日本橋夢屋

メニューを開く

ブラジルビザ・東京申請

ブラジルへの入国にはビザ(査証)が必要です。ビザの取得はブラジル連邦共和国総領事館(東京、名古屋、浜松)にて可能です。旅行会社の代理申請も可能です。弊社では以下内容で申請サポートを行っております。下記は弊社で代理申請する際のご案内となります。ご自身で申請される場合は申請方法等が異なる場合がございますのでご自身で大使館、領事館にご確認ください。

大使館・領事館情報

ブラジル連邦共和国総領事館(東京)
Consulate General of the Federative Republic of Brazil
住 所 〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目13-12 いちご五反田ビル2階
公式サイト http://cgtoquio.itamaraty.gov.br/ja/
メールアドレス visa.cgtoquio@itamaraty.gov.br
管轄地域 北海道、東北(青森、岩手、山形、宮城、秋田、福島)、関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川)、中部(新潟、長野、山梨)
※スポーツ留学(VITEM I)、宗教団体、福祉団体、NGO等でのボランティア活動(VITEM I)、現地コミュニティでの福祉活動(VITEM I)、ブラジル国籍未成年者との養子縁組(VITEM II)、宗教活動(VITEM VII)のビザ以外は管轄地域に関係なく申請が可能
申請・受領時間 個人申請 09:00~12:00 / 旅行会社申請 09:00~11:00
個人受領 09:00~13:00 / 旅行会社受領 09:00~13:00
2018年休館予定日 土・日曜、両国祝祭日 ※予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。
01/08(月)成人の日
02/12(月)建国記念日
03/21(水)春分の日
04/30(月)昭和の日
05/03(木)憲法記念日
05/04(金)みどりの日
07/16(月)海の日
09/07(金)ブラジルの独立日
09/17(月)敬老の日
09/24(月)秋分の日
10/08(月)体育の日
11/23(金)勤労感謝の日
12/24(月)天皇誕生日
12/25(火)年末休館日
12/26(水)年末休館日
12/27(木)年末休館日
12/28(金)年末休館日
12/31(月)年末休館日
外務省海外安全情報 http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_259.html#ad-image-0
ブラジルの渡航情報 https://www.tokutenryoko.com/news/passage/country:brazil

ブラジルビザの種類

2017年11月21日よりブラジルの新たな移民法(第13.445条)が実施されビザの種類が改定されました。
新しいビザの種類はⅠ:VIDIP(外交ビザ)、Ⅱ:VISOF(公用ビザ)、Ⅲ:VICOR(儀礼ビザ)、Ⅳ:VIVIS (訪問ビザ)、Ⅴ:VITEM(一時ビザ)の5種類です。

ブラジルビザ一覧(日本人用)
新しいビザ種類 渡航目的 2017年11月21日迄のビザ種類 滞在期間 有効期限 料金(円)
VIDIP 外交 - - - -
VISOF 公用 - - - -
VICOR 儀礼 - - - -
VIVIS 観光・知人親戚訪問 VITUR 90日 3年 10,400
通過(トランジット) VITRA 10日 3年 10,400
商談・視察(ビジネス) VITEM Ⅱ 90日 3年 10,400
ジャーナリスト(短期滞在) VITEM Ⅱ 90日 3年 10,400
撮影 VITEM Ⅱ 90日 3年 10,400
興行(出演契約:有。雇用契約:不可)90日未満 VITEM Ⅲ 90日 3年 10,400
90日未満のスポーツ大会(報酬:無/賞品・賞金授与:可) VITUR 90日 3年 10,400
学術会議(報酬:無) VITUR 90日 3年 10,400
留学90日未満 VITEM Ⅳ 90日 3年 10,400
職業訓練(報酬:無)90日未満 VITEM I 90日 3年 10,400
ボランティア活動 90日未満 VITEM I 90日 3年 10,400
90日までの文化交流もしくは研究 VITEM I 許可次第 3年 10,400
VITEM Ⅰ 学生研修(大学・大学院に在学中の方のみ) VITEM I 未定 未定 13,000
ホームスティ VITEM I 未定 未定 13,000
90日以上の文化交流もしくは研究 VITEM I 許可次第 許可次第 13,000
VITEM Ⅳ 留学 90日以上 VITEM Ⅳ 未定 未定 13,000
VITEM Ⅴ 労働 VITEM V 許可次第 許可次第 13,000
VITEM Ⅶ 90日以上のスポーツ大会(報酬:無/賞品・賞金授与:可) VITEM Ⅲ 未定 未定 13,400
宗教活動 VITEM Ⅶ 許可次第 許可次第 13,000
VITEM Ⅷ ボランティア活動(90日以上) VITEM I 許可次第 許可次第 13,000
VITEM Ⅺ 家族呼び寄せ 呼び寄せ人と同じ 未定 未定 13,000
VITEM Ⅻ 興行(出演契約:有。雇用契約:不可)90日以上 VITEM Ⅲ 許可次第 許可次第 13,000

※一覧表は日本国籍用となります。日本国籍以外の場合はお問合わせください。
※滞在期間、有効期限は最長のもので、一覧の期間より短い場合もあります。
※全てのビザ種類の手配代行を承っているわけではありません。

業務マルチプルビザ【日本国籍】

 
※2017年10月12日改訂
【 業務マルチプル(VITEM II) 】
滞在可能日数 90日(1回の入国で滞在が可能な最大日数)
有効期間 3年(有効期間内で上記滞在可能日数内の入国が何回でも可能)
必要旅券残存 申請時6ヶ月以上
未使用査証欄 見開き2ページ以上
代理申請料金 2017年10月31日申請まで ¥26,600(ビザ代金¥10,400+ビザサポート料金¥16,200)
2017年11月01日申請から ¥27,100(ビザ代金¥10,400+銀行手数料¥500+ビザサポート料金¥16,200)
※2017年11月1日申請分より、ビザ代金に加えて銀行手数料500円(非課税)がかかるようになりました。

● 申請前のご注意 ●
① 申請明細書、パスポートコピー(顔写真ページ) のご提出
② 日本の所属会社作成の 英文会社推薦状(原本)のご準備
③ 弊社にて オンライン申請書 の作成
④ 必要書類 のご提出
⑤ 取得所要日数

● 申請前に以下のご確認をお願い致します ●

・日本国籍の方の条件、料金です。外国籍の方はお問い合わせください。
・パスポートの残存日数、未使用査証欄が足りているかご確認ください。最終ページの所持人記入欄は必ずご記入ください。
・損傷していたり、ページが破れているパスポートは軽微なものでも損傷旅券と判断され、ビザ申請が受理されなかったり、入国を拒否される場合がございます。このような場合は、各都道府県の旅券窓口にお申し出のうえ、旅券を返納し、新規発給申請の手続きを行ってください。弊社では損傷内容について新規発給の必要性の判断はできかねますので旅券窓口へお問い合わせください。
・業務ビザ(VITEM II)は商談・視察等の短期出張者向けのビザになります。技術援助(機械の据付、メンテナンス、修理等)を行う場合は労働ビザ(VITEM V)の取得が必要です。
・業務ビザ所持者がブラジル企業との雇用契約に基づき仕事に従事すること、及びブラジル側から報酬を受けることは一切認められていません。
・居住地によって申請箇所が異なります。現在お住まいのご住所の管轄先にて申請する必要があります。
・ビザ発給日から90日以内にブラジルに初回の入国をしない場合、ビザは無効になります。
・最初に入国した日から数えて12ヶ月間に、合計180日を超えての滞在はできません。
・領事の判断によっては、有効期限が3年未満のビザがおりる場合もございます。
・旧パスポートに有効なビザがある場合、新旧両方のパスポートを持参すれば入国可能。ただし、入国目的が同じ場合に限る。
・ブラジル国籍をお持ちの場合(日本国籍との二重国籍含む)はビザ発給不可。ブラジルパスポートを取得し入国。ブラジル国籍を放棄している場合、日本国パスポートで申請可能ですが本人申請のみ受付可。
・黄熱に感染する危険のある国ですが、入国時に黄熱予防接種証明書(イエローカード)は要求されていません。一部地域に渡航する、生後9か月以上の渡航者に、黄熱の予防接種が推奨されています。
http://gamapserver.who.int/mapLibrary/Files/Maps/ITH_YF_vaccination_americas.png

① 申請明細書、パスポートコピー(顔写真ページ) のご提出

申請書作成に必要となるため質問事項全てにご記入のうえ、ご提出お願い致します。

------ 以下は該当する場合のみ必要になります。 ----------

【パスポートコピー(ブラジルビザ面とブラジル入国スタンプのページ)】
・ブラジルビザの取得歴がある場合は必要

【旧パスポート(原本)】
・有効なブラジルビザが旧パスポートにある場合(未使用も含む)や旧パスポートに1年以内のブラジル渡航歴がある場合は必要

② 日本の所属会社作成の 英文会社推薦状(原本)のご準備

・有色レターヘッドを使用してください。白黒の場合は、会社角印の押印が必要です。
・明記する事項は 現職務、役職、滞在目的(商談、視察内容を具体的に技術援助、機械操作を行わない旨も明記)、滞在期間(入国・出国予定日)、訪問先の企業名・連絡先、渡航費・滞在費の保証及びブラジル国の法律をまもり行動する旨
サンプル:http://www.consbrasil.org/pdf/VitemII.pdf
・原本をお預かりする前に書類の内容を弊社にて確認させて頂きますのでメールでご提出下さい。

③ 弊社にて オンライン申請書 の作成

・ご提出頂いた書類に基づいて、弊社にて申請書を作成させていただきます。作成した申請書はPDFファイルにてメール添付でお送りいたします。印刷のうえ申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します。
https://scedv.serpro.gov.br/frscedv/index.jsp

④ 必要書類 のご提出

・パスポートや申請書類等のご送付は必ず郵便書留もしくは貴重品扱いの宅急便など配達の記録が残り、且つ手渡しされる確実な方法でお送りください。
・ビザ申請中、パスポートは申請先(大使館、ビザセンターなど)にて厳重に管理され、ビザが発給されるまでは途中返却をしてもらう事が一切できません。ビザ申請中に海外渡航や、その他のパスポートの使用予定がないか十分ご確認いただいたうえでパスポートをお預けいただけますようお願い致します。
必要書類
1
パスポート(原本) ・必要残存期間:申請時6ヶ月以上
・未使用査証欄:見開き2ページ以上必要
・パスポートカバーは外して下さい。
2
証明写真 1枚 ・縦4.5㎝x横3.5㎝
・写真館で撮ることをお勧めします。
・カラー写真。背景白のみ。
・顔のサイズ(顎から頭の先まで)が縦3.1cm~3.6cm
・6ヵ月以内に撮影されたもの。
・正面向き、肩から上、無帽。
ブラジルビザ申請の写真は規定が大変厳しくなっております。必ず規定の証明写真をご用意いただけますようお願いいたします。尚、規定と異なる場合は写真の撮り直しをお願いする事もございますのでご注意下さい。
3
オンライン申請書 申請者によるサインのうえご提出下さい。
・折曲厳禁。作成後1ヵ月以内に申請が必要。
4
英文会社推薦状(原本)  
以下は該当する場合のみ必要になります
5
旧パスポート(原本) ・有効なブラジルビザが旧パスポートにある場合(未使用も含む)や旧パスポートに1年以内のブラジル渡航歴がある場合は必要

⑤ 取得所要日数

・書類をお預かりした日を含めて【 最短 5 営業日 】でお渡しが可能。(土・日・祝日・大使館休館日は営業日から除きます)
例)月曜にお預かり→水曜午前中申請→木曜午後受領→金曜以降のお渡し
・パスポート返却予定日は目安となる最短の日数です。ビザ申請受付国の事由等により変更になる事がございます。パスポート返却予定日が変更になる場合は、速やかにお知らせいたします。
・お客様が予定している渡航日(日本出発日)にビザ発給が間に合うことを保証するサービスではございません。当該在日公館の休館等、当社に起因する以外の原因でご案内させていただいていた手配スケジュールが遅れてしまった結果、お客様の予定されていたご出発までにビザ発給が間に合わなかった場合、当社は免責とさせていただきます。

注意
  • 上記は弊社で代理申請する際のご案内となります。ご自身で申請される場合は申請要領やビザ料金等が異なる場合がございます。
  • ビザについてのお問い合わせで手配代行を伴わないご質問や、査証の要否の確認は、それぞれ各大使館にお問い合わせ下さい。
  • 当社は法人企業様のビザ手配代行を専門に行なっております。個人、観光目的、旅行会社の方からのお問い合わせは、誠に申し訳ございませんが、ご遠慮ください。

国際会議ビザ(観光マルチプル)【日本国籍】

 
※2017年10月12日改訂
【 観光マルチプル(VITUR)  】
滞在可能日数 90日(1回の入国で滞在が可能な最大日数)
有効期間 3年以内(有効期間内で上記滞在可能日数内の入国が何回でも可能)
必要旅券残存 申請時6ヶ月以上
未使用査証欄 見開き2ページ以上
代理申請料金 2017年10月31日申請まで ¥24,440(ビザ代金¥10,400+ビザサポート料金¥14,040)
2017年11月01日申請から ¥24,940(ビザ代金¥10,400+銀行手数料¥500+ビザサポート料金¥14,040)
※2017年11月1日申請分より、ビザ代金に加えて銀行手数料500円(非課税)がかかるようになりました。

● 申請前のご注意 ●
① 申請明細書、パスポートコピー(顔写真ページ) のご提出
② 現地主催者側からの招待状(コピー) のご準備
③ 預金残高証明書(原本) のご準備
④ 弊社にて オンライン申請書 の作成
⑤ 必要書類 のご提出
⑥ 取得所要日数

● 申請前に以下のご確認をお願い致します ●

・日本国籍の方の条件、料金です。外国籍の方はお問い合わせください。
・パスポートの残存日数、未使用査証欄が足りているかご確認ください。最終ページの所持人記入欄は必ずご記入ください。
・損傷していたり、ページが破れているパスポートは軽微なものでも損傷旅券と判断され、ビザ申請が受理されなかったり、入国を拒否される場合がございます。このような場合は、各都道府県の旅券窓口にお申し出のうえ、旅券を返納し、新規発給申請の手続きを行ってください。弊社では損傷内容について新規発給の必要性の判断はできかねますので旅券窓口へお問い合わせください。居住地によって申請箇所が異なります。
・こちらのビザの適用者は、芸術・スポーツ等の各種イベント参加者(入場券発売のない場合、出演・参加することにより報酬を受けない場合の)、学術会議、講演会、講習会等に無報酬で参加する科学者、教授、研究者、専門家(但し、滞在費、必要経費の返金を受ける事は可)です。
・旧パスポートに有効なビザがある場合、新旧両方のパスポートを持参すれば入国可能。ただし、入国目的が同じ場合に限る。
・黄熱に感染する危険のある国ですが、入国時に黄熱予防接種証明書(イエローカード)は要求されていません。一部地域に渡航する、生後9か月以上の渡航者に、黄熱の予防接種が推奨されています。
http://gamapserver.who.int/mapLibrary/Files/Maps/ITH_YF_vaccination_americas.png
・ブラジル国籍をお持ちの場合(日本国籍との二重国籍含む)はビザ発給不可。ブラジルパスポートを取得し入国。ブラジル国籍を放棄している場合、日本国パスポートで申請可能ですが本人申請のみ受付可。
・査証発給日から90日以内にブラジルに初回の入国をしない場合、査証は無効になります。
・最初に入国した日から数えて12ヶ月間に、合計180日を超えての滞在はできません。

① 申請明細書、パスポートコピー(顔写真ページ) のご提出

申請書作成に必要となるため質問事項全てにご記入のうえ、ご提出お願い致します。

------ 以下は該当する場合のみ必要になります。 ----------
【旧パスポート(原本)】
・有効なブラジルビザが旧パスポートにある場合(未使用も含む)や旧パスポートに1年以内のブラジル渡航歴がある場合は必要

② 現地主催者側からの招待状(コピー) のご準備

・無報酬での参加であることが記述されている必要があります。
・書類の内容を弊社にて確認させて頂きますので、メールでご提出下さい。

③ 預金残高証明書(原本) のご準備

・金融機関の発行印が必要です。日本語可。一人につき25万円以上で発行より1ヶ月以内
・家族が同時申請する場合、家族代表者の残高証明書1通で結構ですが、家族関係を証明する戸籍謄本または申請者全員の名前が記載された住民票の提出が追加で必要です。
・旅行会社での代理申請の際は銀行の通帳または国際クレジットカード会社発行の利用明細書での申請はできません。
・原本をお預かりする前に書類の内容を弊社にて確認させて頂きますのでメールでご提出下さい。

④ 弊社にて オンライン申請書 の作成

・ご提出頂いた書類に基づいて、弊社にて申請書を作成させていただきます。作成した申請書はPDFファイルにてメール添付でお送りいたします。印刷のうえ申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します。
https://scedv.serpro.gov.br/frscedv/index.jsp

⑤ 必要書類 のご提出

・パスポートや申請書類等のご送付は必ず郵便書留もしくは貴重品扱いの宅急便など配達の記録が残り、且つ手渡しされる確実な方法でお送りください。
・ビザ申請中、パスポートは申請先(大使館、ビザセンターなど)にて厳重に管理され、ビザが発給されるまでは途中返却をしてもらう事が一切できません。ビザ申請中に海外渡航や、その他のパスポートの使用予定がないか十分ご確認いただいたうえでパスポートをお預けいただけますようお願い致します。
必要書類
1
パスポート(原本) ・必要残存期間:申請時6ヶ月以上
・未使用査証欄:見開き2ページ以上必要
・パスポートカバーは外して下さい。
2
証明写真 1枚 ・縦4.5㎝x横3.5㎝
・写真館で撮ることをお勧めします。
・カラー写真。背景白のみ。
・顔のサイズ(顎から頭の先まで)が縦3.1cm~3.6cm
・6ヵ月以内に撮影されたもの。
・正面向き、肩から上、無帽。
ブラジルビザ申請の写真は規定が大変厳しくなっております。必ず規定の証明写真をご用意いただけますようお願いいたします。尚、規定と異なる場合は写真の撮り直しをお願いする事もございますのでご注意下さい。
3
オンライン申請書 ・申請者によるサインのうえご提出下さい。
・折曲厳禁。作成後1ヵ月以内に申請が必要。
4
預金残高証明書(原本) ・金融機関の発行印が必要です。日本語可
・一人につき25万円以上で発行より1ヶ月以内
5
Eチケット又は英文航空券予約確認書 ・陸路での入国は追加書類が必要。
6
現地主催者側からの招待状(コピー)  
以下は該当する場合のみ必要になります
7
旧パスポート(原本) ・有効なブラジルビザが旧パスポートにある場合(未使用も含む)や旧パスポートに1年以内のブラジル渡航歴がある場合は必要
8
申請者本人が作成した陸路で出入国する旨の英文レター ・出入国の一方または両方が陸路の場合は必要。ブラジルの出入国日・地点を記入し、本人がパスポートと同じサインをする。

⑥ 取得所要日数

・書類をお預かりした日を含めて【 最短 9 営業日 】でお渡しが可能。(土・日・祝日・大使館休館日は営業日から除きます)
 例)月曜にお預かり→水曜午前中申請→翌水曜午後受領→翌木曜以降のお渡し。混雑時期などは日数が延びることがございますのでご注意下さい。
・パスポート返却予定日は目安となる最短の日数です。ビザ申請受付国の事由等により変更になる事がございます。パスポート返却予定日が変更になる場合は、速やかにお知らせいたします。
・お客様が予定している渡航日(日本出発日)にビザ発給が間に合うことを保証するサービスではございません。当該在日公館の休館等、当社に起因する以外の原因でご案内させていただいていた手配スケジュールが遅れてしまった結果、お客様の予定されていたご出発までにビザ発給が間に合わなかった場合、当社は免責とさせていただきます。

注意
  • 上記は弊社で代理申請する際のご案内となります。ご自身で申請される場合は申請要領やビザ料金等が異なる場合がございます。
  • ビザについてのお問い合わせで手配代行を伴わないご質問や、査証の要否の確認は、それぞれ各大使館にお問い合わせ下さい。
  • 当社は法人企業様のビザ手配代行を専門に行なっております。個人、観光目的、旅行会社の方からのお問い合わせは、誠に申し訳ございませんが、ご遠慮ください。

労働(VITEM V)【日本国籍】

・こちらのビザの適用ケースは以下になります。
 a.就労(雇用契約の有無を問わず、ブラジルに90日以上滞在する場合)
 b.短期技術支援/緊急技術支援(180日以下)
 c.短期技術移転(180日以下)
 d.有効な国際船員手帳を所持せず、内陸水路を周航する外国船籍の旅客船乗組員(90日以上)
 e.国際協力協定に基づく派遣(雇用契約の無い)
 f.金融機関の役員/管理職(雇用契約の無い)
 g.NPO団体の役員/管理職(雇用契約の無い)

※2017年12月14日改訂
労働(VITEM V)
滞在可能日数 許可次第
有効期間 最大1年
必要旅券残存 申請時6ヶ月以上
未使用査証欄 見開き2ページ以上
代理申請料金 ¥45,900(ビザ代金¥13,000+銀行手数料¥500+ビザサポート料金¥32,400)
※2017年11月1日申請分より、ビザ代金に加えて銀行手数料500円(非課税)がかかるようになりました。

● 申請前のご注意 ●
① 申請明細書、パスポートコピー(顔写真ページ) のご提出
② ブラジル労働雇用省(MET)発行の 事前許可 のご準備
③ 犯罪経歴証明書 のご準備
④ 弊社にて オンライン申請書 の作成
⑤ 必要書類 のご提出
⑥ 取得所要日数

● 申請前に以下のご確認をお願い致します ●

・日本国籍の方の条件、料金です。外国籍の方はお問い合わせください。
・パスポートの残存日数、未使用査証欄が足りているかご確認ください。最終ページの所持人記入欄は必ずご記入ください。
・損傷していたり、ページが破れているパスポートは軽微なものでも損傷旅券と判断され、ビザ申請が受理されなかったり、入国を拒否される場合がございます。このような場合は、各都道府県の旅券窓口にお申し出のうえ、旅券を返納し、新規発給申請の手続きを行ってください。弊社では損傷内容について新規発給の必要性の判断はできかねますので旅券窓口へお問い合わせください。居住地によって申請箇所が異なります。
・ブラジル入国後30日以内に最寄りの連邦警察にて外国人登録を行う必要があります。
・審査用件が厳しいので、余裕を持ってご準備頂きます様お願い致します。
・黄熱に感染する危険のある国ですが、入国時に黄熱予防接種証明書(イエローカード)は要求されていません。一部地域に渡航する、生後9か月以上の渡航者に、黄熱の予防接種が推奨されています。
http://gamapserver.who.int/mapLibrary/Files/Maps/ITH_YF_vaccination_americas.png
・現地での延長不可、永住査証への切り替え不可です。

① 申請明細書、パスポートコピー(顔写真ページ) のご提出

・申請書作成に必要となるため質問事項全てにご記入のうえ、ご提出お願い致します。

------ 以下は該当する場合のみ必要になります。 ----------
【旧パスポート(原本)】
・有効なブラジルビザが旧パスポートにある場合(未使用も含む)や旧パスポートに1年以内のブラジル渡航歴がある場合は必要

② ブラジル労働雇用省(MET)発行の 事前許可 のご準備

・現地受入先会社を通してブラジル労働雇用省へ申請してください
・許可が下りてから6ヶ月以内に査証申請がない場合、許可は自動的に取り消されます

③ 犯罪経歴証明書 のご準備

・発行から3ヵ月以内のものが必要です
   ・日本国内で発行された犯罪経歴証明書は開封無効の書類になりますので、開封はされないようにご注意ください
・過去12ヶ月以内に居住した全ての国のものが必要です。日本国外で発行されたものには発行国のアポスティーユを得てください。アポスティーユが取得できない(ハーグ条約非加盟国)場合、発行国のブラジル大使館または総領事館で領事認証を行ってください

④ 弊社にて オンライン申請書 の作成

・ご提出頂いた書類に基づいて、弊社にて申請書を作成させていただきます。作成した申請書はPDFファイルにてメール添付でお送りいたします。印刷のうえ申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します。
https://scedv.serpro.gov.br/frscedv/index.jsp

⑤ 必要書類 のご提出

・パスポートや申請書類等のご送付は必ず郵便書留もしくは貴重品扱いの宅急便など配達の記録が残り、且つ手渡しされる確実な方法でお送りください。
・ビザ申請中、パスポートは申請先(大使館、ビザセンターなど)にて厳重に管理され、ビザが発給されるまでは途中返却をしてもらう事が一切できません。ビザ申請中に海外渡航や、その他のパスポートの使用予定がないか十分ご確認いただいたうえでパスポートをお預けいただけますようお願い致します。
必要書類
1
パスポート(原本) ・必要残存期間:申請時6ヶ月以上
・未使用査証欄:見開き2ページ以上必要
・パスポートカバーは外して下さい。
2
証明写真 1枚 ・縦4.5㎝x横3.5㎝
・写真館で撮ることをお勧めします。
・カラー写真。背景白のみ。
・顔のサイズ(顎から頭の先まで)が縦3.1cm~3.6cm
・6ヵ月以内に撮影されたもの。
・正面向き、肩から上、無帽。
ブラジルビザ申請の写真は規定が大変厳しくなっております。必ず規定の証明写真をご用意いただけますようお願いいたします。尚、規定と異なる場合は写真の撮り直しをお願いする事もございますのでご注意下さい。
3
オンライン申請書 ・申請者によるサインのうえご提出下さい。
・折曲厳禁。作成後1ヵ月以内に申請が必要。
4
犯罪経歴証明書(原本) ・開封厳禁。3ヶ月以内に発行されたもの
以下は該当する場合のみ必要になります
5
旧パスポート(原本) ・有効なブラジルビザが旧パスポートにある場合(未使用も含む)や旧パスポートに1年以内のブラジル渡航歴がある場合は必要

⑥ 取得所要日数

・書類をお預かりした日を含めて【 最短 6 営業日 】でお渡しが可能。(土・日・祝日・大使館休館日は営業日から除きます)
 例)月曜にお預かり→水曜午前中申請→金曜午後受領→翌月曜以降のお渡し。混雑時期などは日数が延びることがございますのでご注意下さい。
・パスポート返却予定日は目安となる最短の日数です。ビザ申請受付国の事由等により変更になる事がございます。パスポート返却予定日が変更になる場合は、速やかにお知らせいたします。
・お客様が予定している渡航日(日本出発日)にビザ発給が間に合うことを保証するサービスではございません。当該在日公館の休館等、当社に起因する以外の原因でご案内させていただいていた手配スケジュールが遅れてしまった結果、お客様の予定されていたご出発までにビザ発給が間に合わなかった場合、当社は免責とさせていただきます。

注意
  • 上記は弊社で代理申請する際のご案内となります。ご自身で申請される場合は申請要領やビザ料金等が異なる場合がございます。
  • ビザについてのお問い合わせで手配代行を伴わないご質問や、査証の要否の確認は、それぞれ各大使館にお問い合わせ下さい。
  • 当社は法人企業様のビザ手配代行を専門に行なっております。個人、観光目的、旅行会社の方からのお問い合わせは、誠に申し訳ございませんが、ご遠慮ください。

通過シングルビザ【日本国籍】

 
※2017年10月12日改訂
【 通過シングル(VITRA)  】
滞在可能日数 10日以内(滞在が可能な最大日数)
有効期間 発給日より90日以内に入国
必要旅券残存 申請時6ヶ月以上
未使用査証欄 見開き2ページ以上
代理申請料金 2017年10月31日申請まで ¥16,640(ビザ代金¥2,600+ビザサポート料金¥14,040)
2017年11月01日申請から ¥17,140(ビザ代金¥2,600+銀行手数料¥500+ビザサポート料金¥14,040)
※2017年11月1日申請分より、ビザ代金に加えて銀行手数料500円(非課税)がかかるようになりました。

● 申請前のご注意 ●
① 申請明細書、パスポートコピー(顔写真ページ) のご提出
② 預金残高証明書(原本) のご準備
③ 弊社にて オンライン申請書 の作成
④ 必要書類 のご提出
⑤ 取得所要日数

● 申請前に以下のご確認をお願い致します ●

・日本国籍の方の条件、料金です。外国籍の方はお問い合わせください。
・パスポートの残存日数、未使用査証欄が足りているかご確認ください。最終ページの所持人記入欄は必ずご記入ください。
・損傷していたり、ページが破れているパスポートは軽微なものでも損傷旅券と判断され、ビザ申請が受理されなかったり、入国を拒否される場合がございます。このような場合は、各都道府県の旅券窓口にお申し出のうえ、旅券を返納し、新規発給申請の手続きを行ってください。弊社では損傷内容について新規発給の必要性の判断はできかねますので旅券窓口へお問い合わせください。居住地によって申請箇所が異なります。
・最終目的国(他国)に到達する途上で、ブラジルに入国する方が対象。
・最終目的地(第三国)に到達する途上ブラジルの国際空港で乗り継ぎをする場合に、提携の無い異なる航空会社によってブラジルまでとそれ以遠の区間が別々に発券された2枚以上の航空券を使用する渡航者は、トランジットビザを取得する必要があります。
・出発地から最終目的地(第三国)まで一連の行程が予約された唯一の航空券を使用する場合、トランジットビザは必要ありません。複数の寄港地や航空会社が含まれていても構いません。ただし、航空会社の技術上、運行上の経由で、渡航者はトランジットエリアを離れず、入国審査も通過せずに他国へ乗継する場合に限られます。
・ブラジルで一旦荷物を受取る必要がある場合は、入国審査を通過するためトランジットビザが必要。
・ブラジル国籍をお持ちの場合(日本国籍との二重国籍含む)はビザ発給不可。ブラジルパスポートを取得し入国。ブラジル国籍を放棄している場合、日本国パスポートで申請可能ですが本人申請のみ受付可。
・査証発給日から90日以内にブラジルに初回の入国をしない場合、査証は無効になります。
・黄熱に感染する危険のある国ですが、入国時に黄熱予防接種証明書(イエローカード)は要求されていません。一部地域に渡航する、生後9か月以上の渡航者に、黄熱の予防接種が推奨されています。
http://gamapserver.who.int/mapLibrary/Files/Maps/ITH_YF_vaccination_americas.png
・最終目的国のビザ(必要な場合)を先に取得しておいてください。

① 申請明細書、パスポートコピー(顔写真ページ) のご提出

申請書作成に必要となるため質問事項全てにご記入のうえ、ご提出お願い致します。

------ 以下は該当する場合のみ必要になります。 ----------
【旧パスポート(原本)】
・有効なブラジルビザが旧パスポートにある場合(未使用も含む)や旧パスポートに1年以内のブラジル渡航歴がある場合は必要

② 預金残高証明書(原本) のご準備

・金融機関の発行印が必要です。日本語可。一人につき25万円以上で発行より1ヶ月以内
・家族が同時申請する場合、家族代表者の残高証明書1通で結構ですが、家族関係を証明する戸籍謄本または申請者全員の名前が記載された住民票の提出が追加で必要です。
・原本をお預かりする前に書類の内容を弊社にて確認させて頂きますのでメールでご提出下さい。

③ 弊社にて オンライン申請書 の作成

・ご提出頂いた書類に基づいて、弊社にて申請書を作成させていただきます。作成した申請書はPDFファイルにてメール添付でお送りいたします。印刷のうえ申請者様のパスポート記載通りの直筆署名をお願い致します。
https://scedv.serpro.gov.br/frscedv/index.jsp

④ 必要書類 のご提出

・パスポートや申請書類等のご送付は必ず郵便書留もしくは貴重品扱いの宅急便など配達の記録が残り、且つ手渡しされる確実な方法でお送りください。
・ビザ申請中、パスポートは申請先(大使館、ビザセンターなど)にて厳重に管理され、ビザが発給されるまでは途中返却をしてもらう事が一切できません。ビザ申請中に海外渡航や、その他のパスポートの使用予定がないか十分ご確認いただいたうえでパスポートをお預けいただけますようお願い致します。
必要書類
1
パスポート(原本) ・必要残存期間:申請時6ヶ月以上
・未使用査証欄:見開き2ページ以上必要
・パスポートカバーは外して下さい。
2
証明写真 1枚 ・縦4.5㎝x横3.5㎝
・写真館で撮ることをお勧めします。
・カラー写真。背景白のみ。
・顔のサイズ(顎から頭の先まで)が縦3.1cm~3.6cm
・6ヵ月以内に撮影されたもの。
・正面向き、肩から上、無帽。
ブラジルビザ申請の写真は規定が大変厳しくなっております。必ず規定の証明写真をご用意いただけますようお願いいたします。尚、規定と異なる場合は写真の撮り直しをお願いする事もございますのでご注意下さい。
3
オンライン申請書 ・申請者によるサインのうえご提出下さい。
・折曲厳禁。作成後1ヵ月以内に申請が必要。
4
預金残高証明書(原本) ・金融機関の発行印が必要です。日本語可
・一人につき25万円以上で発行より1ヶ月以内
5
最終目的国までの航空券(Eチケット)  
以下は該当する場合のみ必要になります
6
旧パスポート(原本) ・有効なブラジルビザが旧パスポートにある場合(未使用も含む)や旧パスポートに1年以内のブラジル渡航歴がある場合は必要

⑤ 取得所要日数

・書類をお預かりした日を含めて【 最短 9 営業日 】でお渡しが可能。(土・日・祝日・大使館休館日は営業日から除きます)
 例)月曜にお預かり→水曜午前中申請→翌水曜午後受領→翌木曜以降のお渡し。混雑時期などは日数が延びることがございますのでご注意下さい。
・パスポート返却予定日は目安となる最短の日数です。ビザ申請受付国の事由等により変更になる事がございます。パスポート返却予定日が変更になる場合は、速やかにお知らせいたします。
・お客様が予定している渡航日(日本出発日)にビザ発給が間に合うことを保証するサービスではございません。当該在日公館の休館等、当社に起因する以外の原因でご案内させていただいていた手配スケジュールが遅れてしまった結果、お客様の予定されていたご出発までにビザ発給が間に合わなかった場合、当社は免責とさせていただきます。

注意
  • 上記は弊社で代理申請する際のご案内となります。ご自身で申請される場合は申請要領やビザ料金等が異なる場合がございます。
  • ビザについてのお問い合わせで手配代行を伴わないご質問や、査証の要否の確認は、それぞれ各大使館にお問い合わせ下さい。
  • 当社は法人企業様のビザ手配代行を専門に行なっております。個人、観光目的、旅行会社の方からのお問い合わせは、誠に申し訳ございませんが、ご遠慮ください。

 

ビザトップ