海外

2021.12.30

キプロス|12月30日以降の新たな抑制措置の実施

キプロス在留邦人及び滞在中・来訪予定の皆様へ

状況・注意事項を以下の通りご案内します。

キプロス政府は、12月30日(木)以降、新たな抑制措置を実施する旨発表しました。

1.娯楽施設への入場や結婚式、洗礼式、レセプション等への参加の際、新型コロナウイルス予防接種のブースター接種をしていない人は、24時間以内に受検したラピッドテストのネガティブ結果を提示すること。 

2.レストラン、レセプション会場、娯楽施設の入場者は300名を上限とし、形式は着席、ダンスは禁止とする。

3.病院や関連施設の訪問は禁止とする。緊急の場合は、許可があれば、24時間以内に受検したPCR検査のネガティブ結果を提示すれば可能。

4.ブースター接種をしていない人が、外来訪問又は患者の付き添いを行う場合、24時間以内に受検したラピッドテストのネガティブ結果を提示することが必要。

5.スタジアムの入場者は定員の50%を上限とし、マスクの着用を義務づける。

6.2022年1月4日~1月15日の期間、キプロス共和国を訪問する人は、出発前48時間以内に受検したPCR検査ネガティブ結果を所持すること。また、キプロス到着時にも自費でPCR検査を受検することを義務づける(ワクチン接種済みの人も免除されない)。

7. 2022年1月3日以降、サービス業の職場では、スタッフの40%がテレワークを行うこととする(40%には、新型コロナウイルス感染者や濃厚接触者で隔離中の人や休暇中の人も含む)。

8.医療用のマスクを二重にするか又はKN95、FFP2等の高性能マスクを着用し、布マスクの着用を避けることを推奨する。

9.大学ではオンライン授業及びオンライン試験の実施を推奨する。

10.濃厚接触者は接触から5日目にPCR検査、6日目にラピッドテストを受検し、結果がネガティブであれば隔離を終了する。
感染者は、6日目及び7日目にラピッドテストを受検し、結果がネガティブでかつ48時間以内に症状が出ていなければ、8日目に隔離を終了する。この規則は医療関係者にも適用する。

なお、随時措置内容が変更になることも考えられますので、詳細をお知りになりたい場合など、要すればキプロス政府の発表をご確認ください。(https://www.pio.gov.cy/coronavirus/eng/categories/press-releases

 (当館連絡先)在キプロス日本国大使館 領事班
5 Esperidon ST., Strovolos 2001, Nicosia, Republic of Cyprus
ホームページアドレス https://www.cy.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
電 話:+357 22-394800 ★8:15-12:30、13:30-17:00★
 FAX:+357 22-319077 メール:cy-ryouji@cy.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。