海外

2020.04.13

韓国 米国発入国者に対する防疫管理の強化

【ポイント】
 韓国中央災難安全対策本部は米国発入国者に対する防疫管理を強化する旨発表しました。

【本文】
 韓国中央災難安全対策本部は、12日、丁世均本部長(国務総理)の主宰で政府ソウル庁舎映像会議室において各中央省庁及び17の市・道と共に、米国発入国者に対する防疫管理などについて発表しました。その内容は以下のとおりです。

〔米国発入国者の防疫管理強化〕

□4月13日午前0時から米国発入国者に対する防疫管理を強化する。

○従来は米国発入国者の場合、有症状者は空港で診断検査を行い、その他自宅隔離または施設隔離で症状が発生した場合に、診断検査を実施していた。

○海外流入の累積確定患者のうち、米国発入国者が占める割合は37.6%で、直近2週間ではその割合が49.7%に高まるなど米国発入国者に対する管理を強化する必要性が高まっている。

  *海外流入累積912人のうち、米国発343人(37.6%)(4月12日0時基準)
  - 最近2週間の海外流入459人のうち、米国発228人(49.7%)(4月12日午前0時基準)

○このため、4月13日0時から米国発入国者(韓国人、長期滞在外国人)に対し、自宅隔離後3日以内にすべて診断検査を実施する。

○中央災難安全対策本部は、海外流入患者と海外流入による感染事例が増加しているので、自宅隔離時には自宅隔離生活規則を必ず守るよう呼びかけた。

○自宅隔離中は感染・伝播防止のため、隔離場所以外には外出が禁止される。また、家族間の感染を防ぐため、独立した空間で一人で生活し、個人の物品を使用することとし、家族または同居人と接触してはならない。

○自宅隔離対象者と同居する家族にもできるだけ触れないよう、ドアノブ、浴室器具等手足の多い場所の表面はよく拭き、石鹸で手をよく洗う等、感染予防のため、自宅隔離者の家族同居人生活規則を遵守しなければならない。

在大韓民国日本国大使館 <kr@mailmz.emb-japan.go.jp>

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。