海外

2022.08.11

台湾|搭乗前PCR検査陰性報告書の提出不要(2022/8/15~)

8月10日、中央流行疫情指揮センター(CECC)は、8月15日より、全ての旅客に対し、搭乗前2日以内に行うPCR検査の陰性報告書の提出を不要とすることを発表していますので、台湾に在留あるいは訪台を検討している邦人の皆様は御留意ください。

台湾衛生福利部疾病管制署プレスリリース
https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/wd6Ak19GMXGEvjph8Uv3pA?typeid=9

【仮訳】
8月15日0時より、来台する全ての旅客は搭乗前2日以内に行うPCR検査の陰性報告書の提出を不要とする中央流行疫情指揮センターは本日(10日)、各国の水際対策が徐々に開放されており、国際間において多数の国が搭乗前PCR検査の陰性報告書の提出を不要としていることを評価し、また、台湾では、入境時に空港で唾液PCR検査及び3+4日の入境検疫措置を引き続き実施しており、水際での防疫は実施可能であることを考慮し、8月15日0時より(フライトスケジュールの台湾到着時間)、「来台する全ての旅客」は、搭乗前2日以内に行うPCR検査の陰性報告書の提出を不要とする。ただし、域外での検査の結果、陽性と判断された者は、国境を越えた感染拡大を避けるため、検査日から7日間は搭乗を控える必要がある。
指揮センターは、世界的な流行は落ち着き、減少傾向にあるものの、流行は急速に変化するため、旅客に対して台湾到着後、検疫及び防疫の各措置を遵守することを呼び掛ける。指揮センターは引き続き国際的な流行状況、変異株の脅威、及び旅客の入境時のスクリーニング検査の実施状況を引き続きモニタリングする。仮に国際的な流行状況が変化し、台湾での防疫に大きな脅威をもたらすと評価された場合、この措置を再開する可能性がある。
在留邦人の皆様におかれては、衛生福利部や各地区の衛生局のホームページ等を参照し、最新情報を収集してください。引き続き感染予防に努めてください。

衛生福利部疾病管制署ホームページ
https://www.cdc.gov.tw/ 

連絡先
・公益財団法人 日本台湾交流協会高雄事務所 領事室
住 所 高雄市苓雅区和平一路87号10F
電 話 (07)771‐4008
FAX (07)771‐2734
メール ryoji-k1@ka.koryu.or.jp 
 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。