海外

2021.06.18

ブルガリア国内における初のデルタ株(インド型変異種)の発見

●6月17日、ブルガリア保健省は、国内で初のデルタ株(インド型変異種)が発見されたと発表しました。

○発表内容は以下のとおりです。
- プレヴェンのゲオルギ・ストランスキ医科大学病院において採取されたサンプルからコロナウイルスのB.1.617.2(デルタ)株が発見された。

- サンプルが採取された患者は、ブルガリア国内に一時的に居住しているプレヴェン出身の20代の男性で、同人は、胸の痛み、熱、及び咳の症状により、ゲオルギ・ストランスキ医科大学病院の救急治療室において検査を受けた結果、新型コロナウイルスと診断され、自宅療養を行った。

- 同サンプルは4月21日に採取され、5月5日にブルガリア国立感染症センターにおいて解析されたが、そのときはいかなる変異種であるとも示されず、その後、6月に国際遺伝子バンクGISAIDへ送付して再検査したところ、デルタ株が発見された。

- 国立感染症センターは、4月と5月に、プレヴェン県のサンプル合計34件を解析したが、B.1.617.2(デルタ)株はほかには検出されていない。


○当館ツイッター(日本語)では、システム上の都合により領事メールでは掲載できない新規感染者推移グラフや詳細な地域別感染者統計表も毎日掲載しています。→ https://twitter.com/EmbassyBulgaria

○日々の感染状況の確認はブルガリア政府運営新型コロナウイルスポータルサイトもご利用ください(当館が利用しているデータの出典元です)→ https://coronavirus.bg/

○欧州域内の感染状況(欧州疾病予防センター(ECDC)HP)→ https://www.ecdc.europa.eu/en/cases-2019-ncov-eueea

○現在日本で実施中の水際対策の詳細(厚生労働省HP)→ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

○ブルガリアの現在の入国規制(当館HP)→ https://www.bg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid-19_FAQ.html

○当館フェイスブック「領事・安全情報ページ」では、当館領事メールをその都度掲載しています。これまでに当館が配信した領事メールの確認にご利用ください→ https://www.facebook.com/japanemb.bulgaria.anzen


在ブルガリア日本国大使館領事警備班
電話:(国番号359)2-971-2708(代)(24h)
e-mail: consul.jpn-emb@sf.mofa.go.jp
HP: http://www.bg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。