海外

2021.09.15

トルクメニスタン 入国するすべての外国人は陰性証明書とワクチン接種証明書が必要

9月9日、トルクメニスタン政府は、新型コロナウイルス感染の流入と蔓延防止のため、トルクメニスタンに入国するすべての外国人に対し、PCR検査の陰性証明書に加え、ワクチン接種証明書または抗体の存在を示す証明書の携帯が必要であることを通知しました。

ワクチン接種証明書は、ワクチン初回接種から42日経過したものが有効とみなされます。

トルクメニスタンにおける水際対策の強化

(1)9月9日、トルクメニスタン政府は、新型コロナウイルス感染の流入と蔓延防止のため、暫定的措置として、トルクメニスタンに入国するすべての外国人に対し、PCR検査の陰性証明書に加え、ワクチン接種証明書または抗体の存在を示す証明書の携帯が必要であることを通知しました。
(2) ワクチン接種証明書は、ワクチン初回接種から42日経過したものが有効とみなされます。
(3) ワクチン接種不可である医学的事由がある場合は、その旨を確認できる書類を提出する必要があります。

感染防止対策の徹底
現時点においても、トルクメニスタン国内においては、新型コロナウイルス感染症の公式報告はありませんが、新型コロナウイルスとみられる感染症の発生や感染拡大を示す複数の情報を確認しております。
   皆様におかれましては、以下のとおり、感染予防のため最大限の注意を払ってください。

(1)飛沫感染を防ぐため、マスクの着用、ソーシャル・ディスタンシングに心掛け、いわゆる「三つの密」(密閉された空間で、密集しての密接な会話)を避ける。特に不特定多数の人と密閉された屋内で会うことを避ける。
(2)接触感染を避けるため、アルコール系手指消毒薬または石けんと流水による手洗いを頻繁に行う。目、鼻、口などに触れる前に必ず手洗いをする。
(3)体調不良時は外出及び出勤を控え、咳やくしゃみがあるときは、マスクを着用し鼻と口を覆う。マスクがない場合は、咳やくしゃみをした際に手で抑えず、鼻と口をティッシュ等で覆い、その後手洗いを行う。また、腕全体で口鼻を覆う。

引き続き、最新情報を収集し、感染予防に努めてください。

(1) 厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

(2) 国立感染症研究所ホームページ
https://www.niid.go.jp/niid/ja/

(3) 外務省 海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

○当館領事メールのバックナンバー
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=0993

【問い合わせ窓口】
連絡先及び問合せ先
在トルクメニスタン日本大使館 警備・領事班
電話:(+993 12) 477081(執務時間内)
電話:(+993 65) 712037(執務時間外・緊急時)
E-mail :  jp-consul@ah.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。