海外

2022.01.12

ルクセンブルク|予防接種証明書の有効期限と感染後の隔離期間

1月11日、ルクセンブルク政府は、新型コロナウイルス対策に関する各種規制措置を定めた改正新型コロナ法案を可決したと発表しました。法案の対象となった変更点の概要は以下のとおりです。

予防接種証明書の有効期限は、一次予防接種(注:ブースター接種ではない通常の2回接種)の最終接種から9カ月(270日)となる。

ブースター接種の証明書は無期限有効となる。

3 「Covid Check」の2Gプラス制度(注:2Gプラスでは、2G(ワクチン接種証明書もしくは回復証明書)に加えて、ブースター接種もしくはその場における簡易抗原検査が必要となる。)における追加的な簡易抗原検査義務を免除される対象者は以下のとおり。

(1)一次予防接種の最終接種から6ヶ月(180日)経過していない方
(2)感染から回復された方で(回復)証明書の有効期限である180日が経過していない方
(3)ブースター接種を受けた方

4 感染後の隔離期間

(1)一次予防接種の最終接種を6ヶ月以内に終えておらず、ブースター接種も受けていない方は10日間の隔離となる。
(2)以下の場合は隔離日数を6日間に短縮する。ただし、隔離5日目と6日目に2回の迅速検査を行い、両検査とも陰性であることが条件となる。
A 一次予防接種の最終接種を6ヶ月以内に終えている方。
B 過去6ヶ月以内に感染から回復した方
C ブースター接種を受けた方

  ルクセンブルク在留邦人の皆さま及びご旅行中の皆さまにおかれましては、今後も政府発表や報道、下記サイト等を通じて最新情報の収集に努めてください。

■ルクセンブルク保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
http://sante.public.lu/fr/prevention/coronavirus-00/index.html

■在ルクセンブルク日本国大使館新型コロナウイルス関連情報サイト
https://www.lu.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00017.html

(ご連絡先)
 在ルクセンブルク日本国大使館
TEL:(+352) 46 41 51-1
e-mail:consulate.embjapan@lx.mofa.go.jp
URL:https://www.lu.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。