海外

2021.10.19

海外渡航情報|入国制限に関する一覧(陰性証明・ワクチン接種・隔離等)【南米】

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在各国で入国時の検疫の強化(健康申告書等の提出、隔離措置)や入国、ビザ発給の制限を行っています。各国の対応は予告無しに入国制限が実施・変更される場合がありますので、都度渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか最新情報を必ずご確認ください。

*下記必ずご確認下さい!*
査証の要否・出入国の可否・検疫の詳細等・下記内容のご質問等は弊社ではお答えできませんので、各国大使館・領事館、または保健機関関連省庁等にお問い合わせ下さい

外務省海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置

IATA(国際航空運送協会)|新型コロナウイルス旅行規制マップ(COVID-19 Travel Regulations Map)

 下記は外務省、各政府機関ウェブサイト等を基に作成しており、各国の対応は予告無く変更になる場合がございます。
 全ての情報を網羅しているものではありません。最新情報、情報の詳細は必ず各自でご確認下さい。
 航空機搭乗時に搭乗拒否、または渡航国の出入国管理局の審査で入国拒否された場合も、当社は一切その責任を負いません。
 最終的に入国を認めるかどうかの判断は、入国時の入国審査官によって決定されます。
 各国政府の規制は予告無く変更されており、各地空港係官・航空会社への通告も公表されている規制と異なる場合があります。
 航空便を利用する際、マスク等の着用を各国政府や航空会社により義務付けられていることがありますのでご注意ください。
 手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問い合わせ下さい。

 南米|各国の入国制限に関する一覧

各国の入国条件や検疫体制は予告無く状況が更新される場合がございます。
パスポート発給国・渡航先各国の大使館、または領事館・保健機関関連情報などをご自身で必ず事前にご確認ください。


各国の入国制限・検疫・渡航情報に関する一覧(リンクページ)
 アジア  中東  アフリカ  欧州  北中米カリブ  オセアニア
アルゼンチン ウルグアイ
エクアドル ガイアナ
コロンビア スリナム
チリ パラグアイ
ブラジル ベネズエラ
ペルー ボリビア

アルゼンチン
Argentina
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
原則不可 必要 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在アルゼンチン日本国大使館 Embajada del Japón en Argentina
 在日大使館 駐日アルゼンチン共和国大使館
外務省危険情報 アルゼンチン|危険・スポット・広域情報 MAP

在アルゼンチン日本国大使館|アルゼンチンにおける新型コロナウイルス関連情報

2021年10月31日までアルゼンチン国籍者 及び 国境を接する近隣国においてアルゼンチン入国前に14日以上滞在した者は、以下の入国・衛生条件の遵守により入国可能
➡ 2021年11月1日から、全ての非居住外国人の入国を開始(入国条件については下記内容と同一)

※移民局が明示的に許可したアルゼンチン国籍者、アルゼンチン居住外国人、外国人で労働・貿易・就学・スポーツ・家族訪問のためにアルゼンチンに入国するものは、下記の入国条件等を遵守することで隔離措置を免除

  • ① アルゼンチン入国14日前までにワクチン接種を完了し、移民局が要請する誓約書に明記
    (日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です)
  • ② 搭乗前72時間前以内に実施したPCR検査結果が陰性であること
  • ③ 入国時の抗原検査 及び アルゼンチン到着後5~7日の間にPCR検査を実施
  • ④ アルゼンチン国内におけるワクチン接種完了の割合が50%に達し、その後14日経過後は、上記①の条件を満たせば③は免除
  • ⑤ 上記①~④を満たしたワクチン接種及びPCR検査終了者は、以下⑧を除き入国後の隔離措置を免除
  • ⑥ 入国時に陽性が発覚したものに対しては、10日間もしくは各自治体が定める隔離措置の実施
  • ⑦ 未成年者のワクチン未接種者は入国後の隔離、入国7日後のPCR検査の実施
  • ⑧ ワクチン接種を完了していない非居住外国人は、観光目的を除き事前に移民局の許可を以って入国が可能(ただし、入国後の隔離・入国7日後のPCR検査を実施すること)
  • ⑨ 入国が認められる空港、港、国境地域は下記となります
     ・エセイサ国際空港(ブエノスアイレス州)
     ・アエロパルケ・ホルヘ・ニューベリー国際空港(ブエノスアイレス市)
     ・ブーケバス港湾ターミナル(ブエノスアイレス市)
     ・コロニア・エクスプレス港湾ターミナル(ブエノスアイレス市)
     ・メンドーサ・プルメリージョ空港(メンドーサ州)
     ・メンドーサ・クリスト・レデントル国境(メンドーサ州)
     ・イグアス国境センター(ミシオネス州)
     ・イグアスの滝空港(ミシオネス州)

渡航の72時間前以内にPCR検査を受検し、陰性結果をオンライン誓約書に添付して提出(及び搭乗時に提示)
ただし、下記に該当する場合は不要
- 6歳未満の子供
- 到着90日前までに受検した新型コロナウイルス検査結果が陰性で、検査後少なくとも10日後に回復の証明がある場合

渡航の48時間前以内にオンライン誓約書を提出 及び 搭乗時に提示
外国人の非居住者の場合、滞在期間中の新型コロナウイルス感染症に伴う入院・隔離等が例外・制限なくカバーされる海外旅行保険に加入し、上記誓約書を添付して提出

入国時に自己負担でPCR検査(自費)を受検し、陰性の場合は誓約書に記載した場所で隔離義務
入国7日目に再びPCR検査を受検(自費)し、陰性であれば隔離義務が終了

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
上記参照


ウルグアイ
Uruguay
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ウルグアイ日本国大使館 Embajada del Japón en Uruguay
 在日大使館 駐日ウルグアイ東方共和国大使館
外務省危険情報 ウルグアイ|危険・スポット・広域情報 MAP

在ウルグアイ日本国大使館|領事情報 ウルグアイにおける新型コロナウイルスに関する情報

モンテビデオ 及び プンタ・デル・エステでのみ入国可能
アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル国籍者以外の乗り継ぎは禁止
居住する外国人等が入国する場合、ウルグアイ国内で有効な保険に加入していること

旅行開始の72時間前以内に自国 もしくは 通過国で承認されている研究所で実施された検査(PCR検査もしくは厚生省が承認するその他の検査)の陰性証明書が必要
商用の交通手段で入国する場合、検査結果が陰性である旨を搭乗前に証明すること
(ただし、6歳未満の子供の場合は不要)

・到着時に 健康申告書(DECLARACIÓN DE SALUD DEL VIAJERO)を提出
・7日間の隔離に加えて入国7日目のPCR検査を実施し、陰性の場合は隔離終了となる
(入国7日目のPCR検査を受検しない場合は、隔離期間を7日間延長し、合計14日間の隔離を実施)

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
入国前6ヵ月以内に自国(pais de origin)で承認されたワクチン接種を完了し、免疫獲得のために待機期間を経た者に対し、7日間の隔離 及び 入国7日目のPCR検査実施、もしくは合計14日間の隔離実施を免除
(ただし、ワクチン接種 及び 免疫獲得のために待機期間経過を証明する自国の衛生当局が発行する証明書を提示すること)


エクアドル
Ecuador
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要(下記参照) 有効 不要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在エクアドル日本国大使館 Embajada del Japon en Ecuador
 在日大使館 駐日エクアドル共和国大使館
外務省危険情報 エクアドル|危険・スポット・広域情報 MAP

下記いずれかの証明書が必要
- 出発地における航空機搭乗の72時間前以内に実施されたPCR検査(RT-PCR)の陰性証明書
- 出発14日前までに取得したワクチン接種証明書(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)

※ブラジル または インドを出国・経由して入国する2歳以上の全ての方は、ワクチン接種証明書の有無に関わらず、出発地における航空機搭乗の72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書が必要

・入国時に無作為に抗原検査を実施する可能性あり
・到着時に 健康申告書(Declaracin de Salud del Viajero)を提出
ブラジル 及び インドを出国・経由して入国する場合、PCR検査の陰性証明書を所持していても、入国後10日間は自己負担により自宅やホテル等で隔離が必要

特になし


ガイアナ
Guyana
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 不要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ガイアナ日本国大使館 Embassy of Japan for Guyana
 在日大使館 ガイアナ共和国大使館(兼轄・中国常駐)
外務省危険情報 ガイアナ|危険・スポット・広域情報 MAP

在ガイアナ日本国大使館|ガイアナの入国規制措置(2021年8月8日更新)

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
入国する外国人渡航者は、少なくとも1回分の新型コロナウイルスワクチン接種を済ませていることが必要

※有効なワクチンは以下の通り
アストラゼネカ(AstraZeneca)、ヤンセン(Janssen)、モデルナ(Moderna)、ファイザー(Pfizer)、シノファーム(Sinopharm)、シノバック(Sinovac)、スプートニクV(SputnikV)

渡航の72時間前以内に実施されたPCR検査陰性証明書が必要
(渡航4~7日前以内に実施されたPCR検査陰性証明書を保持している場合でも渡航可能ですが、到着時に検査が課されます(13歳未満は除く))

※両親 または 他の許可を受けた大人と一緒に渡航する12歳未満の子供の入国については、同伴する大人のPCR検査結果が陰性の場合は、同陰性証明書の提示は必要とされない

・全ての渡航者は、少なくとも到着24時間前にオンライン上で 事前到着旅客位置情報フォーム(Passanger Locator Form)への登録 及び PCR検査結果の登録を行う
・渡航4~7日前以内に実施されたPCR検査陰性証明書を保持して入国する場合は、到着時に検査が課される(13歳未満は除く)
 (検査費用:85USDは航空会社チェックイン時、ウェブサイト上 または 到着時空港の検査機関(Eureka Labs)に支払う)
・認可された検査機関からの有効なPCR検査陰性証明書を保持しない場合は、入国拒否 または 自己負担により到着時に検査を行う

特になし


コロンビア
Colombia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
可能 不要 不要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在コロンビア日本国大使館 Embajada del Japón en Colombia
 在日大使館 駐日コロンビア共和国大使館
外務省危険情報 コロンビア|危険・スポット・広域情報 MAP

不要(2021年6月3日付けで、コロンビア入国にあたり全ての渡航者に要求されていたPCR検査陰性証明書の提示義務は廃止)

特になし

特になし


スリナム
Suriname
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在スリナム日本国大使館 Embassy of Japan for Suriname
 在日大使館 スリナム共和国大使館(兼轄・中国常駐)
外務省危険情報 スリナム|危険・スポット・広域情報 MAP

在スリナム日本国大使館|スリナムの入国制限措置(2021年9月1日)

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
ワクチン未接種者 及び ワクチン不完全接種者の渡航には外務省の事前許可(conza@gov.sr)が必要
ワクチン完全接種者は、渡航前の入国許可の取得は不要

※有効なワクチンは以下の通り(到着の2週間前までに規定回数の接種を完了していること)
アストラゼネカ(AstraZenaca)、コビシールド(Covishield)、ヤンセン(Janssen)、モデルナ(Moderna)、ファイザー(Pfizer)、シノファーム(Sinopharm)、シノバック(Sinovac)、AZD1222

スリナムへの渡航フライト出発72時間前以内に受けたPCR検査陰性証明書が必要

ワクチン未接種者 及び 不完全接種者は、保健省が定めたホテルで7日間の義務的検疫措置が課される

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
ワクチン完全接種者は、渡航前の入国許可の取得は不要 かつ 義務的検疫措置の対象外
(ワクチンの最終接種から2週間経過後にワクチン完全接種者とみなされる)
入国時にはワクチン完全接種証明書、スリナムへの渡航フライト出発前72時間以内に受けたPCR検査陰性証明書 及び 有効な渡航書類の保持が必要


チリ
Chile
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在チリ日本国大使館 Embassy of Japan in Chile
 在日大使館 駐日チリ共和国大使館
外務省危険情報 チリ|危険・スポット・広域情報 MAP

在チリ日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
下記に該当しない場合は入国不可
- チリ国籍者、チリ国籍者の子供と親 及び 居住外国人
- 在留国にあるチリ大使館(領事館)にて特別入国許可(Salvoconducto)を所持する者 
- 内務省令102号にて定める出入国規制の対象外に当たる者
- 到着の14日前までにワクチンを完全接種されたことを示す、ワクチン接種証明書を所持する者

※有効なワクチンは以下の通り
アストラゼネカ(AstraZenaca)、コビシールド(Covieshield)、ヤンセン(Janssen)、モデルナ(Moderna)、ファイザー(Pfizer)、シノファーム(Sinopharm)、シノバック(Sinovac)

チリに非居住の外国人は、以下の要件を満たすことで入国が許可される
(ただし入国が許可される空港は、原則としてサンチャゴ国際空港(SCL)、イキケ国際空港(IQQ)、アントファガスタ空港(ANF)のみ)

  • ① ウェブ上(https://mevacuno.gob.cl/)でワクチン接種完了の認証を受け、移動許可証(PDM:Pase de Movilidad)を取得
     (申請から認証取得まで最大30日間必要)
  • ② チリに入国する航空便搭乗48時間以内に、チリ入国前48時間以内に オンライン宣誓書(Declaracion Jurada)に連絡先、健康状態等を申告し、入国時に提示
  • ③ チリに入国する航空便(乗り換えを行う複数地点を経由する場合、一番最後に乗る便)の搭乗前72時間以内に受検したPCR検査陰性証明書の入国時の提示
  • ④ 新型コロナウイルス感染症をカバーし、最低3万USドルの治療費等を補償する旅行保険への加入 及び 上記②の宣誓書への添付
     (保険証書はスペイン語 または 英語)
  • ⑤ 入国後、入国に先立ち申告した隔離場所での5日間の隔離の実施 及び 14日間のウェブ上で健康状態を申告
     (同隔離場所には私用車等で空港から直接移動し、途中で別の場所に宿泊したり、他者との接触は不可)
  • ※その他、渡航者らに対して入国時 ないし 入国後14日間にPCR検査 または 抗原検査が実施される可能性がある
    (入国後14日間内に実施された検査で陽性となった場合、当該人は濃厚接触者とともに、保健当局が指定する期間、隔離場所で隔離を維持しなければならない)

チリに入国するフライトの出発72時間前以内に受検したPCR検査陰性証明書(スペイン語 または 英語)が必要
ただし、2歳未満の子供の場合は不要
(陰性証明書は宣誓書入力時にアップロードし、原本持参)

入国後下記規定に基づき7日間の隔離措置を実施
- 入国時に移動許可証(PDM:Pase de Movilidad)を所持する場合は、自宅での隔離が可能
- 自宅待機の要件を満たさない場合は、7日間トランジットホテルで待機(自己負担。ホテルの予約は指定サイトから可能)
- 到着の14日前までワクチンを完全接種されたことを示す、ワクチン接種証明書を所持する場合、検疫期間は5日間に短縮される

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
到着の少なくとも14日前までにワクチンを完全接種されたことを示す、ワクチン接種証明書を所持する場合、検疫期間は5日間に短縮される


パラグアイ
Paraguay
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 不要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在パラグアイ日本国大使館 Embajada del Japón en el Paraguay
 在日大使館 駐日パラグアイ共和国大使館
外務省危険情報 パラグアイ|危険・スポット・広域情報 MAP

入国時に下記のいずれかの提示が必要
- 航空機搭乗前72時間以内に実施した新型コロナウイルスにかかる核酸検出検査(RT-PCR、LAMP、NAAT)による陰性証明書
- 航空機搭乗前24時間以内に実施した抗原検査による陰性証明書が必要

※入国前14日から90日の間に新型コロナウイルスに感染した者は、核酸検出検査(RT-PCR、LAMP、NAAT)または 抗原検査による陽性判定の検査結果をもって、その事実を証明すること

・入国前24時間以内に 健康質問表(Traveler's Health Information)に入力すること

・ワクチン接種の有無に関わらず、12歳以上の全ての入国者は、パラグアイ国民であっても外国人であっても、入国時に提示した陰性証明書を取得するために受検した検査による検体採取日から起算して5日目(検体採取から24時間で1日とカウントする)に、厚生福祉省の認可を受けた検査機関にて新たにRT-PCR検査を受検すること
(メルコスール加盟国 及び 準加盟国(チリ、エクアドル、コロンビア、ペルー、ガイアナ、スリナム)からの入国者は5日目のRT-PCR検査は免除)

ワクチン接種完了者は、出発地の保健当局が発行したワクチン接種証明書またはワクチン接種記録書により、新型コロナウイルスワクチンを接種済みであることを証明すること
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)
※規定のワクチン接種回数の最後の回から14日間経過した者が、ワクチン接種完了者とみなされる


ブラジル
Brazil
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 不要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ブラジル日本国大使館 Embaixada do Japão no Brasil
 在日大使館 駐日ブラジル連邦共和国大使館
外務省危険情報 ブラジル|危険・スポット・広域情報 MAP

在ブラジル日本国大使館|ブラジルの感染状況・対策

外国人の空路入国は、入国ビザの携帯を含め、各自の事情に即した入国要件に従うことを条件として可能
ただし陸路、他の陸上交通機関 及び 水運での入国の場合、下記に該当しない場合は入国不可
- ブラジル国籍者 及び 帰化したブラジル人
- ブラジル領土内に一定期間 または 無期限の在留資格を有する移民
- 国際機関のミッションによる外国人専門家で身分証明可能な者
- ブラジル政府に接受された外国政府職員
- ブラジル人の配偶者、事実婚者、子供、親 または 後見人
- 公益 または 人道上の観点から、ブラジル政府によって特別に入国が認められた外国人
- 国家移住登録証を保有する外国人
- 貨物輸送

国籍を問わず国外からブラジルに入国・乗り継ぎする渡航者は、搭乗72時間前以内に実施されたRT-PCR検査の陰性証明書が必要
(証明書はポルトガル語、スペイン語 または 英語で記載されていること)

※2歳未満の子供の場合は不要
※同伴する12歳未満の子供については、全ての同伴者が搭乗72時間前以内に実施されたRT-CPR検査の陰性証明書を提示すれば不要

国籍を問わず搭乗72時間前以内 旅行者健康状態申告書(Declaração de Saúde do Viajante)を登録し、搭乗手続き時と入国時に提示

特になし


ベネズエラ
Venezuela
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 不要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ベネズエラ日本国大使館 Embajada del Japón en Venezuela
 在日大使館 駐日ベネズエラ・ボリバル共和国大使館
外務省危険情報 ベネズエラ|危険・スポット・広域情報 MAP

在ベネズエラ日本国大使館|新型コロナウイルス感染症関連情報

ボリビア、ドミニカ共和国、メキシコ、パナマ、ロシア 及び トルコを除く国からベネズエラへの国際線運行は停止中

入国72時間前以内に取得したPCR検査陰性証明書が必要

・搭乗前に必要な 搭乗者情報(Pase de Salud)を入力し、同ホームページで発行されるQRコードを入国時等に提示する
・入国時に有料にてPCR検査を実施(支払い方法等は搭乗航空会社にお問い合わせ下さい)

特になし


ペルー
Peru
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 不要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ペルー日本国大使館 Embajada del Japón en el Perú
 在日大使館 駐日ペルー共和国大使館
外務省危険情報 ペルー|危険・スポット・広域情報 MAP

在ペルー日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報(入国要件に関するペルー保健省の発表)

過去14日間に南アフリカを出発・経由した場合は、非居住外国人のペルーへの入国不可
(南アフリカからのフライトは現在運行停止中)

ペルーに乗客として入国する者は、出発国・ワクチン接種の有無に関わらず、検査結果が搭乗72時間前以内のPCR検査陰性証明書が必要

特になし


ボリビア
Bolivia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ボリビア日本国大使館 Embajada del Japón en Bolivia
 在日大使館 駐日ボリビア多民族国大使館
外務省危険情報 ボリビア|危険・スポット・広域情報 MAP

海外から入国する5歳以上の渡航者は、下記の通りPCR検査(鼻腔検体を用いること)の陰性証明書の提出が必要
- 空路による入国の場合:最初の出発国の搭乗72時間前以内に実施したPCR検査の陰性証明書
- 陸路等空路以外による入国の場合:入国72時間前以内に実施したPCR検査の陰性証明書

・ボリビア国内に置ける滞在場所を明示する 宣言書(Declaracion Jurada)を登録
・ボリビアに永住資格を持たない外国籍の方は、入国前に新型コロナウイルス感染症に罹患した場合の治療費を支払い可能な健康保険に加入する
・入国後にボリビア当局の管理下において少なくとも10日間の隔離措置を実施
(隔離措置7日目にPCR検査(自費)を実施し、陽性の場合は適切な措置が講じられる)

特になし


日本でPCR検査が受検可能な医療機関

●弊社では、提携しているクリニックでのPCR検査の受診日時予約と精算代行を行うサービスを提供しています。
●検査費用、証明書発行費用は弊社代行手数料と併せて弊社にお支払いください(検査当日のお支払いは不要です)


海外渡航用 新型コロナウイルス(PCR・抗原・抗体)検査予約・精算代行サービスのご紹介

世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い各国政府では、出入国時、航空機搭乗時に陰性証明書(検査証明書)の携帯・提出を義務化する国が増えています。

必要な要件を満たした有効な検査証明書が提示できない場合は、入国が認められなかったり、出発国において航空機への搭乗を拒否される場合があります。

一部の国では検査証明を発行する検査機関・医療機関を政府や大使館・領事館が指定していることがありますので受検前に必ずご確認ください。

各国の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書に関する規定

海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)

TeCOT(Testing Center for Overseas Travelers)は、厚生労働省と経済産業省が運営する海外渡航者新型コロナウイルス検査センターです。新型コロナウイルス感染症の検査が可能な医療機関を検索・比較・スムーズにオンライン予約ができるサービスを無償で提供しています。

海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)


日本到着時の手順:水際対策、入国制限、査証制限、陰性証明書、スマートフォンアプリ、誓約書等必要な手続き

日本政府は、変異ウイルスの感染拡大を受け、新規感染者の減少傾向を継続させ、再拡大(リバウンド)を防止すべく、日本に入国されるお客さまに対する入国制限と検疫体制の一層の強化を発表しております。

日本への入国・帰国に際して必要となる書類と手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。

●日本の入国制限・入国拒否対象国・地域

●発給された査証の効力停止と査証免除措置の停止

●ビジネストラック、レジデンストラックの運用停止について

1)出国前72時間以内に実施した検査の陰性証明書の準備
・弊社では現地での「日本入国用の検査及び検査証明書取得」の代行手配(予約)のサポートをさせていただきます。

日本入国用の検査の代行手配(予約)サポートについて

2)質問票Webの事前登録

3)スマートフォンのアプリ3種類のインストールと設定

4)検疫措置を遵守する旨の誓約書の提出

5)降機後の検査

6)14日間の待機
待機宿泊(帰国者向けプラン・入国者向けプラン)、ハイヤーの手配は弊社にて可能です。
日本入国後の待機宿泊手配について|帰国者に対する検疫の流れと14日間の待機宿泊について

自主待機期間の移動手段(ハイヤー)手配について


南米各国の感染状況(出典:Our World in Data)

1日当たりの新規感染者数(7日間平均)|Dayly new confirmed COVID-19 cases

ワクチン接種状況|Share of people vaccinated against COVID-19

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。