海外

2020.06.09

スロベニア)北マケドニアからの入国制限

○ポイント

●6月4日午前0時から6月8日午前0時にかけての,新たな感染者数は8名でした。累計感染者数は1,485名です。

●報道および公衆衛生研究所の非公式情報によれば,6月4日以降のゴレンスカ地方イェセニッツェ市で発生した6名,リュブリャナ市での2名の新規感染の感染経路については,ロシアを含め外国からの入国者との接触による可能性があるとのことです。

●引き続き,最新情報を入手し,感染予防に努めて下さい。

○本文

1.感染者数関連情報

(1)6月4日午前0時から6月8日午前0時にかけての,新たな感染者数は8名でした。関係当局によれば,これまで計84,684名を検査し,計1,485名の感染が確認されています。死亡者数は変わらず,計109名です。

(地域別感染者数(6月4日からの増加数))
スロベニア中心部       :424(+2)
ドレンスカ・ベラクライナ地方 :153(+0)
サヴィンスカ地方       :307(+0)
ポドラウスカ地方       :128(+0)
ゴレンスカ地方        : 92(+6)
ポムルスカ地方        :188(+0)
オバルノ・クラシュカ地方   : 24(+0)
ゴリシュカ地方        : 23(+0)
コロシュカ地方        : 52(+0)
プリモルスコ・ノトランスカ地方: 31(+0)
ポサウスカ地方        : 14(+0)
ザサウスカ地方        : 35(+0)
その他調査中         : 14(+0)
(内数名が外国人と報じられています。)

※(出典)スロベニア国立衛生研究所ホームページ

なお,以下のスロベニア国立衛生研究所のリンクでは,自治体別の感染者数が記載されています。

https://www.nijz.si/sl/dnevno-spremljanje-okuzb-s-sars-cov-2-covid-19

(2)報道および公衆衛生研究所の非公式情報によれば,6月4日以降のゴレンスカ地方イェセニッツェ市で発生した6名,リュブリャナ市での2名の新規感染の感染経路については,ロシアを含め外国からの入国者との接触による可能性があるとのことです。

2.14か国を往来自由国のリストに追加

 スロベニア政府は,欧州14か国を往来自由国のリスト(これまではクロアチア,ハンガリー,オーストリアの3カ国)に追加し,6月8日より,これらの国々の国民は,条件なしでスロベニアへの入国が可能となりました。リストに追加となったのは,ブルガリア,キプロス,チェコ,エストニア,フィンランド,ドイツ,ギリシャ,アイスランド,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ノルウェー,スロバキア及びスイスです。

 なお,今後,新型コロナウイルスの感染状況が悪化した場合,リストから除外される可能性もあるとのことです。

3.北マケドニアからの入国制限

 北マケドニアにおける感染状況の悪化を受けて,同国からの入国者については,国籍及び在住ステータスに関わらず,スロベニアに入国後14日間の自主隔離が求められます。

【参考情報】

1.外務省海外安全ホームページ

本サイトでは,各国・地域での新型コロナウイルスの発生状況,新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)等の情報を掲載しています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/

2.たびレジ簡易登録

本サービスは,メールアドレスとメール配信を希望する国・地域を選択するだけで,当該在外公館から領事メールを受信することが出来ます。ぜひご活用下さい。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/register

3.スロベニア国立公衆衛生局は,国内状況や感染予防の方法等について公開しています。

https://www.nijz.si/ (主にスロベニア語)

4.スロベニア政府が,新型コロナウイルスに関する特設サイトを開設しました。コロナウイルスに関連した保健省の特設電話番号はこちらに掲載されています。

https://www.gov.si/en/topics/coronavirus-disease-covid-19/

5.新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

6.新型コロナウイルス感染症に関する情報について(厚生労働省)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

7.リュブリャナ空港ホームページ

https://www.fraport-slovenija.si/en/Main

8.スロベニア政府の下記のツイッターアカウント等で,随時情報発信が行われておりますので,こちらもご確認ください。

●政府(英語):https://twitter.com/govslovenia

●政府(スロベニア語):https://twitter.com/vladars (英語版と若干内容が異なります。)

●外務省:https://twitter.com/mzzrs (主にスロベニア語)

●保健省:https://twitter.com/minzdravje (主にスロベニア語)

Embassy of Japan in Slovenia /
Veleposlanistvo Japonske v Sloveniji
Trg republike 3/XI, 1000 Ljubljana
tel: +386 1 200 8281
fax: +386 1 251 1822
http://www.si.emb-japan.go.jp/ 
email: info@s2.mofa.go.jp 

海外渡航・出入国トップ

企業様、旅行会社様

お取り引き全般の商談をご希望の企業様、旅行会社様

見積依頼方法から手配、お支払いまでの全般の流れ、取扱商品、
サービス全般のご説明や契約等について、営業担当が承ります。

お問い合わせフォーム

お見積り、お問い合わせは専門スタッフが承ります。
お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お知らせ

『CuiCui』(キュイキュイ)

弊社が運営する海外ツアーブランド
『CuiCui』は フランス語で はいチーズ! の意味。

皆を笑顔に変える魔法の言葉です。
家族、友達、恋人と…旅先で一緒に
一生残る大切な楽しい思い出を作りませんか。

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。