海外

2020.07.17

セネガル PCR検査実施機関について

●14日、セネガル保健・社会活動省は、新型コロナウイルスにかかるPCR検査が可能な施設のリストを公表しました。当地に在留しておられる邦人の皆様も有料にて検査を受けることが可能ですので、必要に応じご利用ください。

●新型コロナウイルスの新規感染者は引き続き一日あたり100名程度発生しております。当地に在留しておられる方は、引き続き感染に十分注意してください。

1 新型コロナウイルスにかかるPCR検査について

 7月14日、セネガル保健・社会活動省は、入国・出国する旅行者のための新型コロナウイルスにかかるPCR検査が可能な施設として、以下の4つの検査機関(6つの施設)を公表しました。

1.    lnstitut Pasteur de Dakar

(以下の二つの施設で検体を採取 )  
lnstitut Pasteur de Dakar, 36 Avenue Pasteur a Dakar, centre-ville Institut Pasteur de Dakar, sur la VDN, a cote de la Gendarmerie de la Foire

2.    Institut de Recherche en Sante, de Surveillance Epidemiologique et de Formation

(以下の二つの施設で検体を採取)   
  IRESSEF Diamniadio, Pole urbain de Diamniadio IRESSEF NGor en face du stade de NGOR

3.    Hopital Aristide Le Dantec
(以下の施設で検体を採取)     
Le Laboratoire de Bacteriologie-Virologie, 30 avenue Pasteur, Dakar

4.    Hopital militaire de Ouakam
(以下の施設で検体を採取)
Le Laboratoire, km 8, route de Ouakam, Dakar

今後も一定の基準を満たした検査機関が追加される予定です。一回当たりの検査料は4万FCFA、IRESSEFについては1万5千FCFAの追加料金にて自宅での検体採取も可能とのことですので、必要に応じご利用ください。

2 感染状況

 7月16日現在、セネガルにおける新型コロナウイルスの感染者は累計8481名、うち156名が死亡、2589名が治療中です。流行状況に大きな変化はなく、一日あたり100名程度の新規感染者が発生しています。在留邦人の皆様は、感染の危険性に注意し、現地の状況が悪化する可能性も念頭に、出入国規制や検疫措置の強化に関する最新情報を確認するとともに、感染予防に万全を期してください。

 感染流行は5月31日には全州に、7月16日時点で全国79保健区のうち61保健区と拡大しておりますが、感染者の7割強はダカール州で、半数以上は半島部において発生しています。国内各地の感染状況の詳細は保健省ホームページをご参照ください。

3 医療機関の状況

現在、セネガルにおいて、新型コロナウイルス感染者が隔離入院している場所は、ジャムニャジョの小児病院内の治療センター、ダカールの Fann大学病院、l’Ordre de Malte総合病院、Principal軍病院、ダンテック病院、グランヨフのIdrissa Pouye病院、ゴルフ・クリニック、ゲジャワイのDalal Jamm病院、トゥーバ、ジガンショール、コルダ、タンバクンダ、サンルイ、セデュー、カオラックの治療センター等24か所の医療施設です。

感染者数の増加に伴い、感染者のうち、50歳未満で既往症がなく、かつ、無症状の患者は、ダカール州はレオポール・セダール・サンゴール旧空港敷地内の施設及びノボテル・ホテル、ティエス州はゲレオの軍研修施設及び軍の基地、セデュー州、ジュルベル州、コルダ州についてはそれぞれ整備された、医療機関外の専用施設(全国で9か所、今後他州にも拡充)で受け入れらます。また、一定の条件下で自宅での治療も開始される予定です。

4 マスク着用義務措置の延長等

6月30日23時をもって非常事態宣言及び夜間外出禁止令が解除されましたが、サル大統領は6月29日の国民向け演説において、ウイルスは依然として存在しており、今後数か月間にわたって共存しなければならないのは明白であると述べました。これに関連し、内務省は、7月13日付けの省令において、行政サービス、民間サービス、商業施設、交通機関におけるマスク着用義務措置を、向こう三か月間延長することを発表しました。

5 接触者の隔離場所関連情報

感染者との接触者は、自宅にて自己隔離が命じられます。ご自身が接触者として自己隔離を命じられる場合や、邦人の方が隔離対象となった等の情報に接した場合には、当館までご一報いただけますようお願いいたします。

【問い合わせ先】 在セネガル日本国大使館 taishikan.senegal@dk.mofa.go.jp

Tel+221-33-849-5500, Fax+221-33-849-5555 (夜間緊急 +221-77-569-8103)

在セネガル日本国大使館 <sn@mailmz.emb-japan.go.jp>

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。