海外

台湾ビザ・大阪申請

【新型コロナウイルス感染拡大後の申請受付状況】

新型コロナウイルス感染拡大前と比べて、申請条件、申請要領、必要書類等は大きく異なっております。
弊社にて手配をご希望される方は、最新の情報をスタッフまでお問合わせください。

ご自身で申請される場合の申請要領、手配代行を伴わないご質問等は、大使館・領事館、ビザセンターにお問い合わせ下さい。

・居留証,外交公務証明,ビジネス契約履行証明,その他の特別な許可のない外国人は入国不可(2020年3月19日00:00~)
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/7575

・観光(一般的社会訪問を含む)、就学を除くビジネス目的、親族訪問、研修、国際会議や展覧会への出席、国際交流事業、ボランティア、布教活動、ワーキングホリデー、青少年交流、求職目的であれば、台湾の在外公館/在外事務所に必要書類を提出し、審査を経て特別入境許可を取得すれば入境が可能(2020年6月29日~)
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/9366

弊社では台北駐日経済文化代表処(東京、長野、山梨、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、福島、新潟、山形、秋田、宮城、青森、岩手)、台北駐日経済文化代表処横浜分処(神奈川、静岡)、台北駐大阪経済文化弁事処(愛知、岐阜、富山、石川、福井、滋賀、三重、奈良、和歌山、大阪、京都、兵庫、鳥取、岡山、広島、島根、四国全域)における特別入境許可、ビザの代理申請を承っております。

台湾 渡航に必要な特別入境許可申請、航空券手配、PCR検査の手続き手順
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/10628

「特別入境許可(Supecial Entry Permit)」とは
2020年10月30日現在、日本にある台北経済文化代表處で発給されているビザは、「特別入境許可(Supecial Entry Permit)」が付与されたものになっています。


台湾ビザ・査証免除措置として、日本人は90日間以内の滞在については、必要条件を満たせばビザが免除されています。技術指導、機械設置やメンテナンス、貨物の検品、研究や開発の仕事などはビザが必要です。ビザの取得は台北駐日経済文化代表處(東京)または台北駐日経済文化代表處横濱分處、台北駐大阪経済文化弁事處、台北駐大阪経済文化弁事處福岡分處、台北駐日経済文化代表處札幌分處、台北駐日経済文化代表處那覇分處にて可能です。

旅行会社の代理申請も可能です。弊社では以下内容で申請サポートを行っております。下記は弊社で代理申請する際のご案内となります。ご自身で申請される場合は申請方法等が異なる場合がございますのでご自身で大使館にご確認ください。

当社は法人企業様のビザ手配代行を専門に行なっております。誠に申し訳ございませんが、個人の方のビザ取得手配は承っておりません。当社はビザの取得をサポートする旅行会社で、査証の要否を判断する機関ではありません。手配代行を伴わないご質問やビザ要否の確認は、大使館にお問い合わせ下さい。

大使館・領事館情報

台北駐大阪経済文化代表處
住 所

〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー17階

公式サイト https://www.roc-taiwan.org/jposa_ja/index.html
管轄区域 近畿地方:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県
東海地方:愛知県、岐阜県、三重県
北陸地方:富山県、石川県、福井県
中国地方:鳥取県、島根県、岡山県、広島県
四国地方:徳島県、香川県、愛媛県、高知県
申請時間 月~金曜日 09:00~11:30 *予約不要
受領時間 月~金曜日 09:00~11:30、13:00~15:00
2020年休館日 土曜日・日曜日及び日本の祝祭日は休館 ※予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。
04/29(水)昭和の日
05/03(日)憲法記念日
05/04(月)みどりの日
05/05(火)こどもの日
05/06(水)振替休日
06/25(木)端午節
06/26(金)連続休日
07/23(木)海の日
07/24(金)スポーツの日
08/10(月)山の日
09/21(月)敬老の日
09/22(火)秋分の日
10/01(木)中秋節
10/02(金)連続休日
10/09(金)連続休日
10/10(土)中華民国国慶節
11/03(火)文化の日
11/23(月)勤労感謝の日
12/29(火)日本官公庁年末休日
12/30(水)日本官公庁年末休日
12/31(木)日本官公庁年末休日
 2020年台湾と日本の官公庁祝祭休日対照表(台北駐日経済文化代表處ホームページ)
電話番号 03-3280-7800
外務省海外安全情報 http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_008.html#ad-image-0
台湾の渡航情報 https://www.tokutenryoko.com/news/passage/country:taiwan

無査証滞在の条件

日本国籍の方は以下の条件を全て満たすことで台湾の無査証(ビザなし)入国が認められています。
渡航目的 短期滞在(観光、商用、親戚訪問等)、公用目的
滞在期間 90泊91日以内(到着日の翌日深夜0時から起算する)
旅券の種類 一般・公用旅券所持者のみ。緊急、臨時旅券或いはその他の非正式な旅券等は適用不可。
旅券の必要残存期間 台湾滞在日数以上(2017年8月15日から変更 → 駐日台北経済文化代表事務所 http://www.roc-taiwan.org/jp_ja/post/49576.html
その他必要書類 台湾から帰国するための予約済み航空券、或いは次の目的地への航空券とその有効なビザ査証を提示すること
出入国適用港 桃園国際空港、台北松山空港、台中清泉崗空港、嘉義空港、台南空港、高雄小港国際空港、澎湖馬公空港、台東空港、花蓮空港、金門尚義空港、台北港、基隆港、台中港、高雄港、花蓮港、金門港水頭港區、馬祖港福澳港區からの入国に限る
注意事項 短期間の技術指導、機械設置やメンテナンス、貨物の検品、研究や開発の仕事において協力行為がある場合はビザ(査証)が必要。業務目的で査証が必要か判断できない場合、現地の取引会社を通じて勞動部(TEL:02-2380-1709/FAX:02-2380-1732)に確認する。 

◎日本国籍以外の方は台北駐日経済文化代表処ホームページ(http://www.roc-taiwan.org/jp_ja/post/446.html)を参照ください。

注意

  • ビザ要否に関する情報提供は、その時点で客観的な情報を提供しますが、将来に渡りその内容を保証するものではありません。ビザ要否の規定は変更される場合がありますので、渡航前にご自身で大使館へ御確認ください。
  • ビザが不要とされる場合でも、お客様の事由[パスポートの種類(機械読み取り式・機械読み取り式でない、発行地)、渡航目的、国籍や滞在資格、前提条件として第三国へ渡航する航空券の所持など)または渡航先国の出入国管理局の審査により入国を拒否された場合も、当社は一切その責任を負いません。

停留(業務)ビザ・特別入境許可【日本国籍】

※2020年11月18日現在
【 停留(業務) シングル 】
滞在可能日数 60日以内(滞在が可能な最大日数)
有効期間 90日以内(有効期間内に入国)
必要旅券残存 入国時6ヶ月以上
未使用査証欄 4ページ以上必要(連続でなくてもよい)
代理申請料金 ¥27,300(ビザ代金¥5,300+ビザサポート料金¥22,000)
  • ・必要書類、取得日数は弊社ビザセクションスタッフへお問い合せください。

居留(雇用・赴任・投資)・特別入境許可【日本国籍】

※2020年11月18日現在
【 居留(雇用・赴任・投資)シングル 】
滞在可能日数 現地移民局の判断による
有効期間 3ヵ月(有効期間内に入国)
必要旅券残存 申請時6ヶ月以上
未使用査証欄 2ページ以上必要(連続でなくてもよい)
代理申請料金 ¥28,900(ビザ代金¥6,900+ビザサポート料金¥22,000)
  • ・必要書類、取得日数は弊社ビザセクションスタッフへお問い合せください。
注意
  • 上記は弊社で代理申請する際のご案内となります。ご自身で申請される場合は申請要領やビザ料金等が異なる場合がございます。
  • ビザについてのお問い合わせで手配代行を伴わないご質問や、査証の要否の確認は、それぞれ各大使館にお問い合わせ下さい。
  • 当社は法人企業様のビザ手配代行を専門に行なっております。個人、観光目的、旅行会社の方からのお問い合わせは、誠に申し訳ございませんが、ご遠慮ください。

ビザトップ