海外

2021.07.07

チェコ)日本からの入国規制措置の変更(2021年7月9日~)

チェコにおける新型コロナウイルス関連情報(日本からチェコへの入国規制措置の変更等)

7月1日、チェコ政府は、7月9日(金)から入国規制措置等を一部変更することを決定しました。

1 日本からの入国規制措置の変更
6月7日以降、日本は「最感染危険国(濃い赤)」から「低感染危険国(緑)」に位置付けが変更されたことで各種規制措置は緩和されましたが、7月9日(金)以降は、「緑」の国であっても、以下の要件が改めて求められますので留意してください。
(1)入国前の電子版入国フォーム(https://plf.uzis.cz/)の記載、提出。
(2)出国前48時間以内の抗原検査又は、同72時間以内のPCR陰性証明書の入手、所持。
※日本以外の「緑」に指定されている国からチェコへ入国する際も同様です。

2 ワクチン接種証明の定義変更
チェコ国内の飲食店や宿泊施設等への訪問時や、「緑」又は「オレンジ」に分類された他国からの入国時に求められる検査の免除に必要とされるワクチン接種証明について、7月9日(金)以降、以下のとおり定義が変更されます。

(1)2回接種型のワクチンの場合、二回目の接種から少なくとも14日が経過していること。
(2)1回接種型のワクチンの場合、接種から少なくとも14日が経過していること。
これによって、2回接種型のワクチンの場合、1回しか接種していない状況では認められなくなります。また、二回目接種から14日経過していることが新たに条件として加えられます。一方、これまで明示されていた「1回目接種から9か月を超えていないこと」という条件は無くなります。
※ワクチン接種証明については、チェコを含むEU各国が発行する共通のデジタル証明書等に限られますので、日本で発行を検討している接種証明書は現時点で含まれていません。
EU共通の証明書(各加盟国で英語以外に記載される言語等が異なります)https://koronavirus.mzcr.cz/vzor-narodniho-certifikatu-ceske-republiky/

3 他国からチェコへの入国規制措置の一部変更(7月1日から変更)
上記のとおり、チェコでは感染状況に応じてEU基準の信号機(緑(低感染危険国)、オレンジ、赤、濃い赤、黒(原則入国禁止))マップを導入しており、色によって措置が異なります(※各色の該当国は感染状況に応じて随時見直されます。)。7月1日(金)以降、「赤」に指定された国から入国する場合は、これまで「濃い赤」に指定された国から入国する場合の規制措置と同様になります(強化されます)。

(1)入国後PCR検査:「赤」及び「濃い赤」からの入国者は、5日目以降14日以内に実施する必要があります。
(2)自由な移動の制限:「赤」及び「濃い赤」からの入国者は、上記(1)の入国後のPCR検査の陰性結果を保健所に提出するまで、自己隔離が義務付けられます。
※チェコ保健省関連ページ(チェコ語)https://koronavirus.mzcr.cz/seznam-zemi-podle-miry-rizika-nakazy/

(問い合わせ先) 
在チェコ日本国大使館 
電話:+420 257 533 546(休館日を除く月~金の08:30~17:15) 
メール:ryoji@ph.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。