日本橋夢屋

メニューを開く

2020.03.26

ザンビア 全ての国際便の発着をルサカ国際空港に限定(2020年3月26日00:00~14日間)

25日,ルング大統領は,全国民に向けたメッセージの中で、新型コロナウイルス対策の一層の強化を発表したところ,概要以下のとおりです。関連情報については,当館HP及びFBをご確認下さい。

●下記措置を26日午前0時から,まずは14日間実施する。

1.ビザ発給の際に注意を払う
2.渡航者に対する症状別検疫措置を実施
3.不要不急の海外渡航の一時停止
4.公共の集会は最大50名まで
5.レストランは持ち帰り及び配達のみの営業
6.全てのバー,ナイトクラブ,映画館,ジム及びカジノを閉鎖
7.全ての国際便の発着はルサカ国際空港に限定

【本文】

1.政府は既に,予算を含む新型コロナウイルスに係る緊急措置を認可し,財務省に対して,関係省庁並びに民間部門やその他主要関係者が同ウイルスの更なる感染拡大を阻止できるよう,資金を投入するよう指示した。

2.同ウイルスの影響を抑えるため,最初の段階として,下記の政策を実施・継続していくこととする。

(1)在外ザンビア公館及び入国管理局(Department of Immigration)は,ザンビアへの入国を希望する者,並びに同ウイルス感染国からのザンビアへの渡航者に対する全ての入国手続きにおいて,ビザ発給に注意を払う。

(2)渡航者は入国が許可されるが,スクリーニングの際に症状が見られる者については治療のために医療施設にて検疫措置を受ける。症状が見られないその他の渡航者は最低14日間の検疫措置を自己責任で実施する。

(3)政府は,特に同ウイルスの感染が確認されている国に対して,不要不急の海外渡航を一時停止する。

(4)会議,結婚,葬式,祭典等の公共における集会については,公共保健機関によるガイドラインを遵守した上で,50名以下に制限することとする。

(5)レストランは,基本的に持ち帰り及び配達のみの営業とする。

(6)全てのバー,ナイトクラブ,映画館,ジム及びカジノは閉鎖。

(7)リビングストン国際空港,ンドラ空港,ムフウェ空港発着の国際便は全て一時停止し,全ての国際便の発着はルサカ国際空港のみとし,効率的且つ効果的な渡航者へのスクリーニング及びザンビア保健官によるフォローアップを実施する。

3.上記対策は2020年3月26日0時から開始され,まずは14日間実施される。他方,パンデミックの広がりによって,政府は定期的にこれらの政策を見直す。

4.新型コロナウイルス及び政府の対応については,適宜アップデート情報を提供する。その間,災害管理に係る省庁間の協議によって,定期的に情報を提供していく。

【参考】
■ザンビア保健省コールセンター
○連絡先:909(無料),0974-493553,0953-898941,0964-638726(有料)
○Eメール:ps@moh.gov.zm

【問合わせ先】
在ザンビア日本国大使館 領事警備班
+260-977-77-1205
+260-977-77-1206

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。