海外

2016.06.29

バーレーン 治安情報

2016年6月28日
在バーレーン日本国大使館

 

 報道によると、本日、反政府系政治団体「ウィファーク」の解散を審理する裁判が行われ、次回公判は7月4日に実施されることが報じられています。

 シーア派各地での抗議活動が、今後も続くことが見込まれますので、在留邦人の皆様におかれましては、これまで同様、昼夜を問わずシーア派地区には立ち入らないでください。

 また、ここ数年来発生している爆発物使用のテロ事件は、警戒中の警察官を狙ったものです。警戒中の警察官及び車両には、近付かないでください。

 ラマダン期間に入ってから、バーレーン治安当局は、ウィファークの活動停止処分、シーア派聖職者・団体等に対する当局の捜索及び人権団体指導者の逮捕等、反政府的な活動を行っている団体・指導者に対する取締りを強力に進めていることから、これに反発するデモ等の抗議活動がシーア派各地区で行われています。

1.ディラーズ(Diraz 地図3)地区周辺

 シーア派聖職者「イーサ・カーシム師」が国籍剥奪された件に関し、ディラーズ地区では、連日、夕方から深夜にかけて、数百~数千人規模の抗議活動が行われており、本日以降も同地区での抗議活動が呼びかけられています。

 なお同地区における抗議活動では、これまで治安部隊との大きな衝突は発生していませんが、同地区には決して近付かないでください。

 また同地区周辺の道路(ブダイヤハイウェイ含む)は、夕方以降、治安部隊により厳しく規制されていますので、渋滞及び検問にご注意ください。

2.他のシーア派地区

 シトラ地区(Sitra 地図36)のシーア派居住区では、ほぼ毎晩、投石・火炎瓶の投てきを含む抗議活動が行われており、これに対し警察も催涙弾を使用しているという状況ですので、決して立ち入らないでください。またアブ・サイビ(Abu Saybi 地図11)、ヌウェイドラート(Nuwaidrat地図33)や、他の一部シーア派地区においても、夜間帯に同様の衝突が発生している模様です。

 シーア派地区(古い建物に落書きがある、黒い旗が掲げられている等の特徴があります。全国各地に点在しておりますが、これらの特徴により見分けることができます。)では、一時的に道路が封鎖されるおそれがあるほか、交通渋滞の発生や参集者と治安部隊との間で衝突等(タイヤ放火や火炎瓶・投石等)が起こっています。

 デモ隊や群衆に遭遇した場合、爆発音を聞いた場合或いは不審者や不審物、不審車両を発見した場合などは、すぐにその場から離れるなど、不測の事態に巻き込まれないよう、安全対策にご留意ください。

本情報に出てくる地区の場所は、【MAP:バーレーン王国】をご参照ください。

http://www.bh.emb-japan.go.jp/japan/MAP_%20Demonstration%20Notices.pdf

<在バーレーン日本国大使館 領事部>
メールアドレス: nippon@bh.mofa.go.jp当館公式サイト(日本語) http://www.bh.emb-japan.go.jp/japan/japanMain.htm
電話:+973 1771 6565
FAX :+973 1771 5059
休館日はこちら  http://www.bh.emb-japan.go.jp/japan/aboutUs3.htm

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。