海外

2022.07.26

インドネシア│バリ島・帰国時PCR検査陽性による帰国困難事案の増加

●バリ島旅行を終え、日本に帰国するためのPCR検査で陽性となり、帰国困難となる日本人旅行者が増加しています。

1 現在、インドネシアから日本に渡航(帰国)するためには、PCR検査陰性証明の提示が求められており、バリ島旅行を終えた日本人旅行者が帰国用のPCR検査を受検したところ、陽性結果となり、帰国困難となる事案が増加しています。当館にも、帰国困難となった旅行者からの相談が毎日のように入っています。

2 インドネシアでは、新型コロナウイルスの陽性が判明すれば、最大10日間(5日目のPCR検査で陽性であれば追加で5日間)の隔離が規定されており、予定日程での帰国が困難となる上、バリ島での私費による延泊や治療を余儀なくされます。

3 新型コロナウイルスは回復後も死滅ウイルスが体内に残り、場合によっては数ヶ月間陽性反応が出続けてしまうこともあると言われています。バリ島旅行中に感染した旅行者も多いと思われますが、インドネシアへの入国にはワクチン接種2回以上の者はPCR検査不要とされているため、バリ島の滞在日数等から見て感染場所が特定できない旅行者もいます。

4 新型コロナウイルス感染の症状が回復し無症状であり、10日目(3回目)の検査でも陽性が続く場合には、必要書類を用意していただければ、当館にて帰国援護が可能な場合がありますので、電話又はメールにてご相談ください。
【必要書類】
1) 陽性者(無症状)の日本国パスポート
2) 医師の証明書(規定の10日間隔離を完了して無症状である旨記載のもの)
3) 帰国のために受検した3回分のPCR検査結果
4) 帰国便の確認ができるもの(eチケット等)
※ 2)の医師の証明書に関しては、病院によっては作成不可の施設もあるため、念のために帰国用PCR検査の受検は1回目から(https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/files/100363638.pdf)の医療施設リストを参考に受検されることをお勧めします。

5 現在、旅行者は特別到着ビザ(VOA)にてバリ島に来島することが可能ですが、VOAの有効期間は30日間(更新1回30日間可能)であり、仮に感染隔離が理由であっても30日を超えて更新手続きを行っていない場合には、オーバーステイとして罰金(1日あたり100万ルピア)が科されるとされています。

6 バリ島へ旅行される場合は、感染予防対策のマスク着用や消毒、密な場所を避ける等は当然ですが、万一の感染等による延泊に備え、余裕をもった旅行日程を組むと同時に、新型コロナウイルス感染を補償できる海外旅行保険にも加入されることを推奨します。


【問い合わせ先】在デンパサール日本国総領事館 Konsulat Jenderal Jepang di Denpasar
Jl.Raya Puputan No.170, Renon, Denpasar, Bali, Indonesia
Tel: (+62)0361-227628
Fax: (+62)0361-265066
e-mail: denpasar@dp.mofa.go.jp 
Web: https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 
休館日:土・日、休日  開館時間:08:30~12:00、13:30~16:00
 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。