海外

2021.01.13

中国 渡航に必要なビザ申請、航空券手配、PCR検査、ダブル陰性証明、健康コードの手続き手順(2021年1月13日現在)

中国への渡航に際して必要となるビザ申請、航空券手配、PCR検査の手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。

【中国への入国が可能な外国人】
・外交、公務、礼遇、乗務員(C)ビザを所持する外国人
・2020年3月28日以降に発行された有効なビザを所持する外国人
・永久居留許可を所持する外国人
・中国の商務(工作)、私人事務及び家族訪問(団聚)の有効な居留許可を有する外国人

【以下の方は中国への入国が暫定停止中】
・2020年3月27日以前に発行された有効な訪中ビザを所持する外国人
・APEC・ビジネス・トラベル・カードを所持する外国人
・日本国籍のビザ免除措置
・寄港地ビザ、24/72/144時間通過ビザ免除、海南省入境ビザ免除、上海クルーズ船ビザ免除、香港・マカオ地区の外国人が団体で広東省に入境する際の144時間ビザ免除、ASEANからの旅行団体が広西チワン族自治区に入境する際のビザ免除

2020.04.01 中国による外国人入境措置等まとめ(2020年4月1日時点)
2020.03.27 中国 有効なビザ、居留許可を有する外国人の入境停止(2020年3月28日00:00~)
中国|海外渡航・出入国情報
中国政府発表:有効な三種類の居留許可を有する外国人の入境許可(2020年9月28日~)

ご注意
以下の情報は各国の大使館・総領事館、ビザセンターからの情報をもとに作成しております。
手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問い合わせ下さい。
新型コロナウイルス感染拡大後の各国の対応は流動的なため予告なく変更になる場合があります。
最新の情報や詳細は必ず各自でご確認ください。


2020年11月30日から、中国(除く香港・マカオ)との間で「ビジネストラック(中国側措置はファストトラックと呼称)」及び「レジデンストラック」の運用を開始しました。手続きの手順、詳細は以下にてご確認ください。

外務省|国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/cp/page22_003380.html

外務省|国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(中国・ビジネストラック及びレジデンストラック)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/page24_001212.html

【ビジネストラック】

例外的に相手国又は本邦への入国が認められ、「本邦活動計画書」の提出等の追加的条件の下、相手国又は本邦入国後の14日間の自宅等待機期間中も、行動範囲を限定した形でビジネス活動が可能となる(行動制限が一部緩和される)、主に短期出張者用のスキームです。なお、中国側措置はファストトラックと呼称します。対象者は、現時点で以下のとおりです。

(1)短期滞在(商用目的のみ)及び特定の在留資格認定証明書保持者(経営・管理、企業内転勤、技術・人文知識・国際業務、介護、高度専門職、技能実習、特定技能、特定活動、教授、芸術、宗教、報道、法律・会計業務、医療、研究、教育、介護、興行、技能、研修)なお、在留資格を有する外国人の方の再入国について、在留資格による限定はありません。

(2)日本又は中国に居住する者であって、日本と中国の間の航空便を利用する者(直行便を利用する者、又は第三国を経由する場合には、当該経由国に入国許可を受けて入国することなく日本に到着する者)。

 ※ビジネストラックを申請することでビザ免除(査証免除)にはなりません。

【レジデンストラック】

入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、双方向の往来を再開する、主に長期滞在者用のスキームです。対象者は、現時点で以下のとおりです。

(1)短期滞在(商用目的のみ)及び在留資格認定証明書所持者(在留資格「外交」、「公用」、「永住者の配偶者等」及び「日本人の配偶者等」を除く)

(2)日本又は中国に居住する者であって、日本と中国の間の航空便を利用する者

◆中国への渡航に必要な手続きの手順

1)ビザの申請

・2020年3月27日以降に発行された有効なビザが必要です。
ビザの申請には中国の省政府クラスの商務庁または人民政府外事弁公室が発行したバーコード付き招聘状(邀请函/PU)が必要弊社にてビザの取得代行を承っております。

中国ビザ・大使館申請( https://www.tokutenryoko.com/service/visa/9 )
中国ビザ・名古屋申請( https://www.tokutenryoko.com/service/visa/10 )
中国ビザ・大阪申請( https://www.tokutenryoko.com/service/visa/11 )
中国ビザ・大使館申請(外国籍)( https://www.tokutenryoko.com/service/visa/65 )
中国ビザ・オンライン申請書作成サポート( https://www.tokutenryoko.com/service/visa/140 )

・2020年9月28日(月)00:00以降、有効な居留証(商務(工作)、私人事務および家族訪問(団聚)をお持ちのかたは新たなビザ申請は必要ありません

2)航空券の手配

中国民用航空局(CAAC)は2020年3月29日以降、中国の国内航空会社は各社各国1路線週1往復まで、外国の航空会社は各社中国との航空路線を1路線週1往復までに限定していました。
中国民用航空局(CAAC)は2020年6月8日より、中国到着便に新型コロナウイルスの陽性反応者が連続3週間いなかった場合、運航許可が出ている本数の範囲内で1社2往復まで増やせるとの緩和策を実施しています。
なお、1便あたりの感染者が5人に達した場合には1週間、10人に達した場合には4週間運航が停止となります。

中国民用航空局|「国際旅客便のサーキットブレーカーの調整に関する通知」(民航発[2020]60号)

現在、中国系航空会社は一部の航空会社を除いて、弊社を含め旅行会社経由では予約ができません。
直接ご搭乗者様にて航空会社より直接ご購入いただく必要がございます。
弊社で手配可能な航空会社はJAL・日本航空(JL)、ANA・全日空(NH)、上海吉祥航空(HO)、中国南方航空(CZ)のみとなります。
各航空会社の運行状況は以下にてご確認ください。

中国)新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空会社の運行状況

3)搭乗2日前以内に指定検査機関でPCR検査及び抗体検査を受検してオンラインで健康コードを取得

2020年12月1日搭乗分より、日本から中国に渡航する中国籍を含む全ての乗客は、搭乗2日前以内のダブル陰性証明取得に加えて、専用サイトでダブル陰性証明のアップロードを行い健康コードの申請・取得が必要になります。
日本国籍を含む中国籍以外の国籍の方は、中国大使館・総領事館指定の指定検査機関にてダブル陰性証明を取得後、直ちに専用サイトhttps://hrhk.cs.mfa.gov.cn/H5/またはQRコードにて健康コードの申請を行います。

手続きの詳細は駐日中国大使館ホームページ( http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgxw/t1836108.htm )にてご確認ください。御質問がある場合には、駐日中国大使館・総領事館にお問い合わせください。

中国)日本から中国へ行く乗客へお知らせ 搭乗に「健康コード」が必要に(2020年12月1日~)
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/11185

弊社では、提携している中国大使館指定クリニックでのPCR検査の受診日時予約と精算代行を行うサービスを提供しています。渡航に必要なPCR検査陰性証明書の取得をサポートいたします。検査費用と代行手数料は弊社にお支払いください。検査当日のお支払いは不要です。

PCR検査予約・精算代行サービス/中国渡航
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/11618

2021.1.8追加 中国駐日本大使館・総領事館は、検査方式の向上及び国境を越える感染拡大のリスクを減少させるため、現在の検査機関に対して部分的な調整を行いました。
つきましては、2021年1月10日(当日含む)より、中国へ行く乗客は最新版指定機関リストから検査機関を選択し“ダブル検査”を受けてください。
もし、このお知らせより前に予約していた検査機関が最新版から削除されており、そのうえ予約済検査日が1月10日(当日含む)以降である場合、速やかに他の指定検査機関に予約を取り直してください。
さもなければ、ご搭乗できません。
お手数をおかけしますが、ご理解とご対応をお願いします。

中国 駐日中国大使館・総領事館指定検査機関を更新(2021年1月10日~)
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/11642

ダブル陰性証明指定検査機関リスト(2021年1月8日更新)
大使館・総領事館名(大使館サイトへのリンク) 管轄地域(渡航者の居住地)
中華人民共和国大使館 東京、神奈川、千葉、埼玉、長野、静岡、群馬、栃木、山梨、茨城
大阪総領事館 大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀、愛媛、高知、徳島、香川、広島、岡山、鳥取、島根
札幌総領事館 北海道、青森、秋田、岩手
福岡総領事館 福岡、佐賀、大分、熊本、鹿児島、沖縄、山口
長崎総領事館 長崎
名古屋総領事館 愛知、岐阜、福井、富山、石川、三重
新潟総領事館 新潟、山形、宮城、福島

4)中国入国後の行動制限措置

各地方政府毎に隔離措置やPCR検査、移動制限等を実施しています。
入国時、中国国内移動時に必要となる措置は管轄する日本国大使館にてご確認ください。

在中国日本国大使館(北京市・天津市・河北省・河南省・陝西省・湖南省・湖北省・甘粛省・内蒙古自治区・寧夏回族自治区・青海省・新疆ウイグル自治区・山西省・チベット自治区)
在広州日本国総領事館(広東省・福建省・海南省・広西チワン族自治区)
在上海日本国総領事館(上海市・江蘇省・浙江省・安徽省・江西省)
在瀋陽日本国総領事館(大連市を除く遼寧省・吉林省・黒竜江省)
在大連領事事務所(大連市)
在重慶日本国総領事館(重慶市・四川省・雲南省・貴州省)
在青島日本国総領事館(山東省)

 

日本に帰国する際は、以下をご参照ください。

帰国者に対する検疫の流れと14日間の待機宿泊について
https://www.tokutenryoko.com/news/passage/10068

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。