日本橋夢屋

メニューを開く

2018.09.10

韓国 MERS患者の韓国内流入による感染症危機警報について

 感染症危機警報レベルを「関心」から「注意」に 8日、韓国政府・疾病管理本部は、中東呼吸器症候群(MERS)患者の韓国国内への流入事件が発生したことに関連し、感染症危機警報レベルを「関心」から「注意」に引き上げ、中央防疫対策本部を設置しました。今後の動向等に注意してください。
 なお、MERSに関する感染症危機警報レベルは以下の4段階となります。
「関心」ー海外におけるMERSの発生
「注意」ーMERSの国内への流入
「警戒」ー国内における制限的な伝播
「深刻」ー地域または全国的な拡散

 疾病管理本部 HP( http://www.cdc.go.kr/CDC/main.jsp  )(原文)
 感染症危機警報レベルにかかる報道資料( http://www.cdc.go.kr/CDC/notice/CdcKrIntro0201.jsp?menuIds=HOME006-MNU2804-MNU2937&fid=21&q_type=&q_value=&cid=140615&pageNum=  )(原文)

【問い合わせ先】
在大韓民国日本国大使館領事部(邦人援護担当)
E-mail:ryojisodan.seoul@so.mofa.go.jp
TEL:(国番:+82)02-739-7400(代表:夜間および休館日は緊急オペレーターに接続されます)
FAX:(国番:+82) 02-723-3528
住所:大韓民国ソウル特別市鍾路区粟谷路6 ツインツリータワーA棟 8F 〒03142
窓口業務時間:9:30~12:00,13:30~17:00
ホームページ:/http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。