海外

2021.11.28

バーレーン 水際対策に係るレッドリストシステムの再開(2021年11月26日~)

○ 水際対策の強化(レッドリストシステムの再開)
○ ブースター接種の推奨
 
1 水際対策の強化
 11月26日、運輸・通信省民間航空局は、新型コロナウイルス対策国家医療タスクフォースの勧告に基づいて、水際対策に係るレッドリストシステムの再開を決定した旨発表しました。レッドリストに追加されたのは、南アフリカ、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、レソト及びエスワティニの6か国。
 レッドリスト国からの入国(トランジットを含む)は、バーレーン国民と有効な居住ビザ所持者を除き、禁止される。非レッドリスト国からの入国については、現行の手続が維持されます。
 
2 レッドリスト国の追加
 27日、運輸・通信省民間航空局は、新型コロナウイルス対策国家医療タスクフォースの勧告に基づいて、レッドリスト国を追加した。レッドリストに追加されたのは、マラウイ、モザンビーク、アンゴラ及びザンビアの4か国。
 レッドリストは、国際的な新型コロナの感染状況に関する新型コロナウイルス対策国家医療タスクフォースの評価に基づいて、定期的に見直しが実施されます。
 
3 ブースター接種の推奨(11月28日当地報道より)
 サルマニーヤ総合病院の感染症・内科コンサルタントで、新型コロナウイルス対策国家医療タスクフォースメンバーのジャミーラ・アル・サルマン博士は、新たに世界的に発見されている変異種を踏まえ、ブースター接種の重要性を強調しました。
 サルマン博士は、バーレーンが公衆衛生を守るために実施している全国的なワクチン接種キャンペーンを継続する必要性と、特に高齢者や基礎疾患を有する最弱者の人々にとって、ワクチン接種、ブースター接種が重要であることを強調しました。
 また、全市民に対して、公衆衛生保護のために必要な予防措置を遵守するよう呼びかけました。
 
4 当国ワクチン接種状況
 当国11月27日時点における1回目のワクチン接種者総数は118万7429人、2回目のワクチン接種者総数は115万7799人、ブースター接種者総数は55万4379人。
 
5 当国感染状況
 当国11月27日時点における感染者総数は、26日から16人増の27万7552人(うち治癒者27万5889人、死者1394人)。
 
【問合せ先】
在バーレーン日本国大使館 領事班 
メールアドレス: nippon@bh.mofa.go.jp 
当館公式サイト(日本語) http://www.bh.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
電話:+973-1771-6565 
FAX:+973-1771-5059

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。