海外

2022.01.08

海外渡航情報|入国制限に関する一覧(陰性証明・ワクチン接種・隔離等)【北中米・カリブ】

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在各国で入国時の検疫の強化(健康申告書等の提出、隔離措置)や入国、ビザ発給の制限を行っています。各国の対応は予告無しに入国制限が実施・変更される場合がありますので、都度渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか最新情報を必ずご確認ください。

*下記必ずご確認下さい!*
査証の要否・出入国の可否・検疫の詳細等・下記内容のご質問等は弊社ではお答えできませんので、各国大使館・領事館、または保健機関関連省庁等にお問い合わせ下さい

外務省海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置

IATA(国際航空運送協会)|新型コロナウイルス旅行規制マップ(COVID-19 Travel Regulations Map)

 下記は外務省、各政府機関ウェブサイト等を基に作成しており、各国の対応は予告無く変更になる場合がございます。
 全ての情報を網羅しているものではありません。最新情報、情報の詳細は必ず各自でご確認下さい。
 航空機搭乗時に搭乗拒否、または渡航国の出入国管理局の審査で入国拒否された場合も、当社は一切その責任を負いません。
 最終的に入国を認めるかどうかの判断は、入国時の入国審査官によって決定されます。
 各国政府の規制は予告無く変更されており、各地空港係官・航空会社への通告も公表されている規制と異なる場合があります。
 航空便を利用する際、マスク等の着用を各国政府や航空会社により義務付けられていることがありますのでご注意ください。
 手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問い合わせ下さい。

 北中米・カリブ|各国の入国制限に関する一覧

各国の入国条件や検疫体制は予告無く状況が更新される場合がございます。
パスポート発給国・渡航先各国の大使館、または領事館・保健機関関連情報などをご自身で必ず事前にご確認ください。


各国の入国制限・検疫・渡航情報に関する一覧(リンクページ)
 アジア  中東  アフリカ  欧州  南米  オセアニア
アメリカ合衆国(本土) アメリカ合衆国(ハワイ州)
アンティグア・バーブーダ エルサルバドル
カナダ キューバ
グアテマラ コスタリカ
ジャマイカ セントクリストファー・ネイビス
セントビンセント セントルシア
トリニダード・トバゴ ドミニカ
ニカラグア ハイチ
バハマ バルバドス
パナマ ベリーズ
ホンジュラス メキシコ

アメリカ合衆国(本土)
Mainland U.S.
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 自主隔離推奨
渡航情報リンクページ
 在外公館 在アメリカ合衆国日本国大使館 Embassy of Japan in United States of America
 在日大使館 駐日アメリカ合衆国大使館
外務省危険情報 米国|危険・スポット・広域情報 MAP

在アメリカ合衆国日本国大使館|米国への入国をご予定の方

2021年11月8日より、米国市民、米国永住者 及び 移民ビザ所持者を除く全ての米国への渡航者は、米国行きの飛行機に搭乗する前に、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した証明の提出が必要

宣誓書(Attestation)を搭乗前に航空会社に提出

2021年12月6日より、米国への入国(空路)に際し、2歳以上の全ての渡航者は米国へのフライト出発1日前以内に受検したPCR検査の陰性証明書が必要

米国疾病予防管理センター(CDC)は、米国到着後の検査及び自主隔離の要否について、主に以下を推奨
(2021年11月8日より、米国市民、米国永住者 及び 移民ビザ所持者を除く全ての米国への渡航者は、米国行きの飛行機に搭乗する前に、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した証明の提出が必要)

<ワクチン接種完了者>
・到着後3~5日以内に検査を受ける(陽性結果が出た場合は自主隔離)
・新型コロナウイルス感染症の症状を自己観察する(症状が出た場合は自主隔離及び検査)
・州 及び 地域(州政府、地方政府)の推奨事項または要件に従う

<ワクチン接種未完了者>
・到着後3~5日以内に検査を受けるとともに、到着後7日間は自主隔離する(検査結果が陰性であったとしても7日間は自主隔離)
・検査を受けない場合は、到着後10日間は自主隔離する
・検査を受けるかどうかに関係なく、14日間は重症化リスクが高い人に近づかない
・州 及び 地域(州政府、地方政府)の推奨事項または要件に従う

特になし


アメリカ合衆国
(ハワイ州)

Hawaii
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ホノルル日本国総領事館 Consulate General of Japan in honolulu
 在日大使館 駐日アメリカ合衆国大使館
外務省危険情報 米国|危険・スポット・広域情報 MAP

在アメリカ合衆国日本国大使館|米国への入国をご予定の方

全ての18歳以上の外国人渡航者は新型コロナウイルスのワクチン接種証明書の提示が必要
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)

宣誓書(Attestation)を搭乗前に航空会社に提出

日本を出発する1日前以内に受けたPCR検査の陰性証明書が必要(日本から直行便を利用してハワイに渡航する日本人を含む外国籍の場合)

ハワイ州外からの全ての渡航者に対し、到着後10日間の自己隔離を実施
ただし、事前検査プログラム(Pre-travel Testing Program)を利用することで、到着後の隔離免除での入国が可能

特になし


アンティグア・バーブーダ
Antigua and Barbuda
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在アンティグア・バーブーダ日本国大使館 Embassy of Japan in Antigua and Barbuda
 在日大使館 在東京アンティグア・バーブーダ名誉領事館
外務省危険情報 アンティグア・バーブーダ|危険・スポット・広域情報 MAP

在アンティグア・バーブーダ日本国大使館|アンティグア・バーブーダの入国規制措置(12月31日更新)

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
帰国者 及び 居住者を含む全ての渡航者は、世界保健機関 または 保健省が承認した2回接種のワクチン または 1回接種のワクチンの「完全接種」が必要

※ 18歳未満の子供は免除
(ただし5~18歳までのワクチン未接種の子供は、検査日から4日以内のRT-PCR検査 あるいは 迅速抗原検査の陰性結果の提示が必要)

航空機による到着する全ての渡航者は、乗り継ぎを行うものを含め、検査日から4日以内のRT-PCR検査 または 迅速抗原検査の陰性証明書が必要

※ 検査方式は鼻咽頭 または 口腔咽頭の検体を使用した検査のみが認められ、自宅での検査、自分自身で行う検査、唾液を使用する検査は不可
※ ワクチン完全接種者で「迅速抗原検査」の陰性証明を所持する渡航者は、到着後費用自己負担にてPCR検査を受けるように求められる場合あり

・新型コロナウイルス症状がある渡航者は、保健当局が定める通り隔離される場合がある
・1泊を要する乗継を行う渡航者等は、出発までホテル あるいは 政府認可施設での待機を要請される

※認可宿泊施設に滞在しない場合は、自宅での14日間の検疫が必要

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
ワクチン完全接種者は、世界保健機関 または 保健省が承認したワクチンを完全接種(規定回数以上接種)したことが立証可能な証明に加え、RT-PCR検査陰性証明書の提示で安全認可宿泊施設での滞在が可能

※ワクチン完全接種後、少なくとも2週間経過すること
※ワクチン完全接種者の自国民 及び 居住者の場合は検疫措置が免除


エルサルバドル
El Salvador
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
可能
渡航情報リンクページ
 在外公館 在エルサルバドル日本国大使館 Embajada de Japón en El Salvador
 在日大使館 駐日エルサルバドル共和国大使館
外務省危険情報 エルサルバドル|危険・スポット・広域情報 MAP

2021年11月17日以降、新型コロナウイルスに係る陰性証明書 もしくは ワクチン接種証明書の提示は廃止

・到着時の空港で検温を実施し、発熱が確認された場合は改めて別室での検温及び医師による問診等が行われる
・全ての旅客に対してワクチン接種、マスクの着用及び手指の消毒等、新型コロナウイルス感染に対する予防対策を自主的に行うことが求められる


カナダ
Canada
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在カナダ日本国大使館 Embassy of Japan in Canada
 在日大使館 駐日カナダ合衆国大使館
外務省危険情報 カナダ|危険・スポット・広域情報 MAP

在カナダ合衆国日本国大使館|日本・カナダ間の渡航に関する情報

2021年9月7日以降に入国する新型コロナウイルスワクチン接種を完了した渡航者は、「必要不可欠ではない目的」であっても入国が可能
ワクチン接種未完了者・ワクチン接種完了者は、必要不可欠な目的 に限って入国が認められる

※ 2021年10月30日午前3時をもって、航空(カナダの空港から出発する国内線・国際線)及び 鉄道(VIA鉄道・ロッキーマウンテン鉄道)の12歳4カ月以上の旅客は、搭乗・乗車のためにワクチン接種証明書の提示が必須
※ 2022年2月28日までは、旅行時に新型コロナウイルス分子検査の有効な結果を提示すれば、「カナダを出国する目的」でのみ航空機に搭乗することは可能


カナダに向かう航空機への搭乗前までに、カナダ政府指定電子フォーム(ArriveCAN)に必要事項を入力し、入国時にレシートを提示

カナダ行きの航空機に搭乗する72時間前以内の新型コロナウイルス検査の陰性証明書が必要

・入国可能なワクチン未接種者の場合、カナダへの入国後は14日間の自己隔離が必要
・ワクチン未接種者は到着時 及び 入国8日目に新型コロナウイルス検査を実施

疑わしい症状が見られず、入国時の無作為抽出による検査対象にならない場合、入国後の14日間隔離 及び 到着時と入国8日目の新型コロナウイルス検査は原則免除
(日本の市区町村で発行されたワクチン接種証明書は現在有効です)

※ 入国日から14日前までにカナダ政府承認済みのワクチン接種を完了していること
※ ワクチン接種証明を カナダ政府指定電子フォーム(ArriveCAN)に登録し、入国の際に書面または電子データで提示すること
(免除措置が適用されない場合のために、ArriveCANでの自主隔離計画の事前登録は必要)


キューバ
Cuba
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在キューバ日本国大使館 Embajada de Japón en Cuba
 在日大使館 駐日キューバ共和国大使館
外務省危険情報 キューバ|危険・スポット・広域情報 MAP

在キューバ日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

キューバ到着の72時間前から入国審査までの間に オンラインフォーム(D'VIAJEROS)に必要情報の登録が必要
(従来上で記載していた出入国カード、税関申告書、健康状態申告書が一体となり、オンライン化されたものです)

※入力完了後、QRコードが表示されますので、それを印刷するかスマートフォン等表示し、入国審査の際に提示する必要があります

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
入国者(12歳未満を除く)に対し、ワクチン接種証明書 または 出国72時間前以内に実施されたPCR検査の陰性証明書のいずれかの提示が必要

モニタリング検査としてランダムに抽出した入国者に対しPCR検査を実施

※入国時に新型コロナウイルス または その他の感染症の兆候 または 症状を呈している入国者は、医療施設に移送の上PCR検査を実施

特になし


グアテマラ
Guatemala
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在グアテマラ日本国大使館 Embajada del Japón en Guatemala
 在日大使館 駐日グアテマラ共和国大使館
外務省危険情報 グアテマラ|危険・スポット・広域情報 MAP

在グアテマラ日本国大使館|グアテマラの出入国情報など

過去14日以内にエスワティニ、エジプト、ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、南アフリカ、モザンビーク、レソトに滞在歴の有る外国人は入国不可
(長期ビザを有する外国人は入国制限措置の対象外ですが、入国後10日間の隔離が必要となります)

空路入国の渡航者は、以下の2点の提示が必要
・グアテマラに向かうフライトの入国72時間前以内に行われたPCR検査 もしくは 抗原検査の陰性証明書(10歳以上)
新型コロナウイルスワクチンの接種証明書(12歳以上)

※ 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です
※ ワクチン接種が2回完了してから2週間が経過していること
※ 陰性証明書の検体採取方法は、鼻咽頭 または 中咽頭から採取したもの(唾液に関してはPCR検査のみ認められる)

感染が疑わしい場合、入国が許可されない可能性あり

特になし


グレナダ
Grenada
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在グレナダ日本国大使館 Embassy of Japan for Grenada
 在日大使館
外務省危険情報 グレナダ|危険・スポット・広域情報 MAP

在グレナダ日本国大使館|グレナダの入国規制措置(2021年11月16日更新)

直近14日間に南アフリカ、ナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、レソト 及び エスワティニに渡航歴のある場合は入国不可


*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在不明です ***
入国する全ての渡航者は世界保健機関承認済みの新型コロナウイルスワクチンの完全接種が必要

※自国民(グレナダのパスポート所持者・市民権を証明できる者・グレナダで出生した者)、居住者(永住権・労働許可・グレナダ政府からの雇用証明書所持者)、12歳未満の者、外交官、乗り継ぎを行う航空会社乗務員はワクチン完全接種の条件免除


・全ての渡航者は 旅行健康申告フォーム(Travel Health Declaration Form)への登録が必要
・到着時の迅速抗原検査費用を出発前に オンライン にて要事前支払い(52東カリブドル または 20USD)

5歳以上の全ての渡航者は、到着72時間前以内に実施されたPCR検査の陰性証明書が必要

到着時に迅速抗原検査を行い、検査結果が陰性であれば国内を自由に移動可能
(陽性の場合はPCR検査を行い、最大14日間の隔離措置となる場合がある)

特になし


コスタリカ
Costa Rica
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在コスタリカ日本国大使館 Embajada del Japón en Costa Rica
 在日大使館 駐日コスタリカ共和国大使館
外務省危険情報 コスタリカ|危険・スポット・広域情報 MAP

在コスタリカ日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

空路入国の場合はサンホセ(フアン・サンタマリーア国際空港)及び リベリア(ダニエル・オドゥベール国際空港)のみ入国可能


・出発72時間前以内にコスタリカ社会保険庁(CCSS)が定める オンライン検疫申告書(Pase de Salud)をウェブサイト上で入力しQRコードを取得
・18歳以上の渡航者はコスタリカ滞在期間中、新型コロナウイルスに感染した際の治療・入院費(50,000USD)及び 隔離期間の宿泊費(2,000USD)が含まれている海外旅行保険に加入
 (英語またはスペイン語での保険証書を取得。保険証書は検疫申告書にアップロードする必要があります)

特になし

特になし

新型コロナウイルスワクチン完全接種者は保険加入義務が免除
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)

※ワクチン接種証明書には下記が英語 または スペイン語で明記されていることが条件で、併せてオンライン検疫申告書にアップロード 及び 最終接種日からコスタリカ入国まで14日以上経過していること
- 氏名
- 各接種日
- ワクチンの種類(製薬会社名)


ジャマイカ
Jamaica
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ジャマイカ日本国大使館 Embassy of Japan in Jamaica
 在日大使館 駐日ジャマイカ大使館
外務省危険情報 ジャマイカ|危険・スポット・広域情報 MAP

在ジャマイカ日本国大使館|ジャマイカにおける入国手続

専用ウェブサイトにて事前に入国申請が必要(入国7日前から申請可能)
- 通常居住者(継続して6ヵ月以上居住する者):こちら のホームページより入国申請を行う
- 非通常居住者(観光・商用・その他目的で入国する者):移民制限法 及び 外国人法の規則を遵守し こちら のホームページより入国申請を行う

12歳以上の全ての渡航者は、出発3日前以内に実施された新型コロナウイルス検査(RT-PCR検査、NAA検査、RNA検査、抗原検査)の陰性証明書が必要

※抗体検査・家庭用検査キットは不可
※PCR検査は口腔咽頭 及び/あるいは 鼻咽頭から検出した検体結果であること
※抗原検査は鼻咽頭から検出した検体結果であること
※検査結果証明は、氏名・生年月日(入国申請と同一)、検査機関名、認証の区別(CLIA または ISO15189)、検体採取日、検査種別、検体種別、検査結果が記載されていること

在ジャマイカ日本国大使館ホームページ等よりご確認下さい
(入国区分等に応じて自己検疫期間が異なります)

ワクチン接種完了者(必要回数分を摂取して14日間を経過したもの)は、出発3日前以内のRT-PCR検査陰性証明書を提示で入れば検疫は免除される
(日本の市区町村が発行したワクチン接種証明書は現在有効です)

※ワクチン接種完了者が入国後、政府が承認する機関でのRT-PCR検査を自費で受検し、陰性証明を提示できれば、以降の検疫は免除される


セントクリストファー・ネイビス
Saint Kitts and Nevis
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在セントクリストファー・ネイビス日本国大使館 Embassy of Japan for St. Kitts
 在日大使館 駐日セントクリストファー・ネイビス国大使館(兼轄・台湾常駐)
外務省危険情報 セントクリストファー・ネイビス|危険・スポット・広域情報 MAP

在セントクリストファー・ネイビス日本国大使館|セントクリストファー・ネイビスの入国制限措置(2021年12月10日更新)

12歳以上の渡航者は、ワクチン完全接種者のみ入国を許可
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)

※ 同国民、居住者 及び ワクチン完全接種者である両親とともに入国する11歳以下の子供は免除


・政府ウェブサイト上で 入国フォーム(Online Immigration Form)の記入を行い、RT-PCR検査陰性証明書、ワクチン接種証明書を渡航24時間前にアップロードする
・外国人渡航者は、指定された認定ホテルを予約する
 (個人の賃貸住宅やコンドミニアムでの滞在を希望する場合は、要事前申請)

渡航72時間前以内に、国際規格を満たした施設で実施されたRT-PCR検査の陰性証明書(英文)を取得し、渡航許可申請手続上にアップロードする

※ 検査は鼻咽頭から検出した検体結果であること

・航空機で到着するワクチン完全接種者である外国人渡航者、同国民、居住者は到着時の検査や検査結果を待つ間の検疫は課されない
・入国時に体温検査等の健康確認が行われ、新型コロナウイルスの症状が見られる場合には、空港で検査費用自己負担でRT-PCR検査を行う

特になし


セントビンセント
Saint Vincent and the Grenadines
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在セントビンセント日本国大使館 Embassy of Japan for St. Vincent
 在日大使館 駐日ジャマイカ大使館
外務省危険情報 セントビンセント|危険・スポット・広域情報 MAP

在セントビンセント日本国大使館|セントビンセント入国制限措置(2021年11月27日更新)

・全ての入国者は、少なくとも到着の24時間前に同国保健省ホームページ上でオンラインにて 事前到着フォーム(Pre-Arrival Travel Form)の入力が必要
・乗り継ぎを要する際、乗り継ぎ時間が1泊を要しない場合は国際空港内での待機となる
(1泊を要する乗り継ぎの場合は、観光庁あるいは保健省が認可した宿泊施設での待機)

全ての渡航者は到着72時間前以内に実施したPCR検査の陰性証明書が必要

・到着時にPCR検査(鼻腔スワブ)を行う
・到着後、観光庁または保健省が認可したホテルで10日間の義務的隔離を実施(到着時に支払い済み宿泊予約証明書を要携行)
・隔離措置開始7~10日目までの間に再検査を課す

セントビンセント保健省が認可する新型コロナウイルスワクチンの完全接種者は、保健当局が必要と判断しない限り、到着時のPCR検査 及び 隔離措置は免除
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)

※2回接種ワクチン または 1回接種ワクチンの最終投与から少なくとも2週間経過していること
※入国時に国の公衆衛生機関または医療機関で発行されたワクチン接種証明書類(英文)及び 到着72時間前以内に実施したPCR検査陰性証明書が必要


セントルシア
Saint Lucia
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在セントルシア日本国大使館 Embassy of Japan for St. Lucia
 在日大使館
外務省危険情報 セントルシア|危険・スポット・広域情報 MAP

在セントルシア日本国大使館|セントルシアの入国制限措置(2021年11月22日更新)

18歳以上の全ての入国者は、少なくとも到着14日前までにオンライン上で 渡航登録フォーム(Travel Registaration Form)入力が必要
さらに到着の5日前以内にPCR検査の陰性証明書 及び 同行する未成年者(5~17歳)のPCR検査結果をアップロードする


渡航前に新型コロナウイルス認可施設の滞在予約が必要(検疫施設での検疫申請は、電子メールで予約を行う)

5歳以上の全ての入国者は、到着5日前以内に実施されたPCR検査の陰性証明書を取得し、上記渡航登録フォーム上にアップロードする
(渡航時には同検査陰性証明書のコピーを印刷して持参すること)

・到着時に体温検査を含めたスクリーニングが課され、症状がある全ての渡航者は隔離・検査される
・ワクチン未接種のホテル宿泊客は、別の新型コロナウイルス認可施設への移動や認可された余暇活動、ツアー、小旅行に参加する場合を除き、施設内に留まること
・保健省から提供されている、新型コロナウイルス接触者追跡アプリ(758 Care Alert APP)を携帯電話にダウンロード推奨

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
ワクチン完全接種者には検疫措置は免除
(5~17歳の子供と共に渡航し、同子供の検疫措置免除を希望する場合は、到着時に自費による再検査が必要となり、同検査結果が判明するまで検疫措置が課される)


トリニダード・トバゴ
Torinidad and Tobago
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在トリニダード・トバゴ日本国大使館 Embassy of Japan in Torinidad and Tobago
 在日大使館 駐日トリニダード・トバゴ大使館(兼轄・インド常駐)
外務省危険情報 トリニダード・トバゴ|危険・スポット・広域情報 MAP

在トリニダード・トバゴ日本国大使館|トリニダード・トバゴの入国制限措置

過去14日以内にボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエから渡航する場合は入国不可
(トリニダード・トバゴ国民 及び 居住者は14日間の義務的検疫措置等を課すことにより入国可)


*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
自国民以外の渡航者は、新型コロナウイルスワクチンの完全接種者のみ入国が許可される
また、政府ウェブサイト上で 渡航許可証(TTravel Pass)の申請が必要
(自国民 及び 永住の在留資格保持者はワクチン未接種でも入国可能。ただし、ピアルコ国際空港からのみ入国可)

到着72時間前以内に受けたRT-PCR検査(鼻腔ぬぐい液)の陰性証明書を取得し、渡航許可証(TTravel Pass)申請時にアップロードする
(渡航時には同検査陰性証明書のコピーを印刷して持参すること)

ワクチン未接種の自国民 及び 永住の在留資格保持者は、政府認定ホテルで自費による14日間の義務的検疫措置 及び PCR検査が課される

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
ワクチンを完全接種した渡航者は検疫措置が免除される

※完全接種者とは、世界保健機関が承認したワクチンの規定回数(2回接種ワクチンの2回接種、または1回接種ワクチンの接種)を接種し、その後14日経過した者を指す
※ワクチン接種証明書は渡航許可証申請の際にアップロードが必要


ドミニカ
Dominica
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ドミニカ日本国大使館 Embassy of Japan for Dominica
 在日大使館 駐日ドミニカ国大使館(兼轄・本国常駐)
外務省危険情報 ドミニカ|危険・スポット・広域情報 MAP

在ドミニカ日本国大使館|ドミニカ国の入国制限措置(2021年10月15日更新)

・少なくとも到着24時間前にオンライン上で 健康状態質問表(Health Questionnaire) を記入 及び PCR検査陰性証明書、ワクチン接種証明書、政府認可施設予約証明書をアップロードすること
・到着時の抗原検査の料金をオンライン上で支払うこと

到着72~24時間前以内に受けたPCR検査の陰性証明書を取得し、オンライン上でアップロードすること
(渡航時には同検査陰性証明書を持参すること)

・政府検疫施設 または 政府認可施設で、最低5日間の義務的検疫措置が課される
・到着時に迅速抗原検査を行い、同検査が陽性の場合は直ちにPCR検査が課され、同検査結果を政府検疫施設または政府認可施設で待機

・ワクチンを完全接種した渡航者は、入国時に健康上の問題が無いと判断された場合には、義務的検疫措置は課されない
・滞在中は認証された交通手段を利用し、毎日の体温記録、いかなる症状も医療専門家に報告すること
・宿泊施設を利用する場合は、政府認可施設を予約する必要がある
・ワクチン接種証明書はオンライン上でアップロードし、印刷したものは渡航時に持参すること
・到着時に行う迅速抗原検査の料金(100東カリブドル)を事前にオンライン上で支払うこと

※ワクチン完全接種者:保健省及び世界保健機関で承認されたワクチン(ファイザー、アストラゼネカ、モデルナ、シノファーム)の2回接種、または1回接種ワクチン(ジョンソン&ジョンソン)を到着2週間以上前には接種を終えていること
(日本の市区町村が発行したワクチン接種証明書は現在有効です)


ドミニカ共和国
Dominican Republic
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ドミニカ共和国日本国大使館 Embajada del Japón en República Dominicana
 在日大使館 駐日ドミニカ共和国大使館
外務省危険情報 ドミニカ共和国|危険・スポット・広域情報 MAP

在ドミニカ共和国日本国大使館|新型コロナウイルス(COVID-19)感染症関連情報

過去14日間に南アフリカ、ボツワナ、レソト、ナミビア、エスワティニ、アンゴラに滞在歴がある場合は入国不可


出入国申請書、税関申告書 及び 健康宣誓書の オンライン上での提出(E-TICKET)が必要

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
以下の国からドミニカ共和国に到着する全ての乗客(当該第三国を経由して到着した者 及び 入国14日間前に該当する国に滞在した者を含む)は、以下の書類が必要(ただし、5歳未満の搭乗者者は免除)

<対象国>
ブラジル、インド、オーストラリア、英国(イングランド、北アイルランド、スコットランド、ウェールズ)、インドネシア、イラク、イラン、クウェート、モナコ、アイルランド、コンゴ民主共和国、セントビンセント及びグレナディーン諸島、セネガル、シリア、タイ、チュニジア、スウェーデン

<必要書類(下記いずれか)>
・到着72時間前までに実施した新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書
・最終接種から3週間以上経過したワクチン接種証明書

スペインからの入国の場合は、到着72時間前までに実施した新型コロナウイルスPCR検査か抗体検査の陰性証明、最終接種から2週間以上経過したワクチン接種証明書のいずれかを提示(ただし、7歳未満の搭乗者は免除)

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
2022年1月31日より、18歳以上の者は身分証 及び 少なくとも3回の接種記録が記載された自身の新型コロナウイルスワクチン接種証明書を職場、学校、交通機関、飲食店、店舗、遊興施設等に提示が必要

特になし


ニカラグア
Nicaragua
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ニカラグア日本国大使館 Embajada del Japón en Nicaragua
 在日大使館 駐日ニカラグア共和国大使館
外務省危険情報 ニカラグア|危険・スポット・広域情報 MAP

・旅行者の出発地がアジア、アフリカ、オセアニアの各地域の場合に、入国96時間前以内に実施されたPCR検査の陰性証明書が必要
・上記以外の旅行者は、入国72時間前以内に実施されたPCR検査の陰性証明書が必要

※ 英語 または スペイン語で記載されていること
※ 事前に航空会社がPCR検査の陰性証明書をメール等で送付することを求める場合あり

・外国人旅行者は、入国時に発熱や呼吸疾患など新型コロナウイルスに関連する症状が見られた場合には、入国が拒否される(ニカラグア国籍者は除く。ただし自宅での隔離が必要)
・PCR検査の陰性結果を提示し、かつ呼吸疾患等の症状が見られない場合は、入国後国内を自由に移動可能
(ただし、入国から14日間は医療従事者から電話による健康状態の確認が行われる)

特になし(日本の市区町村が発行したワクチン接種証明は現在有効ですが、現時点では入国時にワクチン接種証明書の提示は求められていません)


ハイチ
Haiti
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ハイチ日本国大使館 Ambassade du Japon en Haïti
 在日大使館 駐日ハイチ共和国大使館
外務省危険情報 ハイチ|危険・スポット・広域情報 MAP

入国する全ての渡航者に対して、渡航72時間前以内に検査された新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書の提出が必要
(過去に陽性と判定され、医師から回復した旨の評価書がある場合は、陰性証明書の提示は免除)

特になし

特になし


バハマ
Bahamas
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要
渡航情報リンクページ
 在外公館 在バハマ日本国大使館 Embassy of Japan in the Commonwealth of The Bahamas
 在日大使館 駐日バハマ国大使館(兼轄・本国常駐)
外務省危険情報 バハマ|危険・スポット・広域情報 MAP

在バハマ日本国大使館|新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報

・新型コロナウイルス健康保険への加入が必須
・全ての旅行者は、オンライン上にて バハマ・ヘルス・トラベル・ビザ(Bahamas Health Travel Visa)の申請が必要(滞在日数等に応じてUSD40~50)
 (ただし、バハマ国民 及び バハマ居住者を除く)

全ての渡航者は 到着3日前以内 に行われたRT-PCR検査(PCR,NAA,NAAT,TMA,RNA各検査)の陰性証明書を取得し、バハマ・ヘルス・トラベル・ビザへアップロードすること

・滞在期間中、症状追跡の目的で毎日オンライン健康アンケートに
・滞在5日目に迅速抗原検査を実施(5日目に出発する場合を除く)

国内移動については下記検査の陰性証明が必要
ワクチン接種完了者
 → ニュー・プロビデンス島、パラダイス島、グランド・バハマ島、エリューセラ島、イナグア島からの国内移動は渡航日前72時間以内の抗原検査 または PCR検査の陰性証明書が必要

ワクチン未接種者
 → ニュー・プロビデンス島、パラダイス島、グランド・バハマ島、エリューセラ島、イナグア島からの国内移動は渡航日前72時間以内のPCR検査の陰性証明書が必要

特になし


バルバドス
Barbados
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在バルバドス日本国大使館 Embassy of Japan in Barbados
 在日大使館 在東京バルバドス名誉領事館
外務省危険情報 バルバドス|危険・スポット・広域情報 MAP

在バルバドス日本国大使館|新着情報

・全ての入国者は、少なくとも到着の24時間前までに オンラインで入国カード(Immigration / Custom Form)を提出
・入国前に BIMSafeアプリ をダウンロードし、アプリを通して入国カードとPCR検査結果のアップロード 及び 健康に関する簡単な質問に回答

全ての入国者は、到着3日前以内に受検したPCR検査の陰性証明書を取得し、オンライン または BIM Safeアプリを通してアップロードする
(渡航時には同検査陰性証明書を持参すること)

・入国後、政府指定のホテル等宿泊施設(自己負担)において隔離される
・バルバドス到着から5日後に、2度目のPCR検査を受け、再度陰性が確認されれば行動制限が解除される(PCR検査の結果取得に要する時間は、検体が検査場に届いてから48時間程度を要する)

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
・ワクチン接種済みの旅行者は、到着3日前以内に受検したPCR検査の陰性証明書 及び ワクチン接種証明書をオンライン または BIMSafeアプリを通してアップロードする
・上記手続きを行った場合、入国後の検査 及び 隔離による行動制限を免除(ただし、到着時にランダムに迅速抗原検査の対象となる場合あり)
・予防接種済みの保護者が予防接種未実施の18歳未満の子とともにバルバドスに入国した場合、子と共に予防接種済みの渡航者用のプロトコルが適用される

※コロナワクチン接種証明書が有効とみなされるのは以下の書類に限る
- 国立衛生行政機関が発行した証明書
- 医療機関が発行した証明書
- IATA Travel Pass または The Digital Green Certificate の独立承認システムの利用

※ワクチン完全接種者は、以下記載のバルバドス保険・健康省が承認したワクチンを必要接種回数を完了し、2週間以上経過していること
- アストラゼネカ、モデルナ、ファイザー/ビオンテック、ジョンソン&ジョンソン、シノファーム、シノバック 及び スプートニクV


パナマ
Panama
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 下記参照
渡航情報リンクページ
 在外公館 在パナマ日本国大使館 Embajada del Japón en Panamá
 在日大使館 駐日パナマ共和国大使館
外務省危険情報 パナマ|危険・スポット・広域情報 MAP

在パナマ日本国大使館|パナマへの入国をご予定の方

過去14日間にボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ 及び ジンバブエに滞在した場合は入国不可
(ただしパナマ国民 及び 居住者は除く)


全てのパナマ国民、居住者 及び 外国人でパナマに入国する際、空港等で搭乗する前、PCR検査の陰性証明書を含んで、出発72時間以内に デジタル衛生宣誓書(DECLARACIÓN JURADA DE SALUD)の登録が必要

過去15日以内に衛生当局が指定する高リスク感染国・地域に滞在または経由した全ての方で、ワクチン3回接種が完了していない方は、下記いずれかを提示すること
- 入国72時間前以内に実施されたPCR検査 または 抗原検査の陰性証明書
- 空路、海路または陸路での入国時に自己負担で行われた新型コロナウイルス検査の陰性証明書

<高リスク感染国(2021年12月6現在)>
ケイマン諸島、バルバドス、アンギラ、ボネール島、ギリシャ、オーストリア、チェコ、エストニア、セルビア、ラトビア、リトアニア、スロベニア、ハンガリー、フェロー諸島、アイルランド、モンテネグロ、クロアチア、オランダ、スロバキア、ベルギー、ブルガリア、アルメニア、ウクライナ、ジャージー島、ジョージア、ガーンジー島、英国


衛生当局が指定する上記の高リスク感染国・地域以外から入国する全ての方で、ワクチン2回接種が完了していない方は、下記いづれかを提示することにより、到着後の隔離が免除される
入国72時間前以内に実施されたPCR検査 または 抗原検査の陰性証明書
- 空路、海路または陸路での入国時に自己負担で行われた新型コロナウイルス検査の陰性証明書

高リスク感染国から入国する場合は下記検疫措置を行う
- 入国時に追加の検査を実施
- 自宅 または 衛生当局に認可されたホテルに本人の負担で72時間の予防的検疫措置を実施(最後のPCR検査または抗原検査で陰性の場合は検疫措置が終了)

*** 日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書の有効性は現在不明です ***
世界保健機関、欧州医薬品庁 及び 米国医薬品局が承認するワクチンを3回接種し、証明カード または デジタル証明を所持し、最後のワクチン接種から14日間以上が経過している方は、入国時のコロナウイルス検査陰性証明書の提示や、入国後の隔離措置が免除される


ベリーズ
Belize
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ベリーズ日本国大使館 Embassy of Japan in Belize
 在日大使館
外務省危険情報 ベリーズ|危険・スポット・広域情報 MAP

5歳以上の全ての入国者は、下記どちらかの新型コロナウイルス検査陰性証明が必要
- 搭乗96時間前以内に実施されたPCR検査の陰性証明書
- 搭乗48時間前以内に実施された抗原検査(SD Biosensor社やABBOT社等の検査)の陰性証明書

・陰性証明を持参することが不可能の場合は、空港到着時に自己負担(USD50)にて抗原検査を受検すること
・ベリーズへの渡航72時間以内に健康チェックアプリ(Belize Health App)をインストールし、必要事項入力が必要

ベリーズ到着2週間前までに新型コロナウイルスワクチン接種が規定回数完了していることを証明する公式な証明書を持参した場合、検査陰性証明書は不要
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)


ホンジュラス
Honduras
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
条件付きで可能 必要 有効
渡航情報リンクページ
 在外公館 在ホンジュラス日本国大使館 Embassy of Japan in Honduras
 在日大使館 駐日ホンジュラス共和国大使館
外務省危険情報 ホンジュラス|危険・スポット・広域情報 MAP

在ホンジュラス日本国大使館|新型コロナウイルス関連情報

出入国の事前申請、健康状態等を確認する問診票、ホンジュラス政府が講ずる防疫措置に従う旨の宣誓書、税関手続きの事前申請(prechequeo)をオンラインにて行う

入国72時間前以内に取得したPCR検査 もしくは 簡易検査(特異度85%以上、感度98%以上)の陰性証明書が必要

特になし

要件を満たすワクチン接種証明書を所持している場合、検査陰性証明書は不要
(日本の市区町村で発行したワクチン接種証明書は現在有効です)

※ワクチン接種証明により入国する場合、以下の要件を満たすこと
- 提示する接種証明書は原本であること
- 規定の接種完了回数を終えていること(例:2回接種のうち、1回を終えたのみでは本措置の対象外)
- 接種完了後、14日以上経過していること


メキシコ
Mexico
日本からの
入国可否
入国前
PCR検査
日本の自治体発行
ワクチン接種証明書
現地での隔離
可能
渡航情報リンクページ
 在外公館 在メキシコ日本国大使館 Embajada del Japón en México
 在日大使館 駐日メキシコ合衆国大使館
外務省危険情報 メキシコ|危険・スポット・広域情報 MAP

特になし

特になし

特になし


日本でPCR検査が受検可能な医療機関

●弊社では、提携しているクリニックでのPCR検査の受診日時予約と精算代行を行うサービスを提供しています。
●検査費用、証明書発行費用は弊社代行手数料と併せて弊社にお支払いください(検査当日のお支払いは不要です)


海外渡航用 新型コロナウイルス(PCR・抗原・抗体)検査予約・精算代行サービスのご紹介

世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴い各国政府では、出入国時、航空機搭乗時に陰性証明書(検査証明書)の携帯・提出を義務化する国が増えています。

必要な要件を満たした有効な検査証明書が提示できない場合は、入国が認められなかったり、出発国において航空機への搭乗を拒否される場合があります。

一部の国では検査証明を発行する検査機関・医療機関を政府や大使館・領事館が指定していることがありますので受検前に必ずご確認ください。

各国の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書に関する規定

海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)

TeCOT(Testing Center for Overseas Travelers)は、厚生労働省と経済産業省が運営する海外渡航者新型コロナウイルス検査センターです。新型コロナウイルス感染症の検査が可能な医療機関を検索・比較・スムーズにオンライン予約ができるサービスを無償で提供しています。

海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)


日本到着時の手順:水際対策、入国制限、査証制限、陰性証明書、スマートフォンアプリ、誓約書等必要な手続き

 弊社にて日本入国・帰国時の下記サポート手配を行っておりますので、詳細につきましてはお問い合わせ下さい

日本政府は、変異ウイルスの感染拡大を受け、新規感染者の減少傾向を継続させ、再拡大(リバウンド)を防止すべく、日本に入国されるお客さまに対する入国制限と検疫体制の一層の強化を発表しております。

日本への入国・帰国に際して必要となる書類と手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。


北中米・カリブ各国の感染状況(出典:Our World in Data)

1日当たりの新規感染者数(7日間平均)|Daily new confirmed COVID-19 cases

ワクチン接種状況|Share of people vaccinated against COVID-19

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。