海外

2022.04.30

中国│北京市では連休後に陰性証明が必要です

●最短で48時間以内の陰性証明が必要になります。

●4月29日及び30日、北京市の発表した内容は以下のとおりです。
(中国語:https://news.bjd.com.cn//2022/04/29/10079781.shtml


(中国語:https://news.bjd.com.cn//2022/04/30/10079941.shtml

1 (5月4日までの)連休後に出勤、通学するためには、48時間以内のPCR検査陰性証明を所持する必要がある。

2 5月5日以降、各種公共施設への立入り、公共交通機関の利用には、7日以内の陰性証明を所持する必要がある。施設の管理者は、陰性証明の時間を短縮できる。また、医療機関への立入りには48時間以内の陰性証明を所持する必要がある。(注:「公共施設」として、政府機関、企業、その他の社会団体、文化・娯楽施設、ス
ポーツジム、商業ビル、ショッピングモール、スーパーマーケット、ホテル、レストラン等が挙げられています。北京市当局は、明確な定義はないとしています。)

3 先般、地域において3回実施されたPCR検査を一度も行っていない者には、「健康コード(北京健康宝)」にポップアップが表示される。

4 5月3日から、市民に対するPCR検査を無料にする。

(送信元)
在中国日本国大使館(領事部)
領事部・直通電話:(国番号86)-(0)10-6532-5964
緊急時には閉館時間帯でも対応いたします。
HP:https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

※在中国日本大使館のホームページでは、新型コロナウイルス関連情報をまとめて掲載していますので、併せご参照ください。
(在中国日本国大使館新型コロナウイルス感染症ホームページ)
https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000384.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。