海外

2022.01.10

バーレーン|入国者に対するQRコード付き陰性証明書を搭乗前72時間以内に変更(2022年1月9日~)


1 新型コロナウイルス経口薬の緊急使用承認

1月1日、国立保健規制委員会(NHRA)は、軽度から中度の症状を有し、重症化する恐れのある18歳以上の者に対する新型コロナウイルス経口薬「パクスロビド」の緊急使用を承認しました。

2 新型コロナウイルス対策国家医療タスクフォースによる記者会見

(1)6日、新型コロナウイルス対策国家医療タスクフォースは、記者会見を実施し、1月9日より適用する以下の方針を発表しました。
(ア)症状が見られる者、抗原検査で陽性の者及び濃厚接触者に対するPCR検査の拡大
(イ)基幹産業職員に対する簡易検査の拡大
(ウ)搭乗前72時間以内(当館注:これまでは48時間以内)に実施されたQRコード付き陰性証明書の提示、入国後のPCR検査は空港到着時の1回のみ(当館注:これまでは到着時、入国5日目及び10日目の3回)で費用は12BDとする
(エ)国家ワクチンキャンペーンの現行ペース維持
(オ)隔離・治療施設の現下の収容能力維持

(2)タスクフォースは、警戒レベルの判断基準は、以前は感染者総数(当館注:平均検査陽性率(検査数に対する感染者数の平均比率))であったが、現在は日々の平均重症者数に基づいている旨言及しました。また、感染拡大及びオミクロン株の出現に注意する必要はあるものの、目下、治療乃至集中治療を要する患者数は低い旨指摘しました。

3 当国ワクチン接種状況

当国1月9日時点における1回目のワクチン接種者総数は120万7231人、2回目のワクチン接種者総数は118万3058人、ブースター接種者総数は88万4571人。

4 当国感染状況

当国1月9日時点における感染者総数は、1月8日から1694人増の29万2572人(うち治癒者28万114人、死者1397人)。


【問合せ先】
在バーレーン日本国大使館 領事班 
メールアドレス: nippon@bh.mofa.go.jp
当館公式サイト(日本語) http://www.bh.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
電話:+973-1771-6565 
FAX:+973-1771-5059

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。