海外

2019.11.22

フィジーにおける麻しん(はしか)の発生

1 フィジーの一部地域で麻しん(はしか=Measles)が発生しています。フィジー保健省によるとセルア・ナモシ地域(パシフィック・ハーバー)において9件が確認されています(11月20日現在)。フィジー保健省は,世界保健機構(WHO)など国際機関と連携して感染拡大を防止するため各種対策を講じています。

2 予防接種の履歴(麻しん・風しんの予防接種を2回受けているか)やご自身の罹患歴を踏まえて,必要に応じて予防接種を検討してください。フィジー国内での予防接種にあたっては,フィジー保健省が感染拡大を防止するための優先条件を設けているほか,一時的にワクチンの在庫不足に陥っているクリニックなども確認されていますので,予防接種にあたっては最寄りの病院又はクリニックにご相談ください。

3 フィジー入国管理局によると本件に係る出入国への制限はありませんが,空港職員より予防接種歴の有無について照会を受ける可能性があります(11月22日現在)。

4 流行地域やフィジー政府による予防対策などは,状況に応じて変化する可能性があります。引き続きラジオ,新聞,ニュース,インターネット等の最新情報に留意して頂くとともに,万が一,罹患の疑いがある場合には,直ぐに最寄り病院に相談してください。

5 基本情報

(1)フィジー保険省HP
http://www.health.gov.fj/

(2)世界保健機構(WHO)特設ページ
https://www.who.int/westernpacific/emergencies/measles-outbreaks-in-the-pacific

(3)広域情報(海外における麻しん(はしか)・風しんに関する注意喚起
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2019C058.html

(4)厚労省HP
 麻しんについて:https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html
 風しんについて:https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/

在フィジー日本国大使館(領事・警備班)
住 所:(G.P.O. Box 13045)Level 2, BSP Life Centre, Thomson Street, Suva, Fiji
電 話:(679)330-4633(開館時間(8:30~16:30)以外は外部オペレータによる対応)
FAX:(679)330-2984
メール: ryoji.fiji@fj.mofa.go.jp
ホームページ: http://www.fj.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
フェイスブック: https://www.facebook.com/Embassy-of-Japan-in-Fiji-1977180959233388/

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。