海外

2016.09.29

ボスニア・ヘルツェゴビナ トラムにおける盗難被害の多発

在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本国大使館
2016年9月29日

サラエボ市内を走るトラム(路面電車)内にて、日本人の盗難被害が多発しているため、同交通機関を利用した移動の際には、十分な注意が必要です。

 

1.最近、サラエボ市内を走るトラム(路面電車)内にて、日本人がパスポートや財布、電子機器などを盗まれる被害が多発しているため、同交通機関を利用される際には、犯罪被害に遭わないよう十分な注意をすることが必要です。

       

(1)具体的な事例は以下の通りです。

 

(ア)9月1日午後、中央駅付近よりトラムに乗車し、旧市街方面向かっていたところ、鞄の中にあったノートPCが無くなっていた。

(イ)9月7日午後、トラムから降車しようとした際、男性に一瞬行く手を阻まれぶつかったのち降車。気がつくとズボンのポケットに入っていた財布が無くなっていた。

(ウ)9月20日午後4時頃、トラム内にてチケットを打刻している際に、声をかけられ、気がつくと旅券および財布が無くなっていた。

 

(2)この様な被害に遭わないために、以下の対策が考えられますのでご参考ください。

 

(ア)多額の現金やスマートフォンなどの高額な電子機器はなるべく人の目に触れないようにする。特に、トラム内外を問わず、いわゆる「歩きスマホ」は、格好の標的とされることを認識する。

(イ)車内では、バック類は体の前面にて所持し、常に目が届いている状態にするとともに、ズボンのポケットには貴重品を入れない。

(ウ)パスポートはなるべく鞄の奥にしまい、現金やクレジットカートと別に管理する。

(エ)現金やクレジットカードは一つの財布等にまとめず、分散して管理する。

 

2.また、モスタル市内の観光名所(スタリ・モスト)においても、旅券や財布を盗まれる被害が報告されており、こちらにも注意が必要です。

 

上記は事例の一部であり、また手口もより巧妙になることが予想されます。

海外の地では、日本では想像もつかない事件に巻き込まれる可能性があることを留意し、よい旅行をお楽しみください。

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。