海外

2021.12.12

ラトビア リガ空港到着時の検査について(2021年12月13日~12月26日)

11日、ラトビア外務省はオミクロン株の感染拡大防止のため、リガ空港到着時の措置につき発表しました。
13日より、一部の国からラトビアに入国する際はワクチン接種有無に関わらず、コロナウイルスの検査が実施されます。
●ラトビアの規制を遵守するとともに、再度基本的な感染防止策を徹底し、感染予防に努めてください。

11日、ラトビア外務省はオミクロン株の感染拡大防止のため、リガ空港到着時の措置につき発表しました。13日より、一部の国からラトビアに入国する際はワクチン接種有無に関わらず、選択的にコロナウイルスの検査が実施されます(ラトビアで乗り継ぎの場合や、12歳未満のこども等は除く)。本措置は、少なくとも12月26日までは実施されます。対象となる国は以下の通りです。

デンマーク、エジプト、エストニア、フィンランド、ジョージア、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、リトアニア、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、ウクライナ、英国
※対象国は感染状況等により変更されます。

なお、検査は無料で実施され、検査結果が判明するまでは自宅や宿泊施設での待機が要請されます。

ラトビア国内感染状況について
ラトビアの12日の新規感染者数は481人(このうち、176名は、ワクチン接種完了者)、死亡者は9名となっています。過去14日間の人口10万人あたりの感染者数は503.4人と、減少傾向ではありますが、周辺国でオミクロン株感染者数が増加しています。
ラトビア政府の規制等を遵守するとともに、ワクチン接種完了者も含め、「三つの密」を避け、人と人との距離の確保、手洗いの励行等、マスクの着用など、再度基本的な感染防止策を徹底し、感染防止に努めるようにしてください。

【参考】
ラトビア外務省ホームページ
https://www.mfa.gov.lv/en/article/testing-be-done-riga-airport-restrict-spread-new-omicron-variant-covid-19

2021年12月12日
在ラトビア日本国大使館より
(代表)+371-6781-2001

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。