海外

2022.03.13

バングラデシュ|ワクチン接種証明書所持者は入国時に陰性証明書の提示が不要(2022年3月8日~)

3月8日、当地民間航空局(CAAB)は、新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際措置を発表しました。
発表内容の詳細は下記のとおりです
(CAAB回章 : http://caab.gov.bd/circul/FSR%2001-2022.pdf )。

なお、バングラデシュへの渡航の際は、各航空会社や経由先が定める措置についても併せてご確認の上、必要な対応を取るようご留意ください。

WHOが承認した新型コロナワクチン接種を完了した者は、公式なワクチン接種証明書を持参することでバングラデシュ入国が認められ、RT-PCR検査の陰性証明書は必要とされない。
※3回目のブースター接種まで完了している必要はないが、ワクチンの種類によって必要とされる回数を完全に接種しておかなければならない。

ワクチン接種を完了していない者は、出発72時間以内に実施されたRT-PCR検査の陰性証明書を持参していれば、バングラデシュ入国が認められる。

3 バングラデシュからの出国者は、渡航先/経由先や航空会社が課す最新の制限/要件に従う必要がある。

12歳未満のバングラデシュへの入国者には、RT-PCR検査の陰性証明書が求められない。到着時には家族に適用される措置と同じ措置が取られる。

5 ワクチン接種の有無にかかわらず、バングラデシュ到着時に新型コロナの兆候が見られる渡航者については、政府指定病院/施設でRT-PCR検査を受け、陽性の場合は、費用自己負担の上、政府指定施設又はホテルにおいて隔離される。7日後に再度RT-PCR検査を受け、陰性であった場合は、隔離を終えることができる。

■在バングラデシュ日本国大使館領事班
○執務時間内(日~木曜日 9:00~17:45)※窓口業務は17:00まで
大使館(代表)880-2-2222-60010

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。