海外

2022.06.27

フィンランド│PCRテスト陽性反応による帰国困難事例の増加

●出張・旅行等の短期渡航者が当国で新型コロナウイルスに感染し、予定どおりに帰国できず、当館へ相談されるケースが増加しています。
●新型コロナウイルスに感染し、予定どおりに帰国できない場合、診察代金、PCRテスト代金、延泊の宿泊代金等の金銭的な負担が発生します。
●現在、フィンランドへの渡航に対して感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」が外務省から発出されています。不要不急の渡航は控えてください。

 本年5月以降、出張・旅行等の短期渡航者が当国で新型コロナウイルスに感染し、帰国前のPCRテストによって陽性が判明し、予定どおりに帰国ができなくなるケースが増加しています。先週のみで10名以上の短期渡航者から当館へ相談が寄せられました。
 新型コロナウイルスに感染し、予定どおりに帰国できなくなった場合、診察費用、PCRテスト受検費用、宿泊施設の延泊費用、フライトの変更費用等、多大な金銭的な負担が発生します。
 当国政府による新型コロナウイルスに関する市中における規制は解除され、また、当国から日本への入国に際しての検疫措置が緩和されたことを受け、当国へ渡航する方が増加しているものと考えられます。しかし、当国における新型コロナウイルス感染が決して終息したということではありません。
 日本の外務省は引き続きフィンランドへの渡航に対して感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」を発出しています。夏休みのシーズンに入り、当国への渡航を検討されている方も多いと思われますが、新型コロナウイルスに感染してしまい、予定どおりに帰国ができなくなる可能性があることから不要不急の渡航は控えてください。

【各問い合わせ窓口】
○厚生労働省水際対策専用コールセンター(最新の水際対策に関するお問い合わせ)
 0120-297-699(日本語対応のみ)
 0120-248-668(日本語対応のみ)
 050-1751-2158(日本語・英語・韓国語・中国語)
 050-1741-8558(日本語・英語・韓国語・中国語)
 受付時間:毎日9:00-21:00 / 祝日・年末年始含む
 followup@hco.mhlw.go.jp

○出入国在留管理庁出入国管理部審判課(本邦入国時の入国審査に関する質問)
 電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション(査証申請に関する相談)
 電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一
部のIP電話からは、03-5363-3013

○当国は現在、外務省による感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください」が発出されています。
不要不急の渡航は控えてください。 
 

--------------------------------------------
在フィンランド日本国大使館 領事班
ホームページアドレス:
https://www.fi.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html  
電 話:+358(0)9-686-0200
9:00-12:00、13:30-16:00
メール:
各種証明、パスポート、戸籍・国籍に関すること:shinsei@hk.mofa.go.jp
査証に関すること:visa-apply@hk.mofa.go.jp
その他に関すること:consular@hk.mofa.go.jp
 

海外渡航・出入国トップ

企業様、旅行会社様

お取り引き全般の商談をご希望の企業様、旅行会社様

見積依頼方法から手配、お支払いまでの全般の流れ、取扱商品、
サービス全般のご説明や契約等について、営業担当が承ります。

お問い合わせフォーム

お見積り、お問い合わせは専門スタッフが承ります。
お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

新規受付開始のお知らせ

初めてお問い合わせの企業様、旅行会社様

7月下旬より新規取引を一時停止しておりましたが、
9月より再開させていただきます。
永らくご迷惑をお掛けいたしましたことお詫び申し上げます。

尚、中国ビザは、申請者が非常に多く、
ビザセンター申請窓口の予約が大変混んでおります。
対応にお時間を頂いておりますのでご了承下さい。

お問い合わせは、 問合せフォーム よりお願いいたします。

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。