海外

2021.06.15

ノルウェー 入国及び自己隔離に関する措置一覧(2021年6月14日現在)

●6月11日、ノルウェー政府は、これまで発表したノルウェーへの入国及び自己隔離に関する措置を取りまとめて発表しました。その概要は以下のとおりです。

1 ノルウェー入国時の自己隔離免除の対象者及び条件等

(1)対象者

ア ワクチン接種完了済の者
イ 過去6か月間にcovid-19に罹患した者

(2)条件等
ア 上記(1)の者が自己隔離免除となる前提条件は、現在のところ、国境にて検証可能なQRコード付きのノルウェーのコロナ証明書が提示できることである。
イ 原則、上記(1)以外のすべての者は、依然として、ノルウェー入国時の自己隔離をしなければならない。

2 ノルウェー入国時の自己隔離期間を短縮しうる対象者

(1)対象者
ア 3週間から15週間前に1回目のワクチンを接種済みの者
イ 18歳未満の未成年者

(2)条件等
ア 上記(1)の者は、入国時の自己隔離をしなければならない。
イ 上記(1)の者は、入国から3日後に受けた検査結果が陰性である場合、入国時の自己隔離を終了できる。
ウ 上記(1)が自己隔離期間を短縮できる前提条件は、現在のところ、国境にて検証可能なQRコード付きのノルウェーのコロナ証明書が提示できることである。

3 ノルウェー入国時の簡易抗原検査等受検対象者

入国時の自己隔離免除の対象者を含め、すべての者は、引き続き、入国時の簡易抗原検査等を受けることになる。

4 海外渡航の自粛勧告の継続

ノルウェー政府は依然として、ノルウェー入国時の自己隔離免除の対象者を含め、すべての者を対象に、不要な海外渡航の自粛を勧告している。その理由は、依然として感染症が持ち込まれるリスクがあるためである。海外渡航の自粛勧告は、7月1日まで適用される。

5 ワクチン接種完了済の者又は過去6か月間にcovid-19に罹患した者に適用される規制

(1)ノルウェー入国時の自己隔離が免除される(上記1参照)。
(2)ノルウェー到着前24時間以内に行われた検査結果の陰性証明書の提示が免除される。
(3)入国時の簡易抗原検査等は受けなければならない(上記3参照)。
(4)原則、入国時の簡易抗原検査等は国境にて受けることになるが、国境検問所での受入能力に問題が発生した場合、国境駐在の当局担当者の判断により、入国時の検査を国境にて受検しなくてよい旨決定することもある。他方、その場合、ノルウェー入国から2日以内に検査を受ける義務を負うことになる。これは、国境検問所での受入能力に問題が発生した場合にのみ適用され、個人が国境ではなく自宅で検査を受けることを選択する権利はない。
(5)ノルウェー入国時の検査結果が陰性と判定された後に自己隔離を開始し、且つ、ワクチン接種完了済みまたはCovid-19から回復したことの証明書を提示した者は、6月11日15時から自己隔離免除の対象となる。

6 ワクチン接種完了済の者の定義

(1)2度のワクチン接種済であり、2度目のワクチン接種から1週間が経過した者。
(2)承認された検査方法により検査結果が陽性と診断された後、検査日から少なくとも3週間後にワクチンを接種し、ワクチン接種から1週間が経過した者。
(3)1度目のワクチン接種済であり、ワクチン接種から少なくとも3週間後に、承認された検査方法により検査結果が陽性(Covid-19罹患)と診断され、その後の隔離を終えた者。

7 自己隔離ホテル

ノルウェー入国時に自己隔離をすることになる者は、原則、自己隔離期間のすべて又は一部を自己隔離ホテルで滞在することになる。EEA・シェンゲン圏外及び英国以外の国(日本を含む)からのすべての旅行者は、自己隔離期間すべてを自己隔離ホテルで過ごさなければならない。

8 入国前登録

原則、ワクチン接種完了済の者又は過去6か月間にcovid-19に罹患した者及びノルウェーのコロナ証明書を持つ者を含むすべての旅行者は、入国前登録を行わなければならない。

9 社会再開計画

(1)政府による段階的な社会の再開計画は、予測可能性に貢献し、感染拡大の防止を維持することになる。
(2)この計画では、4段階で構成されているが、海外渡航は4段階目で言及されており、多くのことがほぼ通常どおりに実行できるようになることになる段階である。
(3)他方、EEA圏外の国からの渡航者を対象に、入国制限が継続される場合もある。特定の地域からの渡航者には自己隔離と検査の要件が継続されうることを想定しなければならない。
(4)ノルウェー入国に関する段階及び規則は、感染状況及びワクチン接種割合に基づいて継続的に評価される。社会再開計画の次段階への移行は、日付ではなく右データに基づいて行われる。

10 詳しくは、以下の6月11日付ノルウェー保健介護省、法務公安省、外務省共同プレスリリースをご参照ください。
https://www.regjeringen.no/en/aktuelt/arrival-in-norway-and-exemption-from-quarantine-rules-for-travellers-arriving-in-norway/id2860499/

【問い合わせ先】
在ノルウェー日本国大使館 領事班
電 話: (+47)2201-2900
メール: ryouji@os.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。