海外

2021.12.24

ルクセンブルク|オミクロン株による新たな規制措置(2021年12月25日~予定)

12月22日、ベッテル首相及びレナート保健相は会見を行い、オミクロン株による新型コロナウイルス感染の急速な拡大が懸念されているとして、新たな規制措置を発表しました(12月17日に施行された新型コロナ法を現在の状況に合わせて修正し、24日に国民議会において採決を行い、25日から施行予定)。新たな規制措置の概要は以下のとおりです。
なお、現時点までにルクセンブルクで報告されているオミクロン株の感染症例は5件であったとレナート保健相より説明がありました。1月中旬に改めて状況を確認し、新型コロナ法による規制措置について再検討を行うこととされています。

(新たな規制措置)

HORESCA部門の全ての施設(レストラン、カフェ、ディスコクラブ等)の営業は23時までとし、全面的に2Gプラスが適用される(2Gプラスでは、2G(ワクチン接種証明書もしくは回復証明書)に加えて、ブースター接種もしくは簡易抗原検査が必要)。従って、まだブースター接種を受けていない(一次)ワクチン接種者及び回復者は、レストランやカフェ等において、その場で簡易抗原検査を実施することになる。
2 10人から19人のプライベートの集まりの場合:2Gが適用。
3 20人以上のプライベートの集まりの場合:2Gプラスが適用。ただし、2メートルのソーシャルディスタンスと常時マスク着用が保証される場合は、簡易抗原検査の義務は免除。
4 200人以上の集まりは原則禁止され、保健当局の許可がある場合のみ可能となる。
5 クリスマス休暇後、全ての教育施設において、生徒及び教師のマスク着用が義務化される。
5歳から11歳の子どもへのワクチン接種の機会を拡大する。

ルクセンブルク在留邦人の皆さま及びご旅行中の皆さまにおかれましては、今後も政府発表や報道、下記サイト等を通じて最新情報の収集に努めてください。

■ルクセンブルク保健省(新型コロナウイルスに係る最新情報)
http://sante.public.lu/fr/prevention/coronavirus-00/index.html

■在ルクセンブルク日本国大使館新型コロナウイルス関連情報サイト
https://www.lu.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00017.html

(ご連絡先)
 在ルクセンブルク日本国大使館
TEL:(+352) 46 41 51-1
e-mail:consulate.embjapan@lx.mofa.go.jp
URL:https://www.lu.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。