海外

更新日:2024.04.03

シェンゲン協定加盟国への渡航で注意する事とは?

シェンゲン協定(Schengen Agreement)では、加盟国域内での出入国審査を廃止しており、域外からの入国者でシェンゲンビザ所持者または、ビザ取得を免除された方は、原則としてすべての加盟国への自由な移動が認められます。こちらのページでは、シェンゲン協定加盟国への渡航で、注意するべき8つのポイントを解説します


シェンゲン(Schengen)とは、
ルクセンブルグ、フランス、ドイツの国境三角地帯、モーゼル川のほとりに位置するルクセンブルクの小さな村の名前で、シェンゲン協定が締結された場所です。
シェンゲン協定(The Schengen Treaty)は加盟国相互の通行自由化と手続き簡素化を目的とした共通滞在協定で、1985年6月14日にルクセンブルク・シェンゲン村のモーゼル河畔に停泊していたMSプリンセス・マリー・アストリッド号(MS Princesse Marie-Astrid)で調印され、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクのEU5ヵ国による政府間プロジェクトとして始まりました。
1990年6月19日にも同地でシェンゲン協定施行協定(Schengen Implementation Treaty)が署名され、協定参加国の間での国境検査を撤廃することを規定しました。

sans-titre-1


1)シェンゲン協定加盟国(Schengen area)

2024年4月1日現在、EU加盟国(アイルランド、キプロスを除く)アイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタインを含む 29カ国 がシェンゲン協定に加盟しています。  

クロアチアのシェンゲン協定加盟について|日本外務省海外安全ホームページ

なお、ルーマニアと ブルガリア については、2024年3月31日に空路および海路の国境制限の撤廃をすることで合意しており、陸路の国境制限の解除に関しては議論を継続するという事です。
 ブルガリア、ルーマニア|シェンゲン協定に加盟(2024年3月~)

ブルガリア|空路及び海路国境へのシェンゲン協定適用開始について(3/31から)

ルーマニア|空路及び海路国境へのシェンゲン協定適用開始について(3/31から)

Map of the Schengen area, showcasing current members, EU countries that are not currently a part of it, and a candidate country


2)ビザ(Visa)

シェンゲン協定国の一つの大使館及び総領事館で発給されたビザを所有すれば、短期での観光、出張、訪問(最長6ヵ月間に90日)を目的としてすべての加盟国への自由な移動が認められます。

シェンゲンビザの申請 は、訪問国の大使館/総領事館で申請しなければなりません。
複数のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合は、主たる目的の滞在国の大使館/総領事館で申請を行う必要があります。
主たる滞在国がない場合は、最初に訪れる国の大使館/総領事館で申請しなければなりません。

Schengen visa in passport ©AP Images/European Union-EP


日本への入国・帰国時の手続きの手順日本国籍の方は、後に記載されている 渡航目的、パスポート要件、滞在期間、必要書類の携行等の全ての条件を満たせばシェンゲン加盟国への無査証(ビザなし)滞在が可能です。

シェンゲンビザの要否については、欧州議会が定めた「Regulation (EU) 2018/1806」の“Annex I”にビザ取得が必要な国が、“Annex II”に180日の期間のうち90日以内の滞在でビザ取得が免除されている国 がそれぞれ記載されています。

Interactive map on visa requirements|欧州委員会

なお、二国間で査証免除取極がある場合は、そちらが優先される場合があるため各国のビザ要否要件も併せてご確認ください


(ビザサポート頁へのリンク)
シェンゲンビザの要否

アイスランド
Check if you need a visa to travel to Iceland-Ísland.is|アイスランド移民局

イタリア
Il visto per l'Italia|イタリアDGIT

エストニア
Who does not need a visa to visit Estonia?|エストニア外務省

オランダ
Do I need a visa for the Netherlands? |オランダ政府

オーストリア
ビザ・日本国籍の方|オーストリア大使館

キプロス
CATEGORIES OF PERSONS AND COUNTRIES WHOSE NATIONALS DO NOT REQUIRE A VISA|キプロス外務省

ギリシャ
Countries requiring or not requiring a Visa|ギリシャ外務省

クロアチア
Visa requirements overview|クロアチア外務省

スイス
Do I require a visa?|State Secretariat for Migration SEM スイス連邦

スウェーデン
List of foreign citizens who require Visa for entry into Sweden - Government.se|スウェーデン政府

スペイン
Schengen visas|スペイン外務省

スロバキア
Do I need a visa to enter the Schengen area?|スロヴァキア外務省

スロベニア
Visa requirement|スロベニア共和国大使館

チェコ
Third-country nationals|チェコ移民局

デンマーク
Countries with a visa requirement and visa-free countries New to Denmark|デンマーク

ドイツ
Overview of visa requirements/exemptions for entry into the Federal Republic of Germany |ドイツ外務省

ノルウェー
Visit Norway without a visa|ノルウェー移民局

ハンガリー
短期滞在ビザ不要の国|駐日ハンガリー大使館

フィンランド
Visa requirement and travel documents accepted by Finland|フィンランド外務省

フランス
France-Visas|フランス政府

ブルガリア
Visa for Bulgaria|ブルガリア外務省

ベルギー
Exemption from the C visa|ベルギー大使館

ポーランド
VISAS|ポーランド外務省

ポルトガル
VISA|ポルトガル外務省

マルタ
Visa Advice for Foreign Nationals|マルタ政府

ラトビア
Countries and territories whose citizens may enter Latvia without a visa|ラトビア外務省

リトアニア
Visas | Coming to Lithuania |リトアニア大使館

リヒテンシュタイン
Visa Information|在アメリカ合衆国リヒテンシュタイン大使館

ルクセンブルク
Visa to Luxembourg|ルクセンブルク大使館

ルーマニア
Do I need a visa?|ルーマニア外務省

 


3)滞在目的(Purpose of visit)

短期滞在でビザが免除になる滞在目的は、観光、業務(会議・商談等)、知人訪問、外交・公用 となります。
あらゆる180日の期間内で90日以内の滞在期間であっても、現地で報酬を得る 就労はビザが必要 になります。


4)パスポート(Passport)

2013年07月19日より,シェンゲン領域における短期滞在目的での渡航者は有効期間がシェンゲン加盟国からの出国予定日から3か月以上残っており,10年以内に発効されたパスポートを所持している必要があります。

シェンゲン協定加盟国間の移動は出入国審査がないので、パスポートを提示する必要はありませんが、昨今の国際情勢から、旅行者に対する身分確認・審査が抜き打ちで行われることがあり、パスポートを所持していなかったために、官憲により身柄を拘束された事案が発生していますのでパスポートは常に携行してください

<シェンゲン領域内においてパスポートを紛失した際の手続きについて>|日本外務省海外安全ホームページ


5)滞在期間(Duration of stay)

シェンゲン国境規則の改正により,2013年10月18日から「あらゆる180日の期間内で最大90日間」に改正されました。

入国を予定している日から180日遡り、その期間内の滞在日数が90日を越えていないかご確認ください。
いずれの場合でも帰国後3ヶ月が経過すれば、新たな180日間の期間内における最大90日の滞在日数として計算を開始することができます。
滞在日数については必ずご自身で計算してください。当社で滞在日数の計算・確認は致しません。

シェンゲン加盟国での滞在可能日数の計算は下記のShort-stay Visa Calculator(英文)を用いて計算ができます。
Short-stay Visa Calculator・短期滞在計算器

利用方法は USER MANUAL(英文)にてご確認下さい。
USER MANUAL FOR THE SHORT-STAY "SCHENGEN" CALCULATOR(PDF)

シェンゲン協定圏内に許可されている期間を超えて滞在した場合(オーバーステイ)、不法滞在になり、罰金やその後の入国禁止、シェンゲンビザの申請に制限がかかる可能性があります。

日本国籍の方がシェンゲン協定国内にあらゆる180日の期間内で90日以上の長期滞在をする場合は、滞在目的国のナショナルビザ(Dビザ)の取得が必要です。
ナショナルビザの申請は、渡航先、渡航目的によって異なりますが、原則現地政府機関発行の許可証等が必要になります。

なお、二国間で査証免除取極がある場合は、そちらが優先される場合があるため各国の入国要件も併せてご確認ください

オーストリア はシェンゲン協定加盟国ですが、日本との二国間ビザ免除取極が優先され、無査証で6か月以内の滞在が許可されます。
日本とオーストリアの査証免除取極はオーストリアでのみ有効な取極であるため、90日間を超えてビザ無しでオーストリアに渡航する場合は、オーストリアで入国審査を受けるために、シェンゲン域内の国を経由せずにオーストリアに乗り入れている航空便を利用してください。
また、ビザ無しで90日間を超えて滞在した後にオーストリアから出国する場合も、オーストリアにおいて出国審査を受けるために、シェンゲン域内国を経由しない航空便を利用してください


6)海外旅行保険(Overseas Travel Insurance)

海外旅行保険に入っていないと、時には数千万円にものぼる高額な医療費・移送費を全て自己負担しなければなりませんので、万一に備え、十分な補償内容の海外旅行保険に加入しておくことを強くお勧めします。
国や地域によっては、突然事故に遭い、また病気や怪我をして病院に搬送されても、実費あるいは保険等による治療費の負担が保証されないと、診察や治療が受けられない(断られる)ことがあります。
また医療水準や衛生事情により、その国では必要な治療が受けられず、他国や日本への緊急移送が必要となる場合もあります。

海外旅行保険加入のおすすめ|日本外務省


クレジットカード付帯の保険は、予め以下の確認が必要です。
契約内容が不明な場合は、クレジットカード会社にお問い合わせください。

【付帯の有無の確認】
カードを所有しているだけで保険が有効となる 「自動付帯」と、そのカードで旅行代金を支払わないと有効にならないものや、年間一定額以上クレジットカードを使用していないと有効にならない「利用付帯」があるため付帯されるかの確認が必要です。

【補償内容の確認】
クレジットカード付帯の保険は、補償が十分でない事が多いので補償内容の確認が必要です。
傾向として、疾病死亡の補償がない、賠償責任の補償が少額、治療・救援者費用の補償が少額 等の場合があります。
特に治療・救援者費用は、海外での医療費は高額になるため補償額では賄えない可能性が高いです。

【保険証券・付保証明書の確認】
渡航先で、海外旅行保険の加入を証明する為に、保険会社が発行する英文保険証券、またはクレジットカード会社が発行する英文付保証明書を依頼する必要があります。
発行を依頼してから手元に届くまで、概ね1~2週間程度かかりますので余裕を持って準備する必要があります。

【キャッシュレス治療の確認】
保険会社が提携している医療機関での治療費を自己負担することなく治療を受けられるキャッシュレス治療サービスが受けられるのか確認しておきましょう。
保険会社毎に提携している医療機関が異なります。


海外旅行保険の加入を義務付けている国
シェンゲン協定加盟国の中には、入国に際して海外旅行保険の加入を義務付けている国があります。
渡航国の要件を満たした補償のある海外旅行保険に加入していないと、入国が認められなかったり、罰金を支払う必要があります。
これらの国に渡航する際は、提示を求められた際にすぐに提示できるように常に保険証券の携帯が必要です。

その他のシェンゲン協定加盟国は、ビザ免除での入国は、海外旅行保険の加入を推奨としてしていますが、ビザ申請する際は海外旅行保険証券の提出を求めています。

海外旅行保険の加入を義務付けている国
必要な補償
 
エストニア
Estonia
滞在期間を全てカバーしてEUR30,000以上の死亡補償が必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
 
チェコ
Czech Republic
滞在期間をカバーするもので治療・傷害・死亡の各項目において、それぞれEUR30,000相当額以上の補償が必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
 
ハンガリー
Hungary
滞在期間をカバーするもので死亡時の保証がEUR30,000以上必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要

 ブルガリア
Bulgaria
滞在期間をカバーし、EU内で有効なEUR30,000以上の補償が必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の保険証券が必要
 
ポーランド
Poland
滞在期間をカバーし、EU内で有効なEUR30,000以上の補償が必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
 
ラトビア
Lativia
滞在期間をカバーし、治療・救援の補償総額がEUR30,000以上必要
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
 
リトアニア
Lithuania
入国時に保険証券(原本)が必要
保険証券はリトアニア語、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語のいずれかで記載されていること
滞在期間を全てカバーしてEUR30,000以上の補償があり緊急移送を含む医療サービスが含まれていること
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要
シェンゲン協定国以外
 
イラン
Islamic Republic of Iran
滞在期間を全てカバーする英文保険証券が必要
入国時に未加入の場合はイランの到着空港で加入が必要
 
キューバ
Republic of Cuba
滞在期間を全てカバーして、キューバにおいて承認されている保険会社(国際的な業務を行っており、アメリカ系以外の会社)であること
クレジットカード付帯の場合、本人名義の英文保険証券が必要

7)入出国審査(Immigration)

シェンゲン協定加盟国内では、最初の到着地で入国審査があり、最後の出国地で出国審査が行われます。
このため、経由国では入国スタンプを押されることは原則的にありません。
最初に到着するシェンゲン協定加盟国で押されるはずの入国スタンプが押されずに、現地で密入国を疑われるなどのトラブルが発生していますので、シェンゲン領域内に入国の際は、入国スタンプが押印されていることを必ず確認してください。

入国手続き 【協定国を経由して協定国へ移動】

初めに入国した協定国のみで入国審査をします。税関検査は目的地で行います。
例)成田 → パリ → アテネ
【経由地のパリで入国手続き、目的地のアテネで税関検査】

出国手続き 【協定国から協定国を経由して移動】

最後に出国する加盟国のみで出国審査をします。税関検査は目的地で行います。
シェンゲン領域内からの出国審査時、加盟国での累積滞在期間がチェックされます。
例)アテネ → パリ → 成田
【経由地のパリで出国手続き、目的地の成田で税関検査】


8)ETIAS(エティアス)

2025年(予定)より、ヨーロッパの渡航で日本などのビザが免除されている国民は、ヨーロッパ諸国へ入国する前にオンラインで承認された「ETIAS(European Travel Information and Authorisation System:エティアス)」の取得が必要です。

当初2020年に導入予定でしたが、システムの構築等が難航して度々延期となっています。

ETIASは、入国者の情報を事前にかつ正確に共有することで、テロや犯罪の抑止、難民の大量流入を抑制する目的で導入され、オンラインで申請者のパスポート情報、連絡先、渡航情報等の入力と申請費用(18歳以上はEUR7)のクレジットカード決済が必要になります。

以下の30か国に入国するビザ免除の渡航者は、ETIASを取得する必要があります(2025年開始予定)

以下の国籍の方はETIASの事前取得が必要です(2025年開始予定)

EU加盟国、シェンゲン協定加盟国、ETIAS対象国(2024年4月1日現在)
  EU加盟
(27ヵ国)
シェンゲン加盟
(27ヵ国)
ETIAS対象
(30ヵ国)
 € ユーロ
(20ヵ国)

アイスランド
Iceland
  シェンゲン  

アイルランド
Ireland
European Union flag    

アゼルバイジャン
Azerbaijian
       

アルバニア
Albania
       

アルメニア
Armenia
       

アンドラ
Andorra
    *ETIAS  

イタリア
Italy
European Union flag シェンゲン

ウクライナ
Ukraine
       

ウズベキスタン
Uzbekistan
       

英国
United Kingdom
       

エストニア
Estonia
European Union flag シェンゲン

オランダ
Netherlands
European Union flag シェンゲン

オーストリア
Austria
European Union flag シェンゲン

カザフスタン
Kazakhstan
       

キプロス
Cyprus
European Union flag 加盟予定

ギリシャ
Greece
European Union flag シェンゲン

キルギス
Kyrgyz Republic
       

クロアチア
Croatia
European Union flag シェンゲン

コソボ
Kosovo
       

サンマリノ
San Marino
    *ETIAS  

ジョージア
Georga
       

スイス
Switzerland
  シェンゲン  

スウェーデン
Sweden
European Union flag シェンゲン  

スペイン
Spain
European Union flag シェンゲン

スロバキア
Slovakia
European Union flag シェンゲン

スロベニア
Slovenia
European Union flag シェンゲン

セルビア
Serbia
       

タジキスタン
Tajikistan
       

チェコ
Czech Republic
European Union flag シェンゲン  

デンマーク
Denmark
European Union flag シェンゲン  

ドイツ
Germany
European Union flag シェンゲン

トルクメニスタン
Turkmenistan
       

ノルウェー
Norway
  シェンゲン  

ハンガリー
Hungary
European Union flag シェンゲン  

バチカン市国
Vatican City
    *ETIAS  

フィンランド
Finland
European Union flag シェンゲン

フランス
France
European Union flag シェンゲン

ブルガリア
Bulgaria
European Union flag *シェンゲン  

ベラルーシ
Belarus
       

ベルギー
Belgium
European Union flag シェンゲン

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
Bosnia and  herzegovina
     

ポーランド
Poland
European Union flag シェンゲン  

ポルトガル
Portugal
European Union flag シェンゲン

北マケドニア
North Macedonia
       

マルタ
Malta
European Union flag シェンゲン

モナコ
Monaco
    *ETIAS  

モルドバ
Moldova
       

モンテネグロ
Montenegro
       

ラトビア
Latvia
European Union flag シェンゲン

リトアニア
Lithuania
European Union flag シェンゲン

リヒテンシュタイン
Liechtenstein
  シェンゲン  

ルクセンブルク
Luxembourg
European Union flag シェンゲン

ルーマニア
Romania
European Union flag *シェンゲン  

ロシア
Russia
       

*ETIAS:アンドラ、サンマリノ、バチカン市国、モナコは、シェンゲン協定加盟国ではありませんが、協定加盟国から陸路入国になるためETIAS取得が必要になります。
*シェンゲン:ブルガリア、ルーマニアは2024年3月31日より空路、海路のみ国境制限が撤廃されましたが、陸路の国境制限は継続中です。

Q&Aトップ

企業様、旅行会社様

お取り引き全般の商談をご希望の企業様、旅行会社様

見積依頼方法から手配、お支払いまでの全般の流れ、取扱商品、
サービス全般のご説明や契約等について、営業担当が承ります。

お問い合わせフォーム

お見積り、お問い合わせは専門スタッフが承ります。
お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お知らせ

『CuiCui』(キュイキュイ)

弊社が運営する海外ツアーブランド
『CuiCui』は フランス語で はいチーズ! の意味。

皆を笑顔に変える魔法の言葉です。
家族、友達、恋人と…旅先で一緒に
一生残る大切な楽しい思い出を作りませんか。

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。