海外

2021.09.21

ラオス|渡航情報(入国に必要な渡航書類、入国許可、ビザ申請、航空券手配、PCR検査等の手続き手順)

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、現在各国で入国時の検疫の強化(健康申告書等の提出、隔離措置)や入国、ビザ発給の制限を行っています。各国の対応は予告無しに入国制限が実施・変更される場合がありますので、都度渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか最新情報を必ずご確認ください。

*下記必ずご確認下さい!*
査証の要否・出入国の可否・検疫の詳細等・下記内容のご質問等は弊社ではお答えできませんので、各国大使館・領事館、または保健機関関連省庁等にお問い合わせ下さい

外務省海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置

IATA(国際航空運送協会)|新型コロナウイルス旅行規制マップ(COVID-19 Travel Regulations Map)

 下記は外務省、各政府機関ウェブサイト等を基に作成しており、各国の対応は予告無く変更になる場合がございます。
 全ての情報を網羅しているものではありません。最新情報、情報の詳細は必ず各自でご確認下さい。
 航空機搭乗時に搭乗拒否、または渡航国の出入国管理局の審査で入国拒否された場合も、当社は一切その責任を負いません。
 最終的に入国を認めるかどうかの判断は、入国時の入国審査官によって決定されます。
 各国政府の規制は予告無く変更されており、各地空港係官・航空会社への通告も公表されている規制と異なる場合があります。
 手配代行を伴わないご質問は、大使館・総領事館等にお問い合わせ下さい。

バングラデシュへの渡航に必要な手続きの手順 ラオスへの渡航に必要な手続きの手順

ラオスへの渡航に際して必要となる渡航書類、入国許可、ビザ、航空券手配、PCR検査等の手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。


◎ ラオスの入国制限

ラオス政府は、COVID19感染拡大防止のため全国の陸路及び空路国境検問所を引き続き閉鎖し、新型コロナ感染症の市中感染がある国からの渡航者に対する査証発給を一時停止するとしています。
(日本は市中感染がある国に該当するため、現時点では、原則としてラオスへの入国は許可されておりません)

ただし、緊急の用務により入国を必要とする外交官、国際機関職員、専門家及び投資家等には同措置は適用されないとされており、在ラオス日本国大使館からラオス外務省に対し、これら対象者の日本からの入国について照会したところ、COVID-19対策特別委員会によりケースバイケースにより検討されるとの回答がございます。

在ラオス日本国大使館|COVID-19感染拡大防止に関する入国規制(一部例外措置)

なお、ラオス入国を緊急に必要とする個人または法人が、新型コロナウイルス感染症の市中感染が無い国を出発 及び 経由してラオス入国申請を取得し、渡航できるケースの例は下記となります。

ラオス入国を緊急に必要とする個人または法人
1 外国人専門家・学生のラオス入国を緊急に必要とする場合
2 投資調査や署名式のために外国人投資家・実業家のラオス入国を緊急に必要とする場合
3 業務のために外国人労働者・技術者のラオス入国を緊急に必要とする場合
4 帰国を希望するラオス国籍者
5 短期・長期の用務による外交官・国際機関職員のラオス入国を緊急に必要とする場合

❶ 入国許可の申請

上述の理由等によりラオス入国を希望する場合は、入国許可申請が必要となります。

在ラオス日本国大使館|ラオスへの入国を希望される皆様へ

ラオス入国を緊急に必要とする個人又は法人が、新型コロナ感染症の市中感染がない国を出発、及び経由してラオス入国を希望する場合は、以下の手続が必要です。

外国人専門家・学生のラオス入国を緊急に必要とする場合

関連省庁が、外務省対策特別委員会(外務省領事局に事務局設置)宛口上書を提出すること。

投資調査や署名式のために外国人投資家・実業家のラオス入国を緊急に必要とする場合

個人又は法人が、対策特別委員会事務局長宛口上書と共に、下記の書類を提出すること。

  • 国内及び国外の投資許可書
  • 事業登録書
  • 納税証明書
  • 計画投資省投資促進局 または 首都・県計画投資局発外務省領事局宛査証申請書
    (治安維持省出入国管理局を通じて提出すること)
  • 外務省対策特別委員会宛申請書(以下の項目につき詳細を明記すること)
    - 入国者の氏名、旅券番号、連絡先電話番号
    - 入国予定日時
    - 入国地点
    - フライト番号
    - 旅行経路(出発国・経由国を明記)
    - 緊急な入国を要する理由
    - 自主待機予定施設
  • 対策特別委員会指定ホテルの予約証明書

業務のために外国人労働者・技術者のラオス入国を緊急に必要とする場合

ラオス企業 または 事業経営者が、関連部局の手続を完了した後、外務省対策特別委員会宛口上書と共に、下記の書類を提出すること。

  • ラオスの投資許可書
  • 事業登録書
  • 納税証明書
  • 労働社会福祉省発行の外国人労働者雇用許可書
  • 首都・県労働局発行の外国人労働者入国許可書
  • 事業経営者発外務省領事局宛査証申請書
    (治安維持省出入国管理局を通じて外務省領事局に提出すること)
  • 外務省対策特別委員会宛申請書(以下の項目につき詳細を明記すること)
    - 入国者の氏名、旅券番号、連絡先電話番号
    - 入国予定日時
    - 入国地点
    - フライト番号
    - 旅行経路(出発国・経由国を明記)
    - 緊急な入国を要する理由
    - 自主待機予定施設
  • 対策特別委員会指定ホテル または 隔離施設の予約証明書

帰国を希望するラオス国籍者

滞在先のラオス大使館又は総領事館に、氏名、ラオス国内の連絡先電話番号、帰国困難の理由、帰国予定日時、フライト番号、入国地点、自主待機施設(対策特別委員会指定ホテル又は隔離施設)の届出を行い、対策特別委員会から帰国支援を受けること。

短期・長期の用務による外交官・国際機関職員のラオス入国を緊急に必要とする場合

外国公館・国際機関が、入国者氏名、入国予定日時、フライト番号、入国地点、待機場所、経由国を明記した口上書を外務省担当部局宛提出すること。
その後、外務省領事局が規定に基づき審査を行う。


❷ 医療用モニタリング機器と新型コロナ保険の費用支払い

ラオス入国の際に必要となる、外国人を対象とした医療用モニタリング機器と新型コロナ保険料等について、ラオス到着前にラオス国内で支払い、領収書写しを入国許可申請書類とともに外務省領事局へ提出する必要があります。

ラオス)入国する外国人を対象とした医療用モニタリング機器と新型コロナ保険の適用(費用先払い)

事前支払いが必要な項目 及び 費用

  • 上記経費支払いの領収書写しをラオス入国時に提示します
  • ラオス入国前に別途購入した保険がCOVID-19関連の医療費等をカバーしている場合、その旨英文で記載されている保険加入証明書を入国時に提示すると、保険料100ドルは免除されます
  • COVID-19対策特別委員会からの許可を得て入国する外交官、国際機関当職員 及び その家族は、現地でのPCR検査費用のみ支払いが必要です
現地でのPCR検査費用 65万キープ
モニタリング機器使用料 70USD(5ドル/日×14日間)※返金無し
モニタリング機器保証金 200USD(自己隔離後に130USDを返金)
新型コロナウイルス保険料 100USD
支払窓口

入国する外国人の身元を保証する企業は、入国申請を行う前に、委員会指定の支払い窓口(サービスポイント)で、新型コロナ保険料(未加入の場合)、PCR検査料 及び モニタリング機器使用料を支払います。

COVID-19対策特別委員会指定のサービスポイント
(Simeung Commercial Building内 / 電話 030-5736655,020 5601-4850)


❸ ラオスビザの申請

 ラオスビザ申請の詳細はこちらから

  • ビザ申請の前に現地受入先等を通じて、ラオス外務省領事局から「ビザ発給許可」を取得する必要があります
  • ビザ種類はラオス外務省からのビザ発給許可の内容によります

 ビザのお見積り・ご相談はこちらから

無料お見積もり(料金・必要書類・取得日数などもお送りします)

ご質問・資料請求

 

外務省対策特別委員会より上述の入国許可を取得した後、査証をお持ちでない方は、ラオス外務省領事局よりビザ発給許可を得て、出発国のラオス大使館 または 総領事館で査証申請を行うことが可能です。

  • 有効期限内の査証を有する場合はラオスに渡航可能ですが、外務省対策特別委員会より事前に許可が必要です
  • 外国人に対する観光・訪問査証発給停止を継続中です

❹ ラオス行き航空券の手配

 弊社にて航空券の手配を承っております。航空券代金・空席状況等につきましてはお問い合わせ下さい

航空会社各社は、新型コロナウイルスの発生により、路線の減便等の措置を実施しています。


❺ 出発前72時間以内に受けたRT-PCR検査の陰性証明書を取得

 弊社では、提携しているクリニックでのPCR検査の受診日時予約と精算代行を行うサービスを提供しています

渡航に必要なPCR検査陰性証明書の取得をサポートいたします。検査費用と代行手数料は弊社にお支払いください。
検査当日のお支払いは不要です。

PCR検査予約・精算代行サービスのご紹介

ラオス国内における新型コロナウイルス対策を実施するため、COVID-19対策特別委員会は新型コロナ感染拡大防止対策実施期間中にラオスに入国する者に対して、出発前72時間以内に受けたRT-PCR検査の陰性証明書の取得が必要です。

在ラオス日本国大使館|新型コロナ感染拡大防止対策実施期間中のラオスへの入国者に対する措置


❻ 行動追跡アプリ(Lao KYC)のダウンロード

2021年6月26日、COVID-19対策特別委員会は、外国人を含むラオスで生活する全ての人に対し、行動追跡等の機能を有するアプリ「Lao KYC(ラオ・スースー)」の使用を求める通知を発出しました。

スマホをお持ちの場合は LaoKYCアプリ をインストールし、「ラオ・スースー」サービスにアクセスし、人の出入りがある全ての施設は、スマホで入場を記録します。

Lao KYCは こちらのホームページ からアプリダウンロード可能です。


❼ ラオスでの検疫措置について

ラオス到着時のCOVID-19検査(RT-PCR法)の陰性結果が出た場合でも、引き続きCOVID-19対策特別委員会が指定する滞在場所において14日間自己隔離し、感染予防対策を厳格に実施することが求められています。


❽ 日本到着時の手順:水際対策、入国制限、査証制限、陰性証明書、スマートフォンアプリ、誓約書等必要な手続き

日本政府は、変異ウイルスの感染拡大を受け、新規感染者の減少傾向を継続させ、再拡大(リバウンド)を防止すべく、日本に入国されるお客さまに対する入国制限と検疫体制の一層の強化を発表しております。

日本への入国・帰国に際して必要となる書類と手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。

●日本の入国制限・入国拒否対象国・地域

●発給された査証の効力停止と査証免除措置の停止

●ビジネストラック、レジデンストラックの運用停止について

1)出国前72時間以内に実施した検査の陰性証明書の準備
・弊社では現地での「日本入国用の検査及び検査証明書取得」の代行手配(予約)のサポートをさせていただきます。

日本入国用の検査の代行手配(予約)サポートについて

2)質問票Webの事前登録

3)スマートフォンのアプリ3種類のインストールと設定

4)検疫措置を遵守する旨の誓約書の提出

5)降機後の検査

6)14日間の待機
待機宿泊(帰国者向けプラン・入国者向けプラン)、ハイヤーの手配は弊社にて可能です。
日本入国後の待機宿泊手配について|帰国者に対する検疫の流れと14日間の待機宿泊について

自主待機期間の移動手段(ハイヤー)手配について

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。