海外

2022.01.07

ラトビア|非常事態宣言の延長(~2022年2月28日)

●6日、ラトビア政府は非常事態宣言の延長(2月28日まで)を決定しました。

●また、2月15日からワクチン証明書の有効期限が定められる予定です。

●本6日現在、ラトビアの過去14日間の人口10万人あたりの感染者数は686.2人で、増加傾向となっており、オミクロン株の市中感染も確認されています。

●ラトビアの規制を遵守するとともに、ワクチン接種完了者も含め、再度基本的な感染防止策を徹底し、感染予防に努めてください。

6日、ラトビア政府は、非常事態宣言の延長(2月28日まで)を決定しました。
ラトビアでは10月11日~2022年1月11日まで非常事態宣言が発出されていましたが、2月28日まで現在の措置が引き続き適用されます。

https://www.lv.emb-japan.go.jp/itpr_ja/temp_corona2.html#taizai

また、ワクチン証明書の有効期限は、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカは接種完了から9ヶ月間、ジョンソン&ジョンソンは5ヶ月間とすることが決定されました。有効期限の適用は、2月15日からになる予定で、詳細については明日以降に発表されます。

なお、欧州委員会では、2月1日から、域内の移動のためのワクチン証明書の有効期限は、いずれのワクチンについても9ヶ月とすることが決定されています。

ラトビア国内感染状況について
ラトビアの6日の新規感染者数は1,994人(このうち,1,280名は、ワクチン接種完了者)、死亡者は12名となっています。過去14日間の人口10万人あたりの感染者数は686.2人と、増加傾向です。また、2日までに、オミクロン株644件が確認されており、その約半数は市中感染とのことです。
ラトビア政府の規制等を遵守するとともに、ワクチン接種完了者も含め、「三つの密」を避け、人と人との距離の確保、手洗いの励行等、マスクの着用など、再度基本的な感染防止策を徹底し、感染防止に努めるようにしてください。

【参考】
ラトビア首相府ホームページ(ラトビア語)
https://www.mk.gov.lv/lv/jaunums/arkarteja-situacija-pagarinata-lidz-28februarim

ラトビア政府情報提供サイト
https://covid19.gov.lv/atbalsts-sabiedribai/ka-drosi-rikoties/covid-19-izplatibas-ierobezosanas-pasakumi

2022年1月6日
在ラトビア日本国大使館より
(代表)+371-6781-2001
(e-mail)consular@rg.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。