海外

アメリカ|ビザ申請(東京・大阪)

米国入国に際して、90日を超えて滞在する場合 または 査証免除プログラム適用対象外の場合、渡航目的に沿った査証(ビザ)取得が必要 となります。有効な査証をお持ちでない場合は、査証の申請・取得が必要となります

弊社では米国ビザ申請サポートを行っております


米国ビザ申請サポートお申込みについてのご注意事項

弊社ビザ・認証取得手配サービスをご利用のお客様は、下記の個人情報の取扱、手配条件について同意の上申込をお願い致します。

日本橋夢屋|ビザ・認証取得手配サービスをご利用のお客様へ

新型コロナウイルス感染拡大後の査証申請受付状況

在日米国大使館 及び 領事館は非移民ビザ・移民ビザサービスを再開しました。
詳しい大使館・領事館のビザサービスの再開状況については下記ウェブサイト等にてご確認下さい。

在日米国大使館・領事館|ビザサービス

米国政府公式ビザ情報ホームページ

※ ビザプロセス 及び 大統領令のに関しての詳細は、米国国務省ホームページ(英文)をご覧ください

お申し込み前に下記必ずご確認下さい

ビザ申請サポートのお申し込み前に 下記重要項目 をご確認下さい。
ビザ概要、査証免除プログラム(VWP)及び 電子渡航認証(ESTA)の概要につきましても、弊社ホームページに概要を記載しておりますのでご覧ください。

日本橋夢屋|アメリカ(米国) ESTA/ビザ情報


B-1ビザ:短期商用(Visitor Visa)

必要書類等

必要書類について

ご提出頂いた書類 及び ご記入頂いた申込書等に基づいて申請を行います。
記入漏れや間違いがある場合は審査に影響しますので、申込書は全項目に正確にご記入下さい。

なお、原本をご提出頂く書類につきましては、お預かりする前に書類の内容を確認させて頂きますのでメールでご提出下さい

  • 日本国籍の方の条件となりますので、外国籍の方はお問い合わせ下さい
  • 招聘状・会社推薦状を含め、ビザ申請者の資格が弱いからといって虚偽の記載は絶対にしないでください
    虚偽記載 もしくは 不実記載をされると、ビザ申請資格を永久に失うこととなります
必要書類 注意事項
1 申込書 記入漏れや間違いがある場合は審査に影響しますので
全項目に正確にご記入下さい
2 パスポート 必要残存期間 出国時6か月+滞在日数以上
未使用査証欄 2ページ以上
(※)パスポート顔写真ページ  画像データ   
3 証明写真 1枚+画像データ 縦5.0cm × 横5.0cm
詳しい条件等は米国ビザ申請ホームページでもご確認下さい

- 6か月以内に撮影されたもの
 (パスポートに使用した写真は避けて下さい)
- メガネの着用は不可
- 正面を向いた写真
- 白黒、デジタル、ポラロイド、スナップ写真は不可
- 背景は白のみ
- 必ず色のついたジャケットを着用してください
- 脱帽で顔のサイズ(顎から頭の先まで)は縦2.5~3.5cm
- 目の高さは底辺から写真全体の縦の長さの55%~70% または 約2/3
 画像データ  JPEGファイル
4 申請書(DS-160)
Application Form
ご記入頂いた申込書を基に作成致します
5 招聘状(英文)
Invitation Letter
  原本   カラーコピーでも可ですが原本が望ましい
下記事項の記載が必要です
- 在東京米国大使館宛
- 申請者名、役職、部署
- 出張目的の詳細(米国での業務内容、ビジネス相手の詳細)
- 渡航費用は会社負担である旨
- 業務終了後は必ず帰国させる旨等
- 雇用主責任者の署名・捺印があること
6 会社推薦状(英文)
Recommendation Letter
  原本   下記事項の記載が必要です
- 在東京米国大使館宛
- 申請者名、役職、部署
- 出張目的の詳細(米国での業務内容、ビジネス相手の詳細)
- 渡航費用は会社負担である旨
- 業務終了後は必ず帰国させる旨等
- 雇用主責任者の署名・捺印があること
7 「法的な仮定」を覆すための補足書類
(ある場合は提出推奨)
下記等の書類(英文)
日程表、履歴書、在職証明書、3か月分の給与明細
※ 提出は任意ですが可能であれば提出を推奨
※ 書類が日本語のものは全て英訳したもの 
以下は該当する場合のみ必要となります
旧パスポート
旧パスポート顔写真ページ
  原本   過去10年間に発行されたものがある場合は全て
 画像データ  
以前取得した米国ビザが
貼付されているパスポート
  原本   過去に米国ビザを取得したことがある方は必要
※ 申請時には旧パスポート原本も必要です
裁判記録 または 警察証明   原本   これまでに逮捕歴や犯罪歴がある方は必要
※ 英訳は不要
完全な履歴書
全ての出版物のリスト
会議主催者からの招待状
米国で学会に出席する方は必要
米国会社との関係を証明する書類 修理技術者がビザ申請をする場合は必要
パスポート紛失に関する確認書面 過去に米国ビザのあるパスポートを紛失された場合は必要
書類ご提出に際して下記ご注意下さい

ビザ申請について

弊社にて申請書の作成(DS-160)

ご記入頂きました申込書 及び ご提出頂いた書類に基づいて 弊社にて申請書(DS-160)を作成 致します。
(作成後に入力画面をお送り致しますので、内容をご確認頂き、弊社にて申請書を完成させます)

※ 申請書のサインは電子署名となりますので、完成と同時にご署名頂いたこととなります
※ 作成完了後にお客様のメールアドレス宛に通知メールが送信されます

弊社にて面接日の予約

弊社にて面接日の予約をさせて頂きますので、ご希望の申請日を「第3希望」までお知らせ下さい。

※ 面接時間は【 月曜日~金曜日の午前中 】となります
※ 予約状況は随時変動するため、ご希望に添えない場合がございますので予めご了承下さい
※ 一部の方(13歳以下、80歳以上の方等)は面接が免除されます

お客様にて米国大使館・領事館でのビザ申請 及び 面接

ご予約した面接日に、米国大使館に必要書類をご持参の上ご訪問下さい。
当日は係員の指示に従ってビザ申請 及び 面接をお願い致します。

在東京米国大使館へのアクセスについて

在大阪米国総領事館へのアクセスについて

保安上の理由により、大使館・領事館にインフォメーション窓口はありません。
また、入館は予約をお持ちの申請者に限られます。

取得所要日数・ビザ受領について

概ね米国大使館・領事館での面接日を含め 最短7~9営業日 で返却予定ですが、審査により1か月以上掛かる恐れもございます

土日祝日・大使館休館日は営業日から除きます
混雑時期などは日数が延びることがございますのでご注意下さい

※ 申請時に受領日が通知されないため、明確な取得所要日数をお答えすることができません
  航空券の予約・発券はビザ受領後にされることをお勧め致します
※ 発給されたビザ(パスポート)は、米国大使館・領事館の委託業者によりお客様のご自宅へ着払いにて発送されます

ビザトップ