海外

2022.11.10

中国|防疫措置の強化に伴う移動制限や対策について

(ポイント)
 不要不急の省・市を跨ぐ移動を控えるよう呼びかけられています。

(本文)
●11月に入り、中国国内の新型コロナウイルス感染者数は本年4~5月に次ぐ多さとなっています。一方、中国当局はいわゆる「動態ゼロコロナ政策」を堅持するとしています。この様な状況下、当館に対しても、出張先や旅行先から自宅に戻れないという邦人の方からの相談が多く寄せられています(移動先から1か月以上自宅に帰れないケースもあります)。

●現在、中国各地で感染者が確認されており、中国政府や北京市政府は、不要不急の省・市を跨ぐ移動を控えるよう呼びかけています。そのような中で出張や旅行に行く必要がある場合には、移動先において感染者が確認され長期間移動できない可能性があることを十分に認識し、万が一の際の対応を念頭に置いた上で移動するよう心掛けてください。

●各地の「健康コード」に異常が出た場合、解決のためには、お住まいの社区やアパートに照会するか、各地のホットライン(各都市市外局番+12345)に照会することになります。また、北京市は、7日以内に国内症例(1例以上)のある県(市・区・旗)からの入域を厳格に制限しています。北京市外において「北京健康宝(Health Kit)」にポップアップが出た場合、微信(WeChat)を用いた解決方法につき案内(中国語)もなされています。
https://www.bjnews.com.cn/detail/166786286414016.html

●なお、ポップアップ解除のための申請はAIが対応(自動音声等で対応)しているとのことですが、まれに申請が放置されると思われるケースも報告されていますので、長期に亘って解除がされない場合は、直ちにホットラインに連絡してください。また、状況によっては当館にご相談ください。

(送信元)
在中国日本国大使館(領事部)
領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964(09:00~17:30)
上記以外の時間の電話番号:010-8531-9800
HP:https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

※在中国日本大使館のホームページでは、新型コロナウイルス関連情報をまとめて掲載していますので、併せて
ご参照ください。
(在中国日本国大使館新型コロナウイルス感染症ホームページ)
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000384.html
 

海外渡航・出入国トップ

企業様、旅行会社様

お取り引き全般の商談をご希望の企業様、旅行会社様

見積依頼方法から手配、お支払いまでの全般の流れ、取扱商品、
サービス全般のご説明や契約等について、営業担当が承ります。

お問い合わせフォーム

お見積り、お問い合わせは専門スタッフが承ります。
お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

メルマガ・個人のお客様

個人のお客様

個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。