海外

2021.09.06

台湾全土における感染状況の警戒レベル第2級の維持(2021年9月7日~9月20日)

9月6日、中央流行疫情指揮センター(CECC)は、9月7日から9月20日まで、台湾全土における感染状況の警戒レベル第2級を維持することを発表していますので、台湾に在留或いは訪台を検討している邦人の皆様はご留意ください。詳細は以下のリンクをご参照ください。

台湾衛生福利部疾病管制署プレスリリース
https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/7GOpqzeF-jiifA2MO-zb9w?typeid=9

【仮訳】
指揮センター(CECC)は、9月7日から9月20日まで、感染状況の警戒レベル第2級を維持する。共に域内コミュニティの安全を守るため、人々に引き続き感染対策措置への協力を要請する。

中央流行疫情指揮センター(CECC)は本日(6日)、以下の通り表明する。域内の感染状況は落ち着いてきているものの、僅かに感染源不明の域内感染事例もあることを踏まえ、関係部門との協議・評価の上、9月7日から9月20日まで、感染状況の警戒レベル第2級を維持することを発表する。維持或いは調整する関連規制の規定は以下の通り。

一、一般原則(後述の交通運輸及び旅行業関連の規制は調整中であり、交通部による公告時期に則って実施する)
1 飲食時を除き、外出時は常時マスクを着用する。
2 実名登録制、ソーシャルディスタンスを維持する。
3 営業場所及び公共エリアでは人流の管理や人数制限を行う:室内では少なくとも1.5m/人(2.25平方メートル/人)、室外では1m/人(1平方メートル/人)。
4 集会活動における人数の上限は、室内80人、室外300人に緩和する。仮に人数を超える場合は、地方の主管機関に感染対策計画を申請する必要がある。
5 飲食店での管理は、衛生福利部の規定に基づいて実施する。
6 披露宴・家族以外の葬儀参列の開放
○家族以外の葬儀参列を実施する際は内政部の感染防止規定を遵守する。
○披露宴を実施する際は1部屋室内80人、室外300人の上限を遵守する。また、飲食ガイドラインを遵守し、他のテーブルに移動しての乾杯は禁止する。
7 プール、ジム等の運動施設は、条件付きでシャワー施設、冷・温水プール、SPAエリア、子供用プール等の附属施設を開放する。
8 台湾鉄道:予約席の列車につき全座席の予約を可能とする。立ち席の販売はしない。
9 高速鉄道:列車の全座席の予約を可能とし、全予約席の方式を維持する。
10 国家風景区及び観光業について、観光客の入場者の上限を8割まであげる。
11 観光バスの乗車人数の搭載可能人数の8割を上限とする。マスクを常時着用せねばならず、車内での飲食を禁止する。

二、引き続き閉鎖する場所
1 ミュージックホール、ダンスホール、ナイトクラブ、クラブ、接待を伴うレストラン、バー、キャバレー等、MTV、KTV・カラオケ、遊興を伴う理容院(観光理髪、視聴理容)
2 娯楽施設(ゲームセンター等)、ネットカフェ、雀荘、その他の類似した場所

指揮センターは、次のとおり説明する。現在、域内の感染状況は安定してコントロールされており、感染対策と人々の生活の質を共に考慮するため、今後も引き続き感染状況を観察し、感染対策の規制措置を段階的に着実に適度に緩和していく。また、変異株ウイルスの脅威に対し、入境のモニタリングと感染対策に関する措置を引き続き強化する。人々に対し、手の衛生、咳のエチケット、マスクの着用などの個人の感染対策措置を徹底し、不要な移動、活動、集会を減らし、混雑した場所、感染リスクの高い場所への出入りを避け、主動的、積極的に各種の感染対策措置に協力し、域内コミュニティの安全を守ることを要請する。

  在留邦人の皆様におかれては、衛生福利部や各地区の衛生局のホームページ等を参照し、最新情報を収集してください。引き続き感染予防に努めてください。 

衛生福利部疾病管制署ホームページ 
https://www.cdc.gov.tw/

公益財団法人日本台湾交流協会 
高雄事務所 領事室 
住所:高雄市苓雅区和平一路87号9F,10F 
電話:(市外局番07)-771-4008 
台湾域外からは(地域番号886)-7-771-4008 
FAX:(市外局番07)-771-2734 
台湾域外からは(地域番号886)-7-771-2734 
E-MAIL:ryoji-k1@ka.koryu.or.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。