海外

2022.06.17

中国│駐日中国大使館発表 中国ビザの申請

(ポイント)
●中国ビザの申請に関する内容が更新されました。

(本文)
●駐日中国大使館は、中国ビザの申請に関する内容を更新しました。主な内容は以下のとおりです。また、6月17日からビザの申請が可能となるとされています。
(1)Mビザ、Fビザ【商用、交流など】申請に必要な資料は「招聘状」
(2)Zビザ【就労】申請に必要な資料は「外国人工作許可通知」または「外国人工作許可証」(「招聘状」は不要)
(3)S1・S2ビザ【中国で就労する者の配偶者、子など】申請に必要な資料は中国で就労する者の「外国人工作許可通知」、親族関係を証明するもの(「招聘状」は不要)
(4)Q1・Q2ビザ【中国人の外国人家族など】申請に必要な資料は中国人「身分証」の写し、インビテーションレター、親族関係を証明するもの
(これまでは、「重体や重病の直系親族の看病あるいは直系親族の葬儀に参加する者」のみビザの申請が可能)
(5)Cビザ【乗員など】

●本件は中国政府の措置ですので、詳細については、駐日中国大使館のHPで必ず御確認ください。御質問がある場合には、駐日中国大使館・総領事館に直接お願いいたします。

(中国語)
http://jp.china-embassy.gov.cn/chn/lszcnew/202206/t20220617_10704805.htm 
(日本語は現時点でありません)

(送信元)
在中国日本国大使館(領事部)
領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964
緊急時には閉館時間帯でも対応いたします。
HP:https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 

※在中国日本大使館のホームページでは、新型コロナウイルス関連情報をまとめて掲載していますので、併せご参照ください。
(在中国日本国大使館新型コロナウイルス感染症ホームページ)
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000384.html 
 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。