2020.07.31

アメリカ ウィスコンシン州におけるマスク着用の義務付け(2020年8月1日~)

【ポイント】

7月30日(木)、イーバス知事は、8月1日(土)午前12:01から、公共の場等でのフェースカバー着用を義務付ける緊急命令に署名しました。詳細は関連のリンクをご確認下さい。

【本文】

7月30日(木)、イーバス知事は、8月1日(土)午前12:01から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5歳以上の個人に対し、公共の場等でのフェースカバー(鼻と口を覆うもの)の着用を義務付ける緊急命令に署名しました。本緊急命令については、実施について「よくある質問(FAQ)」が設けられていますので、併せてご確認ください。

1 着用が義務付けられる対象

ウィスコンシン州に在住する5歳以上のすべての個人で、次に該当する者

・自宅以外の屋内または閉ざされた空間にいる者。
・家族または世帯の構成員ではない者であって、当該家族または世帯と共に同一の部屋や閉ざされた空間にいる者。

2 フェースカバーを着用しなくてもよい場合の例

・飲食、睡眠中。
・フェースカバーを着用したままでは、聴覚障碍者との意思疎通が困難になる場合。
・歯科治療中。
・水泳やライフガードとしての勤務中。
・個人が、宗教、政治、報道、教育、芸術等の発表中に発話する場合。この際、当該個人は、他者との距離を6フィート確保しなければならない。
・フェースカバーを着用すると業務の遂行に危険が生じる場合。
・本人確認を行う場合。
・連邦および州法の規定によりフェースカバーの着用が禁止されている場合。

この行政命令に違反した個人に対しては,最大200米ドルの民事制裁金が科される可能性があります。

 州政府は、本緊急命令の発出にあたってフェースカバーの着用についての疑問点につき、「よくある質問(FAQ)」を設けていますので、こちらも併せてご確認ください。

本緊急命令の詳細については、以下をご参照ください。
https://content.govdelivery.com/attachments/WIGOV/2020/07/30/file_attachments/1507337/EMO01-FaceCoverings.pdf

フェースカバー着用についての「よくある質問(FAQ)」についてはこちらをご覧ください。
https://content.govdelivery.com/attachments/WIGOV/2020/07/30/file_attachments/1507334/Face%20Covering%20FAQ.pdf

〇在留邦人の皆様におかれては、良き市民として引き続きマスクの着用、社会的距離の維持 等、安全の確保と関連情報の収集に努めてください。

当館連絡先
Tel: (312) 280-0400(24 時間対応)(注)
Fax: (312) 280-9568
Email: ryoji1@cg.mofa.go.jp

(注)コロナウイルス感染症予防のため、現在業務体制を縮小しております。平日午前9時15分から午後5時までは音声案内に従って操作しますと担当部門につながります。土曜・日曜・祝祭日、平日午後5時以降、翌日午前9時15分まで(事件、事故、その他緊急の用件)は、音声に従って操作しますと、閉館時の緊急電話受付につながります。

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。