海外

2020.07.03

アメリカ カンザス州におけるマスク着用の義務付け

【ポイント】

 7月2日(木)、ケリー知事は、7月3日(金)午前12:01から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公共の場でのマスク着用を義務付ける行政命令に署名しました。詳細は関連のリンクをご確認下さい。

【本文】

 7月2日(木)、ケリー知事は、7月3日(金)午前12:01から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公共の場でのマスクまたはフェースカバー(鼻と口を覆うもの)の着用を義務付ける行政命令に署名しました。本行政命令は、各郡がこの行政命令と同等、または、より厳しい規定を設けることを可能と規定していますので、お住いの郡の関連情報をご確認ください。

1 着用が義務付けられる対象

・全てのカンザス州民(5歳以下の子供、健康上の問題がある州民、身体障碍者等は対象外)

・カンザス州で操業するビジネス関係者(マスク等を着用することによって安全な労働環境が阻害される従業員等は対象外。また、飲食店において隣接するテーブルとの距離が6フィート確保されたテーブルで飲食するグループ客も対象外)

2 着用が義務付けられる状況の例

・公共の場(屋内)、および、その入口に至る列にいる間。

・病院、薬局、クリニック等において保健医療サービスを受けている間。

・公共交通機関やタクシー等の利用中および利用を待つ間。

・公共の場(屋外)において、6フィートの社会的距離の確保が困難な場合。

・職場、作業場、店舗、6フィートの距離が確保できない従業員用スペース等にいる間(なお、店舗においては、来客にマスク着用を求める義務がビジネス関係者に課せられています。)

本行政命令の詳細については、以下をご参照ください。
https://governor.kansas.gov/wp-content/uploads/2020/07/20200702093130003.pdf

 

当館連絡先
Tel: (312) 280-0400(24 時間対応)(注)
Fax: (312) 280-9568
Email: ryoji1@cg.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。