海外

ビザ要否一覧(日本国籍)

日本国籍|査証(ビザ)が必要・不要な国・地域一覧

日本国籍で一般旅券を所持されている方の条件になります。日本国籍以外の方や日本国籍で一般旅券以外の公用・外交旅券をお持ちの方は条件が異なります。

・ビザ要否に関する情報提供は、その時点で客観的な情報を提供しますが、将来に渡りその内容を保証するものではありません。ビザ要否の規定は変更される場合がありますので、渡航前にご自身で駐日大使館、必要であれば渡航国の入国管理局へ御確認ください。

弊社はビザの取得をサポートする旅行会社で、個別にビザ要否を判断する機関ではありません。ご質問やビザ要否の確認は、大使館等にお問い合わせ下さい。

・ビザが免除となるためには各国が定める、国籍、パスポートの種類、渡航目的(商用の場合は現地での作業内容によって異なることがあります)、パスポート残存期間、パスポートの未使用査証欄頁数、ESTA・ETA(電子渡航認証)の取得、出国航空券、海外旅行保険等の必要書類の所持、必要な場合は次の訪問国のビザ、滞在費用またはその証明等の要件を全て満たす必要があります。

・ビザが不要とされる場合でも、お客様の事由[パスポートの種類(機械読み取り式・機械読み取り式でない、発行地)、渡航目的、国籍や滞在資格、前提条件として第三国へ渡航する航空券の所持など)または渡航先国の出入国管理局の審査により入国を拒否された場合も、当社は一切その責任を負いません。

・無査証滞在の場合は原則入国時に往復または第三国への出国用予約済航空券の所持が必要です。

最終的に入国を認めるかどうかの判断は、入国時の入国審査官によって決定されます。​ビザ免除の条件を全て満たしていても、入国審査官の判断により入国拒否される場合があります



日本外務省が発出する「危険情報」は渡航・滞在にあたって特に注意が必要と考えられる国・地域に発出される情報で、中・長期的な観点からその国の治安情勢をはじめとした、政治社会情勢等を総合的に判断し、それぞれの国・地域に応じた安全対策の目安をお知らせするものです。

渡航・滞在にあたって、特に注意の必要な国・地域の現地情勢や安全対策の目安を4つのカテゴリーに分けてお知らせするもので、特に「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」と「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」は十分な注意が必要です。

最新の情報は外務省海外安全ホームページにてご確認ください。



国によっては、入国に際し、黄熱の予防接種証明書(イエローカード)の提示を求められる場合があります。
黄熱病ワクチンは接種後10日目から有効となるため,入国の10日以上前に接種することが必要です。
日本で黄熱のワクチン接種を行っている接種機関はすべて予約制となっていますので必ず事前に接種希望先へ予約をお取り下さい。
最新の黄熱リスク国及び黄熱予防接種証明書(イエローカード)の要求国については、FORTH(厚生労働省検疫所ホームページ)をご確認ください。



アジア(Asia)

国・地域 ビザ要否
INDIA.gif
インド共和国
Republic of India
現在、日本国政府は ジャンム・カシミール準州及びラダック連邦直轄領・管理ライン(LoC)付近に退避勧告、インド ジャンム・カシミール準州(スリナガルおよびその近郊、管理ライン(LoC)付近、ラダック連邦直轄領を除く地域)に渡航中止勧告を発出しています。
インド上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザまたはe-Visa取得が必要
観光、商用・会議・治療目的での短期滞在者は、Visa on Arrival(VOA)もあり
インドが指定している黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
INDONESIA.gif
インドネシア共和国
Republic of India
日本国籍向けのビザ免除措置は停止中
30日以内の滞在で観光、商談・商品購入、治療、政府関係用務、乗り継ぎ等目的は、Visa on Arrival(VOA)またはElectronic Visa on Arrival(e-VOA)を取得
30日超える滞在でアフターセールス、機械修理・設置、就労、留学等の目的は、インドネシア国内にいる保証人がオンラインで申請するeVISAを事前に取得するため、日本でのビザ申請は不可
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
KOREA.gif
大韓民国
Republic of Korea
商用または観光目的で90日以内の滞在はビザ免除だが、事前にK-ETA(韓国電子旅行許可)の取得が必要
トランジットエリアを出ない乗り継ぎは、ビザ免除でK-ETA取得不要
【K-ETA一次免除措置】2023年4月1日から2024年12月31日まで 日本を含む22か国・地域のパスポートを持つ外国人が観光・短期商用等の目的で無査証で入国する場合は、K-ETAを取得すること無く入国可能
90日以内の滞在でも就業、営利活動目的(機械の据付等の技術目的等)、家族帯同等の場合はビザ取得が必要
Kingdom of Cambodia.png
カンボジア王国
Kingdom of Cambodia
事前にビザまたはe-Visa取得が必要
30日以内の観光・業務目的の滞在はVisa on Arrival(VOA)もあり
Democratic People's Republic of Korea.png
北朝鮮

Democratic People's Republic of Korea
現在、日本国政府は北朝鮮全土に渡航自粛要請を発出しています。
目的のいかんを問わず,北朝鮮への渡航は自粛してください。
事前にビザ取得が必要
国交がないため基本的に経由地(中国)にある在外公館でビザ申請
SINGAPORE.gif
シンガポール共和国
Republic of Singapore
30日以内の観光・商用・外交・公用目的はビザ不要
滞在可能日数は入国管理官判断となり、概ね14~30日間で発行されるので許可された日数の確認が必要
旅券残存が入国時6か月以上で出国用予約済航空券、十分な滞在費、必要な場合は次の訪問国のビザが必要
就労や留学等の長期滞在目的のパス(ビザ)は日本での申請不可
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Democratic Socialist Republic of Sri Lanka.png
スリランカ民主社会主義共和国
Democratic Socialist Republic of Sri Lanka
事前にビザ又はeVisaの取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
THAI.gif
タイ王国
Kingdom of Thailand
観光目的以外はビザが必要
【商用目的での入国に対する一時的ビザ免除】2024年1月1日~2026年12月31日までの間、ビジネス目的での30日以内の滞在はビザ免除

入国時にタイ側の会社(商談先も含む)からの招聘状(Invitation Letter)、証明書(Certification Letter)、会合・商談予約書(Appointment Letter)等の 商用目的を証明できる書類の提示が必要
観光目的はビザ不要(商用目的は上記期間のみ一時的に免除)
ビザなし入国は空路入国は30日以内、陸路入国は15日以内で暦年で2回まで許可
旅券残存が入国時6か月以上、出国用予約済航空券、現金1人10,000バーツ相当額(1家族あたり20,000バーツ)の所持が必要
日本国籍はVisa on Arrival、e-Visaは対象外
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of China.png
台湾
Taiwan
観光、友人・親族訪問、社会訪問、ビジネスや展示会参加、視察、国際交流等の目的で90日以内の短期滞在はビザ不要
旅券残存は台湾滞在日数以上、往復予約済航空券または第三国へ出国するための予約済航空券が必要
短期間の技術指導、機械設置やメンテナンス、貨物の検品、研究や開発の仕事において協力行為がある場合は、現地の取引先を通じて労働部にビザ取得、労働許可の要否の確認が必要
必要な場合は、労働許可を取得した上で 事前にビザ取得が必要
CHINA.gif
中華人民共和国
People's Republic of China
2020年3月10日より日本国籍に対するビザ免除措置は停止中
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要

ネパール
Nepal
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
PAKISTAN.gif
パキスタン・イスラム共和国
Islamic Republic of Pakistan
現在、日本国政府はアフガニスタンとの国境付近一帯、ハイバル・パフトゥンハー州(KP州)の一部地域、旧連邦直轄部族地域(旧FATA)全域、インドとの管理ライン(LoC)等付近一帯、及びバロチスタン州のクエッタ市に退避勧告、パキスタンKP州のノウシェラ郡及びスワビ郡、バロチスタン州のデラ・ブグティ郡及びコールー郡、シンド州のジャコババード郡、チトラル郡(アフガニスタンとの国境付近を除く)、イランとの国境付近一帯に渡航中止勧告を発出しています。
パキスタン上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザまたはe-VISA取得が必要
日本でのビザ申請はe-VISAのみ
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
BANGLADESH.gif
バングラデシュ人民共和国
People's Republic of Bangladesh
事前にビザ取得が必要
Visa on Arrivalもあり
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Democratic Republic of Timor-Leste.png
東ティモール民主共和国
The Democratic Republic of Timor-Leste
在日大使館でビザ発給を行っていない
空港到着時に30日間滞在可能なビザが取得可能
ビザ料金、旅券残存入国時6か月以上、出国用航空券、宿泊予約証明書、十分な滞在費(US$100+US$50×滞在日数分)が必要
陸路入国の場合、国境にある入管事務所でビザ取得が可能
Philippine.gif
フィリピン共和国
Republic of the Philippines
現在、日本国政府はフィリピンのミンダナオ地域の中部以西(周辺海域を含む)に渡航中止勧告を発出しています。
フィリピン上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
観光・商用目的で30日以内の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、出国用航空券が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Brunei Darussalam.png
ブルネイ・ダルサラーム国
Burunei Darussalam
14日以内の観光、業務目的滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、滞在費、出国用航空券が必要
報酬を得るための就職、自由職業もしくは他の生業を営み、芸能(あらゆる種類のスポーツを含む)に従事する場合、学術的研究・調査及びその成果の公表、布教を含む宗教活動、映画撮影、ブルネイ・シェルやブルネイLNGなどの敷地等への立入りが必要となる訪問は、ビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Kingdom of Bhutan.png
ブータン王国
Kingdom of Bhutan
事前にブータン旅行を扱う旅行会社で入国許可書の取得が必要
ビザは入国時に発給
VIET NAM.gif
ベトナム社会主義共和国
Socialist Republic of Viet Nam
旅券の種類・入国目的に関わらず、15日以内の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、往復航空券または、第三国への航空券の提示が入国時に必要
「前回のベトナム出国時から30日以上経過していること」の条件は廃止
Hong_Kong_Special_Administrative_Region_of_the_People's_Republic_of_China.png
香港特別行政区
Hong kong
90日以内の観光、一般商用、外構・公用目的滞在はビザ不要
旅券残存1ヶ月以内の滞在は入国時1ヶ月+滞在日数以上、1ヶ月以上の滞在は入国時3ヶ月以上、出国用の予約済航空券が必要
Regiao_Administrativa_Especial_de_Macau_da_Republica_Popular_da_China.png
マカオ特別行政区
Macao
90日以内の観光、一般商務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時3ヶ月以上、出国用の予約済航空券、以下の滞在費用が必要
7日以内の滞在は、MOP5,000以上
8日~14日の滞在は、MOP10,000以上
15日~21日の滞在は、MOP15,000以上
22日以上の滞在は、MOP20,000以上
Malaysia.gif
マレーシア
Malaysia
現在、日本国政府はマレーシアのサバ州東側の島嶼部および周辺海域ならびに一部のサバ州東海岸(サンダカン、ラハ・ダトゥ、クナ及びセンポルナ周辺地域)に渡航中止勧告を発出しています。
マレーシア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
90日以内の観光・業務(商談・会議・視察)目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、出国用航空券が必要
90日以内の滞在でも修理工・機械設置者等プロフェッショナルな技術のある人や芸能活動をする方、現地就労者、指導者、駐在員等は事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
MYANMAR.png
ミャンマー連邦共和国
Republic of the Union of Myanmar
現在、日本国政府はミャンマーのラカイン州マウンドー県(マウンドー地区、ブディタウン地区)、シットウェ県(シットウェ地区(除く市街地)、パウトー地区、ポンナチュン地区、ラテダウン地区)、ミャウー県(ミャウー地区、チャウトー地区、ミンビャ地区、ミェボン地区)、チン州パレワ地区、シャン州コーカン自治地帯及びカチン州ライザー周辺、戒厳令発令地区(ヤンゴン地域の6地区除く)、チン州8地区(ティディム地区、トンザン地区、ファラム地区、カンペレッ地区、マトゥピ地区、タンタラン地区、ハーカー地区、ミンダ地区)、ザガイン地域14地区(インドー地区、バンマウ地区、コーリン地区、ピンレーブー地区、ミャウン地区、サーリンジー地区、パレー地区、インマービン地区、キンウー地区、タゼー地区、イェーウー地区、シュエボー地区、ウェッレッ地区、アヤードー地区)、マグウェ地域5地区(ガンゴー地区、ティーリン地区、ソー地区、パウッ地区、ミャイン地区)、カヤー州4地区(デモーソー地区、プルーソー地区、シャードー地区、ボーラケー地区)バゴー地域5地区(タンタビン地区、オウッポー地区、ナッタリン地区、パウンデー地区、パウッカウン地区)、タニンダーリ地域2地区(タニンダーリ地区、パロー地区)、カレン州2地区(チャインセイッジー地区、コーカレイ地区)、モン州1地区(イェー地区)、シャン州13地区(継続8地区:クッカイ地区、クンロン地区、ナムカン地区、ムセ地区、ラショー地区、テインニー地区、コンジャン地区、ラウカイ地区/新規5地区:モーメイッ地区、マベイン地区、マントン地区、ナムサン(Namhsan)地区、ナムトゥ地区)に渡航中止勧告を発出しています。
ミャンマー上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザまたはe-Visaの取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Maldives.png
モルディブ共和国
Republic of Maldives
観光目的は、到着空港で30日間滞在可能なビザが取得可能(事前取得不要)
モルディブ政府が主催または承認したミーティング、カンファレンス、コンベンション等の会議出席目的は、到着空港で14日間滞在可能なビザが取得可能(事前取得不要)
機械読み取り式旅券で残存入国時1か月以上、出国用航空券、ホテル予約確認書、滞在費用証明(現金およびクレジットカード等)が必要
全ての旅行者は、フライト時刻前の96時間以内に、オンラインサイト「IMUGA」から「旅行者申告書(Traveller Declaration)」の登録が必要
観光、会議参加目的以外の滞在は、モルディブ入国管理局に事前照会のうえビザの取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Mongolia.gif
モンゴル国
Mongolia
目的を問わず30日以内の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券が必要
Lao People's Democratic Republic.png
ラオス人民民主共和国
Lao People's Democratic Republic
15日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、未使用査証欄見開2頁以上必要

中近東(Middle and Near East)

国・地域 ビザ要否
Islamic Republic of Afghanistan.png
アフガニスタン・イスラム国
Afghanistan
現在、日本国政府はアフガニスタン全土に退避勧告を発出しています。
アフガニスタンへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
U.A.E.gif
アラブ首長国連邦
United Arab Emirates
30日以内の観光、親族訪問、短期商用目的の滞在は入国時にOn Arrival Visaが無料で発給される
旅券残存入国時6か月以上、旅券の未使用査証欄見開き2頁以上必要。
出国用航空券、滞在中の費用を証明するもののの提示を求められる場合あり
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
YEMEN.png
イエメン共和国
Republic of Yemen
現在、日本国政府はイエメン全土に退避勧告を発出しています。
イエメンへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
ISRAEL.gif
イスラエル国
State of Israel
現在、日本国政府はイスラエルのガザ地区及び同地区との境界周辺、レバノンとの国境地帯に退避勧告、ヨルダン川西岸地区(ジェリコ、ベツレヘム、ラマッラ及びこれら三都市とエルサレムを結ぶ幹線道路、ヨルダン川西岸地区内の国道1号線及び国道90号線を除く。)に渡航中止勧告を発出しています。
イスラエルの上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
90日以内の観光、親族・知人訪問、出張等の営利目的以外での滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、未使用査証欄2頁以上必要。
空港からの入国は、原則として旅券に出入国スタンプは押されなくなり、入国カードが発行されるので滞在中は必ず携行が必要
対立国としているアラブ諸国のビザ、入国スタンプがあると、セキュリティーチェックが厳格になる場合あり
就労、留学目的は事前にビザ取得が必要
Republic of Iraq.png
イラク共和国
Republic of Iraq
現在、日本国政府はバグダッド県(バグダッド国際空港敷地内を除く)、ニナワ県、キルクーク県、サラーハッディーン県、ディヤーラ県、アンバール県、バービル県、ワーシト県、クルディスタン地域(エルビル県、スレイマーニーヤ県、ドホーク県)とレベル4地域であるニナワ県、キルクーク県、サラーハッディーン県及びディヤーラ県との県境付近に退避勧告、イラク クルディスタン地域(エルビル県、ドホーク県、スレイマーニーヤ県)の隣国トルコ、イラン及びシリアとの国境付近、エルビル県(レベル2地域であるエルビル市を除く。レベル4地域であるニナワ県、キルクーク県及びサラーハッディーン県との県境を除く)、中南部・南部7県(カルバラー県、ナジャフ県、ディワーニーヤ県、バスラ県、ムサンナー県、ズィーカール県、ミーサーン県)、バグダッド国際空港敷地内に渡航中止勧告を発出しています。
イラク上記地域への渡航は、止めてください。
事前にビザ取得が必要。
旅券にイスラエルのビザまたは出入国記録があるとビザは発給されない
ISLAMIC REP OF IRAN.png
イラン・イスラム共和国
Islamic Republic of Iran
現在、日本国政府はパキスタンとの国境地帯、ケルマンシャー州及びイーラーム州のイラクとの国境地帯に退避勧告、イラク(上記を除く)及びアフガニスタンとの国境地帯、シスタン・バルチスタン州(チャーバハール市及び同市周辺の自由貿易地域並びにアフガニスタン及びパキスタン国境地帯を除く)、バルチスタン州チャーバハール市、同市周辺の自由貿易地域及びケルマーン州渡航中止勧告を発出しています。
イランの上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
15日以内の観光目的で空路入国の場合はビザ不要
ただし、入国回数は6ヵ月で1回かつ1年に2回まで
旅券残存入国時6か月以上、未使用査証欄2頁以上必要。
旅券にイスラエルの入国・滞在記録があると、入国を拒否される場合あり
海外旅行傷害保険の加入が必要(入国時に係官から提示を求められる場合あり)
滞在期間を全てカバーする英文保険証券が必要
入国時に未加入の場合はイランの到着空港で加入が必要
観光以外の目的は事前にビザまたはe-Visaの取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Sultanate of Oman.png
オマーン国
Sultanate of Oman
事前にe-Visaの取得が必要
黄熱に感染する危険のある国(※)から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国(※)の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
※アフリカ地域では、ルワンダ、タンザニアへの渡航者も含む
QATAR.gif
カタール国
State of Qatar
30日以内の観光・業務・通過目的での滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、未使用査証欄は見開き2ページ以上、出国用航空券、滞在期間中の宿泊予約が必要
就労や家族滞在・長期滞在予定者は、通常カタールのスポンサー(現地受け入れ先等)を通じてビザ申請手続きが必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
State of Kuwait.png
クウェート国
State of Kuwait
3ヵ月以内の商用、観光目的の滞在は事前にe-Visaの取得が必要。
Visa on arrivalもあり。
就労、家族滞在目的は事前にビザ取得が必要。
SAUDI_ARABIA.gif
サウジアラビア王国
Kingdom of Saudi Arabia
商用、就労目的は事前にビザ取得が必要
旅券にイスラエルの査証または出入国記録がある場合、ビザ発給可否は領事判断になる
観光目的の滞在はE-VISAの取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
SYRIAN ARAB REPUBLIC.png
シリア・アラブ共和国
Syrian Arab Republic
現在、日本国政府はシリア全土に退避勧告を発出しています。
シリアへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
TURKEY.gif
トルコ共和国
Republic of Türkiye
現在、日本国政府はシリアとの国境地帯に退避勧告、ディヤルバクル県及びイラクとの国境地帯に渡航中止勧告を発出しています。
トルコ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
90日以内の観光、商談目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時150日以上、未使用査証欄見開き2頁以上
あらゆる180日間の期間内で合計90日を超える滞在は不可。
技術指導、装置組立て、機械修理、就労目的での滞在は事前にビザ取得が必要。
BAHRAIN.gif
バーレーン王国
Kingdom of Bahrain
14日以内の観光・業務目的の滞在はVisa On Arrivalまたはe-Visaで取得可能
在日公館でのビザ発給は行っていない
黄熱に感染する危険のある国から来る、9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Hashemite Kingdom of Jordan.png
ヨルダンハシェミット王国
Hashemite Kingdom of Jordan
事前にビザまたはe-Visa取得が必要
30日以内の観光・業務目的の滞在はVisa On Arrivalでの取得が可能
LEBANON.gif
レバノン共和国
Republic of Lebanon
現在、日本国政府はレバノン南部のイスラエルとの国境周辺(国境から約4キロメートルの範囲)に退避勧告、上記以外の地域に渡航中止勧告を発出しています。
レバノンへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
1か月以内の観光・業務目的の滞在はVisa On Arrivalで取得可能
旅券にイスラエルのビザまたは出入国記録があるとビザは発給されない。

アフリカ(Africa)

国・地域 ビザ要否
ALGERIA.png
アルジェリア民主人民共和国
People's Democratic Republic of Algeria
現在、日本国政府はリビア、ニジェール、マリ及びモーリタニアとの国境地帯並びにイリジ県イナメナス地区に退避勧告、アルジェリア テベッサ県、ヘンシュラ県、ベジャイア県西部(ベジャイア地区を除く同地区から西の地域)、ティジ・ウズ県(ティジ・ウズ地区を除く。)、アイン・デフラ県、イリジ県(リビア及びニジェールとの国境地帯並びにイナメナス地区を除く。)、タマンラセット県(ニジェール及びマリとの国境地帯を除く。)、エル・ウェッド県及びウアルグラ県のチュニジアとの国境地帯並びにアドラール県のザウイエット・クンタ地区及びタメクテン地区以南の地域(マリ及びモーリタニアとの国境地帯を除く。)に渡航中止勧告を発出しています。
アルジェリア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Angola.png
アンゴラ共和国
Republic of Angola
1回の入国で30日以内、年間合計90日以内の観光目的はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、未使用査証欄連続2頁以上、出国用航空券、滞在費用証明が必要
観光目的以外は事前にビザ取得が必要
外交/公用、10歳以下のビザ申請以外は本人申請(受領は代理可)
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Uganda.png
ウガンダ共和国
Republic of Uganda
現在、日本国政府はコンゴ民主共和国との国境地帯(ホイマ県以南)に渡航中止勧告を発出しています。
ウガンダ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にe-Visaの取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
1歳以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
EGYPT.gif
エジプト・アラブ共和国
Arab Republic of Egypt
現在、日本国政府は北シナイ県、南シナイ県(アカバ湾に面したダハブからシャルム・エル・シェイクまでの沿岸地域を除く)、リビア国境地帯に渡航中止勧告を発出しています。
エジプトの上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
一般旅券所持者のみカイロ空港でVisa on Arrivalが取得可能
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
スワジランド王国国旗
エスワティニ王国
(旧国名:スワジランド王国)
Kingdom of Eswatini
30日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時3か月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券、滞在費用証明の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港を経由した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
ETHIOPIA.gif
エチオピア連邦民主共和国
Federal Democratic Republic of Ethiopia
現在、日本国政府はエリトリア、ソマリア、スーダン、南スーダンとの国境地帯、ティグライ州西部地区及びアムハラ州との州境地帯、オロミア州東西ウェレガ地区、ケレム・ウェレガ地区、ホログドゥル・ウェレガ地区及び東西グジ地区、ベニシャングル・グムズ州カマシ地区及びメテケル地区に退避勧告、エチオピア ティグライ州(エリトリアとの国境地帯、西部地区、アムハラ州との州境地帯、メケレ市及びシレ市を除く)、アファール州のティグライ州との州境地帯、ケニアとの国境地帯アムハラ州(スーダンとの国境地帯及びティグライ州との州境地帯を除く)、アファール州キルバティ地区、オロミア州イルバボール地区、ガンベラ州(ガンベラ市、南スーダンとの国境地帯を除く)、ベニシャングル・グムズ州アソサ地区に渡航中止勧告を発出しています。
エチオピア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
公用・外交以外のビザ発給はe-visaで取得
アディスアベバのボレ国際空港で取得するVisa On Arrivalは一時的に停止中
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要

エリトリア
State of Eritrea
現在、日本国政府はエリトリア南部(ガシュ・バルカ州、デブブ州、北紅海州及び南紅海州)のエチオピアとの国境付近に退避勧告、南紅海州のジブチとの国境付近に渡航中止勧告を発出しています。
エリトリアの上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Ghana.png
ガーナ共和国
Republic of Ghana
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要

カーボヴェルデ共和国
Republic of Cabo Verde
事前にビザ取得が必要
在日公館がないため主な経由地のセネガル等の第三国にあるカーボヴェルデ大使館でビザ取得が必要
短期滞在の場合、入国時に空港でVisa on Arrivalの取得が可能だが、事前取得が推奨されている
指定された出入国港(プライア空港、サル空港、ミンデロ空港、プライア港、サル港およびミンデロ港)以外からの出入国は禁止されている
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Gabone_Republic.png
ガボン共和国
Gabonese Republic
事前にビザまたはe-Visa取得が必要
e-Visaははリーブルヴィル国際空港(LBV)より空路入国する方のみが対象
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
CAMEROON UNITED REP OF.png
カメルーン共和国
Republic of Cameroon
現在、日本国政府は極北州に退避勧告、中央アフリカ国境地帯、北部州のナイジェリア国境地帯及びチャド国境地帯、英語圏(北西州及び南西州)に渡航中止勧告を発出しています。
カメルーン上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にevisa取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
1歳以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要

ガンビア共和国
Republic of The Gambia
事前にビザ取得が必要
日本ではセネガル共和国大使館がビザ発給を代行
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Guinea.png
ギニア共和国
Republic of Guinea
現在、日本国政府はギニアとマリとの国境地帯に渡航中止勧告を発出しています。
ギニア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザまたはe-Visa取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
ビザ申請時に黄熱予防接種証明書が要求されています。
ギニアビサウ共和国国旗
ギニアビサウ共和国
Republic of Guinea-Bissau
現在、日本国政府はギニアビサウ カシェウ州に渡航中止勧告を発出しています。
ギニアビサウ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
在日公館がないため、在セネガル・ギニアビサウ大使館等でビザ取得する
旅券残存帰国日まで、出国手段証明、滞在費用証明の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国です
1歳以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
KENYA.gif
ケニア共和国
Republic of Kenya
現在、日本国政府はソマリアとの国境地帯、北東地域ガリッサ郡ダダーブ難民キャンプ周辺地域及びガリッサに退避勧告、ケニア マルサビット郡(モヤレ準郡を含む)のエチオピアとの国境地帯、リフトバレー地域トゥルカナ郡の南スーダン及びウガンダとの国境地帯並びに南部一帯、ウェスト・ポコット郡、バリンゴ郡北部一帯、北東地域マンデラ郡、ワジル郡、ガリッサ郡の一部並びに沿岸地域ラム郡の一部に渡航中止勧告を発出しています。
ケニア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にeTA取得が必要
大使館・空港でのビザ発給業務は2021年1月1日をもって終了
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Cote d'Ivoire.png
コートジボワール共和国
Republic of Cote d'Ivoire
現在、日本国政府はマリ及びブルキナファソとの国境地帯並びに北東部コモエ国立公園地域及びガーナとの国境地帯の一部に渡航中止勧告を発出しています。
コートジボワール上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザまたはe-Visa取得が必要
外交・公用を除くビザは大使館申請時に写真撮影、指紋採取を行うため本人申請(受領は代理可)
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要

コモロ
Union of Comoros
事前にビザ取得が必要
日本にはコモロの在外公館が設置されていないため、 セネガル共和国大使館がビザ発給を代行
Republic_of_the_Congo.png
コンゴ共和国
Republic of Congo
現在、日本国政府はプール県南部、ブエンザ県東部及び中央アフリカ共和国との国境地帯に渡航中止勧告を発出しています。
コンゴ共和国の上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Democratic_Republic_of_the_Congo.png
コンゴ民主共和国
Democratic Republic of Congo
現在、日本国政府は カサイ3州全域(カサイ州、中央カサイ州及び東カサイ州)、バ=ズエレ州北部、オー=ウエレ州、イツリ州、北キブ州及び南キブ州全域に退避勧告、コンゴ民主共和国 北ウバンギ州及び南ウバンギ州の中央アフリカとの国境地帯に渡航中止勧告を発出しています。
コンゴ民主共和国上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
ビザは申請者の居住国で取得する必要があり、居住国以外の国で取得した場合は、入国時に無効と判断され入国を拒否される場合がある
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
サントメ・プリンシペ民主共和国国旗
サントメ・プリンシペ民主共和国
Democratic Republic of Sao Tome and Principe
15日以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国日まで、出国用航空券が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港を経由した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Zambia.png
ザンビア共和国
Republic of Zambia
業務目的は最初に入国した日から12か月のうち30日間の滞在はビザ不要
観光目的は最初に入国した日から12か月のうち90日間の滞在はビザ不要
駐日ザンビア共和国大使館はビザ申請の受付を停止中(2022年5月1日~)
旅券残存出国時4か月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
シエラレオネ共和国国旗
シエラレオネ共和国
Republic of Sierra Leone
事前にビザ取得が必要
在日公館がないため、経由地の大使館で取得する
黄熱に感染する危険のある国です
すべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要

ジブチ共和国
Republic of Djibouti
現在、日本国政府はエリトリアとの国境地帯に渡航中止勧告を発出しています。
ジブチ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Zimbabwe.png
ジンバブエ共和国
Republic of Zimbabwe
6ヵ月以内の観光、業務、公用目的は入国時に空港または国境でビザ取得を行う在日大使館での発給は不可
旅券残存入国時6ヶ月以上、往復予約済航空券と滞在費の提示が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of the Sudan.png
スーダン共和国
Republic of the Sudan
現在、日本国政府はスーダン全土(ポートスーダン市を除く)に退避勧告、ポートスーダン市に渡航中止勧告を発出しています。
スーダンへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
イスラエルのへの渡航歴があると入国拒否される可能性あり
黄熱に感染する危険のある国です
Republic of Seychelles.png
セーシェル共和国
Republic of Seychelles
事前にビザ取得は不要
現地到着時に滞在許可取得が必要
旅券残存セーシェル出国日まで、出国航空券、ホテル予約確認書、滞在中の資金(滞在1日あたり最低USD150相当)が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
赤道ギニア共和国国旗
赤道ギニア共和国
Republic of Equatorial Guinea
事前にビザ取得が必要
在日公館がないため、経由地(中国、スペイン、フランス、ガボン等)の大使館で取得する
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Senegal.png
セネガル共和国
Republic of Senegal
90日以内の一般、外交・公用目的はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、往復航空券、宿泊証明書またはホテル予約確認書が必要
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
ソマリア連邦共和国国旗
ソマリア連邦共和国
Federal Republic of Somalia
現在、日本国政府はソマリア全土に退避勧告を発出しています。
ソマリアへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
TANZANIA.gif
タンザニア連合共和国
United Republic of Tanzania
現在、日本国政府はキゴマ州西部等ブルンジとの国境付近に渡航中止勧告を発出しています。
タンザニア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にe-Visa取得が必要
駐日タンザニア大使館または在大阪タンザニア名誉領事館でのビザ業務は終了
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
チャド共和国国旗
チャド共和国
Republic of Chad
現在、日本国政府はリビア、中央アフリカ、ニジェール及びカメルーン極北州との国境地帯(首都ウンジャメナを除く)、ラク州並びにチャド湖周辺、スーダンとの国境地帯に退避勧告、上記を除く地域(首都ウンジャメナを含む)に渡航中止勧告を発出しています。
チャドへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
Central_African_Republic.png
中央アフリカ共和国
Central African Republic
現在、日本国政府は中央アフリカ共和国全土に退避勧告を発出しています。
中央アフリカ共和国への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Tunisia.png
チュニジア共和国
Republic of Tunisia
現在、日本国政府はチュニジアとアルジェリア・リビア国境地帯を含む南部砂漠地帯の一部及びカスリン県に渡航中止勧告を発出しています。
チュニジアの上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
3ヶ月以内の観光、業務、知人訪問等を目的とする滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄2頁以上、滞在費用証明の提示が必要

トーゴ共和国
Republic of Togo
現在、日本国政府はトーゴとブルキナファソとの国境地帯に渡航中止勧告を発出しています。
トーゴ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
NIGERIA.gif
ナイジェリア連邦共和国
Federal Republic of Nigeria
現在、日本国政府は北東部(ボルノ州、ヨベ州及びアダマワ州)に退避勧告、北東部(バウチ州及びゴンベ州)、北西部(ケビ州、ソコト州、ザムファラ州、カツィナ州、ジガワ州、カノ州、ナイジャー州及びカドゥナ州)北中央部(コギ州及びプラトー州ジョス市(周辺地域を含む))、南東部(イモ州及びアナンブラ州)並びに南南部(デルタ州、リバース州、バイエルサ州及びアクワ・イボム州沿岸部)に渡航中止勧告を発出しています。
ナイジェリア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9ヶ月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港を経由した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Namibia.png
ナミビア共和国
Republic of Namibia
業務目的の滞在は事前にビザ取得が必要。
90日以内の観光目的の滞在はビザ不要。
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄3頁以上、出国用航空券が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Niger.png
ニジェール共和国
Republic of Niger
現在、日本国政府は首都ニアメ市を除く全土に退避勧告、首都ニアメ市に渡航中止勧告を発出しています。
ニジェールへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
在日大使館がないため日本を兼轄する在中国ニジェール共和国大使館、または主な経由地である在仏ニジェール大使館でビザ取得が可能。
在日名誉ニジェール共和国領事館でのビザ取得も可能
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Burkina_Faso.png
ブルキナファソ
Burkina Faso
現在、日本国政府はマリ、ニジェール、ベナン、トーゴ、ガーナ、コートジボワール国境周辺地域及び北部、中東部、東部地方、中北部地方のナメンテンガ県南部、サンマテンガ県南部、バム県南部、北部地方のヤテンガ県南部、ブークル・デュ・ムフン地方のスル県南東部、ナヤラ県南東部、テュイ県に退避勧告、ブルキナファソ上記を除く地域(首都ワガドゥグを含む) に渡航中止勧告を発出しています。
ブルキナファソへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が要求されています。
ブルンジ共和国国旗
ブルンジ共和国
Republic of Burundi
現在、日本国政府はチビトケ州、ブバンザ州のコンゴ民主共和国との国境周辺地域(国道5号線以西の地域)、及びキビラ国立公園周辺地域に渡航中止勧告を発出しています。
ブルンジ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザまたはe-Visaの取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要

ベナン共和国
Republic of Benin
現在、日本国政府は北部(ブルキナファソ及びニジェールとの国境地帯(パンジャリ国立公園、W国立公園、パンジャリ狩猟区域及びアタコラ狩猟区域))、北東部(ニジェール及びナイジェリアとの国境地帯(アリボリ県バニコアラ地区、カリママ地区、カンディ地区、マランヴィル地区、セグバナ地区の国境地帯及びボルグ県カラレ地区東部))及び北西部(ブルキナファソ及びトーゴとの国境地帯(アタコラ県タンゲタ地区、マテリ地区、ケル地区の国境地帯))、北東部(アリボリ県バニコアラ地区、カリママ地区、カンディ地区、マランヴィル地区、セグバナ地区の国境地帯を除く地域)、北西部(アタコラ県タンゲタ地区、マテリ地区、ケル地区の国境地帯を除く地域)及び北東部(ナイジェリアとの国境地帯(ボルグ県ニッキ地区東部))に渡航中止勧告を発出しています。
ベナン上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザまたはe-Visaの取得が必要
外交・公用ビザ以外はe-Visaを取得する

黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Botswana.png
ボツワナ共和国
Republic of Botswana
90日以内の観光、商用、外交・公用目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、出国用航空券、滞在費用の提示が必要。
滞在許可なしで滞在できる期間は、最初の入国日から起算して、1年間に累計90日まで
未成年者の入国 は別途必要書類あり
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Madagascar.png
マダガスカル共和国
Republic of Madagascar
事前にビザ取得が必要
30日以内の観光目的の滞在は、空港でビザ取得可能。
ただし、空港の入国管理窓口では、入国者は列を作らず無秩序で、申請時に多大な時間を要することが多い
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Malawi.png
マラウイ共和国
Republic of Malawi
事前にビザまたはe-Visa取得が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Mali.png
マリ共和国
Republic of Mali
現在、日本国政府はマリ全土に退避勧告を発出しています。
マリへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
黄熱に感染する危険のある国です
生後9か月以上のすべての渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
SOUTH AFRICA.gif
南アフリカ共和国
Republic of South Africa
90日以内の観光、短期商用、知人訪問目的の滞在はビザ不要
旅券残存南アフリカ出国後30日以上、未使用査証欄南アフリカ入国時2頁以上、出国用航空券が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
南スーダン共和国国旗
南スーダン共和国
The Republic of South Sudan
現在、日本国政府は南スーダン全土(ジュバ市及びその周辺(ジュバ国際空港を中心として概ね半径20km以内)を除く)に退避勧告、南スーダン ジュバ市及びその周辺(ジュバ国際空港を中心として概ね半径20km以内)に渡航中止勧告を発出しています。
南スーダンへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
Republic of Mozambique.png
モザンビーク共和国
Republic of Mozambique
現在、日本国政府は、カーボデルガード州メクーフィ郡、カーボデルガード州(ペンバ市を除く)及びナンプラ州メンバ郡及びエラーティ郡渡航中止勧告を発出しています。
モザンビーク上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要。
Visa on Arrivalは、自国または居住国にモザンビーク大使館がない渡航者のみが発給対象
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Mauritius.png
モーリシャス共和国
Republic of Mauritius
3ヵ月以内の滞在はビザ不要。
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄見開き2頁以上、出国用航空券、ホテル予約確認書が必要。
十分な滞在費(1日あたり約US$100)の提示を求められることあり

モーリタニア・イスラム共和国
Islamic Republic of Mauritania
現在、日本国政府はマリとの国境地帯全域及びアルジェリアとの国境地帯全域に退避勧告、モーリタニアの上記を除くティリス・ゼムール州(ズエラットより東側地域)、アドラール州東部(ワダンより東側地域)、タガント州、アッサバ州、ホード・エルガルビ州及びホード・エッシャルギ州、ティリス・ゼムール州(ズエラット近郊の西サハラ地域との国境地帯。)に渡航中止勧告を発出しています。
モーリタニア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要。
駐日モーリタニア大使館で査証発給を停止しているため、空港及び国境到着時にビザを取得する
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄1頁以上必要
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
MOROCCO.gif
モロッコ王国
Kingdom of Morocco
90日以内の観光、業務、外交、公用目的の滞在はビザ不要。
旅券残存入国時3ヶ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
LIBYAN A JAMAHIRIYAH.gif
リビア国
State of Libya
現在、日本国政府はリビア全土に退避勧告を発出しています。
リビアへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザ取得が必要
Republic of Liberia.png
リベリア共和国
Republic of Liberia
事前にビザ取得が必要
ビザ申請時に未使用査証欄が表裏未使用の状態で連続20ページ(10枚)必要
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要

ルワンダ共和国
Republic of Rwanda
事前にビザ取得が必要
2018年1月からキガリ国際空港において、事前申請不要のVisa on Arrivalの発給が開始
オンラインシステム「Irembo」を通して事前取得も可能
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
レソト王国国旗
レソト王国
Kingdom of Lesotho
90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存6か月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券、滞在費用証明の持参が必要
海外旅行保険の加入が望ましい

欧州(Europe)

国・地域 ビザ要否
Republic of Iceland.png
アイスランド
Iceland
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国からの出国予定日から3ヶ月間以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
IRELAND.gif
アイルランド共和国
Ireland
6か月以内の滞在は目的にかかわらずビザ不要
3か月を超える滞在は、現地警察署等で外国人登録と滞在許可の取得が必要
旅券残存出国時6ヶ月以上、出国用航空券が必要
短期商用の場合は、入国時に訪問先からの招聘状等などの提示が求められることがあり提示ができない場合入国拒否になる事もある
AZERBAIJAN.gif
アゼルバイジャン共和国
Republic of Azerbaijan
現在、日本国政府はアルメニアとの国境地帯(アゼルバイジャン領ナヒチバン自治共和国のアルメニアとの国境地帯を含む。)に退避勧告、ナゴルノ・カラバフ及びその周辺地域(ケルベジェル、ラチン、グバドル、ゼンギラン及びジェブライルの各県、フュズリ県及びアグダム県の一部)に渡航中止勧告を発出しています。
アゼルバイジャン上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザまたはeVISA取得が必要
ヘイダル・アリエフ国際空港(バクー)およびギャンジャ空港にてVisa on Arrivalもあり
Republic of Albania.png
アルバニア共和国
Republic of Albania
90日以内の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヵ月以上、未使用査証1頁以上、出国用航空券が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Armenia.png
アルメニア共和国
Republic of Armenia
現在、日本国政府アゼルバイジャンとの国境周辺地域(ナヒチバン自治共和国との国境地域を含む。)に退避勧告を発出しています。
アルメニア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
1年間で180日間以内の滞在はビザ不要(一般、公用、外交等全ての旅券タイプに適用)
旅券残存帰国日まで有効なもの、未使用査証欄1頁以上が必要
Principality of Andorra.png
アンドラ公国(フランス)
Principality of Andorra
90日以内の滞在はビザ不要
フランスまたはスペインの入国条件を満たしていること
国内空港が無いため、フランスまたはスペインから陸路で入国するが、入国の際、出入国審査は行われない
滞在中にパスポート、航空券の提示を求められる場合がある
ITALY.gif
イタリア共和国
Italian Republic
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光・業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国予定日から3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい。
Ukraine.png
ウクライナ
Ukraine
現在、日本国政府はウクライナ全土に退避勧告を発出しています。
ウクライナへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
180日間で90日以内の滞在はビザ不要
旅券残存帰国時まで有効なもの、未使用査証欄2頁以上、海外旅行保険の加入が必要
UZBEKISTAN.gif
ウズベキスタン共和国
Republic of Uzbekistan
30日以内の通過、観光、親族・知人訪問、業務、添乗目的の滞在はビザ不要
旅券残存出国時3ヶ月以上、未使用査証欄2頁以上必要
U.K.gif
英国(グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
6か月未満の観光、親族・知人訪問、業務、短期留学目的の滞在はビザ不要
旅券残存帰国日まで有効なもの、出国用航空券(乗車券、乗船券も可)、滞在費用証明の持参が必要
入国時に提示可能な滞在資格の裏付け資料(入学許可書、招聘状など)の準備が望ましい
Republic of Estonia.png
エストニア共和国
Republic of Estonia
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
過去10年以内に発行された旅券でシェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄連続3頁以上、出国用航空券、海外旅行傷害保険の加入が必要
海外旅行保険は、滞在期間を全てカバーしてEUR30,000以上の死亡補償が必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
AUSTRIA.gif
オーストリア共和国
Republic of Austria
★シェンゲン協定加盟国ですが 日本との二国間の査証免除取極が優先され6ヵ月以内の観光、訪問、業務目的はビザ不要
90日間を超えてビザ無しでオーストリアに渡航する場合は、オーストリアで入国審査を受けるために、シェンゲン域内の国を経由せずにオーストリアに乗り入れている航空便を利用する必要あり。
また、ビザ無し無査証で90日間を超えて滞在した後にオーストリアから出国する場合も、オーストリアにおいて出国審査を受けるために、シェンゲン域内国を経由しない航空便を利用する必要がある
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国からの出国予定日から3ヶ月間以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
NETHERLANDS.gif
オランダ王国
Kingdom of the Netherlands
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国予定日から3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
カリブ海のアルバ島、キュラソー島、セント・マーチン島、BSE諸島(ボネール島、 セント・ユースタティウス島、サバ島)に関しては別の条件が適用になります。
KAZAKHSTAN.gif
カザフスタン共和国
Republic of Kazakhstan
30日以内の観光、業務、会議出席、知人訪問、外交・公用目的の滞在はビザ不要
旅券残存出国時6ヶ月以上、未使用査証欄見開き2頁以上、出国用航空券の提示が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に経由した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Macedonia.png
北マケドニア共和国
Republic of North Macedonia
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光などの非営利活動目的による滞在はビザ不要
旅券残存出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
Republic of Cyprus.png
キプロス共和国
Republic of Cyprus
あらゆる180日間の期間内で90日以内の一般、外交・公用目的の滞在はビザ不要
旅券残存出国予定日から3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい。
Hellenic Republic.png
ギリシャ共和国
Hellenic Republic
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国予定日から3ヵ月以上、未使用査証欄見開2頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
Kyrgyz Republic.png
キルギス共和国
Kyrgyz Republic
現在、日本国政府はキルギスのバトケン州内のタジキスタンとウズベキスタンの飛び地及び同州のタジキスタンとウズベキスタンとの国境地帯、オシュ州とジャララバード州のウズベキスタンとの国境地帯(オシュ市及びオシュ市からキジルキヤ、カダムジャイを経由してバトケン市まで続く国道13号線を除く)に渡航中止勧告を発出しています。
キルギス上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
60日以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国時まで有効なもの、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明が必要
Greenland.png
グリーンランド
Greenland
デンマーク自治領のため、デンマークに準ずるが渡航ルートによりビザが必要な場合がある
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、添乗、短期留学目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
Republic of Croatia.png
クロアチア共和国
Republic of Croatia
★シェンゲン協定加盟国
180日以内の期間に合計90日以内の観光、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
過去10年以内に発行された旅券でシェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明(1日あたりEUR70相当額、ホテルの予約がある場合は1日あたりEUR30相当額)の持参が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
コソボ共和国国旗
コソボ共和国
Republic of Kosovo
90日以内の滞在はビザ不要
旅券残存入国時3か月以上、出国用航空券、滞在費用証明、滞在先・期間・目的を証明する書類の持参、海外旅行保険の加入が必要
海外旅行保険は、滞在期間をカバーして死亡時の補償が含まれ日本で発行された保険証券であること
Most Serene Republic of San Marino.png
サンマリノ共和国
Republic of San Marino
出入国はイタリアからのみとなるためイタリアの入国条件を満たしている事
90日以内の一般目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時90日以上、未使用査証欄1頁以上必要
Georgia.png
ジョージア
Georgia
現在、日本国政府はジョージアのツヒンヴァリ/南オセチア及びその周辺地域、アブハジア及びその周辺地域に渡航中止勧告を発出しています。
ジョージア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
入国日から起算し1年間以内の滞在は活動内容を問わずビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上で帰国時まで有効なもの、滞在期間をカバーする海外旅行保険の加入、滞在費用証明が必要
Gibraltar.png
ジブラルタル
【英国の海外領土】
Gibraltar
短期間の観光はビザ不要
滞在期間は入国審査官判断
旅券残存帰国時まで必要
Switzerland.png
スイス連邦
Switzerland
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国予定日から3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
SWEDEN.gif
スウェーデン王国
Kingdom of Sweden
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、知人訪問、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国予定日から3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
SPAIN.gif
スペイン
Spain
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用(EUR810以上)および滞在目的を証明する書類(日程表、ホテル予約確認書、招聘状、会社推薦状、口上書等)が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
SLOVAK REPUBLIC.gif
スロバキア共和国
Slovak Republic
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務、外交、公用目的の滞在はビザ不要
過去10年以内に発行された旅券でシェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄連続1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
Republic of Slovenia.png
スロベニア共和国
Republic of Slovenia
★シェンゲン協定加盟国
180日以内の期間に合計90日以内の観光、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
過去10年以内に発行された旅券でシェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券、滞在費用証明(1日あたりEUR70相当額)の持参が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
Republic of Serbia.png
セルビア共和国
Republic of Serbia
あらゆる180日間の期間内で90日以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国時90日以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、1日につきEUR50以上の滞在費用が必要
海外旅行保険への加入が望ましい
外国人は、原則入国後24時間以内に滞在地の管轄警察署で滞在登録が必要(ホテル滞在の場合はホテルが登録代行)
外交・公用旅券の方は90日以内の滞在はビザ不要
Republic of Tajikistan.png
タジキスタン共和国
Republic of Tajikistan
現在、日本国政府はタジキスタンとアフガニスタンとの国境付近、ソグド州イスファラ市ヴォルフ地区(キルギス領に囲まれた飛び地)に渡航中止勧告を発出しています。
タジキスタン上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
30日以内の観光、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
旅券残存出国時6ヶ月以上、未使用査証欄2頁以上必要
入国後10日以内に、国内にある「OVIR(オビール、査証・滞在登録局)」で滞在登録が必要
CZECH REPUBLIC.gif
チェコ共和国
Czech Republic
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光および報酬を得ない業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存出国時3ヶ月間以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券、海外旅行傷害保険の加入が必要
海外旅行保険は、滞在期間をカバーするもので治療・傷害・死亡の各項目において、それぞれEUR30,000相当額以上の補償が必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
Denmark.png
デンマーク王国
Kingdom of Denmark
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務(出張・会議出席)、親族・知人訪問、添乗、短期留学目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
GERMANY.gif
ドイツ連邦共和国
Federal Republic of Germany
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、訪問、業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
Turkmenistan.png
トルクメニスタン
Turkmenistan
事前にビザ取得が必要
在日大使館では、トルクメニスタンの入国管理局からの招聘状を所持している方のみビザ申請可
入国時6ヶ月以上、未使用査証欄出国時1頁以上
Kingdom of Norway.png
ノルウェー王国
Kingdom of Norway
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、出張、添乗、短期留学の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明(1日につきNOK500相当)、宿泊証明書(ホテル予約確認書等)の持参が望ましい
Vatican_City.png
バチカン市国
Vatican City
出入国はイタリアからのみとなるためイタリアの入国条件を満たしている事
Hungary.png
ハンガリー
Hungary
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、添乗、業務目的の滞在はビザ不要
過去10年以内に発行された旅券でシェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄連続1頁以上、出国用航空券、海外旅行傷害保険の加入が必要
海外旅行保険は滞在期間をカバーするもので死亡時の補償がEUR30,000以上必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
FINLAND.gif
フィンランド共和国
Republic of Finland
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄見開き2頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明(1日あたりEUR50)の持参が望ましい
FRANCE.gif
フランス共和国
French Republic
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄見開き2頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険、滞在費用証明(ホテル予約の提示なある場合は1日EUR65、提示がない場合は1日EUR120)、宿泊証明書(ホテル予約確認書等)の持参が望ましい
フランス海外県・海外領土等のヨーロッパ外にあるフランス領土は、フランス本土と異なることがあります
BULGARIA.gif
ブルガリア共和国
Republic of Bulgaria
★シェンゲン協定加盟国
最初の入国日から180日間で合計90日以内の通過・観光・業務・知人、親族訪問目的の滞在はビザ不要
過去10年以内に発行された旅券で旅券残存出国時3ヶ月以上、未使用査証欄見開き2頁以上、出国用航空券、海外旅行傷害保険の加入が必要
海外旅行保険は、滞在期間をカバーし、EU内で有効なEUR30,000以上の補償が必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の保険証券が必要
Republic of Belarus.png
ベラルーシ共和国
Republic of Belarus
現在、日本国政府はウクライナとの国境周辺地域に退避勧告、ウクライナとの国境周辺地域以外のベラルーシ全土に渡航中止勧告を発出しています。
ベラルーシへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
観光・商用・知人訪問目的でミンスク国立空港より空路で入出国する場合のみ出入国を含め最長30日以内の滞在はビザ不要
1日あたり20EURの現金、死亡保障金額が10,000EUR以上の海外旅行保険が必要
旅券残存出国時90日以上、未使用査証欄2頁以上、航空機内で配布される入国カードが必要
陸路での入出国、ロシアからの入出国の場合は事前にビザ取得が必要
BELGIUM.gif
ベルギー王国
Kingdom of Belgium
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄連続3頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明(1日あたりEUR50)の持参が望ましい
POLAND.gif
ポーランド共和国
Republic of Poland
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の短期滞在はビザ不要。
シェンゲン協定加盟国からの出国予定日から3ヶ月間以上、未使用査証欄1頁以上、十分な滞在費(3日以内:ZL300以上/4日以上:1日につきZL100以上相当のトラベラーズチェック、クレジットカード、ポーランド国内で両替可能な外貨等)、海外旅行傷害保険の加入が必要
海外旅行保険は、滞在期間をカバーし、EU内で有効なEUR30,000以上の補償が必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
BOSNIA HERZEGOVINA.gif
ボスニア・ヘルツェゴビナ
Bosnia and Herzegovina
90日以内の観光・業務目的はビザ不要
旅券残存出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上
出国用航空券、滞在費用証明(1日あたりEUR75相当額)、海外旅行保険の加入証明書の提示を求められる場合あり
Portuguese Republic.png
ポルトガル共和国
Portuguese Republic
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内で観光、業務(国際会議・会議、添乗)目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券が必要
Republic of Malta.png
マルタ共和国
Republic of Malta
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務、留学目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
MONACO.gif
モナコ公国
Principality of Monaco
あらゆる180日間の期間内で90日以内の滞在はビザ不要
必要旅券残存出国時3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明(1日あたりEUR120相当)が必要
フランスとモナコの間では基本的に出入国審査は行われない
Republica Moldova.png
モルドバ共和国
Republic of Moldova
現在、日本国政府はモルドバのトランスニストリア地域に渡航中止勧告を発出しています。
モルドバ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
最初の入国日より6ヵ月間で90日以内の滞在はビザ不要
就労、留学の場合は90日以内であってもビザが必要
旅券残存出国時3ヵ月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券、滞在証明が必要
Montenegro.png
モンテネグロ
Montenegro
最初の入国日より6ヵ月間で90日以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国時3ヵ月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券、滞在証明が必要
入国後24時間以内に最寄の警察署で滞在登録が必要でホテル等に宿泊する場合は、ホテルが登録を行う。発行された滞在登録証は常に所持する必要あり
出国審査時にも登録証の提示を求められることがある
Republic of Latvia.png
ラトビア共和国
Republic of Latvia
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
過去10年以内に発行された旅券でシェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄連続1頁以上、出国用航空券、海外旅行傷害保険の加入が必要
海外旅行保険は、滞在期間をカバーし、治療・救援の補償総額がEUR30,000以上必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
Principality of Liechtenstein.png
リヒテンシュタイン公国
Principality of Liechtenstein
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国予定日から3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
Republic of Lithuania.png
リトアニア共和国
Republic of Lithuania
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の滞在はビザ不要
過去10年以内に発行された旅券でシェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券、海外旅行傷害保険の加入が必要
海外旅行保険は、滞在期間を全てカバーしてEUR30,000以上の補償が必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
Romania.png
ルーマニア
Romania
★シェンゲン協定加盟国
180日間の期間内で90日以内の観光、業務、知人・親族訪問、通過等の目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヵ月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行傷害保険の加入が望ましい
Grand Duchy of Luxembourg.png
ルクセンブルク大公国
Grand Duchy of Luxembourg
★シェンゲン協定加盟国
あらゆる180日間の期間内で90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
10年以内に発行された旅券で必要残存シェンゲン協定加盟国出国予定日から3ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入、滞在費用証明の持参が望ましい
RUSSIA.gif
ロシア連邦
Russian Federation
現在、日本国政府はウクライナとの国境周辺地域に退避勧告、ロシアとウクライナとの国境周辺地域を除く地域(首都モスクワ市を含む)に渡航中止勧告を発出しています。
ロシアへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
事前にビザまたはeVisa取得が必要
2023年8月1日より空路、陸路、鉄道、水路または指定された国境地点より入出国が可能なeVisaの発給が開始

北中米・カリブ(North and Central America・Caribbean)

国・地域 ビザ要否
US.gif
アメリカ合衆国
United States of America
事前にビザ取得が必要
90日以内の観光、短期業務、通過目的の滞在はビザ免除プログラム(Visa Waiver Program)あり
旅券残存帰国日まで有効なもの(入国時90日以上が望ましい)
ビザ免除プログラムの必要要件は、ESTA(電子渡航認証)の事前取得以外にも多数あり
ESTAだけではない アメリカビザ免除のための10の条件
アンティグア・バーブーダ国旗
アンティグア・バーブーダ
Antigua and Barbuda
6か月以内の滞在はビザ不要
出国用航空券、滞在費用証明、宿泊予約確認書の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of El Salvador.png
エルサルバドル共和国
Republic of El Salvador
 
90日以内の観光、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
2023年1月以降、エルサルバドル政府の一方的な措置として、査証免除対象国の入国者に対して180日以内の滞在許可が付与されています
旅券残存入国時6ヶ月以上、出国用航空券、滞在費用証明(USD1,500以上)の持参が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
中米4カ国協定により,エルサルバドル,グアテマラ,ニカラグア,ホンジュラスにおいて,最初に入国した国の入国日から換算して90日以内であれば,ビザ無しで滞在及び4カ国間の移動が可能ですが,90日を過ぎた場合,4カ国間の移動及び滞在ができなくなります
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
CANADA.gif
カナダ
Canada
6ヶ月以内の観光、通過、知人・親族訪問、出張、会議出席、学会発表、市場調査、契約締結等のビジター目的の滞在はビザ不要
2016年3月15日より空路で入国または乗り継ぎする場合はeTA(電子渡航認証)の取得が必要
旅券残存カナダ出国予定日+1日以上必要
キューバ共和国国旗
キューバ共和国
Republic of Cuba
業務目的はビザが必要
30日以内の観光目的はビザ不要
ツーリストカードの事前取得、旅券残存入国時3ヶ月以上、未使用査証欄1頁以上が必要
全ての外国籍及び国外在住のキューバ国籍の入国者は、事前に滞在期間を全てカバーした海外旅行傷害保険の加入が必要
海外旅行保険は、キューバにおいて承認されている保険会社(国際的な業務を行っており、アメリカ系以外の会社)であること
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Guatemala.png
グアテマラ共和国
Republic of Guatemala
90日以内の観光、業務、知人訪問目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国6ヶ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明の持参が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
中米4カ国協定により,エルサルバドル,グアテマラ,ニカラグア,ホンジュラスにおいて,最初に入国した国の入国日から換算して90日以内であれば,ビザ無しで滞在及び4カ国間の移動が可能ですが,90日を過ぎた場合,4カ国間の移動及び滞在ができなくなります
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
グレナダ国旗
グレナダ
Grenada
3か月以内の滞在はビザ不要
旅券残存6か月以上、出国用航空券、滞在費用証明、宿泊予約確認書の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Costa Rica.png
コスタリカ共和国
Republic of Costa Rica
180日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存帰国日まで、出国航空券、滞在費用証明の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Jamaica.png
ジャマイカ
Jamaica
30日以内の観光・就労を伴わない業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明が必要
出入国カード兼税関申告書は出発30日前からオンラインで提出が必要(2023年9月1日~)
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
セントビンセント及びグレナディーン諸島国旗
セントビンセント及びグレナディーン諸島
Saint Vincent and the Grenadines
3か月以内の滞在はビザ不要
旅券残存6か月以上、出国用航空券、滞在費用証明、宿泊予約確認書の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
セントクリストファー・ネービス国旗
セントクリストファー・ネービス
Saint Christopher and Nevis
90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、出国用航空券、滞在費用証明、宿泊予約確認書の持参が必要
税関申告はオンラインで事前に手続きが必要
ST. KITTS AND NEVIS ONLINE IMMIGRATION AND CUSTOMS ED FORM
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
セントルシア国旗
セントルシア
Saint Lucia
42日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6か月以上、出国用航空券、滞在費用証明、宿泊予約確認書の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Commonwealth of Dominica.png
ドミニカ国
Commonwealth of Dominica
3ヶ月以内の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、出国用航空券、滞在先の確保、十分な滞在費用が必要
Dominican Republic.png
ドミニカ共和国
Dominican Republic
業務目的の場合はビザが必要
3ヵ月以内の観光目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明が必要
Republic of Trinidad and Tobago.png
トリニダード・トバゴ共和国
Republic of Trinidad and Tobago
90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、出国用航空券、滞在費用証明、現地滞在先が確保されていることが必要
黄熱に感染する危険のある国です
Republic of Nicaragua.png
ニカラグア共和国
Republic of Nicaragua
90日以内の観光、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、出国用航空券、滞在費用証明の持参、入国審査時にツーリストカードの購入(USD10)が必要
中米4カ国協定により,エルサルバドル,グアテマラ,ニカラグア,ホンジュラスにおいて,最初に入国した国の入国日から換算して90日以内であれば,ビザ無しで滞在及び4カ国間の移動が可能ですが,90日を過ぎた場合,4カ国間の移動及び滞在ができなくなります
Republic of Haiti.png
ハイチ共和国
Republic of Haiti
現在、日本国政府はハイチ全土に退避勧告を発出しています。
ハイチへの渡航は、どのような目的であれ止めてください。
90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
到着時に現金でUSD10の観光料金の支払いが必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Panama.png
パナマ共和国
Republic of Panama
現在、日本国政府はダリエン県,エンベラ自治区及びクナ・ヤラ自治区の各一部及びコロンビアとの国境地域に渡航中止勧告を発出しています。
パナマ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
90日以内の観光、業務目的滞在はビザ不要
旅券残存入国時3か月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費(USD500以上の現金、クレジットカード等)が必要
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Commonwealth of The Bahamas.png
バハマ国
Commonwealth of The Bahamas
90日以内の観光目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、出国用航空券、十分な滞在費用証明の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Barbados.png
バルバドス
Barbados
90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、出国用航空券、滞在費用の所持、滞在先が確保されていることが必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Commonwealth of Puerto Rico.png
プエルトリコ自治連邦区
Commonwealth of Puerto Rico
事前にビザが必要
90日以内の観光、短期業務、通過目的の滞在はビザ免除プログラム(Visa Waiver Program)あり
旅券残存帰国日まで有効なもの(入国時90日以上が望ましい)
ビザ免除プログラムの必要要件は、ESTA(電子渡航認証)の事前取得以外にも多数あり
ESTAだけではない アメリカビザ免除のための10の条件
Belize.png
ベリーズ
Belize
90日以内の観光、業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明(1日あたりUSD50相当額)の持参が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
Republic of Honduras.png
ホンジュラス共和国
Republic of Honduras
90日以内の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明の持参が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
中米4カ国協定により,エルサルバドル,グアテマラ,ニカラグア,ホンジュラスにおいて,最初に入国した国の入国日から換算して90日以内であれば,ビザ無しで滞在及び4カ国間の移動が可能ですが,90日を過ぎた場合,4カ国間の移動及び滞在ができなくなります
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳から60歳の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
MEXICO.gif
メキシコ合衆国
United Mexican States
現在、日本国政府はメキシコのゲレロ州チルパンシンゴ市及びその周辺地域に渡航中止勧告を発出しています。
メキシコ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
180日以内の通過、観光、業務(現地で報酬を得ない活動に限る)、通過目的の滞在はビザ不要
入国審査官判断により滞在可能日数が決定されるので、希望する滞在日数を明記した書類(業務目的の場合はインビテーションレター)の提示が推奨される
陸路入国の場合は、入国地または事前にウェブサイトで取得するFMM(出入国カード)が必要(空路は不要)
入国時に観光の場合は滞在中の費用保証として残高証明書またはクレジットカード、業務の場合はギャランティーレター(英文会社推薦状)の提示を求められる場合あり
旅券残存帰国時まで有効なもの、未使用査証欄1頁以上必要

南米(South America)

国・地域 ビザ要否
Argentina.png
アルゼンチン共和国
Argentine Republic
90日以内の観光・業務目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費用証明の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国です
Uruguay.png
ウルグアイ東方共和国
Oriental Republic of Uruguay
90日以内の観光・業務の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヵ月以上必要
Republic of Ecuador.png
エクアドル共和国
Republic of Ecuador
現在、日本国政府はカルチ県(トゥルカン市とパン・アメリカン・ハイウェイ付近を除く)、エスメラルダス県北東部地域(サン・ロレンソ市及びエロイ・アルファロ市)、スクンビオス県(南部ナポ川周辺の一部地域を除く)に渡航中止勧告を発出しています。
エクアドル上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
90日以内(年間合計90日まで)の観光、業務の滞在はビザ不要
旅券入国時6ヵ月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券が必要
黄熱に感染する危険のある国です
ブラジル、コンゴ民主共和国、ウガンダからの渡航者及び乗り継ぎのため12時間以上滞在した1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
ガイアナ共和国国旗
ガイアナ共和国
Republic of Guyana
3か月以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国時6ヶ月以上、出国用航空券、滞在費用証明、宿泊予約確認書の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に4時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Colombia.png
コロンビア共和国
Republic of Colombia
現在、日本国政府はコロンビアのアラウカ県、カウカ県西部、ナリーニョ県西部、ノルテ・デ・サンタンデール県北部に渡航中止勧告を発出しています。
コロンビア上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
90日以内の観光、業務、報酬を伴わない活動目的の滞在はビザ不要
入国フライトの搭乗72時間から1時間前に、出入国管理アプリ(Check-Mig)への登録が必要
旅券残存入国時3ヵ月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
黄熱に感染する危険のある国です
アンゴラ、ブラジル、コンゴ民主共和国、ウガンダから来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、アンゴラ、ブラジル、コンゴ民主共和国、ウガンダの空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
スリナム共和国国旗
スリナム共和国
Republic of Suriname
事前にe-Visaの取得が必要
Suriname E-VISA Website
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Chile.png
チリ共和国
Republic of Chile
90日以内の観光、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
帰国時まで有効な旅券、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
Republic of Paraguay.png
パラグアイ共和国
Republic of Paraguay
90日以内の観光、業務、外交・公用目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄見開2頁以上
黄熱に感染する危険のある国です
ブラジル、ボリビア、ペルー、ベネズエラから来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
Federative Republic of Brazil.png
ブラジル連邦共和国
Bolivarian Republic of Venezuela
90日以内の観光、親族・知人訪問、業務(技術指導、機械操作、メンテナンスは不可)、学術会議・講演会・講習会等への参加、通過、芸術・スポーツ等の各種イベントへの参加目的はビザ不要(2023年9月30日から3年間の期限付き
帰国日まで有効な旅券、未使用査証欄見開き2頁以上、出国用航空券、滞在費用証明の持参が必要
黄熱に感染する危険のある国です
Venezuela.png
ベネズエラ・ボリバル共和国
Bolivarian Republic of Venezuela
現在、日本国政府はベネズエラのスリア州、タチラ州、ボリバル州の一部地域(州北東部の「アルコ・ミネロ」鉱業地帯及びブラジルとの国境地帯)、アプレ州の一部地域(コロンビアとの国境地帯)及びアマゾナス州の一部地域(コロンビアとの国境地帯及びブラジルとの国境地帯)に退避勧告、ボリバル州の一部地域(州北東部の「アルコ・ミネロ」鉱業地帯及びブラジルとの国境地帯を除く)に渡航中止勧告を発出しています。
ベネズエラ上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
90日以内の観光、営利行為を伴わない商談、視察、会議出席等での滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヵ月以上、未使用査証欄見開き2頁以上が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Peru.png
ペルー共和国
Republic of Peru
現在、日本国政府はペルーのフニン州の一部地域(ワンカヨ郡、コンセプシオン郡の一部地域及びサティポ郡)、ワンカベリカ州タヤカハ郡及びチュルカンパ郡、アヤクチョ州ワンタ郡及びラ・マル郡、クスコ州コンベンシオン郡の一部地域、コロンビアとの国境地帯(ロレト州プトゥマヨ郡)に渡航中止勧告を発出しています。
ペルー上記地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。
業務目的は事前にビザ取得が必要
90日以内の観光、外交・公用目的の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヵ月以上、未使用査証欄5頁以上、出国用航空券が必要
黄熱に感染する危険のある国です
Plurinational State of Bolivia.png
ボリビア多民族国
Plurinational State of Bolivia
業務目的は事前にビザ取得が必要
30日以内(1年間で最大90日まで)の観光目的滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヶ月以上、未使用査証欄2頁以上、出国用航空券、滞在費用の持参が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
黄熱に感染する危険のある国です
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要

大洋州(Oceania)

国・地域 ビザ要否
AUSTRALIA.gif
オーストラリア連邦
Australia
3ヵ月以内の観光、業務、知人・親族訪問目的の滞在はビザ不要
帰国時まで有効な旅券、ETA(電子渡航認証)の事前取得が必要
黄熱に感染する危険のある国(※)から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国(※)の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
※エクアドルのガラパゴス諸島への渡航者は除く
Commonwealth of the Northern Mariana Islands.png
北マリアナ諸島(サイパン)
45日以内の観光、業務目的はビザ、ESTA不要
帰国時まで有効な旅券(入国時45日以上が望ましい)、出国用航空券が必要
Republic of Kiribati.png
キリバス共和国
Republic of Kiribati
30日以内の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヵ月以上、出国用航空券、十分な滞在費用が必要
Guam.png
グアム(米国)
45日以内の観光、業務目的はビザ、ESTAは不要
帰国時まで有効な旅券(入国時45日以上が望ましい)、出国用航空券が必要
Cook Islands.png
クック諸島(ニュージーランド)
Cook Islands
30日以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国時6ヵ月以上、出国用航空券、ホテル予約確認が必要
Independent State of Samoa.png
サモア独立国
Independent State of Samoa
90日以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国時6ヵ月以上、出国用航空券、滞在資金、滞在先の住所・連絡が必要
Solomon Islands.png
ソロモン諸島
Solomon Islands
入国時に45日以内の滞在許可証 が発行される
旅券残存入国時6ヵ月以上、出国用航空券、十分な滞在費用が必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Tuvalu.png
ツバル
Tuvalu
入国時に30日以内で出国日までの滞在許可が付与される
旅券残存入国時6ヵ月以上、出国用航空券、十分な滞在費用が必要
Kingdom of Tonga.png
トンガ王国(英国)
Kingdom of Tonga
観光目的の場合は到着空港で入国時に31日間滞在可能なビザが発給される
旅券残存入国時6ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
就労(取材を含む)目的は、事前に入国許可申請が必要
Republic of Nauru.png
ナウル共和国
Republic of Nauru
目的に関わらず事前にビザ取得が必要
取得方法はナウル入国管理局に確認が必要
ニウエ国旗
ニウエ
Niue
30日以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国時3ヵ月以上、出国用航空券、滞在費用証明の持参、滞在先が決まっていることが必要
黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9か月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
New Caledonia.png
ニューカレドニア(フランス)
New Caledonia
あらゆる180日間の期間内で90日以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国時3ヵ月以上、未使用査証欄見開き2頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険、滞在費用証明(ホテル予約の提示なある場合は1日EUR65、提示がない場合は1日EUR120)、宿泊証明書(ホテル予約確認書等)の持参が望ましい
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
NEW ZEALAND.gif
ニュージーランド
New Zealand
3ヵ月以内の観光、業務、就学、公用、通過目的の滞在はビザ不要
2019年10月1日入国分より、無査証にて入国・通過する場合は、NZeTA(電子渡航認証)の取得が事前に必要
旅券残存3ヵ月+滞在日数以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在資金(1ヵ月あたりNZD400、宿泊費未払の場合はNZD1,000相当の現金等)、第三国へのビザ(必要な場合)が必要
Republic of Vanuatu.png
バヌアツ共和国
Republic of Vanuatu
1ヵ月以内の観光目的等の滞在はビザ不要。出国用航空券が必要。
入国時6ヵ月以上。
Independent State of Papua New Guinea.png
パプアニューギニア独立国
Independent State of Papua New Guinea
事前にビザ取得が必要
観光、業務目的の到着ビザは2020年3月から発給停止中
外交・公用目的に限りポートモレスビー・ジャクソン国際空港での到着ビザ取得が可能(2023年9月末~)
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港を経由した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of Palau.png
パラオ共和国
Republic of Palau
30日以内の滞在はビザ不要
旅券残存入国時6ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
Republic of Fiji.png
フィジー共和国
Republic of Fiji
4ヶ月以内の観光、2週間以内の業務目的(業務打合せ)はビザ不要
旅券残存入国時6ヵ月+滞在日数以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券が必要
滞在費用証明の持参が望ましい
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
French_Polynesia.png
フランス領ポリネシア(タヒチ)
French Polynesia(Tahiti)
あらゆる180日間の期間内で90日以内の滞在はビザ不要
旅券残存出国時3ヵ月以上、未使用査証欄見開き2頁以上、出国用航空券が必要
海外旅行保険、滞在費用証明(ホテル予約の提示なある場合は1日EUR65、提示がない場合は1日EUR120)、宿泊証明書(ホテル予約確認書等)の持参が望ましい
黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が必要
乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が必要
Republic of the Marshall Islands.png
マーシャル諸島共和国
Republic of the Marshall Islands
30日以内の観光目的は到着空港でビザを取得する
旅券残存入国時6ヵ月以上、未使用査証欄1頁以上、出国用航空券、滞在費が必要
業務目的の滞在は事前に現地移民局から許可を得て到着空港でビザを取得する
Federated States of Micronesia.png
ミクロネシア連邦
Federated States of Micronesia
30日以内の観光目的はビザ不要
旅券残存入国時120+滞在日数以上、出国用航空券、次の訪問国のビザ(必要な場合)が必要
海外旅行保険の加入が望ましい
取引先会社決定のための業務目的はビザ不要
取引先会社が決定していて具体的な業務や金銭の動きがある場合は、現地受け入れ先をとおしてビジネスパーミットの取得が必要