

特になし


オーストリア
Austria
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在オーストリア日本国大使館 Japanische Botschaft in Österreich
 在日大使館 駐日オーストリア共和国大使館
外務省危険情報 オーストリア|危険・スポット・広域情報 MAP

原則として下記2種類(①及び②)の証明書が必要
① ワクチン接種証明書 または 治癒証明書
② ブースター接種証明書 または 入国72時間前以内に検体採取したPCR検査の陰性証明書

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ ブースター接種の定義は下記の通り
 ・2回型ワクチン:3回目以降の接種証明
 ・1回型ワクチン:2回目以降の接種証明

予防接種証明書 または 治癒証明書が提示できない場合は10日間の自己隔離を実施
(入国後5日目以降にPCR検査で陰性と認められた場合は早期終了が可能)


ブースター接種証明書 または PCR検査陰性証明書を持たない場合は、原則10日間の自己隔離を実施
(入国後のPCR検査で陰性と認められた場合は早期終了が可能)

特になし


ギリシャ
Greece
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ギリシャ日本国大使館 Πρεσβεία της Ιαπωνίας στην Ελλάδα
 在日大使館 駐日ギリシャ共和国大使館
外務省危険情報 ギリシャ|危険・スポット・広域情報 MAP

在アイスランド日本国大使館|ギリシャ治安情報(アテネ発現地最新情報)

非EU・シェンゲン協定加盟国からの渡航の場合は、下記に該当する場合を除いて入国不可(抜粋
- EU・シェンゲン協定加盟国の滞在許可保持者 または 滞在許可申請書(ブルーペーパー)保持者
- EU・シェンゲン協定加盟国民 及び その配偶者、正式な同棲者、未成年の子
- 医療関係者
- 政府代表団、外交団、国際・EU・人道的・軍事・法執行機関構成員、市民保健省構成員等
- トランジット旅行者
- ギリシャ在外公館発行の許可を得た者
入国制限緩和対象国(日本を含む)の居住者


入国前に 電子登録フォーム(Passenger Locator Form)をオンラインで登録
(登録後に当局から送信される自動応答メッセージ 及び QRコードは入国時に要提示)

5歳以上の全ての入国者は、下記のいずれか一つの証明書の提示が必要
・到着72時間前以内に実施したPCR検査(鼻腔または口腔内粘膜から検体採取)の陰性証明書
・到着24時間前以内に実施したラピッドテストの陰性証明書

※ 検査は各国(出発国か通過国)のナショナル・レファレンス検査機関、公立検査機関 または 保健衛生当局が認証した民間検査機関で行うこと
※ 証明書には旅券通りの氏名が記載され、内容がギリシャ語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語で記載されていること

サンプリングによるPCR検査またはラピッドテストが行われており、検査対象となった場合は検査結果が出るまで空港内で隔離
(検査結果が陽性の場合は、翌日から少なくとも5日間、自宅、ホテル または 当局が指定する施設で隔離措置)

※ アルバニア、アルゼンチン、北マケドニア、アラブ首長国連邦、インド、中国、ロシア、トルコからの渡航者(トランジットを含む)は、ワクチン接種証明書 または 治癒証明書が無い場合は、入国時の検査が義務となる

特になし


サンマリノ
San Marino
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在サンマリノ日本国大使館 Ambasciata del Giappone in San Marino
 在日大使館 駐日サンマリノ共和国大使館
外務省危険情報 サンマリノ|危険・スポット・広域情報 MAP

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
イタリア 及び バチカン市国以外の国からの入国者(直近14日間に左記以外に滞在していた者を含む)は、入国時に下記証明書の提出が必要
・ワクチン接種証明書
・入国48時間前以内に実施したスワブ検体の分子検査による陰性証明書

特になし

特になし


スイス
Switzerland
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在スイス日本国大使館 Japanische Botschaft in der Schweiz
在ジュネーブ領事事務所 Consulat du Japon à Genève
 在日大使館 駐日スイス連邦大使館
外務省危険情報 スイス|危険・スポット・広域情報 MAP

スイスへの渡航に際して必要となる入国制限、乗り継ぎ、渡航書類、航空券手配、PCR検査、海外旅行保険等の手続き手順を纏めました。弊社では一部の手続きをサポートしています

在スイス日本国大使館|スイスにおける新型コロナウイルス感染症

査証免除による日本からの入国(90日以内の観光目的を含む短期滞在)は、下記に該当する場合等を除き入国不可
- スイス国籍者
- スイス滞在許可保持者
ワクチン完全接種者
- 18歳未満の子供でワクチン完全接種済みの大人(両親、兄弟、祖父母等)と同伴する場合

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


スイス入国前に 電子入国フォーム(Swiss PLF)への登録が必要
(登録後に電子メールで登録確認のQRコードが送付され、入国時に登録確認メールを印刷したもの または スマートフォンでQRコードを提示)

入国72時間前以内に受検したPCR検査 または 入国24時間前以内に受検した簡易抗原検査の陰性証明書が必要

※ ただし16歳未満の子供を除く

ワクチン未接種者 及び 接種未完了者は、入国後4~7日の間に自費にてPCR検査 または 簡易抗原検査を受検し、各州当局に検査結果 及び 入国フォーム登録番号を報告する

※ ただし16歳未満の子供を除く

有効なワクチン接種証明書所持者は入国後の検査 及び 州当局への検査結果報告は不要

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


スウェーデン
Sweden
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在スウェーデン日本国大使館 Embassy of Japan in Sweden
 在日大使館 駐日スウェーデン王国大使館
外務省危険情報 スウェーデン|危険・スポット・広域情報 MAP

在スウェーデン日本国大使館|新型コロナウイルス感染症対策情報

入国禁止措置免除事由が無い場合には、日本の住民が日本からスウェーデンへの入国は不可
(ただし日本からスウェーデンにEEA加盟国 または 北欧諸国を経由して渡航する場合、当該国における入国審査を通過すれば当該国に対するスウェーデンの規制が適用される)

下記に該当する場合は特例として入国可能(抜粋
- スウェーデン国民 及び その家族
- スウェーデン在留許可保持者
- デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェーから入国する場合
- 北欧諸国を除くEEA(欧州経済領域)加盟国から入国する場合
- 非EEA加盟国で 入国禁止免除対象国 からの入国の場合(日本は対象外)
- EUデジタルCOVIDワクチン接種証明書所持者
- 特に緊急な入国の必要性が認められる者

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は使用できません ***
北欧諸国を含むEU/EEA加盟国からの入国の場合、EU/EEA諸国で発行された下記いずれかの書類が必要
・ワクチン接種証明書(EUワクチン接種証明書)
・入国72時間前以内に検体採取された新型コロナウイルス検査(PCR等)の陰性証明書
・回復証明書

日本からの渡航者も含め、12歳以上でスウェーデンに居住していない外国籍の渡航者が入国する場合、下記の提示が必要
EUデジタルCOVID証明書 または 同等のワクチン接種証明書発行国と認められる国で発行されたワクチン接種証明書
・入国72時間前以内に実施したPCR検査の陰性証明書

※ 陰性証明書は被験者の氏名、検体採取日時、実施した検査の種類、検査結果、証明書の発行者が記載されていること
※ 上記内容はスウェーデン語、英語、ノルウェー語 または デンマーク語で明確に記載されていること

海外から入国した者に対し、入国後のPCR検査を推奨

特になし


スペイン
Spain
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在スペイン日本国大使館 Embajada del Japón en España
在バルセロナ日本国総領事館 Consulado General del Japón en Barcelona
在ラス・パルマス領事事務所 Consulado del Japón en Las Palmas
 在日大使館 駐日スペイン王国大使館
外務省危険情報 スペイン|危険・スポット・広域情報 MAP

スペインへの渡航に際して必要となる入国制限、渡航書類、航空券手配、PCR検査、海外旅行保険等の手続き手順を纏めました。弊社では一部の手続きをサポートしています

在スペイン日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

日本はスペインが指定する「入国制限解除対象国・地域」から除外されたため、以下の場合を除き、日本からの渡航は原則禁止抜粋
- ワクチン接種証明書所持者
- EU加盟国・シェンゲン協定加盟国、アンドラ、サンマリノ、バチカン市国、モナコの正規居住者
- EU加盟国・シェンゲン協定加盟国が発行した長期滞在ビザ保持者
- その職務が必要かつ延期またはリモートでの実施ができない、高い水準にある就業者(要証明書類)

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


出発前に 健康申告書(FCS Health Control Form)をオンラインにて提出
(提出後、QRコードがメールが送付され、出発地での搭乗時 及び スペインへの入国時に提示が求められる)

スペイン政府が指定する入国制限の例外に該当する場合は、以下のうちいずれか一点必要
・到着72時間前以内に発行されたPCR検査の陰性証明書
・到着48時間前以内に発行された欧州委員会が認める抗原検査の陰性証明書
・治癒証明書

特になし

特になし


デンマーク
Denmark
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在デンマーク日本国大使館 Embassy of Japan in Denmark
 在日大使館 駐日デンマーク王国大使館
外務省危険情報 デンマーク|危険・スポット・広域情報 MAP

日本からデンマークに渡航する方のうち、デンマークに居住していない方(旅行者やビジネス出張者)は、以下のいずれかの証明書が必要
・入国72時間前以内に受検したPCR検査の陰性証明書
・入国48時間前以内に受検した迅速抗原検査の陰性証明書

非デンマーク市民 及び 非デンマーク居住者が、EU及びシェンゲン協定加盟国 または リスク国から入国する場合は隔離不要
日本を含む高リスク国から入国する場合、ワクチン完全接種者 または 感染歴がある者を除き入国後に10日間の隔離を実施
(入国後6日目に実施する検査が陰性の場合は隔離解除)

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です

日本を含む高リスク国から入国する場合、ワクチン完全接種者は隔離免除
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)


ドイツ
Germany
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ドイツ日本国大使館 Botschaft von Japan in Deutschland
在デュッセルドルフ日本国総領事館 Japanisches Generalkonsulat in Düsseldorf
在ハンブルク日本国総領事館 Japanisches Generalkonsulat in Hamburg
在フランクフルト日本国総領事館 Japanisches Generalkonsulat in Frankfurt am Main
在ミュンヘン日本国総領事館 Japanisches Generalkonsulat in München
 在日大使館 駐日ドイツ連邦共和国大使館
外務省危険情報 ドイツ|危険・スポット・広域情報 MAP

在ドイツ日本国大使館|新型コロナウイルスに関する最新情報

下記に該当する場合を除き原則入国不可抜粋
- ドイツ国籍者
- EU加盟国・シェンゲン協定適用国国籍者
- 上記国籍者の配偶者等核家族 及び ドイツ含むEU加盟国、シェンゲン協定適用国での長期滞在許可を有する第三国国民 並びに その配偶者等核家族
- 入国制限解除国からの渡航の場合
- その他全ての第三国からの入国(日本を含む)ワクチン完全接種者 または 重要かつ必須な渡航理由を有する者

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


日本を含む「ハイリスク地域」及び「変異株蔓延地域」に滞在歴のある旅行者は、搭乗手続き前に デジタル入国登録(DEA)を行うこと

日本を含む全ての国・地域からの6歳以上の入国者のうち、ワクチン接種証明書 または 快復証明書を所持していない場合は、入国48時間前以内に実施したPCR検査 または 抗原検査の陰性証明書が必要

※ ドイツ入国を伴わないトランジットエリア内での乗り継ぎも対象
※「変異株蔓延地域」からの入国者は、ワクチン接種証明書 または 快復証明書を所持していても陰性証明書が必要
※ 陰性証明書は英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語 または スペイン語で記載され、紙ベースまたは電子データで提示すること

「ハイリスク地域(2022年1月23日以降、日本を含む)」または「変異株蔓延地域」からの入国の場合は、隔離措置を実施
ただし、ワクチン接種証明書 または 快復証明書保持者は、証明書をデジタル入国登録(DEA)を通じて提出した場合は隔離不要

特になし


ノルウェー
Norway
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ノルウェー日本国大使館 Japans ambassade i Norge
 在日大使館 駐日ノルウェー王国大使館
外務省危険情報 ノルウェー|危険・スポット・広域情報 MAP

在ノルウェー日本国大使館|ノルウェー政府による新型コロナウイルス感染対策措置

16歳以上の全ての入国者は オンライン(Registration of arrival to Norway)にて氏名、連絡先情報、自宅待機場所、雇用者情報等を入力

18歳以上の渡航者は、入国24時間前以内に実施したPCR検査 または 迅速抗原検査の陰性証明書が必要

※ 証明書はノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語、英語、フランス語 または ドイツ語で記載されていること
※ ノルウェー政府発行のQRコード付きワクチン接種証明書、EUデジタルCOVID証明書 及び UK NHS COVID-pass をお持ちの場合は免除
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は不可)

入国時に新型コロナウイルス検査 及び 入国後原則10日間の自己隔離を実施
(ただし、入国から3日後の検査で陰性の場合は自己隔離を解除可能)

特になし


バチカン市国
Vatican City
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在バチカン日本国大使館 Ambasciata del Giappone presso la Santa Sede
 在日大使館 ローマ法王庁大使館
外務省危険情報 バチカン市国|危険・スポット・広域情報 MAP

在バチカン日本国大使館

バチカン市国 及び 教皇庁直轄の協会や附属施設等への入国・入場に際して グリーンパス の提示が義務付けられる
(当該措置はバチカン市国民、バチカン市国居住者・職員、来訪者等を対象とするが、教会でのミサに参加する者は除外される)

※ グリーンパスとして、バチカン市国発行のグリーンパス(ワクチン接種証明書)、欧州連合で発行されるグリーンパス、その他の国で発行される同等の証明書(ワクチン接種証明書、陰性証明書)が承認される
※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書も現在有効です


フィンランド
Finland
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在フィンランド日本国大使館 Embassy of Japan in Finland
 在日大使館 駐日フィンランド共和国大使館
外務省危険情報 フィンランド|危険・スポット・広域情報 MAP

在フィンランド日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

日本からの入国に際しては、原則として有効なワクチン接種証明書が必要
ワクチン接種証明書を所持していない場合は、以下記載の場合のみ入国可能
抜粋
- EU加盟国・シェンゲン域内国居住者
- 医療従事者、国際機関従事者、貨物輸送業従事者、人道的配慮を要する者
- 国境警備隊が定める入国理由がある場合

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ フィンランド政府が有効と判断するワクチンの接種が完了しており、接種完了日から7日以上経過していること

入国48時間前以内に実施したPCR検査 または 抗原検査の陰性証明書が必要

特になし

特になし


フランス
France
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在フランス日本国大使館 Ambassade du Japon en France
在ストラスブール日本国総領事館 Consulat Général du Japon à Strasbourg
在マルセイユ日本国総領事館 Consulat Général du Japon à Marseille
在リヨン領事事務所 Bureau Consulaire du Japon à Lyon
 在日大使館 駐日フランス共和国大使館
外務省危険情報 フランス|危険・スポット・広域情報 MAP

在フランス日本国大使館|新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報

フランス入国の際に誓約書(déclaration sur l'honneur)の提出が必要

ワクチン接種の有無に関わらず、出発48時間前以内に受検したPCR検査 または 抗原検査の陰性証明書が必要
(経由地等ある場合は、規定が異なる場合あり)

・到着時に新型コロナウイルス検査を実施
・渡航手続とは別に、フランス国内でレストランの入店等に際して求められる「衛生バス(pass sanitaire)」については、駐日フランス大使館ホームページ等にてご確認下さい

特になし


ベルギー
Belgium
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ベルギー日本国大使館 Embassy of Japan in Belgium
 在日大使館 駐日ベルギー王国大使館
外務省危険情報 ベルギー|危険・スポット・広域情報 MAP

在ベルギー日本国大使館|新型コロナウイルス感染症について

以下の場合を除き、日本からの必要不可欠でない渡航は禁止
ワクチン接種証明書所持者
- EU加盟国・シェンゲン協定国の国籍保有者 または EU加盟国・シェンゲン協定国に主たる住居を有する者
(必要不可欠な理由についての詳細はベルギー入国管理局ホームページ等にてご確認下さい)

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ ワクチン未接種者が「必要不可欠な理由」で渡航する場合、出発予定日の2週間前までに駐日ベルギー大使館に「必要不可欠な渡航証明書」を申請する


渡航の48時間前までに 渡航者追跡フォーム(Passenger Locator Form)の入力が必要

ベルギー非居住者の場合、到着72時間前以内のPCR検査 または 到着36時間前以内の迅速抗原検査の陰性証明書が必要

有効なワクチン接種証明書を所持していない場合、10日間の隔離を実施
(到着後7日目のPCR検査で陰性の場合は隔離期間短縮され得る)

有効なワクチン接種証明書を所持している場合、到着後1日目 または 2日目の検査で陰性判明後、1日 または 2日が経過した時点で自己隔離解除
(ただし7日目に再検査義務あり)

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


ポルトガル
Portugal
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
原則不可 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ポルトガル日本国大使館 Embaixada do Japão em Portugal
 在日大使館 駐日ポルトガル共和国大使館
外務省危険情報 ポルトガル|危険・スポット・広域情報 MAP

在ポルトガル日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

以下の場合を除き、日本からの渡航は禁止する
- ポルトガル政府が承認するワクチン接種証明書を保持している場合
- 必要不可欠な渡航目的(就業、就学、家族との再開、健康、人道的理由等)がある場合

※ 現時点で、ポルトガルは日本のワクチン接種証明書を認めておらず、同証明書を持ってポルトガルへの入国は不可
※ 必要不可欠な事由に該当するかどうかは、駐日ポルトガル共和国大使館にお問い合わせ下さい
※ EU・シェンゲン協定加盟国とポルトガル間の渡航 及び 米国・ブラジル・英国からポルトガルへの渡航の場合は、必要不可欠以外の目的も許可される

必要不可欠な渡航目的に該当して日本からポルトガルへ入国する場合、下記いずれかの証明書が必要
・出発72時間前以内に受検した核酸増幅法検査(PCR検査含む)の陰性証明書
・出発48時間前以内に受検した迅速抗原検査の陰性証明書

※ PCR検査等陰性証明書については、ポルトガル政府が指定する入国条件とは別に、航空会社が搭乗要件として証明書等を求める場合がありますので、ご利用航空会社にお問い合わせ下さい


マルタ
Malta
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在マルタ日本国大使館 Embassy of Japan to Malta
 在日大使館 駐日マルタ共和国大使館
外務省危険情報 マルタ|危険・スポット・広域情報 MAP

在マルタ日本国大使館|注意喚起(大使館より発出した領事メール等)

マルタ政府が「レッド国(List of countries / zones ANNEX A)」に指定する国(日本含む)からの入国の場合は、以下条件を満たす場合は入国可能

マルタ政府が承認する以下要件を満たすワクチン接種証明書を入国時に提示すること
- 欧州医薬品庁(EMA)が有効性を認めたワクチンを接種していること
- ワクチン接種サイクルの完了後、14日間経過していること
- VeriFLYアプリを通じてワクチン接種証明書の真正性を証明すること

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


乗客ロケーターフォーム(Passenger Locator Form)の入力 及び 入国時に 公衆衛生旅行申告書(Public Health Travel Declaration Form)の記入・提出が必要

到着72時間前以内に受検したPCR検査の陰性証明書が必要

日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書を所持している場合、入国後の14日間隔離は免除される


モナコ
Monaco
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在モナコ日本国大使館 Ambassade du Japon à Monaco
 在日大使館 駐日モナコ公国大使館(兼轄・本国常駐)
外務省危険情報 モナコ|危険・スポット・広域情報 MAP

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
モナコ政府が「グリーン国(日本含む)」に指定する国からの16歳以上の入国者は、到着時に以下のいずれかを提示すること
- モナコ入国前 または 宿泊施設での提示前 72時間以内のPCR検査 または 抗原検査の陰性証明書
- ワクチン接種証明書
- モナコ入国前 または 宿泊施設での提示前の6ヶ月から11日以内の回復証明書


リヒテンシュタイン
Liechtenstein
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在リヒテンシュタイン日本国大使館 Japanische Botschaft in Liechtenstein
 在日大使館
外務省危険情報 リヒテンシュタイン|危険・スポット・広域情報 MAP


ルクセンブルク
Luxembourg
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ルクセンブルク日本国大使館 Embassy of Japan in Luxembourg
 在日大使館 駐日ルクセンブルク大公国大使館
外務省危険情報 ルクセンブルク|危険・スポット・広域情報 MAP

在ルクセンブルク日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

2021年12月21日以降、日本が発行したワクチン接種証明書を保有する第三国国民は、接種したワクチンの種類がルクセンブルクで認められているものであれば、不要不急の渡航も含めて入国が許可される

※ 以下の4種類のワクチンが承認されている
・ビオンテック・ファイザー社製コミルナティ
・モデルナ社製スパイクバックス
・アストラゼネカ社製ヴァクスゼブリア
・ジョンソン&ジョンソン社製ヤンセン・ワクチン

入国する12歳2ヶ月以上の者は、居住地の証明に加えて、搭乗時に以下の書類の提示が必要
・ワクチン接種証明書 または 回復証明書
・出発72時間前以内に医療分析機関または認可されたその他の機関で実施されたPCR検査 または 出発48時間前以内に実施差入れた抗原検査の陰性証明書


東部ヨーロッパ Eastern Europa


アルバニア
Albania
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在アルバニア日本国大使館 Embassy of Japan in Albania
 在日大使館 駐日アルバニア共和国大使館
外務省危険情報 アルバニア|危険・スポット・広域情報 MAP

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
全てのアルバニアへの入国者は、以下のいずれかの証明書が必要
- ワクチン接種証明書(2回目の接種から2週間以上経過していること)
- 入国72時間前以内に発行されたPCR検査の陰性証明書
- 入国48時間前以内に発行された抗原検査の陰性証明書
- 入国6か月前以内に発行された新型コロナウイルス感染症の罹患証明書

入国後、欧州疾病予防管理センター(ECDC)の基準に基づく特別な場合とアルバニア当局が判断する場合には、2週間の自己隔離が課される場合がある

特になし


ウクライナ
Ukraine
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ウクライナ日本国大使館 Embassy of Japan in Ukraine
 在日大使館 駐日ウクライナ大使館
外務省危険情報 ウクライナ|危険・スポット・広域情報 MAP

在ウクライナ日本国大使館|領事・安全・生活情報

外国人に対して、ウクライナ滞在期間中の新型コロナウイルス感染症の治療等をカバーする医療保険・海外旅行傷害保険加入証明書が必要
(ウクライナ語、ロシア語 または 英語で記載されていること)

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
下記いずれかの書類が必要
・入国72時間前以内に受検したPCR検査 または 迅速抗原検査の陰性証明書
・ワクチン接種証明書

※ 12歳未満の者 及び 永住者は除く
※ ワクチン接種証明書は、ウクライナが指定したフォーマット(Diiaアプリで発行)上で確認可能なもの、国際保健規則に則った情報が記載されたもの または ウクライナ政府が国際協定に基づき相互承認したもの

有効なワクチン接種証明書が無い場合、位置情報確認アプリ「Vdoma」をインストール(AppStore / GooglePlay)し、入国72時間以降、最大10日間の自主隔離の対象となる

※ Vdomaアプリを使用できない場合は、指定場所で自主隔離を実施
※ 入国後、再度PCR検査 または 迅速抗原検査を受検し、Vdomaアプリに陰性結果の通知があれば隔離解除
※ ロシアから入国した者は、14日間の隔離対象(ワクチン接種証明書または陰性証明書があれば適用外)

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
ワクチンを完全接種したことを示す証明書を携行している場合は、上記検疫措置が免除


エストニア
Estonia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在エストニア日本国大使館 Embassy of Japan in Estonia
 在日大使館 日エストニア共和国大使館
外務省危険情報 エストニア|危険・スポット・広域情報 MAP

日本国旅券所持者が渡航する場合は、以下の証明書が必要
- 入国72時間前以内に受検したPCR検査陰性証明書
- 入国48時間前以内に受検した抗原検査の陰性証明書

10日間の移動制限が課される
入国時のPCR検査受検後6日目以降に再度PCR検査を受検し、結果が陰性である場合は移動制限の期間を短縮可能

ワクチン接種を終えて1年以内の者については、ワクチン接種証明書の提示により、PCR検査または抗原検査の陰性証明書の提示 及び 10日間の移動制限が免除

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ 日本からの渡航者で、過去6ヶ月以内に新型コロナウイルスに感染歴のあるものについては、陰性証明書の提示が必要


クロアチア
Croatia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在クロアチア日本国大使館 Veleposlanstvo Japana u Republici Hrvatskoj
 在日大使館 駐日クロアチア共和国大使館
外務省危険情報 クロアチア|危険・スポット・広域情報 MAP

在クロアチア日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

下記に該当する場合は入国可能抜粋
- EU加盟国、シェンゲン協定加盟国国民 及び その家族、並びに 同地域内において長期滞在資格を持つ外国人(日本人を含む)
- 上記に該当しない外国人は、真に入国が必要な事由に該当する場合

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
EU加盟国、シェンゲン協定加盟国国民 及び その家族、並びに 同地域内において長期滞在資格を持つ外国人(日本人を含む)
➡ 以下の証明書が必要抜粋
・EUデジタルCOVID証明書
・実施から72時間以内のPCR検査 または 実施から48時間以内のEU加盟国で承認されている抗原検査の陰性証明書 + ワクチン接種証明書

上記に該当しない外国人で真に入国が必要な事由に該当する場合
在クロアチア日本国大使館ホームページ等にてご確認下さい

各種証明書の提示等が無い場合は、入国後PCR検査 または 抗原検査を実施し、陰性結果が出るまで自主隔離
(検査を受けられない場合は10日間の自主隔離)


コソボ
Kosovo
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在コソボ日本国大使館 Embassy of Japan in Kosovo
 在日大使館 駐日コソボ共和国大使館
外務省危険情報 コソボ|危険・スポット・広域情報 MAP

在コソボ日本国大使館

入国する全ての者は、ワクチン接種証明書(2回接種)が必要

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


スロバキア
Slovakia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在スロバキア日本国大使館 Veľvyslanectvo Japonska v Slovenskej republike
 在日大使館 駐日スロバキア共和国大使館
外務省危険情報 スロバキア|危険・スポット・広域情報 MAP

在スロバキア日本国大使館|新型コロナウイルス関連新着情報

・12歳2ヶ月以上の者は、入国前に所定の 政府ウェブサイト(Registration at arrival from abroad)への登録を行う
・空路で入国する場合は、上記に併せて 交通・建設省ウェブサイト(Public Health Passenger Locator Form)への登録も行う

こちらに記載する国・地域以外から空路で入国する12歳2ヶ月以上の者は、72時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書が必要

以下のいずれかの検疫措置が義務付けられる
-(PCR検査を受けずに)入国後に10日間の自主隔離
- 入国後にPCR検査を実施し、陰性結果が出るまで自主隔離(PCR検査は自主隔離5日目以降に実施すること)
- 12歳2ヶ月未満の子供は、PCR検査を受けずに同居する者と同期間自主隔離(同居する者が検疫措置を免除される場合は、自主隔離不要)

下記に該当するワクチン完全接種者は上記検疫措置が免除される
- 2回目の新型コロナウイルスワクチン接種を受けてから14日間以上が経過した者
- 1回接種型(ジョンソン&ジョンソン製)の新型コロナウイルスワクチン接種を受けてから21日間以上が経過した者
- 新型コロナウイルス感染症が治癒してから180日以内に1回目の新型コロナウイルスワクチン接種を受けて14日以上経過した者

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書も現在有効です


スロベニア
Slovenia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在スロベニア日本国大使館 Embassy of Japan in Slovenia
 在日大使館 駐日スロベニア共和国大使館
外務省危険情報 スロベニア|危険・スポット・広域情報 MAP

入国時に以下の証明書を有する者は自主隔離が免除される
48時間前以内のPCR検査(※)または 24時間前以内の簡易抗原検査による陰性証明書(※)
- PCR検査による陽性結果(10日以上、180日以内のもの)
- ワクチン接種証明書
- 新型コロナウイルス感染症からの回復証明とワクチン接種証明の同時提出

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ 入国時の証明として提出する陰性証明書 及び 回復証明の発行国として 日本は認められておりません のでご注意下さい(詳しくは在スロベニア日本国大使館ホームページ等にてご確認下さい)

上記証明書を有していない場合は、7日間の自主隔離を実施
(5日目以降にPCR検査を受検して陰性の場合は隔離解除可能)

※ スロベニアに滞在許可を有しない外国人の場合、自主隔離を行う滞在先の確保が証明できなければ入国不可

上記参照


セルビア
Serbia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在セルビア日本国大使館 Embassy of Japan in Serbia
 在日大使館 駐日セルビア共和国大使館
外務省危険情報 セルビア|危険・スポット・広域情報 MAP

セルビアに入国しようとする外国籍者は以下の条件のいずれかを満たせば入国が可能となる
- 入国48時間前以内のRT-PCR検査の陰性証明書
- セルビアで発行したワクチン接種証明書 または 2国間合意を締結した国が発行したワクチン接種証明書(※)
- セルビアの国内の医療機関で発行された新型コロナウイルス完治証明書(完治後14日以降から6ヶ月の期間のみ有効)
- EUデジタルCOVID証明書

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書については、現在2国間合意 または 事実上の合意が締結されていないため利用不可

特になし


チェコ
Czech Republic
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在チェコ共和国日本国大使館 Embassy of Japan in Czech Republic
 在日大使館 駐日チェコ共和国大使館
外務省危険情報 チェコ|危険・スポット・広域情報 MAP

ブースター接種を行っていない場合、72時間前以内のRT-PCR検査の陰性証明書が必要
(12歳未満の方 及び 12歳以上18歳未満でワクチン接種済みの方は不要)

滞在している場合は5日目以降、7日目以内にRT-PCR検査を受検すること

上記検疫措置が免除される

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


ハンガリー
Hungary
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ハンガリー日本国大使館 Embassy of Japan in Hungary
 在日大使館 駐日ハンガリー大使館
外務省危険情報 ハンガリー|危険・スポット・広域情報 MAP

日本等の指定国からの渡航者(観光含む)は、入国72時間前以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提示で入国後の隔離措置免除

※ 下記のいずれかに該当する場合は、入国前のPCR検査 及び 入国後の隔離措置は免除
- 商用目的で入国する者で、入国時に文章(招聘状)等により商用であることが証明できる場合(詳しくは大使館等にお問い合わせ下さい)
- ハンガリー または EUの免疫証明書保有者
- クロアチア、オーストリア、ルーマニア、セルビア、スロバキア、スロベニア 及び ウクライナからの全ての入国者(ただし民間航空機での入国を除く)
- ハンガリー政府と協定を締結した国等が発行した免疫証明書を保有する方
- ハンガリー政府、EU または ハンガリー政府と協定を締結した国等が発行した免疫証明書を有する監督者(保護者)と一緒に入国する18歳未満の方

上記参照


ブルガリア
Bulgaria
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ブルガリア日本国大使館 Embassy of Japan in Bulgaria
 在日大使館 駐日ブルガリア共和国大使館
外務省危険情報 ブルガリア|危険・スポット・広域情報 MAP

在ブルガリア日本国大使館|よくある質問FAQ

出発国を感染状況に応じて「グリーン」「オレンジ」「レッド」に区別し、それぞれの国からブルガリアへ入国する際の条件を設定
(2022年1月7日時点で、日本は「オレンジ」に指定)

グリーン 及び オレンジ(日本を含む)からの入国の場合、下記いずれかの証明書が必要
- 入国72時間前以内に実施されたPCR検査 または 入国48時間前以内に実施された簡易抗原検査の陰性証明書
- ワクチン接種証明書(接種完了後14日以上経過していること)
- 回復証明書

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書も現在有効です

日本を含むオレンジ国からの入国者100人のうち5人に対して抗原検査を実施
ブルガリア国民 及び 永住権・長期滞在資格保持者のうち、上記記載の証明書を提示できない場合は10日間の自己隔離を実施

特になし


ベラルーシ
Belarus
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ベラルーシ日本国大使館 Embassy of Japan in Beralus
 在日大使館 駐日ベラルーシ共和国大使館
外務省危険情報 ベラルーシ|危険・スポット・広域情報 MAP

在アイスランド日本国大使館|アイスランドにおける新型コロナウイルス感染情報

外国籍の場合、ベラルーシに永住許可 または 一時居住許可所持者を除き、ベラルーシへの入国は原則不可
(例外等につきましては、ベラルーシ共和国国境委員会ホームページ等にてご確認下さい)

満6歳以上の外国人は、ベラルーシの国境を超える日から3日以内(国境を超える日を含む)に実施したPCR検査の陰性証明書が必要

※ 永住許可 または 一時居住許可所持者は不要
※ 氏名、国籍、検査日、検査結果がベラルーシ語、ロシア語、英語のいずれかで記載されている紙媒体 または 電子媒体

特になし

有効なワクチン接種証明書を所持する場合は、陰性証明書の提示は不要

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ 2回目のワクチン接種が、入国日の1か月前から12ヶ月以内に完了していること


ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
Bosina and Herzegovina
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ボスニア・ヘルツェゴヴィナ日本国大使館 Embassy of Japan in Bosina and Herzegovina
 在日大使館 駐日ボスニア・ヘルツェゴヴィナ大使館
外務省危険情報 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ|危険・スポット・広域情報 MAP

日本から入国する渡航者は、以下のいずれかの証明書を携行・提示すること
- 入国72時間前以内に検体採取したPCR検査 または 抗原検査の陰性証明書
- ワクチン接種証明書(2度目の接種から14日以上経過したもの)
- 新型コロナウイルス感染症の治療から14日以上180日未満であることを示す医師からの証明書

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


ポーランド
Poland
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ポーランド日本国大使館 Embassy of Japan in Poland
 在日大使館 駐日ポーランド共和国大使館
外務省危険情報 ポーランド|危険・スポット・広域情報 MAP

EU加盟国、シェンゲン協定加盟国 または トルコ 以外 の国から入国する場合(シェンゲン協定加盟国等で乗り継ぎした場合を含む)
➡ 入国24時間前以内に結果が判明した検査の陰性証明書の提示で 14日間の隔離措置を免除

※ 空港到着後から入国審査までの間に設置された検査ポイントで取得した陰性証明書 及び 入国後3時間以内に空港敷地内で受検した検査の陰性証明も有効
※ ワクチン接種証明書の有無は問わない

EU加盟国、シェンゲン協定加盟国 または トルコ 以外 の国から入国する場合
➡ 陰性証明書がない場合は14日間の隔離措置を実施
(入国後8日を経過した後に自主的に受検したPCR検査結果の陰性証明を以って、隔離措置期間を短縮可能)

※ 別途隔離措置の対象外となる特例措置あり

特になし


北マケドニア
North Macedonia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在北マケドニア日本国大使館 Embassy of Japan in North Macedonia
 在日大使館 駐日北マケドニア共和国大使館
外務省危険情報 北マケドニア|危険・スポット・広域情報 MAP

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
以下のうちいずれか一つの証明書類の提示が必要
- ワクチン接種証明書(2回の接種を終えていること)
- 新型コロナウイルス感染症陽性証明書(回復日から45日間のみ有効)
- 入国72時間前以内のPCR検査陰性証明書


モルドバ
Moldova
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在モルドバ日本国大使館 Embassy of Japan in Moldova
 在日大使館 駐日モルドバ共和国大使館
外務省危険情報 モルドバ|危険・スポット・広域情報 MAP

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
下記書類をお持ちの場合は14日間の自主隔離措置を免除

- ワクチン接種証明書
- 入国72時間前までに受検したPCR検査の陰性証明書
- 新型コロナウイルス抗体所持証明書

日本を含む全世界からの入国者は、入国後14日間の自主隔離措置の対象とする
(入国7日経過後に実施されるPCR検査によって陰性が証明されれば隔離停止)

※ 12歳以下の子供、モルドバ国内で修学する18歳以下の子供には免除

特になし


モンテネグロ
Montenegro
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在モンテネグロ日本国大使館 Embassy of Japan in Montenegro
 在日大使館 駐日モンテネグロ共和国大使館(兼轄・本国常駐)
外務省危険情報 モンテネグロ|危険・スポット・広域情報 MAP

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
モンテネグロ国籍保有者 及び 外国人は、EUコロナデジタル証明書にある以下のいずれかの提示が必要
- 権限のある保険機関が定めた回数のワクチンを接種し、最後のワクチン接種から6ヶ月以上経過していない証明
- 登録された医療機関によるPCR検査の陽性結果証明(PCR検査結果が出てからの期間が10~180日であること)
- 登録された医療機関による72時間以内のPCR検査陰性証明書
- 登録された医療機関による48時間以内の簡易抗原検査陰性証明書

※ ただし、満18歳以下の者については不要

上記証明書のいずれも保有していない場合は、10日間の自主隔離が必要(ただし、満18歳以下の者については不要)

特になし


ラトビア
Latvia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
原則不可 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ラトビア日本国大使館 Japānas vēstniecība Latvijā
 在日大使館 駐日ラトビア共和国大使館
外務省危険情報 ラトビア|危険・スポット・広域情報 MAP

在ラトビア日本国大使館|新型コロナウイルスに関する情報はこちら

ラトビア疾病管理予防センター(SPKC)の リスト に記載の無い国(日本を含む「高リスク国」)から渡航する場合、重要かつ緊急の理由がない場合は入国不可


入国可能な場合は、入国前48時間以内に COVIDpass に人定事項等を登録し、発行されるQRコードを持参する必要がある
(乗り継ぎを含む)

ラトビアへ渡航するための交通機関に搭乗する72時間前以内のPCR検査 または 搭乗する48時間前以内の抗原検査の陰性証明書が必要

※ ただし、12歳未満の子供は不要

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
新型コロナウイルスに係るワクチン接種済みの者は、陰性証明書取得義務の対象外


リトアニア
Lithuania
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在リトアニア日本国大使館 Embassy of Japan in Lithuania
 在日大使館 駐日リトアニア共和国大使館
外務省危険情報 リトアニア|危険・スポット・広域情報 MAP

在リトアニア日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

以下の場合を除き、日本からの渡航は原則禁止
- リトアニアのナショナルビザ または 滞在許可証の所持者
- ワクチン接種証明書所持者(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)
- 特別な許可をうけた者
- 16歳未満の者


国立社会保険センターへの 事前オンライン登録 及び QRコードの取得が必要
(送られてくる認証コード(QRコード)を、リトアニアに向かう航空機、フェリー、バス、列車への搭乗時に提示する)

16歳以上の入国者は、入国72時間前以内に実施したPCR検査 または 抗原検査の陰性証明書が必要

※ ただしワクチン接種証明書所持者は不要

入国後10日間の自主隔離を実施
(滞在場所から1km範囲の散歩以外の外出は認めず、店など人が集まる場所への出入りは禁止する)

※ 入国から7日目以降に自費でPCR検査を受検し、陰性が証明された場合には隔離期間短縮が可能
※ ワクチン接種証明書所持者は不要

上記参照


ルーマニア
Romania
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ルーマニア日本国大使館 Embassy of Japan in Romania
 在日大使館 駐日ルーマニア大使館
外務省危険情報 ルーマニア|危険・スポット・広域情報 MAP

下記参照

・ワクチン未接種者 または 新型コロナウイルスに感染してから11~180日間の間に無い者は、10日間の自主隔離を実施
・ワクチン接種完了者 または 新型コロナウイルスに感染してから11~180日間の間にある者は、5日間の自主隔離を実施

※ ただし、以下の対象者は自主隔離を免除
*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***

- EU承認済みのワクチン接種完了から10日以上経過していることを各国の保健当局が発行する書類で証明し、同時に出発48時間前以内に検体採取したPCR検査陰性証明書を提示する者
- 直近180日以内に新型コロナウイルスに感染し、入国時点で感染確認から10日経過していることを証明書で証明し、出発48時間前以内に検体採取したPCR検査陰性証明書を提示する者
- ルーマニアでの滞在が3日(72時間)以内であり、飛行機搭乗前72時間以内に取得したPCR検査陰性証明書を提示する者
- 6歳未満の者
- 6歳から15歳までで、到着前72時間以内のPCR検査陰性証明書を提示する者
- 24時間以内のトランジット

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です

上記参照


ロシア
Russia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ロシア日本国大使館 Посольство Японии в России
在ウラジオストク日本国総領事館 Consulate-General of Japan in Vladivostok
在サンクトペテルブルク日本国総領事館 Consulate-General of Japan in Saint-Petersburg
在ハバロフスク日本国総領事館 Consulate-General of Japan in Khabarovsk
在ユジノサハリンスク日本国総領事館 Consulate-General of Japan in Yuzhno-Sakhalinsk
 在日大使館 駐日ロシア連邦大使館
外務省危険情報 ロシア|危険・スポット・広域情報 MAP

ロシアへの渡航に際して必要となる入国制限、ビザ申請、渡航書類、航空券手配、PCR検査、海外旅行保険等の手続き手順を纏めました。弊社では一部の手続きをサポートしています

ロシアでのトランジットを含め、ロシア領内を目的地とした国際航空便に搭乗する(ロシア国境を通過する)に当たり、到着直前48時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書が必要

※ ロシア語 または 英語で記載されていること
※ 指定フォーマットはないものの、陰性証明書に検査機関の押印が無いものは認められない場合あり

空港到着時に無作為抽出で検査が実施される


その他 The Others


アルメニア
Armenia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在アルメニア日本国大使館 Embassy of Japan in Armenia
 在日大使館 駐日アルメニア共和国大使館
外務省危険情報 アルメニア|危険・スポット・広域情報 MAP

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
入国に際し、下記いずれかの提示により、身体所見により強制入院が必要と判断される場合を除き、自主隔離を免除
- 到着72時間前以内に実施したPCR検査の陰性証明書
- ワクチン接種証明書(2回目のワクチン接種から14日以上経過していること)

※ 7歳未満の子供は提示免除
※ 実施医療機関の専用書式(レターヘッド)に、アルメニア語、ロシア語 または 英語で記載されていること

上記証明書を提示できない場合、入国時に私費によるPCR検査を受検するか、検査を拒否する場合には14日間の自主隔離が必要
(入国時にPCR検査を受検する場合、自己隔離への承諾書への証明 及び 検体採取証明書の交付を受け、自己申告した隔離場所へ移動し、48時間以内に通知される陰性結果まで自己隔離を実施)

上記参照


アゼルバイジャン
Azerbaijian
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在アゼルバイジャン日本国大使館 Yaponiyanın Azərbaycan Respublikasındakı Səfirliyi
 在日大使館 駐日アゼルバイジャン共和国大使館
外務省危険情報 アゼルバイジャン|危険・スポット・広域情報 MAP

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
入国に際しては下記の提示が求められる
- ワクチン接種証明書
- 出国72時間前以内のPCR検査陰性証明書

入国時の体温検査等で以上が認められた場合、当局が指定する施設に隔離される場合あり


ウズベキスタン
Uzbekistan
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ウズベキスタン日本国大使館 Посольство Японии в Узбекистане
 在日大使館 駐日ウズベキスタン共和国大使館
外務省危険情報 ウズベキスタン|危険・スポット・広域情報 MAP

日本から入国する場合、入国48時間前以内に実施したPCR検査の陰性証明書が必要

<在ウズベキスタン日本大使館注)>
陰性証明書の発行機関について、ウズベキスタン政府の指定する検査機関リストに掲載されていないことを理由に、日本出発時に搭乗を拒否される事案が発生していますが、2021年7月20日までに厚生労働省サイトに記載のある検査期間発行の陰性証明書については拒否された事案は確認されていない

入国時に迅速抗原検査を受検する


カザフスタン
Kazakhstan
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
原則不可 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在カザフスタン共和国日本国大使館 Embassy of Japan in the Republic of Kazakhstan
 在日大使館 駐日カザフスタン共和国大使館
外務省危険情報 カザフスタン|危険・スポット・広域情報 MAP

在カザフスタン日本国大使館

留学生や省庁間委員会で特別許可された企業関係者等の一部例外を除き、カザフスタンへの出入国を制限する

例外的に入国できる外国人 及び カザフスタンを経由するトランジットを行う者は、入国72時間前以内に取得されたPCR検査の陰性証明書が必要

※ 5歳未満の子供を除く


キプロス
Cyprus
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在キプロス日本国大使館 Embassy of Japan in Cyprus
 在日大使館 駐日キプロス共和国大使館
外務省危険情報 キプロス|危険・スポット・広域情報 MAP

出発72時間前以内のPCR検査の陰性証明書が必要(12歳未満は免除)

ワクチン接種有無に関わらず到着時にPCR検査を受検すること
入国時のPCR検査を拒否した者は、当局が指定する施設における14日間の隔離を実施(隔離期間中にPCR検査を受検した場合は、7日目に開放される)


キルギス
Kyrgyz Republic
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在キルギス日本国大使館 Embassy of Japan in the Kyrgyz Republic
 在日大使館 駐日キルギス共和国大使館
外務省危険情報 キルギス|危険・スポット・広域情報 MAP

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
外国人 及び 無国籍者は、以下いずれかの提示が必要
- 検体採取日時から起算して入国72時間前以内に実施されたPCR検査陰性証明書
- ワクチン接種証明書

※ 不測の事態 または フライト時間等の理由により、PCR検査結果の有効期限(72時間)を超過した場合、到着した空港でPCR検査を受検すること
※ キルギス政府の招聘により来訪する外交団・国際機関の構成員 及び 5歳以下の子供に対しては適用されない


ジョージア
Georgia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ジョージア日本国大使館 Embassy of Japan in Georgia
 在日大使館 駐日ジョージア大使館
外務省危険情報 ジョージア|危険・スポット・広域情報 MAP

在ジョージア日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

ビジネスや留学等、入国目的別の入国制度はジョージア外務省 または 在京ジョージア大使館にお問い合わせ下さい


指定フォーム(Registration form for simplified entry to Georgia)から事前に渡航申請を行うこと
(ただし、ワクチン接種証明書所持者は免除)

入国72時間前以内のPCR検査の陰性証明書が必要

入国後3日目に自費にてPCR検査を受検すること

ワクチン接種証明書を所持する場合、空路入国時は「入国前PCR検査」及び「入国後PCR検査」は免除

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です


タジキスタン
Tajikistan
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
原則不可 必要 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在タジキスタン日本国大使館 Embassy of Japan in Tajikistan
 在日大使館 駐日タジキスタン共和国大使館
外務省危険情報 タジキスタン|危険・スポット・広域情報 MAP

在タジキスタン日本国大使館|現地大使館からの新型コロナウイルス関連最新情報

原則全ての外国人 及び 無国籍者に対して、出入国制限を実施

例外的に入国が許可された外国人はPCR検査の陰性証明書が必要

イスタンブール または カブールから入国する乗客(経由含む)は、陰性証明書提出の上、入国審査前に追加検査の受検 及び 検査結果が出るまでの3日間の自主隔離を実施


トルクメニスタン
Turkmenistan
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在トルクメニスタン日本国大使館 Посольство Японии в Туркменистане
 在日大使館 駐日トルクメニスタン大使館
外務省危険情報 トルクメニスタン|危険・スポット・広域情報 MAP

入国する全ての外国人は下記が必要
- PCR検査陰性証明書
- ワクチン接種証明書(初回接種から42日経過したものが有効)または 抗体の存在を示す証明書

入国時のPCR検査の実施 及び トルクメニスタン政府が指定する施設にて入国後21日間の検疫隔離措置を課す


日本でPCR検査が受検可能な医療機関

●弊社では、提携しているクリニックでのPCR検査の受診日時予約と精算代行を行うサービスを提供しています。
●検査費用、証明書発行費用は弊社代行手数料と併せて弊社にお支払いください(検査当日のお支払いは不要です)


海外渡航用 新型コロナウイルス(PCR・抗原・抗体)検査予約・精算代行サービスのご紹介

世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い各国政府では、出入国時、航空機搭乗時に陰性証明書(検査証明書)の携帯・提出を義務化する国が増えています。

必要な要件を満たした有効な検査証明書が提示できない場合は、入国が認められなかったり、出発国において航空機への搭乗を拒否される場合があります。

一部の国では検査証明を発行する検査機関・医療機関を政府や大使館・領事館が指定していることがありますので受検前に必ずご確認ください。

各国の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書に関する規定

海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)

TeCOT(Testing Center for Overseas Travelers)は、厚生労働省と経済産業省が運営する海外渡航者新型コロナウイルス検査センターです。新型コロナウイルス感染症の検査が可能な医療機関を検索・比較・スムーズにオンライン予約ができるサービスを無償で提供しています。

海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)


日本到着時の手順:水際対策、入国制限、査証制限、陰性証明書、スマートフォンアプリ、誓約書等必要な手続き

 弊社にて日本入国・帰国時の下記サポート手配を行っておりますので、詳細につきましてはお問い合わせ下さい

日本政府は、変異ウイルスの感染拡大を受け、新規感染者の減少傾向を継続させ、再拡大(リバウンド)を防止すべく、日本に入国されるお客さまに対する入国制限と検疫体制の一層の強化を発表しております。

日本への入国・帰国に際して必要となる書類と手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。


ヨーロッパ各国の感染状況(出典:Our World in Data)

ヨーロッパ西部】1日当たりの新規感染者数(7日間平均)|Daily new confirmed COVID-19 cases(Western Europe)

ヨーロッパ東部】1日当たりの新規感染者数(7日間平均)|Daily new confirmed COVID-19 cases(Eastern Europe)

その他ヨーロッパ】1日当たりの新規感染者数(7日間平均)|Daily new confirmed COVID-19 cases(The others)

ヨーロッパ西部】ワクチン接種状況|Share of people vaccinated against COVID-19(Western Europe)

ヨーロッパ東部】ワクチン接種状況|Share of people vaccinated against COVID-19(Eastern Europe)

その他ヨーロッパ】ワクチン接種状況|Share of people vaccinated against COVID-19(The others)

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。