海外

2020.04.22

ジョージア 滞在期限の猶予について

● 滞在期限が6月30日まで猶予されます。

● 5月2日以降に新たに3便の臨時便が追加されました。

1 滞在期限の猶予について

 ジョージアの現行法においては,日本のパスポート所持者は入国日から1年間,査証なしでの滞在が許可されていますが,ジョージア政府による国境封鎖措置以降にその滞在期限を迎える方もいらっしゃるかと思います。この点につき,21日,ジョージア外務省領事局は,同局ホームページ上において外国人の滞在期限の猶予について発表しています。

https://www.geoconsul.gov.ge/en/newsFeed/nld/158

 同発表内容によると,滞在期限を過ぎた理由が以下のいずれかに該当する場合には,6月30日まで滞在が猶予されるとのことです。

   A 国籍がハイリスクゾーンとされる国に該当する場合
   B 関係国によって出入国制限が課せられた場合
   C 健康上な理由で入院,隔離措置,自主隔離を行っていた場合
   D フライトのキャンセルにより出国することができなかった場合

 なお,同発表によれば該当者は上記A~Dに該当することを証明する書面を提示する必要があるとしています。この点,当館が同局に問い合わせたところ,日本では緊急事態宣言が発出されているため上記Aに該当し,日本国籍であることを示せば(つまり旅券を提示すれば)足りるとの回答を得ています。

 従いまして,現在ジョージアに在留していて入国から1年の期限を迎えてしまう方におかれては,引き続き6月30日までそのまま在留することが可能となります(ただし,3月14日以前に滞在期限を迎えた方は対象となりません)。

2 トビリシ発臨時運航便の追加について

 ジョージア外務省の発表によれば,新たに5月2日以降3便が追加されました。本日以降のフライト予定は以下のとおりです(いずれもジョージア航空による臨時運航)。

  4月24日 トビリシ → バルセロナ
  4月27日 トビリシ → ワルシャワ
  4月30日 トビリシ → マドリード
  5月 2日 トビリシ → プラハ
  5月 5日 トビリシ → アテネ
  5月 7日 トビリシ → アムステルダム
  5月 9日 トビリシ → ベルリン

 ◯ ジョージア外務省HP
  → https://mfa.gov.ge/Home.aspx?lang=en-US

 あくまでも現時点での情報ですが,ポーランド航空はワルシャワ-成田間の直行便を4月27日から再開予定です(ポーランドの国際便運航制限が26日までのためで,延長する可能性もあります。)

 その他到着地からはパリやカタール,ロンドン,フランクフルト等を経由することで日本への帰国が可能と考えられます。ただし,各国の情勢は日々変化しておりますので,帰国を検討される方におかれましては,各航空会社や各国の日本大使館ホームページ等を確認するなどして,常に最新情報を入手するようお努め下さい。

在ジョージア日本国大使館
電 話:(+995-32)275-2111,2114
メール:consular@tb.mofa.go.jp
住 所:7D, Krtsanisi street, Tbilisi, 0114, Georgia
H P:http://www.ge.emb-japan.go.jp/japan/index.html

海外渡航・出入国トップ

企業様、旅行会社様

お取り引き全般の商談をご希望の企業様、旅行会社様

見積依頼方法から手配、お支払いまでの全般の流れ、取扱商品、
サービス全般のご説明や契約等について、営業担当が承ります。

お問い合わせフォーム

お見積り、お問い合わせは専門スタッフが承ります。
お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

メルマガ・個人のお客様

個人のお客様

個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。