日本橋夢屋

メニューを開く

2014.07.30

パキスタン:イスラマバード市内における憲法245条の適用について

在パキスタン日本国大使館からのお知らせ
(イスラマバード市内における憲法245条の適用について)


1.ニサール・アリ・カーン内相は、今般、連邦政府の決定により、軍が緊急時において、治安当局と共に治安強化の任にあたることができると規定された憲法245条の適用を8月1日から向こう3ヶ月の間、イスラマバード市内に発令すると発表しました。
2.この動きの背景は未だ明らかではありませんが、今回のイスラマバード市における憲法245条適用を受け、今後、イスラマバード市内にある政府関連の施設周辺において警備措置が更に強化されるとのことです。警備強化にあたり、これまで警察の他、レンジャーが当地の治安確保を行っていますが、軍自体がテロ攻撃の主要な標的となっている点を考慮すると、不測の事態が発生する可能性も考えられます。
3.つきましては、邦人の皆様におかれては、今回の発令を受け、イード休暇前後を狙ったテロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう、引き続き十分な注意を払い、以下の注意事項を参考にして、ご自身及びご家族の安全に十分配慮した行動を心掛けていただけますようお願いいたします。また、イスラマバード以外の地域についても、最近の治安情勢を考慮し、同様の行動を心掛けていただけますよう、併せてお願いいたします。
(1) 当地の各種報道等より最新の安全情報を入手するようにし、安全な行動を心掛ける。
(2) 攻撃の標的となりやすい場所(軍・警察等治安当局施設(含む車両、検問所等)、 宗教教関連施設、国連関係機関、政府機関、米国系有名ホテルやファースト・フード店を含む欧米関連施設、多数の欧米系の外国人が出入りする店舗等)にはできる限り近づかない。また、車両等で移動する際にも、同種の場所を避けるよう心掛ける。
(3) レストラン、マーケット及びバス停など人が集まる場所での用事は、混雑している時間を避け、短時間で効率的に行なうとともに、常に周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れる。
(4) 集会やデモが行われている場所には、決して近づかない。
(5) 移動途中等に集会やデモに遭遇した場合、又は不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れる。
4.なお、上記注意点以外にも、当地で安全に滞在するための参考となる情報が以下のウェブサイトに掲載されておりますので、そちらもあわせてご確認下さい。
○当館ウェブサイト:
http://www.pk.emb-japan.go.jp/indexjp.htm
○外務省海外安全情報ウェブサイト(パキスタン):
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=011#header

 

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。