海外

2021.02.27

韓国 渡航に必要なビザ申請、航空券手配、PCR検査、ビジネストラックの手続き手順(2021年2月27日現在)

韓国への渡航に際して必要となるビザの申請、航空券手配、PCR検査、ビジネストラックの手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。

【 韓国の入国制限 】

2020年3月9日以前に在日韓国大使館、領事館で発行された日本国籍のビザは無効(日本国外で発行されたビザは適用外)
日本国籍のビザ免除措置を停止(2020年3月9日~)
全世界のすべての韓国大使館・総領事館などで,2020年4月5日まで外国人に発給した短期ビザ(90日以内に在留)の効力が暫定的に停止(2020年4月13日00:00~)
韓国に対して入国禁止措置を取った151の国・地域のうち,韓国とビザ免除協定を締結し、または韓国政府がビザ入国を許可した90の国・地域に対するビザ免除措置を暫定的に停止(2020年4月13日00:00~)

全ての日本旅券所持者(外交旅券と公用旅券を含む)は、2020年3月9日0時以後に新たに発給された韓国ビザがないと入国できません。

在大韓民国日本国大使館ホームページ|安全情報・領事関連情報:新型コロナウィルス関連 > 韓国入国に関する事項
https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/safety/covid19_kr_immigration.html


韓国 日韓ビジネストラック及びレジデンストラックの運用停止(2021年1月14日~)
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/11741

2020年10月8日より運用してきました日韓ビジネストラック及びレジデンストラックにつきまして、日本の緊急事態解除宣言が発せられるまでの間、両トラックの運用が停止となりました。
この措置により、両トラックによる外国人の新規入国、ビジネストラックによる日本人及び在留資格保持者については、帰国・再入国時の14日間待機の緩和措置が認められないこととなります。

【 ビジネストラック 】

2020年10月8日から、韓国との間で双方向の往来を再開する「ビジネストラック」の運用を開始しました。
相手国又は本邦への入国が例外的に認められ、「活動計画書」の提出等の更なる条件の下、相手国又は本邦入国後の14日間の自宅等待機期間中も、行動範囲を限定した形でビジネス活動が可能となる(行動制限が一部緩和される)スキームです。
主に短期出張者用となります。対象者は、現時点で以下のとおりです。

ア ビジネス上必要な人材等
イ 日本又は韓国に居住する者であって、日本と韓国の間の航空便を利用する者(直行便を利用する者、又は第三国を経由する場合には、当該経由国に入国許可を受けて入国することなく日本に到着する者)

 ※ビジネストラックを申請することでビザ免除(査証免除)にはなりませんので、駐日大韓民国大使館・総領事館にてビザ申請が必要です。

【レジデンストラック】

相手国又は本邦への入国が例外的に認められるものの、相手国又は本邦入国後の14日間の自宅等待機は維持されるスキームです。
主に駐在員の派遣・交代等、長期滞在者用となります。対象者は、現時点で以下のとおりです。

ア 短期滞在以外の全ての在留資格又は短期商用査証により本邦に入国する者。
イ 日本又は韓国に居住する者であって、日本と韓国の間の航空便を利用する者(直行便を利用する者、又は第三国を経由する場合には、当該経由国に入国許可を受けて入国することなく日本に到着する者)。

 

ご注意
以下の情報は各国の大使館・総領事館等からの情報をもとに作成しております。
手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問い合わせ下さい。
新型コロナウイルス感染拡大後の各国の対応は流動的なため予告なく変更になる場合があります。
最新の情報や詳細は必ず各自でご確認ください。

◆韓国への渡航に必要な手続きの手順

1)駐日大韓民国大使館・総領事館にてビザの申請

2021年1月8日追加 入国する外国国籍者へのPCR陰性確認書提出の義務化(2021年1月8日~)に伴い、2021年1月8日よりビザ申請時のPCR検査陰性証明書の提出が不要になりました。
なお、上記の方針は一時的なもので入国する外国国籍者へのPCR陰性確認書提出の義務化が廃止になった場合は、ビザ申請時のPCR陰性証明書提出を再度要求される予定です。
韓国 ビザ申請時のPCR検査陰性証明書の提出が不要に(2021年1月8日~)
ビザ申請時に48時間以内に発行されたPCR陰性確認書の提出と、ビザ受領時に健康状態に関するインタビューが行われるため、弊社では代理申請・代理受領を承っておりませんが、申請書類の確認、作成の申請サポートを承っております。
ビザの審査は厳格に行われており、発給までの所要日数が非常に流動的です。申請時にビザ発給日は通知されません。ビザの申請後の発給状況はKOREA VISA PORTALサイト( https://www.visa.go.kr/openPage.do?MENU_ID=10301 )にて確認が必要です。また審査の結果ビザが発給されないこともございます。
・異なる管轄区域での申請はできません。現在お住まいのご住所の管轄先にて申請が必要です。

韓国ビザ申請先大使館・領事館の管轄地域
公館名(サイトへのリンク) 管轄地域・都道府県
駐日大韓民国大使館 領事部 東京都, 千葉県, 埼玉県, 栃木県, 群馬県, 茨城県
駐大阪大阪大韓民国総領事館 大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
駐福岡大韓民国総領事館 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
駐名古屋大韓民国総領事館 愛知県、三重県、福井県、岐阜県
駐広島大韓民国総領事館 島根県、広島県、山口県、愛媛県、高知県
駐横浜大韓民国総領事館 神奈川県、静岡県、山梨県
駐新潟大韓民国総領事館 長野県、新潟県、富山県、石川県
駐札幌大韓民国総領事館 北海道
駐仙台大韓民国総領事館 青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、宮城県
駐神戸大韓民国総領事館 兵庫県、鳥取県、岡山県、香川県、徳島県

 

2)航空券の手配

ビザの審査は厳格に行われており、発給までの所要日数が非常に流動的です。また審査の結果ビザが発給されないこともございます。
航空券の手配はビザ発給後に行うことを強くお勧めいたします。弊社にて航空券の手配を承っています。
ビジネストラックを利用して渡航する場合、手順4)駐日大韓民国大使館・総領事館にて隔離免除書発給申請をする際に航空券の提出が必要です。

韓国)新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の運航状況
https://www.tokutenryoko.com/service/airticket/64

3)韓国にて隔離免除書発給申請の手続き

ビジネストラックを利用して渡航する場合のみ必要になる手続きです。
韓国側受入企業・団体が、関係省庁に申請を行い、当該省庁から検討結果の通知が申請した受入企業・団体に届きます。
必要書類は以下にてご確認ください。

在大韓民国日本国大使館|ビジネストラック(短期出張目的)(日本から韓国への渡航)(邦人渡航者)
https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/covid19/covid19_ourai_business1.html

4)駐日大韓民国大使館・総領事館にて隔離免除書発給のための申請

ビジネストラックを利用して渡航する場合のみ必要になる手続きです。
隔離免除書発給の許可が通知されると、駐日本国大韓民国大使館・総領事館にて隔離免除書発給のための申請ができるようになります。
隔離免除書は発給日から1週間以内に韓国に入国する場合に限り有効です
発給後1週間を経過した場合には、韓国政府が定める手続きに従って再度申請する必要がありますので御注意ください(航空便の欠航・遅延等の対象者本人に帰責事由がない場合には再発給可)
必要書類は以下にてご確認ください。

在大韓民国日本国大使館|ビジネストラック(短期出張目的)(日本から韓国への渡航)(邦人渡航者)
https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/covid19/covid19_ourai_business1.html

5)出発前72時間以内にPCR検査を行って陰性証明書を取得

2021年1月6日追記 2021年1月8日00:00以降、空港経由で韓国に入国する外国国籍者は、出発日基準で72時間以内に発行されたPCR陰性確認書を携行することを求められるようになりました。韓国政府指定の医療機関はありません。

韓国 入国する外国国籍者へのPCR陰性確認書提出の義務化(2021年1月8日~)
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/11607

韓国 海外から入国する韓国人にもPCR陰性確認書提出を義務化(2021年2月24日~)
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/12192

弊社では、提携しているクリニックでのPCR検査の受診日時予約と精算代行を行うサービスを提供しています。渡航に必要なPCR検査陰性証明書の取得をサポートいたします。検査費用と代行手数料は弊社にお支払いください。検査当日のお支払いは不要です。

PCR検査予約・精算代行サービス/韓国渡航
 

PCR検査予約・精算代行サービス/韓国渡航
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/11653

PCR検査予約・精算代行サービス/韓国渡航【愛知・名古屋】
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/12276

PCR検査予約・精算代行サービス/韓国渡航【近畿・大阪市 中央区】
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/12270

PCR検査予約・精算代行サービス/韓国渡航【近畿・兵庫】
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/12272

PCR検査予約・精算代行サービス/韓国渡航【福岡・博多】
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/12273

PCR検査予約・精算代行サービス/韓国渡航【福岡・北九州】
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/12274

海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT:Testing Center for Overseas Travelers) はオンライン上で PCR等の検査が可能な医療機関を検索・予約できるサービスを提供しています。
https://www.meti.go.jp/policy/investment/tecot/top.html

6)韓国入国後の手続き

【ビジネストラック】を利用しない場合

以下の特別入国手続きが実施されます。

○韓国入国時
 (1)機内で配られた健康状態質問書と特別検疫申告書を作成
 (2)入国検査場での検疫時に検温を受け、検疫官に健康状態質問書を提出します。感染が疑われる症状がある場合、検疫官が検疫調査を実施し、必要と判断される場合は診断検査が行われます。
 (3)韓国国内での滞在先の住所と電話番号(携帯電話)の確認と携帯電話に自己診断アプリのインストール有無を確認されます。韓国国籍者及び長期滞在する外国人の場合は「自己隔離者安全保護」アプリを、隔離措置の例外対象である能動監視対象者の場合は「自己診断」アプリをインストール。アプリがインストール可能な携帯電話を持っていない場合は入国が制限されます。ただし、入国者の家族や知人が韓国に居住していて、家族や知人と連絡が可能な場合は入国できます。

○韓国滞在中
 (1)入国後14日間の自宅・施設隔離
検疫の際に症状が発見された場合は、空港の開放型の選別診療所にて新型コロナウイルス感染症の診断検査を行い、陰性が確認されたら14日間隔離。陽性が確認されたら、病院または生活治療センターに移送し隔離治療を実施。
空港検疫の際、症状が無い場合、韓国人及び長期滞在の外国人:14日間自宅での隔離を実施(韓国国内に滞在できる場所が無い場合や、自宅での隔離が難しい場合は施設での隔離)、短期滞在の外国人:14日間施設での隔離(施設隔離費用1日最大15万ウォン)。
隔離期間中に韓国を出国することはできません。

 (2)入国から3日以内に診断検査を受検

海外入国者に対する防疫管理方案フローチャート
https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/safety/safety_200612.pdf

駐日大韓民国大使館|韓国入国の際の特別入国手続及び隔離措置の義務化実施のご案内
http://overseas.mofa.go.kr/jp-ja/brd/m_1068/view.do?seq=760619&srchFr=&srchTo=&srchWord=&srchTp=&multi_itm_seq=0&itm_seq_1=0&itm_seq_2=0&company_cd=&company_nm=&page=1

【ビジネストラック】を利用する場合

韓国入国時
 (1)隔離免除書を韓国の空港の検疫(1部)及び入国審査(1部)に提出
 (2)韓国入国時の検疫にて行政安全部の自己診断アプリ及び保健福祉部の自己診断アプリをインストール。
 (3)空港内の選別診療所又は臨時検査施設にて新型コロナウイルスに関する検査を受ける。陰性と判明するまでは待機。

韓国滞在中
 (1)韓国入国後14日間は事前に提出した行動計画表に従って行動してください。
 (2)インストールした自己診断アプリに症状の有無を毎日入力し、保健当局と通話にて健康状態の確認を受けてください。
 (3)隔離免除期間中は、個人衛生守則及びソーシャル・ディスタンスの確保等の防疫当局の個人及び集団防疫守則を徹底して遵守してください。

○日本への帰国14日前から
 (1)日本への帰国前14日間検温の実施をお願いします。健康モニタリング結果は、本邦行の航空機内で配布される「質問票」に記載ください。なお、帰国14日前時点で韓国への渡航前である場合には、日本滞在時点から検温してください。
 (2)韓国出国前72時間以内に韓国で新型コロナウイルスに関する検査を受検(直接電話での要予約)し、「陰性」であることを記載した検査証明(陰性確認書)を取得してください。韓国滞在期間が14日間以内である場合は日本入国時の検査証明の取得は不要です。

日本帰国時の手続き等の詳細は以下にてご確認ください。

外務省ホームページ|国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(韓国・ビジネストラック及びレジデンストラック)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/page22_003428.html

在大韓民国日本国大使館|ビジネストラック(短期出張目的)(日本から韓国への渡航)(邦人渡航者)
https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/covid19/covid19_ourai_business1.html

 

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。