海外

2021.09.20

ラオス 首都ビエンチャンのショッピングセンター、スーパーマーケット等の営業停止(~2021年9月30日)

【ポイント】
9月19日、首都ビエンチャン商工業局は、市内のショッピングセンター、スーパーマーケット等の商店を9月30日まで営業停止とすることについて、以下のとおり通知を発出しました。

【本文】
COVID-19感染拡大防止措置の実施と生活必要品の売買に関する勧告の通知
(2021年9月19日付首都ビエンチャン商工業局通知第1323号)


(1)首都ビエンチャンのショッピングセンター、デパート、スーパーマーケット、ミニマート、ナイトマーケット及び以下の店(衣料品店、建設資材店、日用品店、化粧品店、電器店、携帯ショップ、卸売店・小売店)は9月30日まで営業停止。
(2)市場は、農産物、生鮮食品、乾燥食品、調味料、持ち帰り総菜に限り6時から18時まで営業可。
(3)ガソリンスタンドは6時から18時まで営業可。

2 商品販売を行う事業者は感染防止対策を徹底すること。従業員は規定回数のワクチンを接種済であり、村の行政当局から出入境の許可を受けること。

3 一方的な商品・サービスの値上げ、不当な売り惜しみ、及び品質が安全でない商品の販売は禁止。客には適量を販売し、大量に買い占めをさせないこと。アルコール飲料の販売禁止。路上での販売等、許可された以外の場所での売り買い禁止。

4 入口でのスクリーニング、検温、ジェル設置、客へのマスク着用指示等を行わず、感染防止対策に違反した事業者は、1回につき1000万キープの罰金、又は営業許可の取り消し等の処分を受ける。市場入口での検温、手洗い、消毒、マスク着用、1メートル以上の対人距離の確保等の感染防止対策に従わない個人は1回につき300万キープの罰金。

5 値段の非表示、原価・在庫量の実態に反する情報、原価の非表示、当局の許可を受けていない在庫販売、不当な商品販売・サービス提供の停止・拒否、又は時間延長、許可を受けていない原価計算、及び本通知4に定めるその他の禁止行為を行った場合、一案件一回につき50万~500万キープの罰金。

6 本通知は署名日から有効。

以上

【問い合わせ先】 在ラオス日本大使館領事班
開館時電話:021-414-400~403
閉館時緊急電話:020-5551-4891
メール:consular@vt.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。