海外

2021.11.29

コンゴ(共)保健非常事態の再延長(2021年11月22日~20日間)

1  コンゴ(共)政府は、11月19日の閣議において、新型コロナウイルス感染症の現状を受けて、保健非常事態を22日から20日間延長する法案の承認を発表しました。

コンゴ(共)政府が実施中のCOVID-19対策の概要は、以下のとおりです。
(1)外国からの入国者に対して、空港でPCR検査を義務化(検査費用は自己負担で40,000FCFA)
(2)国内主要都市間の航空、道路、鉄道、水路を移動するすべての旅行者に対するワクチン接種証明書の提示義務化
(3)公共サービスを利用する際のワクチン接種証明書の提示義務化
(4)政府機関、銀行、金融機関、郵便局、年金事務所等の利用者及び代理人は入出時にワクチン接種証明書の提示義務化(12月1日に事実上発効)
(5)マスク着用・予防行動の遵守
(6)ブラザビル及びポワント・ノワールでの夜間外出禁止(平日23時~5時、土日祝20時~5時)
(7)出入国時におけるPCR検査陰性証明書の提示義務(9歳以下は免除)
(8)変異株が特に流行している国からの旅行者は自己負担で14日間の隔離

3  11月26日時点(WHO公表)の感染者は18,837名、死者349名となっています。在留邦人の皆様におかれましては、感染予防に万全を期すとともに、これまでの政府発表を遵守し、関連情報に十分留意しながら、慎重な行動を心掛けていただきますようお願いいたします。

(本件担当)
在コンゴ共和国日本国大使館
領事担当 浅井(+243 81 880 5912)
松原(+243 81 514 6605)
医療担当 浅川(+243 81 880 5582

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。