海外

2021.09.21

オランダ|渡航情報(入国に必要な渡航書類、乗り継ぎ、航空券手配、入国・検疫等の手続き手順)

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在各国で入国時の検疫の強化(健康申告書等の提出、隔離措置)や入国、ビザ発給の制限を行っています。各国の対応は予告無しに入国制限が実施・変更される場合がありますので、都度渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか最新情報を必ずご確認ください。

*下記必ずご確認下さい!*
査証の要否・出入国の可否・検疫の詳細等・下記内容のご質問等は弊社ではお答えできませんので、各国大使館・領事館、または保健機関関連省庁等にお問い合わせ下さい

外務省海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置

IATA(国際航空運送協会)|新型コロナウイルス旅行規制マップ(COVID-19 Travel Regulations Map)

 下記は外務省、各政府機関ウェブサイト等を基に作成しており、各国の対応は予告無く変更になる場合がございます。
 全ての情報を網羅しているものではありません。最新情報、情報の詳細は必ず各自でご確認下さい。
 航空機搭乗時に搭乗拒否、または渡航国の出入国管理局の審査で入国拒否された場合も、当社は一切その責任を負いません。
 最終的に入国を認めるかどうかの判断は、入国時の入国審査官によって決定されます。
 各国政府の規制は予告無く変更されており、各地空港係官・航空会社への通告も公表されている規制と異なる場合があります。
 手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問い合わせ下さい。

オランダへの渡航に必要な手続きの手順 オランダへの渡航に必要な手続きの手順


オランダへの渡航に際して必要となる入国制限、乗り継ぎ、渡航書類、航空券手配、海外旅行保険等の手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。


◎ オランダの入国制限

オランダ政府は、EUへの渡航が認められる安全な国のリストから日本が除外されたことを受け、2021年9月16日付けで、日本をオランダへの入国が認められる安全な国(出発地)のリストから除外し、入国制限の対象となるハイリスク国に指定しました。

日本からオランダに渡航する場合、入国制限の例外に該当する方(滞在許可を持つ方や特定の職業の方など)を除き、オランダに入国することはできません。
ただし、ワクチン接種証明書がある場合、入国目的による入国制限はありません

オランダ政府ホームページ|Checklist for entering or returning to Netherlands from outside the EU/Shengen area

安全国からの渡航 及び オランダ政府が定める入国制限の例外以外の方が渡航する場合は制限措置の対象となります。
(ハイリスクな地域からの入国の場合、EU・シェンゲン域内 or 域外かによって措置が異なります)

EU/シェンゲン域外 ハイリスク国(現在日本が該当します) EUの入国制限措置の対象となるため、滞在許可を持つ方や特定の職業の方などの例外を除き、オランダへの入国不可
(ただし、ワクチン接種が完全に完了していることを示すワクチン接種証明書をお持ちの場合は、入国制限措置の対象外)
非常にハイリスクな国
変異株の懸念のために非常にハイリスクな国 ワクチン接種の有無に関わらず、滞在許可を持つ方や特定の職業の方など入国制限の例外を除き、オランダへの入国不可
EU/シェンゲン域内 ハイリスク国 渡航目的による入国制限措置は無し

なお、現在制限措置の対象とはならない条件は下記となっております。

オランダ政府ホームページ|Travelling to the Netherlands: EU entry ban and exemptions

オランダ入国管理局(Immigration and Naturalisation Service)|Coronavirus (COVID-19): effects on application or stay

入国制限の例外 内容
安全国
Safe Country
オランダ政府が定める新型コロナウイルスに感染する可能性が低い国(安全国)からの入国は制限されません
※2021年9月16日付けで、日本は安全国リストから除外され、入国制限の対象となるハイリスク国に指定されました
オランダ政府ホームページ - Safe countries with a low COVID-19 risk
ワクチン完全接種者
Full Vaccination
ワクチン完全接種者は、「ワクチン接種証明書」を持って入国可能です
※ワクチン接種証明書は、オランダ等で発行されたEUデジタル証明書(DCC)か、下記オランダ政府が指定する条件を満たすこと
Travelling to the Netherlands: Requirements for proof of vaccination
※日本の市区町村等で発行したワクチン接種証明書も現在有効です
(KLMオランダ航空注:在オランダ日本国大使館より、日本で発行したワクチン接種証明書につきましては、オランダ政府が求める要件を満たしていることが確認できたことから、搭乗可能です)
※ワクチン接種証明書を使用する場合は、併せてワクチン接種に関する申告書の携行が必要です
乗り継ぎ・経由
Transit, transfer
例①:日本からオランダを経由してEU・シェンゲン域外へ渡航する場合
下記の条件に合致していれば乗り継ぎ可能です。
・アムステルダム到着後、48時間以内にEU・シェンゲン域外への乗り継ぎ便があること
・乗り継ぎの間、空港のトランジットエリアから離れないこと
例②:日本からオランダを経由してEU・シェンゲン域内へ渡航する場合
最終目的地が欧州域内の場合は、オランダで入国手続きを行うことになりますので日本を含む安全国からの乗り継ぎは可能です。
(ただし、最終目的地への入国に必要な書類があることが条件です。必要書類等が証明できない場合、オランダ入国管理局がオランダ経由での渡航を許可するか判断します)
該当する国籍・居住権保持者
Nationality and right of residence
・EUまたはシェンゲン協定加盟国籍者
・ノルウェー、アイスランド、スイス、リヒテンシュタイン、モナコ、アンドラ、サンマリノ、またはバチカン市国国籍、または居住者
・EU理事会指令2003/109/EEC(concerning long-term residents)に基づき、滞在カード又は滞在許可を保有している非EU国籍者
・その他欧州指令又はある加盟国の国内法に基づく滞在に係る権利を保有している非EU国籍者
・長期滞在査証の保持者(仮滞在許可(MVV)保持者を含む)
・長期滞在に係る入国管理局からの通知書を持っている方
・オランダにおける有効な居住許可を持っている方
就学・学術・研究
Study, knowledge and research
・入国管理局に認証された教育機関における在籍証明を持つ3ヶ月未満の短期滞在の学生
・熟練移民、及びオランダでの労働許可を持つ3ヶ月未満の短期滞在者
文化・創造分野の専門家における入国禁止免除に該当する研究者、または科学者
重要な機能又は必要性を有する者
For Work
下記一例を記載しております。
詳しくはオランダ政府ホームページをご確認ください。
・医療従事者
・越境労働者
・物品輸送に従事する者
・エネルギー分野(石油・ガス・風力発電等)従事者
・外交官
・軍
・国際機関及び人道支援機関職員
自身の家族を訪問する重要な理由を有する者
Compelling reasons to visit your family
詳しくはオランダ政府ホームページをご確認ください。
国際的保護・人道的見地から認められる者
International protection and humanitarian reasons
・国際的な保護が与えられている方
・人道上の理由でオランダに入院している方
遠距離恋愛のパートナーの一時的な取り決めに適用される条件に該当する非オランダ国籍者

オランダ政府が指定する安全国(2021年9月17日現在)

2021年8月8日現在、安全国(オランダ政府が指定する新型コロナウイルスに感染するリスクが低い国)に指定されている国は下記となります。
なお、安全国からの渡航については入国制限の対象とはなりません。

オランダ政府ホームページ|Safe countries with a low COVID-19 risk

EU・シェンゲン域外の安全国  オーストラリア
 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
 カナダ
 中国
 香港
 マカオ
 デンマーク(フェロー諸島及びグリーンランドのみ)
 ヨルダン
 モルドバ
 モナコ
 ニュージーランド
 カタール
 サンマリノ
 サウジアラビア
 シンガポール
 韓国
 台湾
 ウクライナ
 ノルウェー(スバールバル諸島のみ)
 バチカン市国 
EU・シェンゲン域内の安全国 チェコ
 ポーランド
 スロバキア
オランダ海外領土内の安全国 サバ島、シント・ユースタティウス島

オランダ政府が指定するハイリスク地域・変異株が懸念される地域(2021年9月17日現在)

2021年9月17日現在、オランダ政府が指定するハイリスク地域、非常にハイリスクな地域、及び変異株が懸念される地域からのオランダ入国に際しては、下記が必要となります。

  • ワクチン接種証明書・PCR検査陰性証明書等の各種証明書(入国目的等によって異なります)
  • 自己隔離(非常にハイリスクな地域、及び変異株が懸念される地域から入国の場合

オランダ政府ホームページ|Travelling from an area where there is a virus variant of concern

ハイリスク地域 安全国、非常にハイリスクな地域、変異株が懸念される地域を除く全ての国・地域
日本を含む)
非常にハイリスクな地域 アフガニスタン
米領バージン諸島
アンギラ
アゼルバイジャン
バミューダ諸島
ボツワナ
ブラジル
コスタリカ
キューバ
スワジランド
フィジー
フランス領ギアナ
フランス領ポリネシア
ジョージア
グアドループ
ガイアナ
ハイチ
インド
インドネシア
イラン
イスラエル
コソボ
レソト
マレーシア
マルティニーク
モンゴル
モンテネグロ
ミャンマー
ネパール
北マケドニア
パキスタン
パレスチナ自治区
フィリピン
セントクリストファーネイビス
セントルシア
セルビア
セイシェル
ソマリア
南アフリカ
スリランカ
スリナム
タイ
英国
米国
ベネズエラ
変異株が懸念される地域 現在指定なし

◎ アムステルダム・スキポール空港での乗り継ぎについて

2021年6月1日以降、オランダで乗り継ぎを行う場合のPCR検査陰性証明書は不要となりました。
(これまでハイリスク国から来る場合には、乗り換えの場合でもPCR検査陰性証明書が必要でしたが、今後は乗り継ぎの場合は出発地域に関わらず不要となります)

日本→アムステルダム経由→EU・シェンゲン域外
(入国を伴わない場合)
パスポートと最終目的地までの航空券を持っていればトランジットエリア内で乗り継ぎは可能です。
ただし、オランダ到着から乗り継ぎ便出発までの時間は、48時間以内である必要があります。
(乗り継ぎの間、トランジットエリアから離れないことが条件となります)
日本→アムステルダム経由→EU・シェンゲン域内 日本からの渡航者については、オランダで入国審査を受けて入国した上で、シェンゲン域内の国に渡航することが可能です。
EU・シェンゲン域外→アムステルダム経由→日本
(乗り継ぎでオランダに1泊)
オランダ政府が指定する安全国に居住している方以外の方については、宿泊を目的とした入国は認められていません。
その場合は、トランジットエリア内にある以下のホテルを利用することが可能です。
なお、ご利用の際は、事前の空室確認・予約をおすすめします。
(※トランジットホテルにつきましては弊社ランドセクションまでお問い合わせ下さい)

その他注意事項

EU・シェンゲン域外から渡航する場合、オランダ政府が指定する安全国に居住している方以外の方については、荷物のピックアップを目的とした入国は認められていません。
荷物については、可能な限りオランダでのピックアップの必要がないように手配することを強く推奨致します。


❶ 渡航書類について

2021年9月16日以降、日本はハイリスク国に指定されました。

なお、日本からオランダに渡航する場合は、ワクチン接種証明書をお持ちの方については、PCR検査等の検査結果の取得は不要です。
ワクチン接種証明書をお持ちでない方(他の入国制限の例外として入国可能な方)については、出発の48時間前以降に受けたPCR(核酸増幅検査)検査の結果か出発の24時間前以降に受けた抗原検査の結果のいずれかを取得する必要があります。

在オランダ日本国大使館|日本へのご帰国・オランダへの入国に関するFAQ

カテゴリー 必要書類 自己隔離
安全国
(EU/シェンゲン域外)
右記いずれか一つ ワクチン接種証明書 不要
出発48時間前以降に受けたPCR検査の陰性証明書
出発24時間前以降に受けた迅速抗原検査の陰性証明書
ハイリスク国
(安全国以外の国)
右記いずれか一つ ワクチン接種証明書
(ワクチン接種証明書を提示できる方は、入国時の下記検査結果の提示は不要)
出発48時間前以降に受けたPCR検査の陰性証明書
出発24時間前以降に受けた迅速抗原検査の陰性証明書
非常にハイリスクな国 右記いずれか一つ 出発48時間前以降に受けたPCR検査の陰性証明書 10日間
(要隔離申告書)
出発24時間前以降に受けた迅速抗原検査の陰性証明書
変異株が懸念される国 右記どちらか
(1種類 or 2種類)
出発24時間前以降に受けたPCR検査の陰性証明書
出発48時間前以降に受けたPCR検査の陰性証明書
 +
出発24時間前以降に受けた迅速抗原検査の陰性証明書

日本からオランダに渡航する場合

日本からオランダ渡航する場合、概ね下記書類が必要となります。

上記の入国制限の例外に記載されている目的で入国する方
(滞在許可を持つ方や特定の職業の方などの例外に該当する方)
右記いずれかが必要です ① ワクチン接種証明書
② PCR検査陰性証明書
③ 迅速抗原検査陰性証明書
上記以外のその他の旅行者
(日本を含む)
ワクチン接種証明書が無い場合は入国不可

❷ オランダ行き航空券の手配

 弊社にて航空券の手配を承っております。航空券代金・空席状況等につきましてはお問い合わせ下さい

航空会社各社は、新型コロナウイルスの発生により、路線の減便等の措置を実施しています。
なお下記ページに日本-オランダ/アムステルダム間のフライト運行状況についてご案内しております。

オランダ)新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の運航状況

 
KLMオランダ航空(KL/KLM)- KLM Royal Dutch Airlines


❸ 海外旅行保険の加入確認

 弊社にてAIG損害保険株式会社の海外旅行保険のお申込みが可能です

国や地域によっては、突然事故に遭い、また病気や怪我をして病院に搬送されても、実費あるいは保険等による治療費の負担が保証されないと、診察や治療が受けられない(断られる)ことがあります。
また医療水準や衛生事情により、その国では必要な治療が受けられず、他国や日本への緊急移送が必要となる場合もあります。

新型コロナウイルスに感染した場合は、滞在国の規定にそった検査、隔離が必要になり費用は渡航者の負担になります。
保険に入っていないと、時には数千万円にものぼる高額な医療費・移送費を全て自己負担しなければなりませんので、万一に備え、十分な補償内容の海外旅行保険に加入しておくことを強くお勧めします。
なお、クレジットカードに付帯している保険では補償として決して十分ではない点にも留意が必要です。

https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/hoken.html


❹ PCR検査の陰性証明書 / ワクチン接種証明書の取得

 弊社では、提携しているクリニックでのPCR検査の受診日時予約と精算代行を行うサービスを提供しています

渡航に必要なPCR検査陰性証明書の取得をサポートいたします。検査費用と代行手数料は弊社にお支払いください。
検査当日のお支払いは不要です。

PCR検査予約・精算代行サービスのご紹介

PCR検査予約・精算代行サービス/オランダ渡航【東京】

現在日本からオランダに渡航する場合は、ワクチン接種証明書をお持ちの方については、PCR検査等の検査結果の取得は不要です
ワクチン接種証明書をお持ちでない方(他の入国制限の例外として入国可能な方)については、下記のいずれかが必要となります。

  • 出発の48時間前以降に受けたPCR(核酸増幅検査)検査の陰性証明書
  • 出発の24時間前以降に受けた抗原検査の陰性証明書

日本を含むハイリスク国からオランダへ渡航する場合

渡航者が提示を必要とする証明書
ワクチン
接種証明
PCR等検査
陰性証明
迅速抗原検査
陰性証明
ハイリスク国からの渡航
(日本は現在こちらに該当します)
上記の入国制限の例外に記載されている目的で入国する方 いずれか一つ必要
上記以外のその他の旅行者 必要 不可 不可
① 新型コロナウイルスの陰性検査結果証明書
オランダ入国時に必要な陰性証明書
検査方法 PCR検査(PCR test)または 抗原検査(Antigen test)
検体採取方法 特に指定なし
有効な検査受検期間 <PCR検査の場合>
オランダ到着48時間前以内に受検したPCR(NAAT)検査の陰性証明書が必要です
例)7/16(金) 17:00 オランダ到着予定の場合 → 7/14(水)17:00以降に検査受検
<抗原検査の場合>
オランダ到着24時間前以内に受検した迅速抗原検査の陰性証明書が必要です
例)7/16(金) 17:00 オランダ到着予定の場合 → 7/15(木)17:00以降に検査受検
医療機関 政府指定の医療機関はありません
証明書タイプ
証明書言語 英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、オランダ語のいずれか
証明書形式 指定書式は無し。ただし、下記が記載されていること。
・検査方法(PCR、RT-PCR、LAMP、TMA、mPOCT)
・検査結果(陰性であること)
・パスポートと同じ氏名
・検査日時
・検査機関名と連絡先、ロゴまたはスタンプ
参照 オランダ政府ホームページ - The Netherlands adjusts policy on travelling within EU, multi-day events with overnight stays cancelled until 1 sep

在オランダ日本国大使館 - 日本へのご帰国・オランダへの入国に関するFAQ
② ワクチン接種証明書

ワクチン接種証明書は、オランダ等で発行されたEUデジタル証明書(DCC)か、オランダ政府が指定する条件を満たす必要があります。(条件等は下記ホームページからご確認下さい)

オランダ政府ホームページ|Travelling to the Netherlands: Requirement for proof of vaccination

  • 日本の市区町村等で発行したワクチン接種証明書も現在有効です
    (在オランダ日本国大使館注:日本の地方自治体で発行されたワクチン接種証明書については、オランダ政府が定める条件を満たすことを確認しています)
  • ワクチン接種証明書を使用する場合は、併せてワクチン接種に関する申告書の携行が必要です

❺ 健康申告書(Health Declaration Form)の記述

空路でオランダに渡航する方やオランダから他国に渡航する方については、フライト搭乗前に健康申告書を記載し、携帯する必要があります。

健康申告書は航空会社等から配付されますが、以下のリンクから事前にダウンロードすることも可能です。

オランダ政府ホームページ|健康申告書(For operators and airlines: information for passengers flying to and from the Netherlands)


❻ オランダ入国に際しての検疫手続 及び 滞在について

2020年12月1日から、13歳以上の者に対する、空港、駅・トラム等の停留所及び店舗、博物館、ガソリンスタンド、レストラン、劇場等の公共の屋内空間におけるマスク(鼻と口を完全に覆う非医療用のもの)の着用が義務化されることになります。
規則を遵守しない者に対しては、95ユーロの罰金が科される可能性があります。

詳細はオランダ政府ホームページにてご確認ください。

なお、公共交通機関(電車、バス、トラム等)利用の際のマスクの着用は既に義務化されております。
こちらも、規則を遵守しない者に対しては、95ユーロの罰金が科される可能性があります。


❼ 日本到着時の手順:水際対策、入国制限、査証制限、陰性証明書、スマートフォンアプリ、誓約書等必要な手続き

日本政府は、変異ウイルスの感染拡大を受け、新規感染者の減少傾向を継続させ、再拡大(リバウンド)を防止すべく、日本に入国されるお客さまに対する入国制限と検疫体制の一層の強化を発表しております。

日本への入国・帰国に際して必要となる書類と手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。

●日本の入国制限・入国拒否対象国・地域

●発給された査証の効力停止と査証免除措置の停止

●ビジネストラック、レジデンストラックの運用停止について

1)出国前72時間以内に実施した検査の陰性証明書の準備
・弊社では現地での「日本入国用の検査及び検査証明書取得」の代行手配(予約)のサポートをさせていただきます。

日本入国用の検査の代行手配(予約)サポートについて

2)質問票Webの事前登録

3)スマートフォンのアプリ3種類のインストールと設定

4)検疫措置を遵守する旨の誓約書の提出

5)降機後の検査

6)14日間の待機
待機宿泊(帰国者向けプラン・入国者向けプラン)、ハイヤーの手配は弊社にて可能です。
日本入国後の待機宿泊手配について|帰国者に対する検疫の流れと14日間の待機宿泊について

自主待機期間の移動手段(ハイヤー)手配について

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。