海外

2020.02.29

クロアチア 日本、中国,韓国,イタリア,イラン,香港,シンガポールからの渡航者に健康状態の報告を義務付け

●2月27日,クロアチア公衆衛生局(HZJZ)は,中国,韓国,イタリア(ロンバルディア州,ベネト州,ピエモンテ州及びエミリア・ロマーニャ州),イラン,香港,日本及びシンガポールからの渡航者に対し,健康状態の報告を求める措置を発表しました。
● 同局によると,日本からの旅行者の方は,クロアチア入国時,調査票を記入し,滞在中は,指定疫学者に健康状態を電話やメールで報告していただくとのことです。

2月27日,クロアチア公衆衛生局(HZJZ)は,中国,韓国,イタリア(ロンバルディア州,ベネト州,ピエモンテ州及びエミリア・ロマーニャ州),イラン,香港,日本及びシンガポールからの渡航者に対し,健康状態の報告を求める措置を発表しました。

以下,当館仮訳を掲載しますので,ご参照ください。

※ なお,新型コロナウイルスをめぐる情勢は,刻一刻と変化しており,当局の対応要領もそれに応じて変更される可能性がありますので,留意してください。

○ 日本からの旅行者の方は,入国の際,入国管理官若しくは国境検疫官から健康状態等に関する調査票の記入を求められますので,必要事項を記入の上,提出してください。また,その際,クロアチアでの滞在先や滞在期間を聞かれますので,回答してください。

○ 旅行者の方は,発熱や呼吸疾患等の症状がない限り,移動制限を受けることはありませんが,クロアチアに滞在中,滞在地を管轄する疫学者に連絡し,健康状態を報告しなければなりません。疫学者の連絡先は,入国時に入国管理官若しくは国境検疫官から受領する書面に記載されていますので,そちらへ電話ないし,メール(テキスト)してください。なお,都市を移動した際には,移動した先の連絡先に,その地に到着した旨を報告してください。

○ 団体で移動する旅行者につきましては,代表者の方が疫学者と連絡を取り,同行者の健康状態について報告していただければ結構です。

○ 滞在中,呼吸器疾患や発熱の症状が出た場合は,直ちに担当の疫学者へ連絡してください。そして,滞在先の部屋からは外出しないでください。また,同行者との接触を避けてください。

【参考情報】

1 新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html?fbclid=IwAR0mGSg0pcogc98Hb_syWiBaBG1-NVfu6sy15gcDhYjipMSw4lzL-sG4JlI

2 新型コロナウイルス感染症に関する情報リンク(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

【問い合わせ先】
在クロアチア日本国大使館 領事班
住所:Boskoviceva 2, 10000 Zagreb, Croatia
電話:+385-(0)1-4870-650
ファックス:+385-(0)1-4667-334
メール:consul@zr.mofa.go.jp
ホームページ:https://www.hr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。