海外

2021.08.13

ラトビア)日本からの入国は10日間の自己隔離が必要(2021年8月14日~)

14日0時より、日本からラトビアに入国後、自宅等において10日間の自己隔離が必要となります。

ラトビア入国後の自己隔離要否のリストは、毎週金曜日に更新されていますので最新の情報をご確認ください。

●日本からラトビアに入国する際は、引き続きPCR検査の陰性証明と、オンラインの事前登録が必要です。

13日、ラトビア疾病管理予防センター(SPKC)の更新したリスト(https://www.spkc.gov.lv/lv/media/15449/download)で、日本の感染者数は過去14日間における10万人あたりの感染者数が127.2人となりました。自己隔離が必要な基準値である75人を超えたため、14日0時より、日本からラトビアに入国後、自宅等での10日間の自己隔離が必要となります。ただし、12歳未満のこども、ワクチン接種が完了した方及び罹患後回復した方(EU、EEA、スイス、英国で発行された証明書又はデジタルEU証明書を提示できる方に限る)等は自己隔離免除となります。

2 本リストは毎週金曜日に更新されているため、最新の情報をご確認ください。

ラトビアに入国する際は、引き続きコロナウイルスの陰性証明(ラトビアへ渡航する飛行機、船等の乗り物に搭乗する前の72時間以内に検査(検体の採取))(12歳未満のこども、ワクチン接種が完了した方及び罹患後回復した方(EU、EEA、スイス、英国で発行された証明書又はデジタルEU証明書を提示できる方に限る)等は免除)及びラトビアに入国前の48時間以内にオンライン事前登録(https://covidpass.lv/)が必要です。
なお、オンライン事前登録は乗り継ぎの場合でも必要となりますのでご注意ください。

4 ヨーロッパ各国を経由した移動に際しては、経由するそれぞれの国の措置が適用されますので、これらの便を利用し日本からラトビアに入国する場合には、空港制限区域内を出ない場合、乗り継ぎで宿泊が必要な場合などで取り扱いが異なりますので、必ず乗り継ぎ地を含め、在京各国大使館などを通じ、予め各国の措置を確認するようにしてください。

【参考】
ラトビア疾病予防管理センター(SPKC)ホームページ(毎週金曜更新)
https://www.spkc.gov.lv/lv/valstu-saslimstibas-raditaji-ar-covid-19-0

当館ホームページ
https://www.lv.emb-japan.go.jp/itpr_ja/temp_corona2.html#tokou

2021年8月13日
在ラトビア日本国大使館より
(代表)+371-6781-2001

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。