海外

2022.08.03

アメリカ|イリノイ州における公衆衛生非常事態宣言の発出(サル痘)

8月1日(月)、プリツカー・イリノイ州知事は、サル痘の感染拡大防止のため、イリノイ州全域に対して公衆衛生上の非常事態宣言を発出し、イリノイ州公衆衛生局(IDPH)等州関係機関の感染拡大防止のためのリソースを拡大しました。宣言は直ちに発効し、30日間有効となります。州政府は、サル痘が疑われる場合は、他の人と密接な接触をしないようにし、サル痘の可能性のある発疹を持つ人との密接な肌と肌との接触を避けることを呼びかけています。

詳細は関連のリンクをご確認下さい。
https://www.illinois.gov/news/press-release.25247.html 

(1)8月1日(月)、プリツカー・イリノイ州知事は、サル痘の感染拡大を受け、イリノイ州全域に対して公衆衛生上の非常事態宣言を発出しました。宣言は直ちに発効し、30日間有効となります。
(2)この宣言により、イリノイ州公衆衛生局(IDPH)が、イリノイ州緊急管理局(IEMA)の支援と州および連邦政府の復興支援資金により、サル痘ワクチンと検査の能力を拡大することができるとされています。またこの宣言により、最も影響を受けたコミュニティに効率的に届けるための州内のワクチンの輸送等物流の促進に資するとされています。
(3)州政府のプレスリリースでは、発疹が心配な場合は、その症状について医療従事者に相談するか、受診することが推奨されています。またサル痘が疑われる場合は、医療機関を受診するまでは、他の人と密接な接触をしないようにし、サル痘の可能性のある発疹を持つ人との密接な肌と肌との接触を避けるべきとされています。

在シカゴ日本国総領事館 連絡先
Tel: (312) 280-0400
Fax: (312) 280-9568
Email: ryoji1@cg.mofa.go.jp 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。