海外

2021.06.22

ジョージア 滞在期限超過猶予措置について(~2021年7月1日)

●滞在期限を超過した外国人を対象とする猶予措置延長は7月1日までであり,対象となっている方は出国する必要があります。

2020年12月16日にジョージア政府が発出した政令により、2020年3月14日の時点で正規の滞在資格を持ってジョージア国内に在留していたものの、国籍が「ハイリスクゾーン」とされる国に該当する等の事情のため滞在期限までにジョージア国外に出国することができなかった外国人については、滞在の猶予期限は本年7月1日まで延長されています。

この猶予措置は日本における新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、ジョージア政府により日本も「ハイリスクゾーン」に分類されていたために取られていた措置ですが、今般、当館からジョージア政府に確認したところ、現時点で日本を「ハイリスクゾーン」に分類していないとのことですので、今後の猶予措置の取り扱いについて発表は行われていないものの,日本国籍を保持する方を対象としたこの措置のさらなる延長の可能性は低いと考えられます。

滞在期限が切れており、本件措置によって猶予を受けている方については、7月1日以降はジョージア政府当局より不法滞在として逮捕・処罰を受ける可能性があります。
当館が把握しているところでは、不法滞在の罪には罰金が科され、国外退去措置を受ける他、当該処分より2年から5年の間、ジョージアへの入国禁止・査証発給停止などの処分が科される等、複数の処分が一度に科されることになるとされており、「どれかひとつ」ではありません。

該当される方につきましては、日本への帰国などを念頭に、速やかな出国を計画して下さい。

在ジョージア日本国大使館
電 話:(+995-32)275-2111、2114
メール:consular@tb.mofa.go.jp
住 所:Krtsanisi street 9, Tbilisi, 0114, Georgia
H P:http://www.ge.emb-japan.go.jp/japan/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。