海外

韓国ビザ・大阪申請

【新型コロナウイルス感染拡大後の申請受付状況】

新型コロナウイルス感染拡大前と比べて、申請条件、申請要領、必要書類等は大きく異なっております。
弊社にて手配をご希望される方は、最新の情報をスタッフまでお問合わせください。

弊社のビザ・認証取得手配サービスをご利用のお客様は、下記に記載の新型コロナウイルス感染拡大の影響による注意事項、個人情報の取扱い、手配条件について同意の上申込み願います。

ビザ・認証取得手配サービスをご利用のお客様へ
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/11028

ご自身で申請される場合の申請要領、手配代行を伴わないご質問等は、大使館・領事館、ビザセンターにお問い合わせ下さい。

2020年3月9日より日本国籍のビザ免除措置は停止になっています。
また、2020年3月9日以前に在日韓国大使館、領事館で発行された日本国籍のビザは無効(日本国外で発行されたビザは適用外)となっています。
2020年4月5日までに発行された全ての外国人の一時取材ビザ(C-1)、短期訪問ビザ(C-3)の効力が暫定停止となりました。
短期就業ビザ(C-4)、長期滞在ビザは引き続き有効です

韓国大使館・領事館でビザの申請は受付されていますが、ビザ申請時に申請日から48時間以内に医療機関が発行した診断書(発熱,咳,悪寒,頭痛,筋肉痛,肺炎などコロナ19関連の症状の有無が必ず記載)の提出が必要となっています。
そのため、弊社では代理申請、代理受領のサービスを行っていませんが、申請書類の作成サポートサービスは承っております。
2020年9月9日現在、ビザの申請から発給まで1ヵ月程度かかっています。

日本国籍のビザ免除措置を停止(2020年3月9日~)
2020年3月9日以前に在日韓国大使館、領事館で発行された日本国籍のビザは無効(日本国外で発行されたビザは適用外)
2020年4月5日までに発行された全ての外国人の一時取材ビザ(C-1)、短期訪問ビザ(C-3)の効力が停止(2020年4月13日~)

韓国 渡航に必要なビザ申請、航空券手配、PCR検査、ビジネストラックの手続き手順
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/10693


韓国への入国はビザ(査証)が必要です。日本国籍の方は条件を満たせば無査証滞在が可能です。ビザの取得は大韓民国大使館(東京)または総領事館(札幌、仙台、横浜、新潟、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡)にて可能です。旅行会社の代理申請も可能です。弊社では以下内容で申請サポートを行っております。
下記は弊社で代理申請する際のご案内となります。ご自身で申請される場合は申請方法等が異なる場合がございますのでご自身で大使館にご確認ください。

当社は法人企業様のビザ手配代行を専門に行なっております。誠に申し訳ございませんが、個人の方のビザ取得手配は承っておりません。当社はビザの取得をサポートする旅行会社で、査証の要否を判断する機関ではありません。手配代行を伴わないご質問やビザ要否の確認は、大使館にお問い合わせ下さい。

大使館・領事館情報

駐大阪大韓民国総領事館
Consulate-General of the Republic of Korea in Osaka
住 所

〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町2丁目5番13号 五味ビル

公式サイト http://overseas.mofa.go.kr/jp-osaka-ja/index.do
管轄区域 大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県
申請時間 月~金曜日 09:00~11:30
 ※新型コロナウイルスの影響に伴い、申請・受領時間が一時的に変更となっています。
受領時間 月~金曜日 14:00~16:00
 ※新型コロナウイルスの影響に伴い、申請・受領時間が一時的に変更となっています。
休館日 土・日曜、日本祝祭日、韓国祝祭日(03/01、08/15、10/03/、10/09)、年末年始
問い合わせ メール(osaka@mofa.go.kr)でお問い合わせ下さい
外務省海外安全情報 http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_003.html#ad-image-0
韓国の渡航情報 https://www.tokutenryoko.com/news/passage/country:korea

無査証滞在の条件

【現在停止中】日本国籍の方は以下の条件を満たすことで韓国の無査証(ビザなし)入国が認められています。
渡航目的 目的が以下に該当する場合 ※90日以内の滞在でも就業または営利活動目的の場合はビザ(査証)が必要。
①通過, 観光, 娯楽休養
②競技會, コンテストなどで、アマチュアとして参加しようとする者(アマチュアとしての参加だと言うことは参加者がアマチュアで報酬を受けない場合を言う。 プロモーターが負担する航空料, 滞在費及び入賞者に対する賞品などは報酬と見做さない)
③知人, 友達, 親族などの訪問(見舞, 冠婚喪祭などの参加を含む)
④見学, 視察(工場などの見学, 新商品展覧会などの視察等)
⑤民間団体主催の講習, 会議などに民間人として参加する者
⑥韓国に基盤を持たない商談, 契約調印, 業務連絡, アフターサービス, 広報, 市場調査その他いわゆる短期商用の目的
⑦短期の社内講習の受講
⑧宗教行事参加, 教会設立に関する業務連絡など
⑨報道, 取材の中一時的用事(韓国を訪問する国家または公共団体の主要人物あるいはスポーツ選手等に同行する取材活動など)
⑩姉妹都市または学校を親善訪問(親善使節目的に行う広報を含む)
⑪短期間の語学研修(語学研修を90日以内に修了して続いて上級コースなどを受講する予定がない場合に限る.ただ, 上級コース予定のある場合は ‘一般研修’ または ‘留学’ 滞留資格の査証を受けなければならない)
⑫その他短期滞在(会社設立の準備, 短期間疾病治療, 大学受験, 外国法律専門弁護士の承認手続等)
滞在期間 90日以内(外交・公用は任務終了まで滞在可能)
旅券の必要残存期間 入国時3ヵ月以上必要
旅券の未使用査証欄 入国時1ページ以上
その他必要書類 入国時に韓国を出国する往復航空券または第三国行き航空券を所有

◆韓国ビザの種類→ KOREA VISA PORTALホームページ(韓・英)/Visa by Categories
https://www.visa.go.kr/openPage.do?MENU_ID=10102

◆国籍による韓国ビザの要否→ KOREA VISA PORTALホームページ(韓・英)/Visa Navigator
https://www.visa.go.kr/openPage.do?MENU_ID=10101

注意
  • ビザ要否に関する情報提供は、その時点で客観的な情報を提供しますが、将来に渡りその内容を保証するものではありません。ビザ要否の規定は変更される場合がありますので、渡航前にご自身で大使館へ御確認ください。
  • ビザが不要とされる場合でも、お客様の事由[パスポートの種類(機械読み取り式・機械読み取り式でない、発行地)、渡航目的、国籍や滞在資格、前提条件として第三国へ渡航する航空券の所持など)または渡航先国の出入国管理局の審査により入国を拒否された場合も、当社は一切その責任を負いません。

韓国ビザの種類

韓国ビザ種類一覧(Visa Categories)
外交 A-1 Diplomacy
公務 A-2 Foreign Government Official
協定 A-3 International Agreements
査証免除 B-1 Visa Exempted
観光通過 B-2-1 Transit Visa (General)
B-2-2 Transit Visa (Jeju Island)
一時取材 C-1 Short-Term News Coverage
短期訪問 C-3-1 Short-Term General
C-3-2 Group Tourist
C-3-3 Medical Tourist
C-3-4 Business Visitor(General)
C-3-5 Business Visitor(Agreement)
C-3-6 Business Visitor(Sponsored)
C-3-7 Visa on Arrival
C-3-8 Overseas Korean Visitor
C-3-9 General Tourism
C-3-10 Direct Transit Visa(Air-side)
短期就業 C-4 Short-Term Employee
文化芸術 D-1 Korean Arts and Culture
留学 D-2-1 Associate Degree
D-2-2 Bachelor's Degree
D-2-3 Master's Degree
D-2-4 Doctoral Degree
D-2-5 Research Study
D-2-6 Exchange Student
技術研修 D-3 Industrial Trainee
D-3-11 Industrial Trainee
D-3-12 Industrial Trainee(Technology)
D-3-13 Industrial Trainee(Plant)
一般研修 D-4-1 Korean Language Trainee
D-4-2 General Trainee(Others)
D-4-3 Student (Elementary, Middle, High School)
D-4-5 Trainee Chief(Korean Cuisine)
D-4-6 General Trainee(Private Institute)
D-4-7 Foreign Language Trainee
取材 D-5 Long-Term News Coverage
宗教 D-6 Religious Worker
駐在 D-7-1 Intra-Company Transferee (Foreign Company)
D-7-2 Intra-Company Transferee (Domestic Company)
D-7-91 Intra-Company Transferee(by FTA)
D-7-92 Contractual Service Supplier(by FTA)
企業投資 D-8-1 Incorporated Enterprise
D-8-2 Business Venture
D-8-3 Unincorporated Enterprise
D-8-4 Technology and Business Startup
D-8-91 Intra-Company Transferee (by FTA)
貿易経営 D-9-1 International Trade
D-9-2 Technician(Industrial Machinery)
D-9-3 Technician(Ship Building)
D-9-4 Individual Foreign Business Man
求職 D-10-1 Job Seeker
D-10-2 Business Startup
教授 E-1 Professor
会話指導 E-2-1 Foreign Language Instructor (General)
E-2-2 Teaching Assistant
E-2-91 Foreign Language Instructor(by FTA)
研究 E-3 Reseacher
技術指導 E-4 Technical Instructor/Technician
専門職業 E-5 Professional
芸術興行 E-6-1 Artist
E-6-2 Hotel and Adult Entertainment
E-6-3 Athlete
特定活動 E-7-1 Foreign National of Special Ability
E-7-91 Independent Professional(by FTA)
非専門就業 E-9-1 Manufacturing
E-9-2 Construction
E-9-3 Agriculture
E-9-4 Fishery
E-9-5 Service
船舶就業 E-10-1 Coastal Crew
E-10-2 Fishing Ship Crew
E-10-3 Cruise Ship Crew
訪問同居 F-1 Family Visitor
F-1-3 Cohabitee of diplomat/foreign government official
F-1-9 Spouse/underage children of F-4 Overseas Korean
F-1-13 Parents of international student
F-1-21 Household assistant of diplomat
F-1-22 Household assistant of big investor
F-1-23 Household assistant of high-tech investor
F-1-24 Household assistant of professional
居住 F-2 Resident
F-2-2 Underage children of Korean National
F-2-3 Spouse of permanent resident
同伴 F-3-1 Dependent Family
在外同胞 F-4 Overseas Korean
F-4-11 Overseas Korean
F-4-12 Descendant of Overseas Korean
F-4-13 Fomer D or E visa holder
F-4-14 University Graduates
F-4-15 Permanent resident of OECD country
F-4-16 Corporate Executive
F-4-17 Enterpreneur of $100,000
F-4-18 Multinational Company
F-4-19 Representative of overseas Koreans organization
F-4-20 Goverment Employee
F-4-21 Teacher
F-4-25 Person of Age 60 or older
永住 F-5 Permanent Resident
F-5-5 Big Investor
F-5-11 Special talent
結婚移民 F-6-1 Spouse of Korean National
F-6-2 Child Raising
その他 G-1 Miscellaneous
G-1-10 Treatment and Recuperation
観光就業 H-1 Working Holiday
訪問就業 H-2-1 Work and Visit(Family Connection)
H-2-2 Work and Visit(Parents/Spouse of D-2 Student)
H-2-5 Work and Visit(By lottery)
H-2-7 Work and Visit(Expired visa)

ビザ申請前のご注意

・パスポートの残存日数、未使用査証欄が足りているかご確認ください。最終ページの所持人記入欄は必ずご記入ください。
・損傷していたり、ページが破れているパスポートは軽微なものでも損傷旅券と判断され、ビザ申請が受理されなかったり、入国を拒否される場合がございます。このような場合、日本国籍の方は各都道府県の旅券窓口に、外国籍の方は自国の大使館・領事館にお申し出のうえ、旅券を返納し、新規発給申請の手続きを行ってください。弊社では損傷内容について新規発給の必要性の判断はできかねます。
・パスポート返却予定日は目安となる最短の日数です。ビザ申請受付国の事由等により変更になる事がございます。パスポート返却予定日が変更になる場合は、速やかにお知らせいたします。
・お客様が予定している渡航日(日本出発日)にビザ発給が間に合うことを保証するサービスではございません。当該在日公館の休館等、当社に起因する以外の原因でご案内させていただいていた手配スケジュールが遅れてしまった結果、お客様の予定されていたご出発までにビザ発給が間に合わなかった場合、当社は免責とさせていただきます。
・ビザ(査証)またはETA(電子渡航認証)は事前段階における入国許可申請証明のあくまで一部であり、入国を保証するものではありません。最終的な入国の許可は国境検問所、港、空港にいる入国審査官の裁量で決定されるため、ビザを持っていても入国を拒否されることがあります。
・日本国籍以外の方は、ビザ申請するための条件がありますのでご注意ください。
http://overseas.mofa.go.kr/jp-osaka-ja/brd/m_22656/view.do?seq=761178&srchFr=&srchTo=&srchWord=&srchTp=&multi_itm_seq=0&itm_seq_1=0&itm_seq_2=0&company_cd=&company_nm=&page=2
渡航目的にそったビザの種類を現地入国管理局等に確認のうえ、虚偽なくビザ申請を行ってください。審査の結果、虚偽の申告と判断された場合、明確な入国目的が提示できない場合、不法滞在の可能性があると判断された場合等はビザ発給が拒否されることがあります。
・韓国に90日を超えて滞在しようとする場合は、入国した日から90日以内に居住地を管轄する出入国管理事務所で外国人登録を行い、「外国人登録証」の発給を受けなければなければなりません。
・黄熱予防接種証明書は要求されていません。黄熱に感染する危険のある国ではないので、黄熱の予防接種は推奨されていません。
・2021年1月7日より新規ビザ申請時には、PCR 陰性確認書は提出不要です。但し、海外から入国する外国人が空港湾入国の際、PCR陰性確認書提出の義務化が中断した場合、査証申請時にPCR陰性確認書が再度、必要となる場合もあ​ります。
居住地の管轄箇所での申請になります。異なる管轄箇所での申請はできません。

 
韓国ビザ申請先大使館・領事館の管轄地域
公館名(サイトへのリンク) 管轄地域・都道府県
駐日大韓民国大使館 領事部 東京都, 千葉県, 埼玉県, 栃木県, 群馬県, 茨城県
駐大阪大阪大韓民国総領事館 大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
駐福岡大韓民国総領事館 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
駐名古屋大韓民国総領事館 愛知県、三重県、福井県、岐阜県
駐広島大韓民国総領事館 島根県、広島県、山口県、愛媛県、高知県
駐横浜大韓民国総領事館 神奈川県、静岡県、山梨県
駐新潟大韓民国総領事館 長野県、新潟県、富山県、石川県
駐札幌大韓民国総領事館 北海道
駐仙台大韓民国総領事館 青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、宮城県
駐神戸大韓民国総領事館 兵庫県、鳥取県、岡山県、香川県、徳島県

・ビザの申請後は健康状態を確認するインタビューなど14日以上の十分な審査を経て許可・不許可等の結果が決まります。現在、弊社では代理申請・代理受領を承っておりませんが、申請書類の確認、作成の申請サポートを承っております。

業務・短期商用(C-3-4)ビザ申請サポート【日本国籍】

・市場調査、業務連絡、商談、契約、輸出入機械等の設置・補修・検修・運用要領の習得その他これに類似した目的で短期間在留しようとする方が対象。滞在費を超えない報酬を支払ってもらう場合は含まれるが、営利を目的とする者は短期就業(C-4)ビザが該当。

※2021年1月26日改訂
【 業務・短期商用(C-3-4)3ヵ月シングル 】
渡航目的 会議、ビジネス商談等の各種出張
滞在可能日数 90日以内(滞在が可能な最大日数)
有効期間 3ヶ月(査証発行日から有効期間内までに入国)
必要旅券残存 申請時6ヵ月以上
未使用査証欄 最低2ページ以上
代理申請料金 ¥19,800(ビザ代金¥0+ビザサポート料金¥19,800)

① 申込書類  のご提出
② 現地受入会社の 招聘状(コピー)・登記簿謄本(コピー) のご準備
③ 日本の所属会社作成の 出張命令書(原本)と在職証明書(原本)、登記簿謄本(原本) のご準備
④ 施設隔離同意書、健康状態確認書 のご準備
⑤ 弊社にて ビザ申請書 の作成
⑥ お客様にてビザ申請
⑦ 取得所要日数

① 申込書類 のご提出

・申請書作成に必要となるためメールでご提出下さい。ご提出頂いた情報に基づいて申請書を作成させていただきます。 
【申込書】
【パスポートコピー(顔写真ページ)】
【住民票(発行日から1ヶ月以内の原本)】又は【運転免許証(両面コピー)】又は【保険証の両面コピー】

② 現地受入会社の 招聘状(コピー)・登記簿謄本(コピー) のご準備

【招聘状(コピー)】
・発行から1ヶ月以内に申請が必要です。
・公証は不要。会社社長の法人代表印の押印が必要(サインのみは不可)。

【登記簿謄本(コピー)】
・登記簿謄本は発行から3ヶ月以内のもの。
・登記簿謄本の代わりに事業者登録証(コピー)でも可能

③ 日本の所属会社作成の 出張命令書(原本)と在職証明書(原本)、登記簿謄本(原本) のご準備

【出張命令書(原本)】
・領事の指定様式に則り作成をお願いします
・発行から1ヶ月以内の原本で、社判が押印されたものが必要。手書き不可

【在職証明書(原本)】
・在職証明書には英文の姓名、生年月日、入社日、部署、担当業務及び職位の記載が必須・発行から1ヶ月以内の原本で、社判が押印されたものが必要。手書き不可

【登記簿謄本(原本)】
・発行から3ヶ月以内の原本が必要。

④ 施設隔離同意書、健康状態確認書 のご準備

【隔離同意書】【健康状態確認書】
・規定の書面に必要事項をすべて記入の上、申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します。

⑤ 弊社にて ビザ申請書 の作成

・ご提出頂いた書類に基づいて、弊社にて申請書を作成させていただきます。作成した申請書はPDFファイルにてメール添付でお送りいたします。印刷のうえ申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します。

⑥ お客様にてビザ申請

申請日にお持ち頂くものは以下になります。書類はA4サイズで鮮明なものをご準備ください。
【申請場所】
●駐大阪大韓民国総領事館
〒541-0056 日本国 大阪市中央区久太郎町2丁目5番13号 五味ビル
必要書類
1
パスポート(原本) ・必要残存期間:申請時6ヶ月以上
・未使用査証欄:2ページ以上必要
・署名欄に必ずサインが必要。サインがないものは申請不可
・パスポートカバーは外して下さい。
2
パスポートコピー(顔写真ページ)  
3
証明写真 1枚 ・縦4.5㎝x横3.5㎝
・背景白でカラーのみ
・6ヵ月以内に撮影されたもの。パスポートに使用した写真は避けて下さい。
・写真館で撮ることをお勧めします。
・裏に旅券と同じサインが必要です。
4
申請書 1部 ・申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します
5
住民票(発行日から1ヶ月以内の原本) ・運転免許証(両面コピー)または保険証(両面コピー)でも可能
6
招聘状(コピー) ・発行から1ヶ月以内に申請が必要
7
韓国の会社の登記簿謄本(コピー)または事業者登録証(コピー)  ・発行から3ヶ月以内に申請が必要
8
出張命令書(原本) ・発行から1ヶ月以内に申請が必要
9
在職証明書(原本) ・発行から1ヶ月以内に申請が必要。
10
所属会社の登記簿謄本(原本) ・発行から3ヶ月以内に申請が必要。
11
健康状態確認書  
12
隔離同意書  

⑦ 取得所要日数

ビザの申請後は健康状態を確認するインタビューなど、14日以上の十分な審査を経て許可・不許可等の結果が決まります。

短期就労(C-4)ビザ申請サポート【日本国籍】

※2021年1月26日改訂
【 短期就労(C-4)3ヵ月シングル 】
渡航目的 機械設置・メンテナンス、各種試合・公演・モデル活動等
滞在可能日数 領事判断(滞在が可能な最大日数)
有効期間 領事判断(査証発行日から有効期間内までに入国)
必要旅券残存 申請時6ヵ月以上
未使用査証欄 最低2ページ以上
代理申請料金 ¥25,300(ビザ代金¥0+ビザサポート料金¥25,300)

① 申込書類  のご提出
② 韓国の会社の書類韓国の会社の書類 のご準備
③ 日本の所属会社の書類 のご準備
④ 施設隔離同意書、健康状態確認書 のご準備
⑤ 弊社にて ビザ申請書 の作成
⑥ お客様にてビザ申請
⑦ 取得所要日数

① 申込書類 のご提出

・申請書作成に必要となるためメールでご提出下さい。ご提出頂いた情報に基づいて申請書を作成させていただきます。 
【申込書】
【パスポートコピー(顔写真ページ)】
【住民票(発行日から1ヶ月以内の原本)】又は【運転免許証(両面コピー)】又は【保険証の両面コピー】

② 韓国の会社の書類 のご準備

【日本の所属会社との契約書(コピー)】
・両会社の社判が押印されたもの。

【招聘状(コピー)】
・発行から1ヶ月以内に申請が必要です。
・公証は不要。会社社長の法人代表印の押印が必要(サインのみは不可)。

【登記簿謄本(コピー)】
・登記簿謄本は発行から3ヶ月以内のもの

以下は該当する場合のみ必要になります
【最終出張地(End User)である韓国の会社から発行した招聘状(コピー)】
【その会社の登記簿謄本(コピー)】
・以下に該当する場合は必要。
①売買契約関係(上記の1)の契約書で確認できる契約関係)である韓国の会社が最終出張地(End User)では無い場合
②ビザ申請者が売買契約関係である日本の会社の所属ではない場合

③ 日本の所属会社の書類 のご準備

【出張命令書(原本)】
・領事の指定様式に則り作成をお願いします
・発行から1ヶ月以内の原本で、社判が押印されたものが必要。手書き不可

【在職証明書(原本)】
・在職証明書には英文の姓名、生年月日、入社日、部署、担当業務及び職位の記載が必須・発行から1ヶ月以内の原本で、社判が押印されたものが必要。手書き不可

【登記簿謄本(原本)】
・発行から3ヶ月以内の原本が必要。

④ 施設隔離同意書、健康状態確認書 のご準備

【隔離同意書】【健康状態確認書】
・規定の書面に必要事項をすべて記入の上、申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します。

⑤ 弊社にて ビザ申請書 の作成

・ご提出頂いた書類に基づいて、弊社にて申請書を作成させていただきます。作成した申請書はPDFファイルにてメール添付でお送りいたします。印刷のうえ申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します。

⑥ お客様にてビザ申請

申請日にお持ち頂くものは以下になります。書類はA4サイズで鮮明なものをご準備ください。
【申請場所】
●駐大阪大韓民国総領事館
〒541-0056 日本国 大阪市中央区久太郎町2丁目5番13号 五味ビル
必要書類
1
パスポート(原本) ・必要残存期間:申請時6ヶ月以上
・未使用査証欄:2ページ以上必要
・署名欄に必ずサインが必要。サインがないものは申請不可
・パスポートカバーは外して下さい。
2
パスポートコピー(顔写真ページ)  
3
証明写真 1枚 ・縦4.5㎝x横3.5㎝
・背景白でカラーのみ
・6ヵ月以内に撮影されたもの。パスポートに使用した写真は避けて下さい。
・写真館で撮ることをお勧めします。
・裏に旅券と同じサインが必要です。
4
申請書 1部 ・申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します
5
住民票(発行日から1ヶ月以内の原本) ・運転免許証(両面コピー)または保険証(両面コピー)でも可能
6
招聘状(コピー) ・発行から1ヶ月以内に申請が必要
7
韓国の会社の登記簿謄本(コピー)  ・発行から3ヶ月以内に申請が必要
8
出張命令書(原本) ・発行から1ヶ月以内に申請が必要
9
在職証明書(原本) ・発行から1ヶ月以内に申請が必要。
10
所属会社の登記簿謄本(原本) ・発行から3ヶ月以内に申請が必要。
11
日本の所属会社との契約書(コピー) ・両会社の社判が押印されたもの
12
健康状態確認書  
13
隔離同意書  
14
最終出張地(End User)である韓国の会社から発行した招聘状(コピー)並びにその会社の登記簿謄本(コピー) 以下に該当する場合のみ必要。
①売買契約関係(上記の1)の契約書で確認できる契約関係)である韓国の会社が最終出張地(End User)では無い場合
②ビザ申請者が売買契約関係である日本の会社の所属ではない場合

⑦ 取得所要日数

ビザの申請後は健康状態を確認するインタビューなど、14日以上の十分な審査を経て許可・不許可等の結果が決まります。

注意
  • お客様が予定している渡航日(日本出発日)にビザ発給が間に合うことを保証するサービスではございません。当該在日公館の休館等、当社に起因する以外の原因でご案内させていただいていた手配スケジュールが遅れてしまった結果、お客様の予定されていたご出発までにビザ発給が間に合わなかった場合、当社は免責とさせていただきます。
  • ビザについてのお問い合わせで手配代行を伴わないご質問や、査証の要否の確認は、それぞれ各大使館にお問い合わせ下さい。
 

ビザトップ